タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:カメラ・写真撮影( 230 )


2017年 10月 27日

PENTAXの新レンズ(やっと)発表

ついにというか、ようやくというか、やっとというか…。

PENTAX(リコー)の新レンズが開発含め、2本発表されましたね。

PENTAXユーザーにとって、
新レンズ発表ってのは多分、他メーカーのユーザーよりも
とても大きな喜ばしいニュースなのであります。

例えて言うなら、黒部の太陽のように真っ暗闇の洞窟から見えた希望の光…みたいな(例えか?)
なにせ新商品情報がなさすぎて、常に事業撤退とかよからぬ噂や憶測が飛び交ってるメーカーですから^^;


1本目

HD PENTAX-D FA50mmF1.4 SDM AW(仮称)
b0132817_23033019.jpg
今年のCP+でもモックアップが発表されてたやつです。
2月の開発発表からずっと音沙汰なかったですが、来年春頃発売予定となったそうです(今年じゃないのね…)
50mmのF1.4レンズってそんなに開発かかるもんなのか。
てか、すでにある同じスペックのフィルム時代のFAレンズに比べて遥かにでかくて重そう&値段も過ごそう。。。

私の撮影対象&スタイルでは、あまり縁がなさそうなレンズであります。
お金持ちさんになったら買うかも(笑)




2本め、

HD PENTAX-DA11-18mmF2.8 (仮称)
b0132817_23085503.jpg
APS-C対応の超広角スターズームレンズです。
来年夏頃発売予定だそうです。

これは欲しい!
ていうか、買う!!

APS-Cで登山や星空撮りに使用する自分にとっては、待望のレンズであります。
頑張ってフルサイズに移行してDFA15-30mmでということも考えていたのですが、15-30mmは超重量級出目金レンズでフィルター装着不可。このレンズはフィルター装着にも対応している模様。
フィルター系は多分、82mmとデカイでしょうね…。超広角大口径ズームだとしょうがないかもしれません(´・ω・`)
★レンズですから防塵防滴仕様なのも間違いないハズ!
APS-Cレンズとしては登山に持って来いであります。

これで単焦点のDA14mmF2.8とはお別れになりそうです。
最近ほとんど使用していないDA★16-50mmも一緒に下取りにドナドナして購入資金に充てようと画策中^^;


予定通り、来年夏頃に発売になってくれればいいのですけど…。
PENTAXの場合、往々にして予定通りには発売できない件^^;

このレンズに頼らずフルサイズが導入できればいいのですけどハードル高し…



by pre-sspec | 2017-10-27 23:34 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 22日

湿度高め

関東はずっと曇りがちですね。
たまに晴れたりもするけど基本曇りで雨も降る。
b0132817_22271439.jpg
気温は高くないけど蒸し暑い。
湿度よ、どっかいけw
b0132817_22284822.jpg
写真も湿度高め(笑)


お盆休みとかは特に無いので、山登りもしてません。


ココ1周間は自宅のエアコンがぶっ壊れたり(死活問題)、
歯の激痛に襲われたり、仕事のトラブルで徹夜したり土日も仕事だったり、色々大変でした^^;

エアコンは本日交換完了したので
明日からの猛暑はなんとか安全に過ごせそうです^^;


こないだのおまけ写真いくつか
b0132817_22333065.jpg
BB-8の飛んでるとこ、やっと撮れた
b0132817_22333375.jpg
コクピットギラリ
b0132817_22382438.jpg
最後も湿度高めw


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-08-22 22:38 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

期間限定 マレーシアのA380

今年の8月と9月の一部期間限定で成田にやってくるマレーシア航空のA380を捕獲してきました。
現在、クアラルンプール⇔ヒースロー線でしか使ってないらしいA380で来年には退役させてしまうとか何とか。

これは勿体無い&来年には見れないかも…
ということで早起きして行ってきました。
b0132817_22352603.jpg
朝8時半頃に成田に降りてきて、11時頃に飛び立ちます(誤差あり)
b0132817_22393999.jpg
A380が少なくなって久しいNRTですが、ひさしぶりに撮りがいのあるやつが飛んできてくれました。

期間限定と言わずデイリーで来てくれても全然いいんやで(笑)


K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2017-08-14 22:58 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日

B747-400 SKYTEAM Livery B-18211

先日7月某日、何年も成田に通ってて、
やっとまともにチャイナエアラインのスカイチーム塗装のB747-400(B-18211)の標本撮影ができました^^;
b0132817_21414965.jpg
トリミングしてます^^;
b0132817_21445185.jpg
スカイチーム所属でB747持ってるのは他にデルタ、KLM、大韓とありますが、
この塗装をしてくれてるのはチャイナエアラインのみみたいですね。
前は別の機体にも塗装されていたみたいですが今はこのB-18211で世界に1機のみ。

日本国内では成田の他には新千歳や那覇によく飛来しているみたいです。


他のアライアンスのB747では、スターアライアンスはすでにTHAI航空のみ、
ワンワールドではブリティッシュ・エアウェイズとカンタス航空のみですかね。
カンタスの撮りたいなぁ…


しかし暑かった^^;

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2017-07-22 22:08 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 14日

美幌峠〜メルヘンの丘〜女満別空港

いよいよ北海道レポ最終章です。
引っ張りすぎ?^^;

最後のメジャー観光地は美幌峠です。
初日も通りましたが完全にガスの中。今回は晴れです!
b0132817_21480416.jpg
美幌峠
b0132817_21483433.jpg
屈斜路湖の雄大な景色!


16時をまわってすっかり霞んじゃってますが、斜里岳も見えてますね。
霞みは天下のPhotoshop様のお力でやりすぎない程度に消してますが、
C-PLフィルターも付けて撮影したので色がちょっとちょっとクセのある感じに^^;
b0132817_21511321.jpg
美幌峠に続く峠道
b0132817_21561570.jpg
日本最大のカルデラ。
小さい頃は最大は阿蘇と習っていたのだが^^;
b0132817_21571515.jpg
自分の影…。

最後に美幌峠の絵葉書通り?の景色が見れて満足であります。
津別峠からの景色も見てみたかったのですが、昨年の台風の影響で弟子屈町から登っていく道が通行止めで行く時間もなく…

今度は夜に来て星空も撮ってみよかな^^

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More そして

by pre-sspec | 2017-07-14 22:19 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 12日

多和平

知床〜清里と観光を終えたあとは再び弟子屈まで戻り、多和平に寄ってみました。

弟子屈町はこの道東滞在4日間毎日通りました^^;
道東の交差点のような所ですね。
b0132817_22344708.jpg
開陽台とともにこの道東エリアで360度地平線が見渡せる的スポットらしいですが、開陽台のときと同じくまた雲が多くなる始末…。
寄らなくてもよかったんですけど、帰りの飛行機の時間にまだ余裕があったしココはキャンプも出来るみたいなんで、次来たときの為の下見がてらと言うか(笑)

ここも夜は星が綺麗そうだなぁ…


しかし問題がっ!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More つづき

by pre-sspec | 2017-07-12 23:06 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

いろんな角度から斜里岳

道東に優美に聳える斜里岳。
とても綺麗な円錐形の成層火山であります。
斜里町や清里町でクルマを走らせてるとその美しーい姿に気を取られてしましました。
清里町によれば”道東のマッターホルン”だって


計画当初、登山しようと思っていたのですが山開き前の6月中旬頃はスノーブリッジや雪渓などで、斜里岳夏道を知らない初めて登る人間にはリスク高しということが分かり、断念してしまいました。
登山にはこの上ない天気だった故に残念。
そういうわけで登山の代わりに知床観光した次第です^^;

ということで、今回は各所から眺めた斜里岳の美しい姿をば(笑)
b0132817_22284592.jpg
斜里町の某キャンプ場近くの道端で。

この写真の前日、当日共に素晴らしい青空だったのですが、
夜間だけ霧に覆われて星空を見ることが出来ませんでした。本当に悔しかった…。
ここでまた斜里岳と一緒に星空を撮りたい。
b0132817_22365651.jpg
面白かったのがこのキャンプ場でテント泊を管理所に申し込もうとした所、
管理人のおっちゃんに「寒いから止めときなよ」と引き止められたこと^^;
結局、テント張って泊まったのですけど、思ったほどど寒くなかった(笑)
翌朝、撤収してる時にも管理人のオッチャンは来たのにお金は取られませんでした。
よかったのだろうか^^;


知床に向かう途中の国道沿いにて。
b0132817_22375621.jpg
真南を向いて逆光になりがちですけど、まだ朝7時前なので大丈夫(笑)

清里町のどこか^^;
b0132817_22385832.jpg
知床観光を終えたあとなので、トップライトで逆光気味…。


清里町の直線道路のつきあたり
b0132817_22400200.jpg
b0132817_22442095.jpg
↑同地点から↓
b0132817_22575317.jpg
清里町にも斜里町の天に続く道に匹敵するくらいの素晴らしい直線道路がありました。



清里町の宇宙展望台より
b0132817_22450031.jpg
ここもなかなか素晴らしいところでした。
その名の通り、宇宙が見えそうで天気に恵まれたら星空もすごそうだ…。

展望台の上から
斜里岳と遥か向こうに知床連山も。
b0132817_22455349.jpg
ココにいる間、他に誰も来なかった。
景色を独占♪
b0132817_23074594.jpg
宇宙展望台からの眺め
b0132817_22471823.jpg
カスタムイメージ”ポップチューン”使用


斜里岳が綺麗に眺められる所は他にもいっぱいありそうですね。
写真が撮れない運転中でも眺めが良さそうな所はちらほらありましたし。

次の斜里岳は登山だなっと^^;

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-07-10 23:09 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

ぶらり知床観光 その2

知床峠を走ったあとは知床五湖エリアを観光してみました。
有料(5000円位)のガイドツアーは利用しなかったので実際は五湖では一湖でありますが^^;

誰でも無料で通れる高架木道とやらを使いました。
b0132817_21343161.jpg
知床連山が真横から見られます。
天気はちょっと曇ってしまったけど、ガスってないだけ良しとしましょうかね。
夏の時期は反対側の羅臼側でキリ、こちらウトロ側で霧が消えてフェーン現象による気温上昇がこの辺りの気候の特徴だとか。


高架木道、片道800mで往復するだけです。
b0132817_21375042.jpg
よくぞこんな立派な木道を造ったもんです。
世界自然遺産かつ国立公園内にあってよくぞ国も許可したものです。
木道の脇はクマが登ってこれないように電線が通ってます。

知床一湖ではありますが^^;
b0132817_21393646.jpg
超広角レンズじゃないと知床連山すべて入りきれません。

b0132817_21405576.jpg
おーい、クマちゃんいないかぁ〜い?


b0132817_21412356.jpg
高架木道から外れての知床五湖散策ルートはガイドツアーを利用しないと立ち入りできない徹底ぶりです。
b0132817_21433812.jpg
向こうはオホーツク海
b0132817_21422770.jpg
お〜い、クマちゃんいなーry


知床が世界自然遺産になったのは手付かずの自然はもとより
ヒグマを頂点とした豊かな生態系と生物多様性に富んでいるのが最大の理由だそうで。
b0132817_21442891.jpg
有名な「ソーセージの悲しい最後」の話
b0132817_21583422.jpg
野生動物にエサを与えることがどういうことなのかよくわかります(一部文書欠けちゃいましたが…)
これは英語だけでなく特にマナーの悪い某大陸系観光客も読めるようにした方がいい気がする。


高架木道歩き終えたらお土産屋で戦利品を物色。
b0132817_22011845.jpg
登山用にと限定?の熊鈴を買ってみました。
この裏には斜里岳の絵も刻まれてます。さすがに本土の登山屋では売ってないでしょう(たぶん)
あとは知床五湖のピンバッジと適当に羆ステッカー。
斜里岳と羅臼岳のピンバッジも売ってましたが登頂してないので我慢して購入せず^^;


その後はウトロまで来た道を戻り・・・
b0132817_22063143.jpg
オシンコシンの滝に立ち寄り・・・(観光客多し)
b0132817_22071766.jpg
b0132817_22073189.jpg
知床半島にサヨナラをしました。
カムイワッカ湯の滝や知床半島クルーズといったものは時間の都合で寄りませんでした。

知床半島に来たのにヒグマちゃんを見れなかったのはちょっと物足りなかったかな^^;
エゾシカやキタキツネは運転している時に見かけましたけど、逃げられて写真撮れませんでした。


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-07-08 22:14 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

斜里町の天に続く道 

北海道最終日(6/18)です。

前夜は斜里町のキャンプ場でテント泊しましたけども、
悪魔の海霧によって星空を見ることができませんでしたorz
これが今回の北海道旅でかなり悔いです。


気を取り直して、最終日は知床観光でもしようと思い、知床半島へ。
斜里町の知床国道を知床方面へ走るとやたらとまっすぐな道があります。
途中で国道は左に曲がりますけど、ストレートの坂道がずっと続くのですぐに分かります。
b0132817_22261763.jpg
天に続く道

まっぷるとかにも載ってるスポットです。
約18kmくらいまっすぐな道が続くそうです(若干ウネッてますが気にしないw)
地平線まで続くように見えて、撮り方によってはその名の通り天に続く道のよう^^
b0132817_22270787.jpg
横構図

写真の奥は西の方角を見ているので午前中が順光。
ちょうどこの時間帯(朝7時頃)はちょうど太陽を背にしていました。
逆に道路の延長線上に太陽が沈む間際って構図も面白いかも?
レンズはもちろん望遠がオススメ。


道路のど真ん中で堂々と撮ってますけど、
この辺りにいた約20分間、クルマなんて全く来ず^^;
寝転んで撮影してもいいくらい

道路の脇に数台分の駐車スペースの他、ご丁寧に展望台まであります。

展望台から。
b0132817_22314821.jpg
う〜〜ん、この眺めじゃ天に続く感はイマイチだな^^;


実際にはこの展望スポットから、もうちょっと坂を登ったストレートの突き当りからの眺めがさらに良かったりします。
b0132817_22342955.jpg
こっちのほうがアップダウンも重なってジェットコースター感があります♪
b0132817_22351850.jpg
ここにいてもまたクルマなんて来やしません。
畑が近いのでちょっと虫は多め^^;


この界隈はこうしたどこまでも続くストレートな道はいくらでもあります。
が、アップダウンがあって地平線へ続く感じで見栄えがイイので
北海道のストレートな道を味わうにはもってこいと思います。
b0132817_22400744.jpg



K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-04 22:48 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 02日

清里町の神の子池

摩周湖の後は神の子池です。

ちょっと面倒なルートを通りますが道は空いてるので割りとスムーズに行けます。
摩周湖の高台から降りて国道391号を北上した後、道道805号をちょっと進んで道道1115号に入り南下します。
案内看板から林道(ダート)を2キロ走らせると着きます。
b0132817_21561262.jpg
神の子池
b0132817_22511100.jpg
ん〜〜〜〜、神秘的♪
摩周湖(の外輪山?)の伏流水が湧き出てるとか。
水温は8℃で倒木が腐らずそのまま残るとか何とか。


まっぷる北海道のドライブガイドにも載ってませんでしたが、そこそこ観光客もいました。
穴場スポットとまではいかないかも?^^;


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More

by pre-sspec | 2017-07-02 22:18 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)