タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:カメラ・写真撮影( 238 )


2018年 04月 04日

さくら満開+土曜日+快晴=

さて、桜満開のさくらの山公園です。
b0132817_20584235.jpg
成田が満開になるのは東京で満開宣言が出されてだいたい約1週間前後。
さらに今年は平日に行けるタイミングが無く、満開と土曜日と好天で暑くもなく寒くもない絶好のお花見日よりと重なってしまいました。まさにさくらの山公園が1年で一番混雑する日。ブログにアップしてない分も含め、数え切れないくらいここに来ましたが、過去最大級の混雑でありました。
千葉県内に住むヒコーキ好き人間としては、行っておかなくてはという使命感^^;


水辺の里からさくらの山公園へ移動したものの、朝9時前で通常の駐車場はすでに満車。
300mほど離れた臨時駐車場(未舗装+土埃多し)に周りすんなりと駐車。初めて臨時駐車場に停めました。今まで連休でも停めたこと無かったのに。


まずは午前中の少ない着陸機を”確保”する。
b0132817_21035279.jpg
b0132817_21040432.jpg
なにげに4発機ばかり♪
b0132817_21045723.jpg
初めて捕獲したアトラスエア747-8F


午前のAラン着陸がほぼ終わり、あとはほぼ離陸専用。3時間近く着陸機が来ない状態が続きました(こんなん初めて?)
桜とヒコーキを絡めて撮りたいのに南風運用だと待ちぼうけを喰らいます。本来ならここからまたさくらの丘なりに移動するのですが、この日ばかりは一度さくらの山を離れると、戻ってきた時に臨時駐車場すら入れない可能性(実際に臨駐に入れず路駐してるのがいた)があったので、ガマンして留まることにしました^^;
b0132817_21084460.jpg
柵の前はもうずっとこんな感じ
この日は柵の前には一度も立たなかった…


着陸機が来ず、暇なので少しでもお花見気分を味わうために、満開の桜でも撮り歩くことにしました。そういえばここで桜とヒコーキを撮る時はお花見気分にほとんどなったことがない気がする。桜と飛行機をどう絡めるかにいつも必死だったような(今日もだけど^^;)
b0132817_21224837.jpg
b0132817_21150443.jpg
b0132817_21111021.jpg
b0132817_21115408.jpg
桜の木の下も一般の花見客で埋め尽くされ…
b0132817_22123545.jpg

b0132817_21121660.jpg
広角レンズで撮ってみる

b0132817_21125749.jpg
b0132817_21132457.jpg
桜吹雪〜〜〜〜
b0132817_21134978.jpg

正午過ぎになってようやくユナイテッドが降りてきた。
ヒコーキカメラマンたちはもちろん、公園の花見客も色めき立つ。
b0132817_21161848.jpg
菜の花の花壇前にスタンバって姿勢を低くして頑張ってみる。
b0132817_21172908.jpg
b0132817_21174256.jpg
こんな日はお花とヒコーキだけを撮るなんてのは一部の見上げたアングルを覗いて不可能だ。

ならば思いっきり花見客を絡めてやるモード。
b0132817_21190043.jpg
b0132817_21191175.jpg
みなさん非日常を楽しんであらせられる
b0132817_21201204.jpg
b0132817_21212939.jpg

公園と反対側の土手にも登って撮ってみる(桜の季節限定)
b0132817_21214595.jpg
混雑する通りと桜とヒコーキをイメージ
b0132817_22133380.jpg
コレも新発見のアングルだ。
b0132817_21221775.jpg
柵の前も人がいっぱい
ここ、機体が大きく見えるなー。


b0132817_21413815.jpg
ここは構図にいつも苦労する
欲張り構図?になりやすい
b0132817_21414028.jpg
こんな感じで大混雑のさくらの山で、いろんな撮影ポイント探りながらウロチョロすること16時過ぎくらいまで7時間くらいいました。ヒコーキ撮影に来たファンも遠征してきたっぽい人が多かった気がします(関西弁をよく聞いた)
午前に北風運用で離陸を撮れたら最高だったのですが^^;

桜のコンディションも今まで来た中で一番良かったですね。

まぁヒコーキ撮影に来た立場とすればお花見というよりは戦いに近かった気がする(笑)



このあとは、さくらの山から移動して、東雲の丘へ。
ここは桜スポットでもなく閑散としてましたけど、特別塗装のヒコーキが降りてくる(はず)なので来た次第。

それがこれ。
b0132817_21450370.jpg
QANTASのRainbow Roo特別塗装機(VH-QPJ)
コレも何気に桜と絡めてる(笑)

予定より早く到着したみたいで、なかなか明るく撮れました。ISO感度も400程度しか上げなくてよくて、異例の明るさな気がします。カンタスはデザイン的にも好き(この新フォント以外w)なのでいつも明るい時に来てほしいんですけどね^^;
閑散としてるここもこいつが来るときだけはヒコーキファンがたくさんいました。
そういえばこの日のさくらの山は特別塗装機は不作だった…。


というわけで、朝から日が暮れるまで成田に居ました^^;
夜に北風運用に切り替わるならばまたさくらの山に戻って企んでいた夜桜構図で撮ろうと思いましたがなりそうになかったので諦めました。

また桜の季節に来るならば次は別のポイントで頑張ろうかと(笑)


PENTAX K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED & DA★60-250mmF4ED



by pre-sspec | 2018-04-04 22:01 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 03日

早朝の芝山水辺の里にて

3/31午前6時、現地に着くと駐車場は既にほぼ満車。

やっぱみんな考えることは同じなんだなぁ…。


到着ほぼ同時にアエロメヒコの787が降りてきた。桜に陽はまだ当たっていない。
b0132817_20265982.jpg
そう、ここは成田空港A滑走路南端にある水辺の里という公園。

朝のうち順光&桜が咲いている&滑走路が北風運用・・・とあらばここで撮るしかあるまいて^^;
b0132817_20292228.jpg
桜はまだ日陰だけど、朝日でいい感じ〜。



で、沢山の人が集まるあのスポットへ。

日陰で吐く息が白くなるほど寒い^^;


そして、午前7時8分(はやっ)
みなさんココ一番の目的であるマレーシアMH88便A380が降りてきた。
b0132817_20325863.jpg
水鏡に写るマレーシア航空のA380と1本桜

ここらだけで10人以上が姿勢を低くして待ち、飛行機が来た瞬間にガシャバシャカタとシャッターフル連写。

露出はとても難しいです。
桜と池に合わせると機体は白飛びします。機体に合わせると桜はかなり暗くなってしまいます。その辺のさじ加減の難しさは、クルマも鉄道も自然風景と一緒に撮る時は変わらないですねぇ。

満開時期が例年より1週間程度?早く、桜に陽がたくさん浴びないのが惜しかったところです。


b0132817_20371280.jpg
NCAの747-400F
ちょっと切れた…orz


このあと、40〜50分待てどもAランには降りてこず、向こう側のBランにばかり着陸され(そういう運用ルール?)、エアバンドでアプローチ聞いてると”〜ランウェイチェンジ16ライト〜”と聞こえてしまったので撤収となってしまいました。

b0132817_20370990.jpg
そしてこのあと、怒涛のサクラ大戦(古)が待っていました。


つづけ

PENTAX K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2018-04-03 21:03 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日

鴨川の海岸で天の川撮影

この週末(24〜25日)もまた性懲りもなく、天の川の撮影に出かけてきました^^;

GPV気象予報で雲の動向を見てまた外房方面へ。
今回は鴨川の吉浦海岸とか言うところで撮ってみました。
簡素なキャンプ場になっていて駐車場はとっても広々としているけど、星空と一緒に撮れる画になる特徴的なものがないのがちょっと寂しい^^;ついでに明け方近くまで撮影していましたが、釣り人が一人来たくらいで、星撮影や見物者はだーれも来ず寂しいところでした。
さらには北東の空でフラッシュのような閃光が絶えずビカビカ光っててちょっと恐ろしかったですね。雨雲レーダーを見ると銚子沖に積乱雲がポツポツいました。
b0132817_22330391.jpg
しかしながら星空は満足できました♪
先週の大洗海岸が大不作だったもので…^^;

b0132817_22354205.jpg
また0時過ぎに到着し、天の川が出るまでは星流し〜
水平線の光は漁船です。


潮が満ちてくるとマズイのでしばらくは駐車場付近で撮影してたのですけど、その唯一の釣り人のオッチャンが声かけてくれて、今日は潮は低いから大丈夫だよと言ってくれたので、岩場へ降りることにしました(サンガツ!)
b0132817_22390689.jpg
天の川と絡められそうな岩はこれくらい^^;

b0132817_22410343.jpg
ん?なんだあの一直線に伸びる光の線は?流れ星じゃないな?
あとでSky GuideというiPadのアプリで調べてみると、Okean-01ロケットという人工衛星らしい(ていうか人工衛星まで分かるアプリがスゲェ)


b0132817_22544577.jpg
といいつつ、数カット先で流れ星が写り込んでくれました\(^o^)/


午前4時半頃になると空も少し白みが出てきたので、天の川撮影は切り上げました。
最初と比べるとだいぶ立ち上がりましたね。8月頃だと20時くらいの姿勢ですかね。
b0132817_22554250.jpg
右下の光の線は、羽田に向かうカンタス航空QF25便のジャンボ機


せっかくなので、日の出を見ようとクルマの中で休憩。この日の鴨川の日の出時刻は5:37。
b0132817_22582176.jpg
キタキタ!

b0132817_22593481.jpg
グッモーニン!(ざっぱ〜ん)


しかし夜を徹して撮影してて、誰一人同業者が来なかったのは不思議且つ寂しいもんでした^^;
この日の出頃になると釣り人が続々とやってきましたが。


ここ最近の星空撮影では、土曜日の昼間にタップリ寝て22時位から自宅を出て、翌昼くらいに帰ってきて昼寝するなんてパターンをしてます^^;月を追うごとに天の川の出現は早くなってくるので、このパターンも改善はされそう?です。


安西先生、そろそろ登山復帰したいです。


PENTAX K-3 + DA14mmF2.8ED + O-GPS1(アストロトレーサー) & DA★60-250mmF4(日の出写真のみ)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2018-03-25 23:08 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 20日

大洗海岸 神磯の鳥居の星空で撃沈

先週末は新月ということで、星空スポットらしい大洗の「神磯の鳥居」まで行ってみました。

この時期はまだ天の川が出てくるのが午前2時以降とかなので土曜日昼間はたっぷり寝坊&お昼寝^^;
22時過ぎ頃に家を出発して大洗海岸を目指しました。


0時頃に大洗海岸の駐車場に到着。

気温は氷点下近く。
ダウンジャケット&ダウンパンツ持ってきて大正解。今度は寒さ知らず。
海岸を歩いて神磯の鳥居付近へ。
撮影環境は悪くないですな。


天の川が出てくるまではウォーミングアップがてら星を流して遊ぶかなっと。

んん?

なんだか明るいぞ…?
b0132817_21443760.jpg
これが神磯の鳥居か


春霞のせいなのか地上の光害を霞んだ空が乱反射してるのか思ったより空が明るい。。。おまけに道路からの異様に明るいLED照明が鳥居を照らすかのようにめちゃめちゃ漏れてる。

カメラの露出はISO1600にF2.8で20秒も設定すれば余裕でオーバーを示してしまうほど…。
なにこれ無理ゲーじゃないですか。おまけに雲まで出てきてしまって…。


とりあえずクルマの中へ一時退散。

少しばかり休憩した後、空を見たら雲がほぼなくなってるので再び現場へ。
天の川が登ってくる時間帯になると撮影者も増え、10数人くらいになりました。
しかしポジション争いになるようなことはなくゆったり撮影できました。


しかしながら、コンディションは悪いまま
b0132817_21531831.jpg
う〜〜〜〜ん…
b0132817_21535117.jpg
駄目だこりゃ…
&ノイズまみれ^^;


上述のとおり、ISO1600、F2.8〜3.5に20数秒で露出オーバーしてしまうんじゃ天の川撮るなんて難しいです。
この写真も思いッきしRAW現像で頑張ってますから(笑)

ちなみに撮って出しjpgだとこんな感じ^^;
b0132817_22001033.jpg

肉眼で天の川なんて見えません。
やっぱ空霞んでますよねぇ… 沖合の漁船の灯火もなかなかうるさい。


また雲も出てきたので諦めて午前3時くらいで撤収しました。
ここで日の出も撮ろうかと思ってましたけど、クルマの中で日の出までの3時間待機する気にはなれず、退散。



またリベンジしたい気分ですけど、ここはどうなんでしょうかね。ググってみると、これより暗くて天の川がハッキリ写る状況があったっぽいので道路から漏れるLED外灯を消してくれる日とかもしかしたらあるんでしょうか。キビシイかなぁ。
大洗町さんには是非、星空鑑賞の環境整備をけんとうしていただきく^^;


PENTAX K-3 + DA14mmF2.8ED + O-GPS1(アストロトレーサー)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2018-03-20 22:13 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 07日

城南島海浜公園でハラギラリ

夕暮れ時、京浜島から城南島海浜公園に行けばそれらしい写真が撮れるかなと思って移動。

狙うは旅客機の腹に太陽光線が反射した瞬間だっ!
b0132817_21521874.jpg
とまぁ、こんな感じで(一番反射がマシだったやつ^^;)

b0132817_21532987.jpg
ちょっと光り方が足りなかったけど、まぁいいやと。
欧米や北海道・東北方面の便じゃないと撮れません。
747をこのアングルで撮ってみたいですが現状ではルフトハンザ機が数時間遅れないと難しい^^;


さらにエアドゥとかはすぐに高く上がってこんな感じになります
b0132817_22045371.jpg
実は城南島海浜公園は初めて来ました^^;
ヒコーキ写真撮り始めて10年近くなろうとしてるのに(笑)

また撮りがいのあるスポットを見つけてしまいました。
山に登れない時はいい暇つぶしになりそうです。


PENTAX K-3 + DA★60-250mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

More おまけ写真

by pre-sspec | 2018-03-07 22:13 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 04日

京浜島つばさ公園でDLH717便を撮る

旅客型ジャンボ機も成田では機材変更で来るような便しかなくなった今、羽田では日中に定期便で運行してくれてる会社があります。

そう、ルフトハンザドイツ航空

いつの間にか成田から撤退していて、羽田に鞍替えされてます。
そのルフトハンザは旅客型のB747-8iを運行する数少ない(偉い)航空会社。旧型の-400もまだ現役らしい。
便名はフランクフルト行きDLH717便。


そいつを撮るために羽田空港の展望デッキではなく、あえて京浜島で頑張ってみました。
ここで撮るに北風運用で離陸のみ。つまり冬のほうが確率高い。欧州方面は風向き関係なくC滑走路3離陸。出発は15:20で離陸するのは16時近くなので京浜島なら順光です(日が短い時期はちょっときわどい)

ここは搭載状況やパイロットの操作次第ですが、ここだとギアを格納状態で撮れます。
すぐに右旋回するので若干ロールした状態になる前に早めに連写します。レンズはフル換算で400mm前後あればOK。
b0132817_16381005.jpg
D-ABYM "Bayern" 5Starhansa塗装

スカイトラックスの5スター認定記念塗装だとか。
目立ちすぎずなかなかいいデザインですね。
評価については若干、胡散臭いらしいですけど…^^;


b0132817_17244033.jpg
D-ABYI "Potsdam" Fanhansa Siegerflieger塗装

おなじみのFIFAワールドカップドイツ優勝記念塗装。
すでに4年近くこの塗装のままで、ありがたいことです。ずっとこのままの塗装であって欲しいです。
機体洗浄はマメにやってほしいところですが^^;


b0132817_16522011.jpg
D-ABYD "Mecklenburg-Vorpommern" ノーマル塗装

ノーマル塗装。先日、塗装変更が発表されてこの塗装も今後数年で過去のものになってしまうでしょうね。
昨日ですがその新塗装が休日に飛来するとのことで京浜島へ出張ったのですが、ランチェンされてしまいここで離陸機を撮ることが出来ませんでした^^;
いずれその新塗装が普通の光景になってしまうので潔く諦めましたが…。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2018-03-04 17:30 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 02日

CP+2018

今年も行ってきましたCP+

振休を利用して今回は平日に行けました^^
平日だから空いてることを期待しましたけど、モーターショーと同じくそんなことはありませんでした。土日よりは間違いなく空いてますが劇的に体感するほどではありませんでした。

平日だとみなとみらい辺りの駐車場代も上限1,000円とかなのでクルマで行ってきました。
首都高でも渋滞しましたけどまぁ許容範囲で…。
b0132817_22012644.jpg
この近くの駐車場に停めました(笑)


入り口を入ってすぐリコーPENTAXブース。
ニコンやキヤノンやソニーらが集結する奥のエリアではなくサードパーティー系や用品系の会社が集結するエリアにはじき出されてしまったか(i_i)
b0132817_22022001.jpg
最近発表されたK-1markIIのタッチ&トライしてきましたけど、いざブースで触りだすと説明に聞きたいと思ってたこと忘れる始末…。K-1ⅡですけどAF性能がちょっと改善されてるとか。相手になった説明員がちょっと頼りなかった。何か改善ポイント喋ってくれればいいのに余計な琴しゃべらないようにコチラがなにか聞くまで黙ったまま。警戒してるんでしょうねぇ。私の聞き方が悪い説もあるかも^^;
旧機種との高感度比較コーナーもあって、確かに高感度は強くなってました。ISO25600でK-3のISO3200くらい?(爆)


私が一番見たかった(確認したかった)のがコレ
b0132817_22070227.jpg
DA★11-18mmF2.8ED DC AW
今夏発売予定のPENTAXのAPS-C用の超広角ズームレンズ。
登山や星空の撮影で大活躍できそうです。特に星空撮影でピントリングが動かない様に固定レバーがついているらしい。さらにはレンズヒーターを装着しやすいようにレンズ先端部分に窪みをつけたとか。
夏と言っても何月から何月までだろう?係員に聞き出したかったですけど、この近くにはあえて寄り付かないようにしてるのか捕まらなかった…。業者やプロのタグかけてる人達には熱心に説明してましたけど一般人にはしてくれないのですねぇ。
b0132817_22103580.jpg
前日のプレスデーでは一部メディアは触って確認できたらしいですが一般公開日の日からはショーケースに入れられてお触り出来ない状態。ここまで出来上がって今夏発売というなら触らせてくれてもいいじゃないか^^;ケース越しに見た印象では、DA★16-50mmF2.8より明らかに太く、重そうだということ。登山で使う身としては重量を早く公開してほしいところです。
フィルター経が82mmとまたデカくなってしまいました。そのサイズのフィルターめちゃくちゃ高いんですけど…(泣)


PENTAXリコーブースで気が済んだ後は、コンパニオンのお姉ちゃんを撮りに用品系のブースを中心に見て回りました。
b0132817_22232515.jpg
SONYも盛り上がってました。
ミラーレスは特に興味ないから素通りしましたけど^^;
バッテリーの持ちの悪さと堅牢性とシャッター音とEVFに不安があるもんで…


b0132817_22283647.jpg
ペリカンケースに憧れる…
ヘリコプターから放り投げられようがアフリカの大地でクルマに踏まれ引きずり回されようが平気らしいです。実際に使うに相応しいケースが有るかといえばほぼ無いですけど(笑)空っぽの状態からしてすでにかなり重い^^;


賑わってたミスドブース^^;
b0132817_22340945.jpg
展示会場の外ではなく、なぜか用品系のメーカーブースエリアに忽然と姿を表しました。
種類は絞られてましたけど全品100円で常に客が絶えず、自分も2つほど買って小腹を埋める。


写真撮り忘れましたけど、次の液晶モニターを検討しにBenQやEIZOコーナーもじっくり見ました。
今使ってるEIZOのやつが10年近く前の1920☓1200なんですが物足りなくなってきてるところで、両社とも手が出せる範囲だと27インチで解像度2560☓1440まで。4Kまで解像度が上がると、AdobeRGB対応とあってなかなかいいお値段になるのでiMacのRetina5Kにしようかなとも思います。悩みますねぇ…。


NASといえばSynology(かな?)
導入してみたいけど高いんですよねぇコレ。
b0132817_22423860.jpg
見かけたコンパニオンの中では一番表情豊かで愛嬌ありポーズもいろいろやってくれた子。

平日と休日でコンパニオンの数は違うんですかね?
どこも厳しい情勢なのか、5〜6年前とかと比べると明らかに少なくなってる気がします。あまり真面目に他社カメラメーカーのブースを見て回らなかったから目にしなかっただけかも?^^;


今年は簡潔にこの辺で^^



More おまけ

by pre-sspec | 2018-03-02 23:03 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 26日

房総半島最南端で撮る天の川

天の川の季節がやってきたらしいので、房総半島の最南端野島崎まで繰り出して撮ってきました。

季節と言っても2月の天の川の見どころは早朝の4時〜5時くらいの間です。
黒潮の流れる太平洋間近の房総半島とは言え、とても寒いです((((;゚Д゚))))
それなのに深夜1時に到着してしまったので、天の川が出てくるまでとても長かった^^;
b0132817_23192026.jpg
実は海辺での天の川撮影は初めて^^;
流れ星も一緒に撮れました(゚∀゚)


ちなみに肉眼ではほとんど天の川は見えません。
非常に薄っすらであれかな?という程度で、撮影して初めて天の川の存在が確認できるくらい。
夏の立った状態ではなく、東の空に寝た状態が撮れるのがこの時期の魅力。
b0132817_23312013.jpg
露出はF2.8〜3.2位でISO3200、PENTAXのアストロトレーサーを使用しての追尾撮影なのでSSは40秒を選択。
※冒頭写真の地上部分は固定撮影したものを合成してます(笑)
追尾撮影できるのでもっとSSは長くしたいんですけど、カメラはノイズに不利なAPS-C規格だし、灯台のグルグルまわってる光線ビームや漁船の灯りなど、それなりに光害はあるのでいたずらに長くも出来ないのであります。


到着直後はまだ天の川の時間帯じゃないので、星を流して時間稼ぎ^^;
b0132817_23351486.jpg
これでインターバル比較明合成で60枚くらい。100枚くらいでもよかったかなー。
でもカメラが連続撮影している間、じっと待機してる時間が長くて暇なんですよね^^;

b0132817_23363662.jpg
岩場の出血みたいな赤いのは他の撮影者が場所を探して赤いヘッドランプでウロチョロしてたことによるもの。
こうした現場では撮影者のマナーとしてヘッデンを赤に切り替えて他者の目を幻惑させたり写真に写り込まないような配慮がなされたりしますが、こうなるなら別に白ランプのままにされたほうがいいかも^^;
いやいや配慮は大事であります。


天の川が昇り始めてきたころ
b0132817_23391103.jpg
ていうか、普通の見物人ならともかく、イチ撮影者としての立場なら、その岩場の上には立たない方がいいと思うんですがどうなんだろう?
しかも十分に星空と地上構造物を絡めた被写体となりうる白いベンチに三脚2つ構えて座ってずっとそこにいるんですよ。
いや向こうも別に文句言われる筋合いはないでしょうが。
天の川とかの星空撮影って地上の風景と絡めたほうが遠近感が生きてくると思うのですが。


そういうわけで冒頭の写真は、ベンチに居座る同業他人はPhotoshopで消させてもらってます(ちょっぴり消した跡が^^;)


そんなこんなで結局はこのポジションに落ち着いた次第です。
b0132817_23433211.jpg
朝4時を過ぎると南の空から羽田を目指す低空の飛行機が来はじめますので、タイミングを図る必要も出てきます^^;
FR24で確認したら朝4時半頃に羽田に到着するシドニー発のANA便でした。カンタス便も続いて通過。


5時を過ぎると撮影結果の空が白み始めてくるので撤収。

今まで星空撮影といえば日本アルプスのような高山の上が一番!と信じて疑わなかったですが海辺も悪くないですね。
関東地方であれば外房の海岸線ならイイとこいっぱいあるらしいですよ。


★教訓(備忘録)
・ケーブルレリーズ忘れるな(忘れたのかよ)
・ダウンコートだけではなく、ダウンパンツも持っていくべき
・家から野島崎までは深夜下道で大体約2時間弱


PENTAX K-3 + DA14mmF2.8ED + O-GPS1(アストロトレーサー)


安西先生、フルサイズ一眼が欲しいです(´・ω・`)


by pre-sspec | 2018-02-26 00:05 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 17日

PENTAXの再修理対応がいろいろと神懸ってた

昨年11月に修理に出した望遠レンズDA★60-250mmF4が先月の皆既月食の日にまた同じ部位のフォーカスリング(SDM=オートフォーカス)が壊れてしまい、またまた修理に出すハメになってしまいました。
b0132817_21483324.jpg

規約により、同じ理由での故障は6ヶ月以内であれば無償修理してくれることになってくれるので、料金はモチロン無料でなきゃ暴れるw
前回はピックアップリペアサービスという引取修理を使いましたけど、今回は事情をちゃんと説明するべく、ボディに装着したまま新宿のサービスセンターへ持ち込みました。

症状はフォーカスリングが動かなくなるというものですが、ボディのAF/MFスイッチをMFに切り替えると動き出し、AFに戻してくるくる動かすとまた回らなくなるユーザー側ではどうにもならない状態です。この症状が出ると例え自然に動くようになってもピントは微妙にあってくれなくなるので修理に出すほかないのであります。


そして係員に説明し、暫く置くへ引っ込んで症状確認したのち、戻ってくると…
------------------
係員「確かにフォーカスが動かないですね。念のためですが、このボディとセットでお預かりさせてもらえませんか?」

自分「えぇっ、マジですか…」

係員「多分、レンズの方だけだと思うんですが念のため…。あと、ボディもシャッターボタンがちょっと戻りが悪くなってますから点検させていただきます。」
係員「あと(小声で)代わりのボディもお貸ししますので。望遠レンズはちょっとムリですが…」

自分「あぁ、そうなんですか(;´∀`)じゃあお願いします」
------------------

という運びになって、代替ボディを貸してくれました(同じK-3)
別に後継機種貸してくれてもええんやで…w


そして3週間ほどかかる予定が2週間で返ってきました。


レンズを確認。
うん、無事に動くなっ。
もうしばらく壊れるなよ?



ボディも確認。
・・・

んんっ?
なんだか質感がちょっと違うぞ!?
b0132817_22054577.jpg
あれっ、シャッターボタンとその周りのボタンが新品になってる…
肩液晶はそのままだけど、周りのカバーパネルも新品になってる…

b0132817_22084409.jpg
背面操作部も液晶モニターはさすがにそのまま(キズついた保護フィルムも)
しかしながらOKボタン、十字キー、MENUボタン、INFOボタン、カード切替ボタンが新品になってるっ!
ついでにその背面カバーパネルまで新品になってるっっ!!


それは使い込んでツルツルとした感じではなく、サラサラとした新品の質感っ。
交換されてない部分との質感の差が凄い^^;


マジですかPENTAXリコーさん…
確かにMENUやINFOボタンとか寒くなると中のシーリングゴムが硬化してるのか押しにくくなったりはしてて、コレがだめになったら買い替えかなと思っていたから、あえて有償で修理しようとは思ってなかったのに…
さすがに塗装剥がれた底面パネルカバーは交換されてませんが別にいいです。
過酷な使用の勲章みたいなもんですからw

しかもレンズの修理ついでの点検という名目で(メーカーの希望で)預けたボディなのに、無償ですよΣ(゚Д゚)
ここにきてまさかの延命処置を施されるとはっ^^;


伝票を見てみると…
交換部品:上カバー、後カバー、操作ボタン関連部品☓8
・・・なんという大盤振る舞い。

たびたびカメラ事業撤退などとの噂が某掲示板でうるさいのにPENTAX(リコー)さん、イケメンすぎます。
すげぇスゲェ凄ぇ…。


これはせっかく修理してくれたお礼にしばらく使うしか無いでしょうね(笑)
APS-Cの機種はKPではなく、K-3IIの後継が発表されない限り、買い換える気は無いのでこれで気長に待てます。

はだめです。
私の手に合いませんし、バッテリーも違うしスペックも色々とたらない所があります。

いや、本当はフルサイズが欲しいんですけどね…(´;ω;`)




More とりあえず修理明けの試写!

by pre-sspec | 2018-02-17 22:37 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 01日

皆既月食

とりあえず撮りました^^;
赤くなった皆既月食。

当初、関東地方では見えない予想でしたが、普通に見えましたね。
急遽ダウンコート着て外に飛び出し撮影開始。
b0132817_01051977.jpg
めっちゃトリミングしてます。
周りの星も写ってますね。
ピントが合わねぇ…orz


冬のお月さまは高度が高いのでキビシイですね。
AFでもMFでもファインダーじゃピントなんて合わせられないのでライブビューで。
めったにライブビューなんて使わないので操作方法であたふたする始末^^;
そのライブビューでも映る映像が汚いのでピントが合ってるかよう分からんかったり(滅)

さすがに三脚立てて望遠構えてると近所のオバちゃんに声かけられました(笑)

b0132817_01235528.jpg
ちなみにノートリミングだとこんな感じ^^;


撮影のために部屋でレンズを装着して準備してたら、また望遠ズーム(DA★60-250mmF4)のフォーカスリングが動かなくなるトラブルになり焦りましたが、ボディのAF/MF切り替えスイッチをMFにしたら動き出すといういつもの謎仕様。
約3ヶ月前に修理に出したときと同じ症状がまた出たので、無償修理してもらいます(同じ症状なら6ヶ月は無償)
この症状が出たら例えAFが動いてもピントが微妙に合わなくなるので。
ちゃんと修理せぇリコーPENTAX。

皆既月食のその日のうちにブログ上げたかったのにPC(Mac mini)がトラブって起動しなくなり、復元作業したりと踏んだり蹴ったりでありました(# ゚Д゚)

PENTAX K-3 + DA★60+250mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2018-02-01 01:18 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)