タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 21日

◯◯の知らない飛行機模型の世界

今回は少し濃いお話(笑)

私はヒコーキ好きもこうじていくつかの飛行機模型を所有してます。
b0132817_21241882.jpg
JALやANAではモデルプレーンという呼び方をしてたりします。
スケールサイズはいろいろありますが、私は旅客機では最も?ポピュラーな1/200スケールを保有してます。
軍用機では1/72サイズが一般的ですが、私は敢えて手は出してません^^;

そもそものこうしたモノに手を出したきっかけは、航空会社の記者発表やニュースなどで使われる飛行機模型を見て、「あれ欲しいナー」という単純な乗り物好きオトコの発想(笑)
b0132817_21275742.jpg
たとえばこういうやつ(Aviation.wireより拝借)
綾瀬はるかCAに会いたいっ!^^;


  • 機体の素材・造り
飛行機模型には、溶けた金属を型に流し込んで成型されたダイキャストモデルと、プラスチック(ABS樹脂)で出来たものがあります。
金属製(ダイキャスト)とプラスチック製、それぞれには一長一短あります。
b0132817_21322271.jpg
こちらはダイヤキャスト製。
かなり重厚でズシリと重いです。B747-400では2kgくらいあります。
ダイキャスト製のメリットは、色の再現性がとてもいいこと。実物の色に限りなく近い感じです。実物も金属ですから当然ではありますね。
機体の背中についているアンテナ類も再現されているのも特徴的。
ダイキャストモデルは基本的に完成品のみ売ってます。

デメリットは完成品のみでお値段もなかなか高いこと(個人の主観です^^;)
完成品は翼の分、箱も大きくなりスペースも取ります。
逆にそれらを気にしないのであれば、満足度は高いですね。


b0132817_21463778.jpg
続いてコチラはプラスチック製(主にABS樹脂)
プラスチック製は、完成品とスナップフィットの組み立て式とがあります。
お値段は、完成品>組み立て式という感じです。

メリットは金属製に比べてお値段が安いこと^^;
デメリットは、色や機体の再現性は金属製には一歩及ばないことくらいでしょうか。
金属製に比べてお手軽感はあります。
b0132817_21501954.jpg
こちらは金属のダイキャスト製とプラスチック製の比較画像。
ダイキャスト製はアンテナ類も突起で再現されていたり、ビーコンライトもビーズのようなものが付いてますが、プラスチック製はペイントだけです。

b0132817_21521680.jpg
これはダイキャストモデルの細かい印刷のマクロ撮影。
非常に細かいですね。


  • メーカーなど
まず、身近なJALやANA。
JALでは、子会社のJALUXが企画販売しています(2011年の破綻前はJTA商事等)
羽田空港などにあるBLUE SKYに行けばJALの模型はたくさん取り揃えられてます。
ANAでは、全日空商事が企画販売し、ANA FESTAなどで購入できます。
これらはこの世界では?貴重な”メーカー純正品”として、なかなか良い品質が保たれてると思います。
なお、日本の大手二社はどちらもプラスチック製で販売されています。


他は全て海外メーカーになります。
プラスチック製では、香港のhogan、台湾のEVERRISE、ドイツのherpaなど。
ダイキャスト製では、アメリカのGeminiJetsINFLIGHTJCWingsなどなど。

INFLIGHTとJCWingsについてはどこの国のかもよう知りません^^;誰か教えてください。
後者については販売店の人もよく知らなかったくらい素性の分からないメーカーです。
Geminijetsはアメリカのメーカーらしく、米国航空会社のモデルが充実してる印象です。同様にherpaもルフトハンザドイツ航空のモデルが充実してます。

プラスチック製もダイキャスト製もどこのメーカーも共通しているのは、すべてMade in Chinaです。
INFLIGHT200のサイトには、その製造工程も載っています。
B747の金型は86000ドルするそうですね^^;


中国製だからかなのか、やはり製品の品質にはバラツキがあったり不具合があったりします。
b0132817_22163288.jpg
たとえばこれ。
新品であるにも関わらず、ノーズギアが最初からひん曲がってたりします。
重量のある金属製モデルなのにギア類はプラスチック製で直置きするのをためらうくらい非常にモロイです。展示用スタンドで宙に浮かせておいたほうが安心です。素性の分からない問い合わせ先すらよく分からない海外メーカー製なもので日本の田宮模型みたく、パーツのみ取り寄せることは不可能に近いので、取り扱うのに非常に気を使います^^;

b0132817_22211828.jpg
あとこれもなかなかキツイのですが、塗装のムレ乱れです。
これは台湾のエバーライズのモデルですが、あからさまに汚いです。ここまで汚いムレは初めてですが飾っても目立たない機体のケツあたりだったのが不幸中の幸い^^;


なお、JALの製品は、前述のEVERRISEやhogan社に委託製造しているようです。
ANA製品も全てかは知りませんが、PACMINという会社が製造しているようです。


何より厄介なのはこの世界は、一度売り切れたらほぼ再生産してくれないということです。
Geminijetsなんかは公式サイトで再生産しないと公言しています。
つまり人気で少量生産なモデルはレア度は高まります。



  • 入手方法
これらの飛行機モデルはそんじょそこらの模型店や量販店では手に入りません
私も詳しくは知りませんがすべて輸入品で、正規取扱店がとっても限られてる業界のようです^^;アマゾンなどでも入手できるモデルは限られてます。
JALやANAの模型は、前述の通り大きな空港に行けば比較的簡単です。

私が知ってる限りの正規取扱店は都内では、秋葉原のTopGun巣鴨のガリバー、荻窪のクロスウイングなど。
これらの店は通販をやってて最新のモデル情報も入手しやすいですね。


ちなみに私の主な入手方法は、9割がたヤフオクです。
だってまともに新品買うのは高いもん^^;
ヤフオクだと勿論中古も多いですが、未開封新品状態のやつもモノによっては割安で入手しやすいケースもわりとあります。
前述の通り、再生産してくれないことがほとんどなので過去のレアで人気モデルだとそれなりに高騰するので、潔く諦めることも多々あります。


  • 収集方針
極めて個人的なことですが(まぁ個人の趣味ですしw)、気に入ったやつをなんでも入手しようとすると心も経済も置き場所も滅びますので、暴走しないように方針を定めてブレーキかけてます(笑)
それはというと、、、

・特別塗装機(特別マーキング)であること
・気に入ったデザインのやつのみ
・基本的にB747以外の機種は1社で1機のみに抑える
・日本に就航している(していた)実績がある航空会社のもの
・中〜大型機限定
但し、特別気に入ったものはこの限りではない(笑)

という感じでしょうか。
気に入ったデザインのやつはある意味当然ですね^^;ノーマル塗装機までホイホイ買うのは流石に無理があります。私の好きなデザインの航空会社は大手のみで特に欧州の会社に偏ってます。中国韓国や東南アジア系の航空会社は金出してまでほしいと思えるのはほとんどありません。
B747はやはりカッコイイのでそれを中心にコレクションしてますし、ヤフオクなどでも一番出品数は多いですし人気で動きが活発です。
小型機を持っても見栄え的にもしょうが無い気がするので、中型機以上に限定してます。


※間違いがあればご指摘ください^^;




More ということで保有飛行機模型コレクションの数々

# by pre-sspec | 2018-02-21 00:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 17日

PENTAXの再修理対応がいろいろと神懸ってた

昨年11月に修理に出した望遠レンズDA★60-250mmF4が先月の皆既月食の日にまた同じ部位のフォーカスリング(SDM=オートフォーカス)が壊れてしまい、またまた修理に出すハメになってしまいました。
b0132817_21483324.jpg

規約により、同じ理由での故障は6ヶ月以内であれば無償修理してくれることになってくれるので、料金はモチロン無料でなきゃ暴れるw
前回はピックアップリペアサービスという引取修理を使いましたけど、今回は事情をちゃんと説明するべく、ボディに装着したまま新宿のサービスセンターへ持ち込みました。

症状はフォーカスリングが動かなくなるというものですが、ボディのAF/MFスイッチをMFに切り替えると動き出し、AFに戻してくるくる動かすとまた回らなくなるユーザー側ではどうにもならない状態です。この症状が出ると例え自然に動くようになってもピントは微妙にあってくれなくなるので修理に出すほかないのであります。


そして係員に説明し、暫く置くへ引っ込んで症状確認したのち、戻ってくると…
------------------
係員「確かにフォーカスが動かないですね。念のためですが、このボディとセットでお預かりさせてもらえませんか?」

自分「えぇっ、マジですか…」

係員「多分、レンズの方だけだと思うんですが念のため…。あと、ボディもシャッターボタンがちょっと戻りが悪くなってますから点検させていただきます。」
係員「あと(小声で)代わりのボディもお貸ししますので。望遠レンズはちょっとムリですが…」

自分「あぁ、そうなんですか(;´∀`)じゃあお願いします」
------------------

という運びになって、代替ボディを貸してくれました(同じK-3)
別に後継機種貸してくれてもええんやで…w


そして3週間ほどかかる予定が2週間で返ってきました。


レンズを確認。
うん、無事に動くなっ。
もうしばらく壊れるなよ?



ボディも確認。
・・・

んんっ?
なんだか質感がちょっと違うぞ!?
b0132817_22054577.jpg
あれっ、シャッターボタンとその周りのボタンが新品になってる…
肩液晶はそのままだけど、周りのカバーパネルも新品になってる…

b0132817_22084409.jpg
背面操作部も液晶モニターはさすがにそのまま(キズついた保護フィルムも)
しかしながらOKボタン、十字キー、MENUボタン、INFOボタン、カード切替ボタンが新品になってるっ!
ついでにその背面カバーパネルまで新品になってるっっ!!


それは使い込んでツルツルとした感じではなく、サラサラとした新品の質感っ。
交換されてない部分との質感の差が凄い^^;


マジですかPENTAXリコーさん…
確かにMENUやINFOボタンとか寒くなると中のシーリングゴムが硬化してるのか押しにくくなったりはしてて、コレがだめになったら買い替えかなと思っていたから、あえて有償で修理しようとは思ってなかったのに…
さすがに塗装剥がれた底面パネルカバーは交換されてませんが別にいいです。
過酷な使用の勲章みたいなもんですからw

しかもレンズの修理ついでの点検という名目で(メーカーの希望で)預けたボディなのに、無償ですよΣ(゚Д゚)
ここにきてまさかの延命処置を施されるとはっ^^;


伝票を見てみると…
交換部品:上カバー、後カバー、操作ボタン関連部品☓8
・・・なんという大盤振る舞い。

たびたびカメラ事業撤退などとの噂が某掲示板でうるさいのにPENTAX(リコー)さん、イケメンすぎます。
すげぇスゲェ凄ぇ…。


これはせっかく修理してくれたお礼にしばらく使うしか無いでしょうね(笑)
APS-Cの機種はKPではなく、K-3IIの後継が発表されない限り、買い換える気は無いのでこれで気長に待てます。

はだめです。
私の手に合いませんし、バッテリーも違うしスペックも色々とたらない所があります。

いや、本当はフルサイズが欲しいんですけどね…(´;ω;`)




More とりあえず修理明けの試写!

# by pre-sspec | 2018-02-17 22:37 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 10日

登山ピンバッジコレクション

登山にて現地の山小屋や売店などに売ってるピンバッジ。

山に登る目的は様々ですが、個人的には山で絶景写真を撮る、ピークハントをするほかに、これらを集めることもモチベーション維持の一つになってます。
b0132817_20063026.jpg
現在の山で買ったピンバッジたち。

私はコルクボードに挿して飾っています。
これの隙間が埋まっていくのもまた楽しみであります。
日本百名山一覧風のバッジを括り付けられるタペストリーなるものも売ってますが敢えて買ってません。
だって、あれに付け始めると百名山全てを制覇しなきゃならなくなるもの^^;


バッジもただ現地で闇雲に買ってるわけではなく、ある程度のポリシーを設けてます。
それはというと、

・登頂実績のある山
・その地限定(山小屋)モノを買う
・なるだけ漢字表記のモノ

という感じです。

登頂実績のある山(あるいは行程途中の山小屋にてこれから登頂する山)を買うのは当然ではあります。
例え目の前に未登頂の登りたい山バッジがあっても、その山行で登る予定が無いのであれば買いません。
次に来た時に登って手に入れてやるという目標とモチベーションが生まれます(意固地)


2つ目の理由は、同じ山でも非常に沢山のバッジ種類がある山があったりします。
b0132817_20065231.jpg
例えばこの写真は乗鞍岳は肩の小屋の売店。

たくさんの乗鞍岳バッジがありますが、ココで売ってるものは畳平のバスターミナルの売店にもほぼ取り揃えられてました。
私はココでは敢えて一つも買わず、山頂にある社務所にのみ売っていたバッジを購入した次第です。
もしそこで限定バッジ売ってないのであれば、この売店の沢山の中から気に入ったやつを選びます。登山口・中腹の山小屋・頂上付近の山小屋それぞれで限定物があるなら頂上に近い方を優先します(デザイン次第では両方買う^^;)
要は限定モノに弱いってやつでしょうかw

また、その山域だけでなく。いろんなエリアのバッジを売っている所もあります。
例えば大菩薩嶺の登山口にあるロッジ長兵衛では、買い忘れた人のためにと関東周辺の百名山や北アの名山(水晶岳とかも)もたくさん売ってたりします。
b0132817_01031212.jpg
現地で売り切れてたり買いそびれたりの救済ではありますが、なるだけその地でしか買えないものを入手したいところであります^^;
実際、自分も買いそびれor存在不明の山バッジが2〜3座あるので探したりするのですが見事に無いという…。


3つ目の漢字表記のバッジを買うというのは、まぁ日本の山ですからやっぱ漢字表記がいいじゃないかという単純な理由です(笑)

あとデザインが著しく被らないのも重要です。
ほぼ同じ形で山の名前だけ買えたようなのもあります。


それでは私の登山ピンバッジコレクションをば^^


※以降、増えたらまたこの記事に追加していきます。
※登頂してても小屋や近くに売店が無かったり、見つけるに至らなかった山もいくつかあります。
※年月を経るごとにデザインが変わる可能性もあります。
※たくさんあるので要注意(笑)



More 山バッジコレクション

# by pre-sspec | 2018-02-10 22:05 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 01日

皆既月食

とりあえず撮りました^^;
赤くなった皆既月食。

当初、関東地方では見えない予想でしたが、普通に見えましたね。
急遽ダウンコート着て外に飛び出し撮影開始。
b0132817_01051977.jpg
めっちゃトリミングしてます。
周りの星も写ってますね。
ピントが合わねぇ…orz


冬のお月さまは高度が高いのでキビシイですね。
AFでもMFでもファインダーじゃピントなんて合わせられないのでライブビューで。
めったにライブビューなんて使わないので操作方法であたふたする始末^^;
そのライブビューでも映る映像が汚いのでピントが合ってるかよう分からんかったり(滅)

さすがに三脚立てて望遠構えてると近所のオバちゃんに声かけられました(笑)

b0132817_01235528.jpg
ちなみにノートリミングだとこんな感じ^^;


撮影のために部屋でレンズを装着して準備してたら、また望遠ズーム(DA★60-250mmF4)のフォーカスリングが動かなくなるトラブルになり焦りましたが、ボディのAF/MF切り替えスイッチをMFにしたら動き出すといういつもの謎仕様。
約3ヶ月前に修理に出したときと同じ症状がまた出たので、無償修理してもらいます(同じ症状なら6ヶ月は無償)
この症状が出たら例えAFが動いてもピントが微妙に合わなくなるので。
ちゃんと修理せぇリコーPENTAX。

皆既月食のその日のうちにブログ上げたかったのにPC(Mac mini)がトラブって起動しなくなり、復元作業したりと踏んだり蹴ったりでありました(# ゚Д゚)

PENTAX K-3 + DA★60+250mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

# by pre-sspec | 2018-02-01 01:18 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)