タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 10月 08日 ( 1 )


2017年 10月 08日

涸沢NIGHT2017

夜の涸沢もまた格好の被写体になります。
特にテント場の明かりはそれはまた幻想的です。
b0132817_22113001.jpg
テント内に照らされた光と、通路を歩く登山者のヘッドランプの明かりです。
北穂高岳からもまだ降りてくる登山者がいますね。大丈夫なんだろうか。
テント場内に見える三角形の光跡はテン場内の通路です。
b0132817_22205068.jpg
若干違うver

これを撮影しようと涸沢ヒュッテのテラス前はお立ち台のごとく、カメラをセッティングした三脚の放列が出来ます。
(みんな重い三脚を頑張って担ぎ上げて来てんだなぁ…)


テント村からやってくる人たちは主に涸沢ヒュッテのトイレや水場を利用しにきます(テント場にトイレや水場はありません)
この写真撮ってる背後にはトイレ待ちの行列が出来ます。時にその列はこの写真の左端付近にまで達します。
小屋泊の人たちはトイレに並ぶ際に初めてこのテント村の夜景を目にするので感嘆の声をあげます。
b0132817_22112044.jpg
空が完全に暗くなったver(前日撮影)


撮影はK-3にあるインターバル合成機能を使いました。
合成方法は当初、”比較明”を使っていたのですが山が暗すぎたので、後から”加算”のほうを主に使いました。
んが、どうやらヘッドランプの明かりが多すぎたようです^^;


ISO感度を上げて、F2.8で25秒くらい開けて単発撮影でやるとこうなります。
b0132817_22253510.jpg
もはや通路がヘッドランプ光のカタマリ。
星空もよく写るようになりますが、いかんせん下が明るすぎ^^;

b0132817_22355197.jpg
山のてっぺんに見える光の塊は北穂高小屋


19時半もすぎれば明らかにテント場の光も少なくなってきて、気もすみますので撤収します。
この日は月明かりがあって、深夜にならないと天の川も出ないようで、結局星空単体は撮りませんでした。


K-3 + DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-10-08 22:37 | 山登り | Trackback | Comments(0)