iMac Retina 5Kの凄い映りと不思議な解像度表示

iMac Retina 5Kが我が家に来て約1週間。

驚かせれたのはRetinaディスプレイによる5Kの画面の美しさと繊細さ。
約1週間ちょっと経った今でもその画面の驚く毎日でございます。
b0132817_14261779.jpg
特にPhotoshopなどで、自分がデジタル一眼で撮った写真を開いてみると、その5Kとやらの繊細な写りに本当にビビってしまいます。


俺の撮った写真
こんなにキレイに写ってたんか… と^^;


それまでは8年ほど前に買ったEIZOのSX2262Wという22インチで解像度1920×1200のディスプレイを使っていて、それもまたごく一般ディスプレイの平均以上な表示品質ではあったと思います。Adobe RGBも95%程度のカバー率を確保していましたし、目が疲れると思ったことはありません。


しかしこのRetina 5Kディスプレイはそれを遥かに凌駕していました。
普段使ってるiPhoneやiPadでもRetinaの画面を見てはいますが、やはり大画面で見ると印象がまるで違います。

SX2262Wをデュアルディスプレイでサブ画面にして、それで写真やネットなど開くと、あれ?こんなに粗かったっけ?となります^^;
今までこのディスプレイで写真をRAW現像やレタッチしていた時間、なんだったの?と^^;
APS-Cの画像見てビックリしてんだから、フルサイズの画像見ると転げ落ちるんではと。
繊細な分、失敗もより目立つ(苦笑)

文字などもとてもキレイで、繊細すぎてもうドットが見えねぇ…という感じです。



ここから本題。

このRetina 5Kディスプレイは5120×2880という広大な解像度ですが、疑似解像度なるちょっと説明が難しいトリックがあるみたいです。
5Kとは言うものの、Mac OSデフォルトの解像度設定は半分の2560×1440に設定されています。
b0132817_14452591.jpg
Lightroomで開いたこの画面、解像度はデフォルトの2560×1440です。
実用的に充分広い解像度だと思います。


しかしながら、UIは2560×1440基準の表示で、画像だけは5120×2880として開かれているらしいのです(ちょっとチンプンカンプン)
b0132817_14474983.jpg
この画像の場合、元画像では約2400万画素の6016×4000だから、2560×1440で等倍表示させるとグワッと拡大表示されるはずですが、1.3倍くらいと対して拡大されず、あれれ?となるのです。
つまりPhotoshop(Lightroom)上では、画像の表示だけ5120×2880のディスプレイとして扱われてるみたいなのです。


昔PENTAX K200Dで撮った約1000万画素(3756×2514)の画像をデフォルトの解像度設定で、等倍表示の編集が可能なのであります(不思議)
b0132817_14523421.jpg
画像は100%の等倍表示させてる状態
画像解像度>モニター解像度なのに、
等倍表示できる不思議


K-5で撮った約1600万画素(4928×3264)の画像では、モニター解像度を3200×1600とすることで等倍表示での編集が可能となります。
b0132817_14551261.jpg
ただ、UIの表示が小さくてちょっと扱いにくくなります^^;
この辺りは操作性では限界かな?(個人差あり)


欲張って本来の5K表示5120×2880の設定にしてみると…
b0132817_14570799.jpg
これはもう広くなりすぎて、UI表示も小さすぎて作業なんか出来ないレベルです。
マウスポインタもどこへ行ったか分かりにくくなり、画面に顔近づけないと何のアイコンか判断できないです。


加えて高い解像度設定だとメモリもわりと食いますので、少ない状態だとあまり広くしないほうがいいです。
設定画面でパフォーマンスが落ちるよとの警告が出ます。


ちなみにこのいわゆる疑似解像度について、購入前にどういうこと?ってヨドバシ千◯のAppleロゴ入りの黒Tシャツ着たヒョロガリ無能スタッフに聞いてみると、よく分からないと言われました。ついでに色々質問すると、「自分にはよく分かりませんが、〜〜じゃないでしょうか?」みたいな感じかわし、しまいには逃げるように挨拶され、まるで使い物になりませんでした(゚д゚)


なんだかんだでデフォルトの解像度設定が一番扱いやすそうです。
何よりコロコロ設定変えると、フォトショでの操作性が悪化したり、設定を戻しても文字がボケボケ表示になったりと原因不明の不都合が起きるみたいです。

そしてこの4K以上の高解像度ディスプレイでは、youtubeのフルHD動画ですらボケ気味になったりするので、古い動画を見る際はブラウザで小さく表示させたりする必要があり、便利なのか不便なのか微妙な時もあります^^;
しかしながら、写真がびっくりするほど繊細に写るので、写真趣味な人ほど次のディスプレイは4K以上のモノを検討する価値はあると思います。



おまけ
b0132817_15144617.jpg
早くも満席になった背面USBポート

やはりオプションでテンキー付きMagic Keyboardにしたほうがよかったか^^;
NAS欲しいけど初期費用ちょっと高いしなぁ…。

MacはUSBハブ経由で外付けHDDつなげると、全てではないですがエラー起こす(接続が途切れる)ケースがあるので本体に直接繋げたほうが安全性が高いのです。


トラックバックURL : https://sspec1days.exblog.jp/tb/28276805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みながわ at 2018-04-30 16:33 x
マックのほうが写真いじるのにはいいの?
Commented by pre-sspec at 2018-04-30 22:20
> みながわさん
一昔ふた昔前はそうだったらしいけど、今はWindowsとそんなに変わらないようで。
印刷まで含めたワークフローだとMacの色表示のほうがWindowsより考えられた造りだから昔から業界標準でMacだったとかみたいです。

写真いじるにはディスプレイはホント大切と改めて思い知らされた次第^^
by pre-sspec | 2018-04-30 15:26 | 日常 | Trackback | Comments(2)