◯◯の知らない飛行機模型の世界

今回は少し濃いお話(笑)

私はヒコーキ好きもこうじていくつかの飛行機模型を所有してます。
b0132817_21241882.jpg
JALやANAではモデルプレーンという呼び方をしてたりします。
スケールサイズはいろいろありますが、私は旅客機では最も?ポピュラーな1/200スケールを保有してます。
軍用機では1/72サイズが一般的ですが、私は敢えて手は出してません^^;

そもそものこうしたモノに手を出したきっかけは、航空会社の記者発表やニュースなどで使われる飛行機模型を見て、「あれ欲しいナー」という単純な乗り物好きオトコの発想(笑)
b0132817_21275742.jpg
たとえばこういうやつ(Aviation.wireより拝借)
綾瀬はるかCAに会いたいっ!^^;


  • 機体の素材・造り
飛行機模型には、溶けた金属を型に流し込んで成型されたダイキャストモデルと、プラスチック(ABS樹脂)で出来たものがあります。
金属製(ダイキャスト)とプラスチック製、それぞれには一長一短あります。
b0132817_21322271.jpg
こちらはダイヤキャスト製。
かなり重厚でズシリと重いです。B747-400では2kgくらいあります。
ダイキャスト製のメリットは、色の再現性がとてもいいこと。実物の色に限りなく近い感じです。実物も金属ですから当然ではありますね。
機体の背中についているアンテナ類も再現されているのも特徴的。
ダイキャストモデルは基本的に完成品のみ売ってます。

デメリットは完成品のみでお値段もなかなか高いこと(個人の主観です^^;)
完成品は翼の分、箱も大きくなりスペースも取ります。
逆にそれらを気にしないのであれば、満足度は高いですね。


b0132817_21463778.jpg
続いてコチラはプラスチック製(主にABS樹脂)
プラスチック製は、完成品とスナップフィットの組み立て式とがあります。
お値段は、完成品>組み立て式という感じです。

メリットは金属製に比べてお値段が安いこと^^;
デメリットは、色や機体の再現性は金属製には一歩及ばないことくらいでしょうか。
金属製に比べてお手軽感はあります。
b0132817_21501954.jpg
こちらは金属のダイキャスト製とプラスチック製の比較画像。
ダイキャスト製はアンテナ類も突起で再現されていたり、ビーコンライトもビーズのようなものが付いてますが、プラスチック製はペイントだけです。

b0132817_21521680.jpg
これはダイキャストモデルの細かい印刷のマクロ撮影。
非常に細かいですね。


  • メーカーなど
まず、身近なJALやANA。
JALでは、子会社のJALUXが企画販売しています(2011年の破綻前はJTA商事等)
羽田空港などにあるBLUE SKYに行けばJALの模型はたくさん取り揃えられてます。
ANAでは、全日空商事が企画販売し、ANA FESTAなどで購入できます。
これらはこの世界では?貴重な”航空会社純正企画品”として、なかなか良い品質が保たれてると思います。
なお、日本の大手二社はどちらもプラスチック製で販売されています。


他は全て海外メーカーになります。
プラスチック製では、香港のhogan、台湾のEVERRISE、ドイツのherpaなど。
ダイキャスト製では、アメリカのGeminiJetsINFLIGHTJCWingsなどなど。

INFLIGHTとJCWingsについてはどこの国のかもよう知りません^^;誰か教えてください。
後者については販売店の人もよく知らなかったくらい素性の分からないメーカーです。
Geminijetsはアメリカのメーカーらしく、米国航空会社のモデルが充実してる印象です。同様にherpaもルフトハンザドイツ航空のモデルが充実してます。

プラスチック製もダイキャスト製もどこのメーカーも共通しているのは、すべてMade in Chinaです。
INFLIGHT200のサイトには、その製造工程も載っています。
B747の金型は86000ドルするそうですね^^;


中国製だからかなのか、やはり製品の品質にはバラツキがあったり不具合があったりします。
b0132817_22163288.jpg
たとえばこれ。
新品であるにも関わらず、ノーズギアが最初からひん曲がってたりします。
重量のある金属製モデルなのにギア類はプラスチック製で直置きするのをためらうくらい非常にモロイです。展示用スタンドで宙に浮かせておいたほうが安心です。素性の分からない問い合わせ先すらよく分からない海外メーカー製なもので日本の田宮模型みたく、パーツのみ取り寄せることは不可能に近いので、取り扱うのに非常に気を使います^^;

b0132817_22211828.jpg
あとこれもなかなかキツイのですが、塗装のムレ乱れです。
これは台湾のエバーライズのモデルですが、あからさまに汚いです。ここまで汚いムレは初めてですが飾っても目立たない機体のケツあたりだったのが不幸中の幸い^^;


なお、JALの製品は、前述のEVERRISEやhogan社に委託製造しているようです。
ANA製品も全てかは知りませんが、PACMINという会社が製造しているようです。


何より厄介なのはこの世界は、一度売り切れたらほぼ再生産してくれないということです。
Geminijetsなんかは公式サイトで再生産しないと公言しています。
つまり人気で少量生産なモデルはレア度は高まります。



  • 入手方法
これらの飛行機モデルはそんじょそこらの模型店や量販店では手に入りません
私も詳しくは知りませんがすべて輸入品で、正規取扱店がとっても限られてる業界のようです^^;アマゾンなどでも入手できるモデルは限られてます。
JALやANAの模型は、前述の通り大きな空港に行けば比較的簡単です。

私が知ってる限りの正規取扱店は都内では、秋葉原のTopGun巣鴨のガリバー、荻窪のクロスウイングなど。
これらの店は通販をやってて最新のモデル情報も入手しやすいですね。


ちなみに私の主な入手方法は、9割がたヤフオクです。
だってまともに新品買うのは高いもん^^;
ヤフオクだと勿論中古も多いですが、未開封新品状態のやつもモノによっては割安で入手しやすいケースもわりとあります。
前述の通り、再生産してくれないことがほとんどなので過去のレアで人気モデルだとそれなりに高騰するので、潔く諦めることも多々あります。
特にJALやANAの747は安定した人気があります。ジャンクやよほど強気な値段設定じゃない限りほぼ買い手が付くような感じです。
つまり不要になって売る際もだいたい買い手がつくので損はしないと…


  • 収集方針
極めて個人的なことですが(まぁ個人の趣味ですしw)、気に入ったやつをなんでも入手しようとすると心も経済も置き場所も滅びますので、暴走しないように方針を定めてブレーキかけてます(笑)
それはというと、、、

・特別塗装機(特別マーキング)であること
・気に入ったデザインのやつのみ
・基本的にB747以外の機種は1社で1機のみに抑える
・日本に就航している(していた)実績がある航空会社のもの
・中〜大型機限定
但し、特別気に入ったものはこの限りではない(笑)

という感じでしょうか。
気に入ったデザインのやつはある意味当然ですね^^;ノーマル塗装機までホイホイ買うのは流石に無理があります。私の好きなデザインの航空会社は大手のみで特に欧州の会社に偏ってます。中国韓国や東南アジア系の航空会社は金出してまでほしいと思えるのはほとんどありません。
B747はやはりカッコイイのでそれを中心にコレクションしてますし、ヤフオクなどでも一番出品数は多いですし人気で動きが活発です。
小型機を持っても見栄え的にもしょうが無い気がするので、中型機以上に限定してます。


※間違いがあればご指摘ください^^;







ここからは私の保有する飛行機模型たちのご紹介です。
ストロボのワイヤレス発光での物撮り練習も兼ねてたくさん撮りました^^;

ということでいっぱいあります(えっ)


<B747ファミリー>
b0132817_22495658.jpg
ブリティッシュ・エアウェイズ B747-436 G-CIVK "oneworld"塗装
JCWings製のダイキャストモデルです。個人的にBAのB747はデザイン的にもお気に入りです。青いRR製エンジンも特徴的。ワン・ワールド塗装のジャンボ機はBAは実際に5〜6機程度あるようです。


b0132817_22563346.jpg
ユナイテッド航空 B747-422 N121UA "STAR ALLIANCE"塗装
INFLIGHT200製のダイキャストモデル。いわゆるスタアラジャンボです。スタアラジャンボは他にルフトハンザ、タイ航空、シンガポール航空のとありますが、ユナイテッド航空のやつのみエンジンが青塗装されているので、ユナイテッドを頑張ってヤフオクで探して入手しました^^;
特別塗装にあまり積極的でないのか、アメリカの航空会社のものはこれだけです。アメリカンもデルタも欲しいと思えるのは今のところ見当たりません。
このモデルで惜しいのは着陸姿勢であること。スタンドの特性上、離陸体勢に機種を上げられないのであります。


b0132817_23015061.jpg
ルフトハンザドイツ航空 B747-8i D-ABYI potsdam "Fanhansa Siegerflieger"塗装
herpaWings製プラスチック完成品モデル。クオリティもなかなか。
羽田にもときどき飛来するおなじみのFanhansa塗装の747-8iです。2014年のFIFAワールドカップのドイツ優勝記念の塗装です。Siegerfliegerとは、ドイツ語で”勝者のフライト”という意味だそうで。
我が家が保有する唯一のB747-8i(笑)純正スタンドはもろくて機体との接続部が折れてしまったので、hogan製の木製スタンドがバッチリはまったので代用しています。


b0132817_23133153.jpg
ヴァージンアトランティック航空 B747-41R G-VXLG "Ruby Tuesday"
Geminijets製のダイキャストモデル。木製スタンドにネームプレートが無いのが残念。
成田から撤退して久しいヴァージンアトランティック。B747は日本に飛来実績は無いらしいですが、デザインがとても好みだったので入手してしまいました。


b0132817_23172291.jpg
日本航空 B747-446 JA8906 JAL国際線就航50周年記念モデル
前述でも紹介したJALUXのプラスチック組立式モデル。製造はエバーライズ。
機体後部に当時のDC-6Bが描かれています。デザイン的にも気に入ってます。


b0132817_23211911.jpg
チャイナ・エアライン B747-409 B-18206 "SKYTEAM”塗装
エバーライズ製のプラスチック組立式モデル。スタンドは木製の豪華版。
ワンワールド、スターアライアンスと来て、ヤフオクの出品がとても少なく入手が難しいスカイチーム塗装のB747。
前述の入手方針で中国東南アジア系のモデルはいらない宣言をしてましたが、スカイチーム塗装のコイツだけは例外です^^;。なぜならスカチ塗装のジャンボ機はチャイナ・エアラインしか実際にも存在しないからです(デルタやKLMはしてくれていない)。これで3つのアライアンスカラーB747が全て手に入りました。
ヤフオクで戦うことも無くお手頃価格で運よく入手できましたが前述の通り、塗装に乱れがありました('A`)


b0132817_23401036.jpg
QANTAS航空 B747-438ER VH-OEJ "Soccerroos"
INFLIGHT200製ダイキャストモデル。
世界でもカンタスだけが保有する747-400ER。このデザインは早い話がオーストラリア代表応援塗装です。後部のサッカーボールと尾翼のカンガルーにサッカーのスパイクをぶら下げたデザインがイイ感じです。


b0132817_23493990.jpg
QANTAS航空 B747-438 VH-OJU "oneworld"塗装
JCWings製ダイキャストモデル。
これまたカンタス航空のジャンボ機。上との違いはこれは-400であり-400ERではないこと。そのため、エンジンがGE製ではなくRR製でデザインも違います。素人目には間違い探しレベルですね^^;
現在の同機は通常塗装に戻って、別の機体にワンワールド塗装が施されてるようです。
INFLIGHT製もJCWings製も多分、金型は同じの使ってそう…。


b0132817_23280133.jpg
ANA B747-481D JA8963 "マリンジャンボ”
全日空商事製のプラスチック完成品ギアなしモデル。
特別塗装機のパイオニアであるマリンジャンボ。ウイングレットが無いだけでちょっと小さく見えます。ANAのB747を1機くらいは保有しておきたいなと思って狙いを定めたのがコレ^^;
マリンジャンボはギアありとなしモデルがあり、これは無しモデル。有りモデルのほうが人気でヤフオクでも相場も高めです。これは昨年一時期、ギア無しモデルの新品がたくさん出品されてて、争うこと無く新品価格の1/3以下の値段で運良く入手できました。
我が家唯一の400Dです(笑)


b0132817_23452783.jpg
日本航空 B747-446 JA8913 "oneworld"塗装
JALUX製プラスチック組立式モデル。スタンドは上のJAL機と共通です。
数あるJALジャンボの中でも唯一だったoneworld塗装機です。
コイツを実際にお目にかかれなかったのが心残りであります(i_i)


b0132817_23340475.jpg
IRON MAIDEN B747-428 TF-AAK "エド・フォースワン”
エバーライズ製のプラスチック組立モデル。
アイアン・メイデンの2016年ワールドツアーで羽田にも飛来しました。
もともとはエールフランスが保有していたもので退役後にエア・アトランタアイスランド保有のを借りてこのデザインにペイントしたそう。
尾翼のデザインがイカツイ!


b0132817_00314150.jpg
ワンワールドジャンボ3兄弟コンプリート!(笑)
リアルの世界でもこの3社だけ!



ここからはB747以外をご紹介(まだあるの?^^;)


b0132817_23541187.jpg
日本航空 B777-246 JA8985 "SAMURAI BLUE 2014"
JALUX製プラスチック組立モデル。
早い話が2014年のサッカー日本代表応援号ですね。機体側面にサッカー選手のシルエットが。
我が家唯一のB777-200であり、唯一の鶴丸塗装機です(今のところ笑)
ノーズギアをちょっとだけひん曲げてしまいまいした(泣)


b0132817_22224681.jpg
日本航空 B777-246 JA8979 "SAMURAI BLUE 2018"
JALUX製プラスチック組立モデル。ギアは最初からありません(穴もなし)
羽田空港のBLUESKYにたまたま(?)寄ったら、先行発売ということで一般のお店より早く売ってたので購入。
スタンドの作りが従来より変わりましたね。
※2018年10月追加掲載

b0132817_23575225.jpg
エールフランス B777-328ER F-GSQI "JON ONE"塗装
エバーライズ製(企画販売はフランスのSOCATEC)プラスチック組立モデル。
羽田や成田にもB777-300ER使用ダイヤの時、たまに飛来してます。
我が家唯一のB777-300ER。同機種を1つだけ手に入れるとしたらどこの航空会社がいいか非常に迷った結果、コスパを考慮してエールフランスのコレに落ち着きました^^;
全長はB747-400よりも長いので、模型だととても細長く見えます。


b0132817_00041793.jpg
ANA B787-8 JA802A 導入記念?塗装(通称:鯖塗装)
全日空商事製プラスチック完成品モデル。
おなじみのANAのB787の導入記念塗装2号機です。1号機のJA801Aも同じ塗装でしたが、なぜ2号機を入手したか自分でもよく分かりません('A`)
実は我が家の飛行機模型の中では古参機にあたり、今の収集方針が確率させていなかった時に入手したモノだったので2号機になってしまったのかも^^;


b0132817_00083524.jpg
ANA B787-9 JA873A "STARWARS R2-D2"塗装
全日空商事製プラスチック組立モデル。
最近とても人気のこのモデル。ANAのトリトンブルーとR2-D2の青がとても相性がいいですね。
B787-9を入手検討した時、特別塗装でこれを上回るものが見当たらなかったのでANAに落ち着きました。さすが787のローンチカスタマーであります。
ANAのスター・ウォーズ塗装は他機種でもありますが所有していません。
だって相場高すぎるんですもの…(泣)


b0132817_00133168.jpg
ということで、ANAのB787-8と-9揃い踏み(笑)
787-10がどんなデザインでANAが導入してくるのか震えてます(気にするな)



<エアバス機>

b0132817_00145692.jpg
エミレーツ航空 A380-861 機体番号不明 "2014FIFAワールドカップブラジル大会記念”塗装(正式名称不明)
製造会社不明(多分エバーライズ)プラスチック組み立て式 企画販売はエミレーツ公式。
エミレーツが2014年のワールドカップブラジル大会でのFIFA公式ワールドワイドパートナー記念で特別に作成されたモデルのようです(参考サイト
機体番号が記されておらず、Google先生で調査しても実写が全く出てこなかったので模型限定塗装と思われます。
ヤフオクで誰とも競わずあっさり入手できましたが、日本の正規取扱店でもどこも扱わなかったレアモデルのようです(?)
EmiratesはレアルマドリードやACミランなど、複数のサッカーチームのスポンサーになったり、別の企画での特別塗装機もたくさんありますが、1/200でモデル化されてるのは少ないみたいです。
スタンドがプラ製で軽く、A380の重量に負けて少し触るだけでとてもグラグラします^^;


b0132817_00224778.jpg
エアバス A350-900 F-WZNW QATAR “A350XWB Launch Customer”
JCWings製ダイキャストモデル。
A350XWDの4号試験飛行機です。ローンチカスタマーであるカタールのロゴがあり、リリースされているA350の中では全体的にコレが一番カッコよかったのでカタール航空のものとして入手しました。今後、コレを上回るデザインの同型機があれば手放すこともありうる?^^;



b0132817_22260321.jpg
ヴァージンアトランティック航空 A340-642 G-VNAP "a big thank you"
Geminijets製のダイキャストモデル。スタンドのデザインも変わりました。
機体が長くてスタイリッシュな340-600の特別塗装機のモデルプレーンは各メーカーからの商品数も少なく、これ!というのがなかなか発売されずに待ちわびていたなかで、ヴァージンアトランティックからカッコイイやつがリリースされたので飛びついた形です^^;
A346が運用期間も残り僅かというデザインなのでしょうか。
このデザインでまた成田に飛んできてほしいっ!
※2018年10月追加掲載


※今後、機体が増えると、この記事追加していきます(もうええやん)
※また、掲載した中でも今後手放す機体も出てくるかもしれません。

トラックバックURL : https://sspec1days.exblog.jp/tb/28150995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2018-02-21 00:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)

PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか


by じゅんぢゅん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30