6月17日 雌阿寒岳登山

北海道3日め、やっと晴れました。

この日は雌阿寒岳登山です。


記念すべき北海道の百名山1座目です。
北海道の百名山の中では簡単な部類かもしれませんね。
あとの8/9座が大変かも^^;特にポロシリ

ということで早速、山頂からの景色をご覧ください/(^o^)\
b0132817_22123780.jpg
ん〜、素晴らしいです。
噴気をあげるその向こうに阿寒湖、奥に見えるきれいな成層火山は雄阿寒岳です。
標高は1500mほどしかないんですね。
しかし厳しい環境であります。
b0132817_22210897.jpg
この時は写真方向に向かってものすごーく強い風が^^;
風が強くて山頂で何か食うなんて事はする気も起きず。
b0132817_22192701.jpg
反対側は阿寒富士と青沼。
こちらも綺麗な成層火山のカタチです。

青沼はきれいな円形をしてますね。
b0132817_22213984.jpg
奥の火口からシュゴーっと音を立ててます。
b0132817_22223506.jpg

b0132817_22231892.jpg
カメラを岩にセットして記念撮影^^;

山頂には20分ほどいましたけど、この間は誰も来ませんでしたので独り占めであります。
下山を開始したときに一人登ってきたくらい。
活火山の山頂ではちょっと心細いかも?

晴れた土曜日の百名山なのになんて静かな…。


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



前夜は阿寒湖キャンプ場でテント泊(曇り時々雨)
この日は朝4時頃に起床。

ササッと撤収して、雌阿寒温泉(野中温泉)登山口までレンタカーを走らせる。
何気に距離15km以上あります。

到着後のんびり準備するも登山者のクルマが全然来ない…。
関東近郊の百名山なら朝5〜6時なんてどんどんクルマが入ってくるというのに…。


そして朝6時に登山開始。
b0132817_22314488.jpg
登山者名簿に記入。
同時に開始したのは自分の他にオッチャン2人。
この日は自分らの先に出発した登山者はいなかったっぽい。

二合目くらいまでは針葉樹林帯。
二合目すぎから背の高いハイマツ帯。
b0132817_22342054.jpg

雲海が広がってる♪
b0132817_22362128.jpg
うおっ、遥か彼方に見えてる雪山は大雪山系の山々か!?

振り返ってオンネトーも眼下に眺めながら登ります。
b0132817_22372731.jpg
風が強いので雲の流れも早い。
b0132817_22382460.jpg
活火山なので注意書きも各合目ごとにあります。
b0132817_22384349.jpg
噴火したらザックで頭を覆いながら一目散に下山してください。
とのこと。


七合目地点
b0132817_22400125.jpg
あぁ〜晴れてよかったぁ〜^^
b0132817_22405099.jpg
b0132817_22411804.jpg
ん?なんだこれ?
b0132817_22414569.jpg
こんなところに電灯?

下を見ると・・・
b0132817_22414776.jpg
あぁ、火山活動の観測機器ね。

えっちらおっちら登っていきます。
b0132817_22471510.jpg
八合目
b0132817_22474430.jpg
月も見えてます。


風が強くて寒くなってきたので手袋装着。
b0132817_22482414.jpg
しかし後ろを振り返って目を凝らしても後から登ってくる登山者が全然いない^^;
b0132817_22490524.jpg
九合目まで来ました。あと僅か。
b0132817_22561172.jpg
b0132817_22565815.jpg
あの向こうまで行きます。

赤沼が見えました(泥沼?)
b0132817_22573025.jpg
シュゴーっと勢い良く噴気が。。。
b0132817_22574380.jpg
多分、一番恐怖を感じる所。
今噴火したらイチコロ…


おおっ、阿寒湖が!雄阿寒岳がっ!
b0132817_22582852.jpg

あともうちょい。
b0132817_22591601.jpg
左方向からの風がかなり強い状況です。

右に目をやると、阿寒富士が。
b0132817_22595070.jpg
左手には阿寒湖&雄阿寒岳。
b0132817_23002161.jpg
何度もシャッターをキリます。


おっ、あれが山頂か!?
b0132817_23011448.jpg
着いたー!
b0132817_23014087.jpg
(写真をたくさん撮りつつで)約2時間ちょいで登頂!
b0132817_23023468.jpg


下山はオンネトー方面へ降りることにしました。
野中温泉の登山口へ戻れる周回コースです。
下山開始してようやく登ってくる人1名とすれ違い^^;
b0132817_23041081.jpg
こちらのコースは阿寒富士を間近に眺められます。
噴火されたらイチコロ…。

b0132817_23045224.jpg
ダダダダッと駆け足で降りて八合目。
b0132817_23051048.jpg
阿寒富士へ行くコースと分岐しますが、今回はそのまま降りることにしました。
b0132817_23061993.jpg
ちなみに雌阿寒岳が噴火した場合、阿寒富士の麓にいた場合は阿寒富士を登って避難するとか。
火砕流や噴石に巻き込まれないためにあえて阿寒富士を登ったほうが安全らしいです。

b0132817_23081170.jpg
せっせと降りていき1時間10〜20分ほどでオンネトー側登山口に降りてきました。
(こちら側のルートは割りと登山者とすれ違いました)
b0132817_23083603.jpg
しかしまだゴールではない。
野中温泉(雌阿寒温泉)へ戻らなければならない。
b0132817_23111707.jpg
駐車場。がらんとしてます。
晴れた土曜の関東近郊&中部山岳地帯の百名山では考えられないくらいの空きっぷり^^;
奥がオンネトー国設野営場の管理棟。

オンネトー国設野営場のテント場。
b0132817_23125357.jpg
さすがに誰もまだいません。ココを通過して野中温泉に戻ります。

オンネトー湖畔。
b0132817_23142529.jpg
エメラルドグリーンが美しい!
b0132817_23142939.jpg
風強くて波立っていますが^^;


で、ここから野中温泉に戻るのが精神的に長くて辛かったです^^;
割と平坦ですが緩やかに登ったりもして且つ他に歩いてる人がいないからヒグマが出てこないかの恐怖もあり^^;
雌阿寒岳を周回コースで登るなら、オンネトー発野中温泉に降りるコースで戻ってくるほうが若干ラクかも?
b0132817_23165064.jpg
b0132817_23173998.jpg
朝6時に開始して10時30分頃に戻ってきました。
これから登る感じの人もチラホラ(ノンキだなー)

そういえば登山道に雪はまったくなかった…。


野中温泉で登山の汗を流す。
b0132817_23205658.jpg
浴室内に洗い場らしきところは一つだけ。
シャワーやカランなし^^;石鹸シャンプー常備されていない(受付で販売)ので、要注意であります^^;
ピンバッジは売ってませんので、オンネトー茶屋へ。
阿寒湖温泉街にも売ってるのかな?

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : https://sspec1days.exblog.jp/tb/26952322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2017-06-26 23:27 | 山登り | Trackback | Comments(0)

PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか


by じゅんぢゅん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30