タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:富士山 ( 35 ) タグの人気記事


2017年 09月 16日

南アルプス南部縦走 悪沢岳から椹島へ下山

さて、南アルプス南部縦走最終章(やっと笑)
b0132817_20592416.jpg
悪沢岳(3,141m)から椹島(1,120m)へ一気に下山です。
標高差は2,000mちょっとあります。

いや、荒川中岳からの悪沢岳への登りやその他の小刻みなアップダウンを考慮すれば、
累積標高差で2,300mくらいになるかもしれません(たぶん)


1日でこんな標高差を下山するのは初めてです。
穂高から上高地に下山するのだって1,600mくらいだし…。

脚が持つか心配でしたが、下山しないと帰れませんし(笑)


結果的に言いますと、カラダよりも精神的にキツイ下山でした^^;



More

by pre-sspec | 2017-09-16 22:20 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 14日

南アルプス南部縦走 荒川中岳〜悪沢岳登頂

さて、南アルプス縦走本日が最終日。
椹島まで下山するわけですが、9月に入るとバスは7:00、10:30、14:00発とたった3本しかありません。
10:30の便には無理なので14:00発を目指します。

荒川中岳避難小屋をご主人さんにお礼をして、ちょっと遅めの6:15に出て、まずは悪沢岳へ登ります。
b0132817_22013723.jpg
綺麗な三角錐をした悪沢岳。
b0132817_22032406.jpg
小赤石岳から見た荒川三山。

荒川中岳からは緩やかに下って、急な上りという感じですね。
地図のCTでは1時間30分ですが、果たして?




More

by pre-sspec | 2017-09-14 22:29 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 11日

朝の荒川中岳から見る雲海に浮かぶ富士山

今回の南アルプス南部縦走で、荒川中岳避難小屋に泊まったには理由がありました。


それは、

b0132817_20184953.jpg
荒川中岳からご来光と富士山を見たい


というのものでした。

ご覧通り、荒川中岳山頂からは見下ろすように、雲海に浮かぶ富士山と日本第6位の悪沢岳(3,140m)が望めるのです。

今回の南アルプス南部縦走で、この光景を見ることが大きな目標の一つでも有りました。
b0132817_20210615.jpg
あいにく、高曇りで東の方向も雲が多かったので、ご来光は見られませんでしたけど、
雲海に浮かぶ富士山はバッチリです。

肉眼ではもっと大きく、シュッとして見えるんですけど、
写真で表現するのって本当に難しい…。


昨晩は暴風で下山できるかも心配しましたけど、朝になって風は止んで一安心。
実は朝5時に起床とちょい寝坊をしてしまい(山の中では寝坊レベル)
窓から外の光景を見るなり急いでカメラ機材を用意して荒川中岳山頂へ走ったのでした^^;

なお、ズームが壊れて一部焦点域へ動かなくなっていた16-85mmレンズが
何故かズームが奇跡的に可動できるようになり、戦力として復帰することができました。
逆に使えなかったら本当に発狂モンでした(-.-;)


というわけで気温約5℃と9月はじめにしては冷え込んだ中で
黙々とシャッターを切り続けました。



More つづき〜〜

by pre-sspec | 2017-09-11 20:45 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 04日

2017年あけました

あけましておめでとうございます。
本年も当ブログのご愛顧ご愛読ご贔屓ご支持
何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


年末年始は地元の九州へ帰省してノンビリダラリしていました。
b0132817_20432484.jpg
羽田からの富士山と丹沢もクッキリ♪
b0132817_20541796.jpg
南アルプスも〜

帰省はヒコーキ(先得)、Uターンは新幹線といつもの?パターンです。
12/28だと約15K円で飛行機に乗れました。普通運賃は約44K円ですが^^;
年明けの3が日って短いですよね。7が日くらいにしてほしい


飛行機ではモチロン窓側をゲットしてカメラを構える(前の席のニーチャンも同業でした)
これだけ雲もなく富士山が見えたのも珍しい。
b0132817_20470217.jpg

紀伊半島から西はずっとこんな雲に覆われましたが…
b0132817_20480769.jpg

それでもいつでも撮影できるようにカメラを持って外を見ていたら・・・

b0132817_20493748.jpg
真下を通過するヒコーキが撮れタ━━(゚∀゚)━━!!

本当に一瞬です。
ヒコーキが見えた瞬間にカメラスイッチオン(フォーカス位置も無限遠)〜連写カシャカシャカシャ…です。
ほんの数秒間でも目をそらすと消えてしまいます。
さすがにずっと外見てると目が痛くなるので休みますが^^;


ヒコーキに乗ったらコレが一番の楽しみであります。

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-F5.6

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More おまけ

by pre-sspec | 2017-01-04 21:35 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2015年 11月 28日

東京都庁 南展望室

昨日の話ですが、休みもらってたもんで天気もいいし初めて都庁に行ってみました。
とりあえず下調べして北と南展望室ある中でも南を選んでみました。南展望室は17:30までですがこの時期ならなんら問題ありません。
無料ってのがイイ!


そして、この夜景を撮るために^^
b0132817_16333462.jpg
読み通り、富士山もバッチシでした。
とても視程が良くて富士山から房総半島まで綺麗に見えましたよ。

新宿御苑方向。
b0132817_16353544.jpg
やはり都会のビル夜景撮るには平日がベストですね。日曜とかだとめっちゃ暗いです。

新宿駅方向。スカイツリーと東京タワーが一緒に。
b0132817_17031743.jpg
代々木のドコモタワーももう少し派手なライトアップならいいのに。

これぞ日本の摩天楼ってやつ?
b0132817_16365304.jpg
奥には東京スカイツリー
ふははは!見ろ!人がゴミのようだ!

しかし都内は外国人が多いなぁ…。
政府の対応見てると無秩序に受け入れてるように感じる。治安大丈夫かね^^;
近くのカップルのイチャつき会話もウザかった( ゚д゚),ペッペッペッ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2015-11-28 17:05 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
2015年 07月 26日

夏!瑞牆山!

本当は今週末は登山する予定がなかったのですけど、友人からの誘いで2回めの瑞牆山へ。
2週間ぶりの登山とあって、前半は少し体が重かったものの中盤からサクサク動きました(笑)

下界は死ぬような暑さですが、2200mくらいの山でも嫌な蒸し暑さは皆無で適度に風が吹いて快適でございました。

今回は思い切ってカメラのレンズはDA14mmF2.8の単焦点一本勝負で挑んでみました^^;
b0132817_18114033.jpg
富士山もくっきりで今回も天気は絶好♪
夏山らしい雲がいー感じです。雲ひとつ無い快晴より写真になります。

金峰山と富士山。
b0132817_18160444.jpg
ここから富士山てこんなに大きく見えたっけ?ってくらい大きく見えました。
写真では広角レンズを使っているので小さく見えてしまいますが^^;
b0132817_18171023.jpg
↑南アルプス方面と↓八ヶ岳方面。
b0132817_18172527.jpg
この日は各山々の山頂で歓喜の声が聞こえたでしょうね♪
b0132817_18181978.jpg
んでもって、下山後に渋滞に巻き込まれつつ不快な蒸し暑さの待つわが街へ帰らなければならない絶望感…。
クルマから出てビックリ&ウンザリするのでありました。

本当にこの暑さの中で東京オリンピックやるの?

K-3 + DA14mmF2.8ED[IF]
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2015-07-26 18:24 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 18日

晩秋の大菩薩嶺 お鍋突っつき登山

昨年、北アルプス大キレットで知り合った山バカ仲間(笑)3名で大菩薩へノンビリ登山してきました。
登山というかハイキングと言うか、温かいお鍋を突っつくのが主目的だったのですが(笑)
b0132817_22304927.jpg
11月半ばで2000m級は紅葉もとっくに終わっており、休憩や立ち止まっているとさすがに寒いです。
しかし、全行程3時間程度で周回できる大した体力も必要ないお手軽な百名山、日曜日で大いに賑わってます。

周回コースとなっている大菩薩で、登山道から外れて盲腸線となった先の最高点の大菩薩嶺。
360度樹林に囲まれて眺望無し。一度踏んだら二度と来なくてもいいような残念な山頂です。
b0132817_22353694.jpg
しかしながら日本百名山の一つとしてその頂上は確かに踏みました。16座目です。

何の魅力も無い頂上ですが、この山の魅力はその周回コースの尾根上から見る富士山!
b0132817_22385142.jpg
撮っても綺麗なシュッとした円錐形です。
モヤに浮かぶ姿がとても素晴らしいです。
b0132817_22392125.jpg
富士山の左下に見えてる電波塔が建つ山は三つ峠山。
昨年のほぼ同時期にその三つ峠に登っていますが、今年の富士山の冠雪はまだ少ない模様。
天気予報は晴れのち曇りだったのですがそれはどうやら下界での話らしい(´∀`)

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


つづき

by pre-sspec | 2014-11-18 23:30 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 30日

東京ゲートブリッジと富士山 舞浜編2

先日の休日出勤の振休で急遽休みで、天気予報は西高東低で関東地方はきれいサッパリ快晴。
こんな日はいつもどおり山!と行きたいところですが急に準備はできず、連休でもなくテンションも高くなくで久しぶりに夜景撮りに行きました。
せっかくの雲なし超快晴だったので撮っておきたい場所がありました。

そう、東京ゲートブリッジ。
b0132817_20302345.jpg
これまで若洲海浜公園では何度も撮ってますが舞浜から富士山を絡めた夕暮れverはまだ撮っていませんでした。
ここからだと望遠レンズで富士山を大きく撮ることができます。
もうちょっと空気が澄んだ時期ならもっとクリアでしょうがまぁこれでも十分ですね。

太陽が沈む直前。
ダイヤモンド富士だとそれは劇的な眺めでしょう(あと数日後かな?)
b0132817_20334880.jpg
ちなみにこの日の撮影者は自分含めて5人(平日だし)
ダイヤモンド富士の日はどのくらい混雑するのでしょうね。ここは撮影スペースも広々としてるし、若洲海浜公園に比べたら少々行きにくいマイナースポットだから混雑度は幾分マシだとは思うのですが…。あ、カップルはまず皆無です(爆)
ちなみにここの裏側は超超超メジャーなテーマパークがあります(笑)

レンズは富士山を大きく撮りたいのであれば35mm換算で400mm近くあったほうが良いでしょう。
フルサイズで70-200mmとかだと物足りない可能性あります。

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へにほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ

More

by pre-sspec | 2014-10-30 20:59 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(3)
2014年 09月 09日

北岳山荘から八本歯のコル経由で下山

いつも下山時はろくに写真を撮らないこともあり、下山レポは書いてないのですが、今回の山行で下山時が一番天候も景色もまとも(苦笑)だったのでアップします笑
天気が翌日もよければ、北岳山荘から北岳へ登り返して肩の小屋でもう1泊して写真撮影に臨もうかと思いましたが山荘で天気予報を見た限り、その望みは希薄だったので、ほぼ来た道を下山しました。

結局今回の山行で撮りたかった北岳から間ノ岳の写真や、間ノ岳(や中白根山)からの北岳の山容など一切撮ることができなかったので、今後のリベンジ材料となりました。

北岳山荘で補給して用を足して9:15下山開始です。
北岳山荘から下山する際は、トラバース道分岐点まで急傾斜ではないものの再び登り返さないといけません。
肩の小屋からですとずっと下りかもしれませんが北岳山荘からは登り返しがあります。
トラバース道への登り返しで北岳山荘が見えましたが、間ノ岳と農鳥岳はガスに包まれたままです。
b0132817_20593721.jpg
b0132817_21041013.jpg

もう9月なのでだいぶ枯れてますが、トラバース道は高山植物が一番豊富かも。
b0132817_21050161.jpg

右手に富士山を眺めながらトラバース道を歩けます♪
この時が今回の山行で一番楽しかったかも。
b0132817_21052385.jpg
トラバース道分岐。
登りの時もここを通過したらしいですがガスまみれだったので、この先の岩稜帯とともにここを通った記憶があまりありません^^;
b0132817_21070507.jpg

岩場を下ってから、八本歯のコルへ降りる長い木ハシゴ。
その先に見えるピークはボーコン沢の頭へ通じる八本歯の頭。
この木ハシゴを降りると富士山とはお別れです。
b0132817_21090626.jpg

八本歯のコルから降りて行くときに見えた鳳凰三山。
あのガスの下まで降りないといけないのか(ウンザリ)
b0132817_21121613.jpg
八本歯のコルから大樺沢二俣まで山と高原地図で、1時間とか書いてましたが疲れた脚には絶対ムリ。1時間半近くは見込んだほうがいいかも。何より左俣コースは急こう配なのもあり下山がとても歩きにくい印象でした(再びハエの襲来もあったし…)。山小屋のニーチャン曰く、下山なら肩の小屋から白根御池小屋を経るコースが歩きやすいと言っていましたがそこを経由するには北岳山頂へ登り返さないといけないし、時間も余力もありませんでした^^;

脚がフラフラになりながら黙々と下山。
13:00ちょうどごろに広河原山荘まで下山、ついで広河原インフォメーションセンターへ。
b0132817_21235119.jpg
13時だというのにこれから登るグループが。
多分、白根御池小屋まででしょうね。まさか北岳まで行くとは言わないでしょう(きっと)
b0132817_21240337.jpg
平日は超マッタリ空気が流れてます笑
14:00の乗合タクシーの時間まで、トイレ行ったりアイスを買ったり。パラパラと雨も降ってきました。
ほどなくして乗合タクシーがやって来て満席になり次第出発。約40分ちょっとで芦安駐車場に到着。
温泉に入って平日のマッタリ雰囲気な高速をノンビリ帰りました。

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


おまけ

by pre-sspec | 2014-09-09 21:44 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 07日

北岳山荘から間ノ岳へ

さて、2日目は北岳山荘から間ノ岳を往復です。
当初は農鳥岳まで白根三山縦走を考えましたけど天候悪いし視界利かないときは行ってもしょうがないなと。しかし、視界が悪くとも百名山の間ノ岳は登頂しておきたいと、登山者としてまっとうな欲望(笑)があるので、今回は間ノ岳往復を選択しました。
b0132817_14441040.jpg
北岳山荘に荷物をデポ(荷物置く場所は山荘スタッフから説明があります)し、ウエストバッグとカメラだけを持って出発。
ほぼ空身なのに思うように進まない脚を進めて約1時間半で間ノ岳山頂に到着。

いきなりですけど、間ノ岳山頂はこんな感じ。
b0132817_14444370.jpg
はい、見事に視界はありませんでした。
しかし日本で4番目の標高は確かに踏みました、タッチしました。
百名山13座目です。3000m峰8座目です。
b0132817_14452678.jpg
今年から国土地理院の再調査により、正確には3位タイとなったそうですが、自分の中ではこの山は4位にしておきたいです(笑)
3位の奥穂よりはカリスマ性(?)や知名度で全然違うし、三角点や標識だって3189mのままだし(笑)

ここから富士山を撮りたかったのにその願いもかなわず、すぐに退散。
他の往復登山者も山頂の写真撮ってすぐに戻ってました。

クッソー!またいつか北岳とともにリベンジしたる!

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


北岳山荘~間ノ岳間の登山道。

by pre-sspec | 2014-09-07 15:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)