タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:四国 ( 7 ) タグの人気記事


2017年 05月 20日

GW四国旅 今治〜とびしま街道経由〜呉まで

本日(5/6)は四国からサヨナラです。
b0132817_22550588.jpg
大三島の道の駅にて

目指すは呉!
せっかくここまで来たらどうしても行きたいところがありました。

呉までのルートは松山から直行フェリーも有りますけど、4m未満で7800円とちょっと高い
せっかくだから途中までしまなみ海道を使って途中でフェリーと島を渡りついで行くルートを選択。
b0132817_22553254.jpg
しまなみ海道を大三島で降りて、大三島の宗方港からフェリーみしま(赤い線)で岡村港で降り、通称とびしま街道といういくつもの島と橋を渡りついで本州に上陸。
黄緑色の安芸灘大橋が720円も取られてめっちゃ高いです。

大三島の宗方港からの岡村港への始発は8:50。
6:00前にはキャンプ場を出発して8時頃に宗方港着。
フェリー時刻表PDF)←これ探すのに苦労した^^;
大三島内にコンビニと道の駅有り。
b0132817_23020046.jpg
4m未満で1,840円。4m以上は2,040円
こういう時はコンパクトカーが得^^;

待ってる間に小雨が降ってきました(´;ω;`)
b0132817_23001343.jpg
フェリーがやってきた。
バックで入れるため、係のオバちゃんに誘導され桟橋で待機。

b0132817_23034627.jpg
フェリーに入る際にフロントオーバーハングが長かったりアンダースポイラーを装着してるクルマは確実に下を摺ります。
低い車がいなかったため、いた時にどう対処するかは分かりませんが^^;
b0132817_23052227.jpg
出発〜


なんとも微妙な天気。
b0132817_23063080.jpg
晴れるのか曇りなのか雨降りたいのか。


なんかタグボートに曳かれた台船がやってきた。
b0132817_23080171.jpg
なんとタンカー?貨物船?が輪切りにされとる!
b0132817_23084061.jpg
瀬戸内海のどこかの造船所へ輸送中でしょうか。
船って一つの造船所で完結すると思ってた^^;
b0132817_23101051.jpg
しかし瀬戸内海は穏やかな海だ。
うねりなんてまったくありゃしない。船酔いなんて無縁です。
瀬戸の夕凪っとはよく言ったもんだ(まだ朝)

船内には入らず、ずっとデッキで瀬戸内海を眺めてました。
b0132817_23112025.jpg
なんかでっかい橋が見えてきたぞ。
グーグルマップさんで調べたら、さっき渡った来島海峡大橋でした。
b0132817_23122952.jpg
通ってきた橋が真横に見てるなんてなんか不思議。
しかし酷い霞みっぷりである^^;

岡村港についた後はいくつもの島と橋を渡りついで呉へ。
b0132817_23140459.jpg
b0132817_23140833.jpg
途中で降りたりせず一気に通過しました。


ほんでもって本日の主目的はこれ。
b0132817_23145185.jpg
やまとミュージアムと海上自衛隊呉史料館であります。
せっかく自走で西日本へ来たからにはここはぜひ立ち寄りたかった!

実は7年ほど前に出張できたことがあるのですが、
仕事終わって見に行こうなんて企てましたが終わった頃には時間オーバーで閉まっていたのでとても悔しい気持ちがありました^^;

ということで詳細は次回レポします〜〜〜〜〜〜〜〜〜

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-05-20 23:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

GW四国旅 足摺岬から道後温泉へ

四万十川を楽しんだあとは、四国最南端の足摺岬へ。
四国に来たら足摺岬か室戸岬は是非攻略しておきたいところでした。
b0132817_22210580.jpg
四万十川からの道中は渋滞こそしないもののやはり観光客の車の交通量はとても多かったですね。
観光客は岬が大好きですからね(笑)

ゴールデンウィーク期間中の足摺岬は混雑するため、
警察が岬から一番近い駐車場へはメインルートたる西側から行けないように交通規制していて、離れた所の広い無料駐車場に停めてそこからシャトルバス(100円)で行くことになります。
頑張れば歩けない距離ではないのでバスを使うかは自由です。
自分はこの後のドライブの温存のためにもバスに甘えることに(笑)
b0132817_22275843.jpg
駐車場⇔足摺岬へのシャトルバス(ピンぼけ)


足摺岬の入り口。
b0132817_22283615.jpg


ついに立った四国最南端の地、
足摺岬
b0132817_22285517.jpg
b0132817_22293438.jpg
この先の海は数千キロにわたって何も無い、紛れもない太平洋!
b0132817_22294564.jpg
魚眼レンズを使ったら水平線が地球の様に丸っぽく写るかも。。。

逆サイドの天狗の鼻にも移動してみます。
b0132817_22342834.jpg
何の木かは分かりませんが、明らかに南国の植生。
ちょっと涼しい。

b0132817_22321514.jpg
そしてこちらはやたら蒸し暑い。
さすが黒潮の流れる太平洋の真ん前であります。

ひたすら打ち付ける青い波
b0132817_22330708.jpg
不謹慎ですが今、南海トラフの巨大地震が起きたらここはどうなるんだろう…。
高い断崖絶壁だからここだけ無事?


足摺岬のあとは、愛媛県の道後温泉を目指してひたすら北上していきました。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More つづき

by pre-sspec | 2017-05-18 23:08 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 17日

GW四国旅 四万十川と沈下橋

四国の旅3日めは午前3時台に高知市を出発して、
海岸線の黒潮ラインを通って四万十川へいってみました。
b0132817_21301831.jpg
なんでしょうかね。
川辺りで全然護岸工事などがされていなく、自然なままってのが印象的ですね。
b0132817_21325090.jpg


有名な岩間沈下橋。
b0132817_21340169.jpg
有名な道路からのアングル撮るの忘れた…

沈下橋とは増水時に橋ごと水に沈む橋だそうです。
水の抵抗を受けながして流失しないために欄干などがありません。
b0132817_21344094.jpg
制服姿のJKがチャリンコで渡ってくれれば画になるのですが^^;
b0132817_21373112.jpg
ネットで有名な写真(堀北真希らしい)


天気は曇り時々晴れという感じで、雲が多かった感じです。
もっと緑濃くて、真夏の青空の下だと四万十川も清流っぽさが際立つのかもしれませんね。。
地元の子供が橋から川にダイブしてるところとか撮れれば画になりそう。


橋の上から
b0132817_21380543.jpg
この橋の入口には地元のクルマ以外、なるべく渡らないでくださいとの注意書きが有ります。
軽やコンパクトなら割と神経使わず走れそう。乗用車同士のすれ違いはムリです。
デカイ車はそもそもこの橋に近づけないかも。
b0132817_21403437.jpg
b0132817_21444176.jpg
b0132817_21411168.jpg

所変わって佐田沈下橋。
沢山ある沈下橋で有名なのが岩間沈下橋と佐田沈下橋だそう。
立派な駐車場もあります。
b0132817_21415957.jpg
こちらは朝の時間帯もすぎて観光客も多くなってきた。
b0132817_21432272.jpg
ちょっと明るめに
b0132817_21433839.jpg
ある集団がリア充ジャンプしてました。
岩間沈下橋よりは幅はあります。

b0132817_21435981.jpg
青空あともう少し!

四万十川に沈下橋は40以上あるそうです。
時間に余裕があれば穴場が見つかるかも。


このあとは四国最南端の足摺岬へ向かいました。

つづけ!

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED & DA60-250mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-05-17 21:51 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 15日

GW四国旅 四国最高峰石鎚山登山

四国旅2日めは四国最高峰の石鎚山登山。

前夜は麓の石鎚ふれあいの里にてテント泊しました。
フリーサイトでの単独テント泊でも予約が必要なのようで^^;
それを知らず行ってしまいましたがスペースが余ってたのでスタッフのご厚意で許可してくれました。感謝!


一気に結論ですが、
無事に登頂こそしましたが、前日の剣山に続いてまたガスの中!(死)
b0132817_23233476.jpg
前日は雨具こそ不要でしたが今回は風もビュービューで
ウェアを濡らすほどのガスでたまに太い水滴が飛んでくる天気で寒くて山頂では上だけレインウェアを来てました。

自宅から日帰りレベルで行けるなら延期したでしょうけど、
さすがに800キロ以上も離れた旅先では予定は簡単にずらせず…。
地上の天気がピーカン予報だったので油断してました^^;


とりあえず無事に登頂して、四国の百名山2座は制覇。
百名山30座目になりました。
どちらも天気が悪かったのでリベンジと行きたいですが四国となると何年後になるやら^^;

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More 時系列レポ

by pre-sspec | 2017-05-15 00:19 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 12日

GW四国旅 祖谷渓の絶壁に立つ小便小僧

祖谷渓に来たのなら立ち寄っておきたい名物の小便小僧。

なかなかの断崖絶壁に建っています。

b0132817_22143710.jpg
小僧よ、お前は一体何を思い、
なんのつもりでそこでションベンをするのか。
b0132817_22171452.jpg
お賽銭がいっぱい

b0132817_22174930.jpg
しかし不思議だ。
小便小僧はあっても大便小僧はなぜないのか(汚)
モチロン体勢はウ◯コ座りでw


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More ちなみに・・・

by pre-sspec | 2017-05-12 22:27 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日

GW四国旅 奥祖谷二重かずら橋

剣山登山を終えたあとはそのままR439を降りていき、
奥祖谷二重かずら橋に立ち寄ってみます。
b0132817_22091114.jpg
観光ガイドに必ず載ってるかずら橋ですが、2つあります。
祖谷のかずら橋 と 奥祖谷二重かずら橋

より果てしなく山深い所にあるのがこちらの奥祖谷二重かずら橋です。
ココまで来るのに割りと根気のいる山道ドライブかもしれません。
何しろそのほとんどでクルマ1.5台分程度の道幅しか無い山道ですので。

ここが入り口になります。
入場料550円取られます。維持費でしょうね。
b0132817_22150426.jpg
受付の女の子がめっちゃ素朴可愛かった(*´Д`*)


道を下っていきます。歩きやすい靴で行きましょう。
女性はヒールとかでいくと痛い目見ますよ。
b0132817_22165033.jpg
ゴールデンウィークで橋も人でいっぱい。
b0132817_22195111.jpg
誰も渡っていない瞬間がなかなか訪れないです。


グラグラ揺れる上に隙間多し。
b0132817_22203562.jpg
カメラとかスマホとか誤って落とすと悲惨なことになりますよ(^ν^)
むやみにスマホ操作しないほうがいいかもしれませんね。
b0132817_22214640.jpg
二重かずら橋なので橋は男橋と女橋と2つあります。
b0132817_22220848.jpg
こちらは女橋(ちょっと小さくて低いところにある)
奥にはキャンプ場もありテント張れます。


きれいな清流です。
b0132817_22231931.jpg
紅葉時期だとまたとてもキレイかもしれないですね。
混雑もまたすごいことになりそうだけど。。。
b0132817_22232786.jpg
b0132817_00045282.jpg

ちなみに下流にある祖谷のかずら橋は行きませんでした。
走ってるそばから駐車場が見えましたがとっても混雑してそうだし、
この奥祖谷のほうをコレだけ見れたら満足かなと(笑)


頑張ってR439を下っていき、
よさげな温泉を見つけたので立ち寄り入浴して登山と長距離ドライブの休息を取りました。
14時頃寄ってまだガラガラで休憩施設もよかったので満足。


つづけ!

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-05-10 22:34 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 08日

GW四国旅 剣山登山編

今年のゴールデンウィークは四国を旅していました。

となれば、四国の百名山2座も消化しておかねばなるまい。
ということでまずは剣山のレポです。剱岳ではありませんw
b0132817_21193333.jpg
結論から申すると、天気はご覧の通り残念なものでした^^;
下界の天気は問題なかったんですけどね、山の上だけガスがかかってるような状態でした。


剣山登山の感想は、


登山は楽チン、登山口に着くまでがタイヘン。


こんな感じです。
登山口からはリフトも掛かってますが、それを使わなくても山歩きに慣れてる人なら1時間ちょい程度で登れると思います。
要するに高尾山プラスαレベルです(笑)

しかしこの登山口へ行くまでがとても疲弊しました。
カーナビに任せた登山口までのルートはこんな感じ。
b0132817_21233379.jpg
前の晩に千葉を出発して、首都高速〜東名〜新東名〜伊勢湾岸道〜東名阪道〜名神〜中国道〜阪神高速〜神戸淡路鳴門道〜徳島道と(何故かあまり眠くならなかったため殆ど寝ずに)通ってきて、カーナビは最短ルートだと徳島ICで降りることを命じました。

で、ここからの国道438ルートがキツかった。

国道といえどその殆どがクルマ一台分程度の車線幅しかなく、狭い峠道でブラインドコーナーの連続。
時間帯的にも対向車が少なかったのは幸いでしたけども、飯もろくに食わずに挑んだ結果、この道で精神力をかなり消耗してしまいました^^;
登山口に着く頃は栄養不足か身体がガクガク震えてきちゃう始末^^;
そこで徳島市内コンビニで調達しておいた飯で回復はしましたけど(笑)

剣山登山で一番大変なのはこの登山口までの道のりかもしれません。
とにかく山奥にあるという感じです。



More つづき

by pre-sspec | 2017-05-08 22:19 | 山登り | Trackback | Comments(0)