タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北海道 ( 16 ) タグの人気記事


2017年 07月 16日

道東でBe a driverを楽しんできた話

でっかいどうレポ番外編(笑)
北海道旅行には欠かせないレンタカー。
楽しいドライブ旅行にはレンタカーの車種もわりと重要なファクターだと思います。


  • 【長い前置き】(笑)
今回、JALの特典航空券利用だったので(?)レンタカーの予約もJALサイトから提携レンタカー会社を利用するとかたちで予約しました。
普段あまりレンタカーを利用しないので安ければどこでもよかったのですが、キャンペーンやらで安く借りれそうなタイムズカーレンタルを選択してみました。


車種・クラスはとりあえずコンパクトカーのC1Gクラスをチョイス。
このクラスだとソリオかデミオかノートかフィットかヴィッツになります。
予約時点では車種は選べません。

自分的にはデミオかフィット、ノートがいいなーと思ってました。
正規料金は6,048円/24hですけどキャンペーンやらで4,025円/日+免責補償1,080円/日☓4日間になりました
まだ6月だったのでキャンペーンが効いたのかもしれません。
7〜8月の北海道夏季料金だと通常利用金+1,900円/日だそうです。



女満別空港に到着後、タイムズカーレンタルのカウンターへ。
係員に営業所へ送迎され、手続きをしてクルマを借ります。
伝票を見ると、、、

んん??
アクセラスポーツ1500!?


 
そうです!
なんと今回!
私が以前から次の愛車にしたいなぁ〜と思っていた
アクセラスポーツがレンタカーになりました!
b0132817_21195678.jpg
マジでびっくりサプライズでした。

料金的に2クラス上のクルマです。
店員さんに(ハイテンション)で聞いてみたら、たまたま車両に余裕があった(余ってる)からだと\(^o^)/

しかしもまだ走行800km程度の車内に新車のニオイが残ってる状態
北海道のレンタカーだから年式の割にどんだけ過走行なんだろうと予想していたらこれも拍子抜け(笑)
ありがとう!タイムズカーレンタル女満別空港店様々。
もしこれがヴィ◯ツやソ◯オだったらテンション急降下で暴れてたかもしれないw


ということで今回は北海道・道東ドライブをアクセラで楽しんだインプレ&試乗レポートをば(笑)


  • 【レンタカー諸元】
今回貸してくれたマツダ・アクセラスポーツは1500ccのガソリン車。
グレードは下から2つ目の15SFF車6ATでMOPはLEDパッケージ。
DOPのバックカメラも付いて良心的(笑)
さすがに正規料金でプラス2,000円/日の1.5ディーゼルを貸すのは無理だったみたい^^;
b0132817_21424956.jpg
マツダ・アクセラスポーツ15S

色はディープクリスタルブルーマイカ。物凄く濃い青ですね。
ちなみにタイムズカーレンタルではこの色のアクセラが殆どだったように思います。キズが見つけやすいから?
b0132817_21481239.jpg
しかし青空の下じゃないとほとんど青に見えないですな。
曇り空や雨、夜間ではほぼくすんだ紺色か黒にしか見えない^^;
タイヤは205/50R16で純正装着のBSのトランザER33履いてました。
自分のフィットRSも以前は同じタイヤ履いてましたけど、同じタイヤと思えないくらい食いつきも乗り心地も良かった。なぜ?^^;
b0132817_21493330.jpg
しかしアクセラは上級グレードの18インチのほうが似合いますね。
16インチの60タイヤだとどうしても小さくダサく見える…。
けれども乗り心地はとても良かったですね。ロードノイズとかも全然気になりませんでしたよ。
北海道の舗装は柔らかいみたいなことを聞いたことがありますがそのせい?



  • 【運転がめちゃくちゃ楽しい!】
b0132817_21561673.jpg
ええ、コイツは本当に運転が楽しかったです。
ああ〜快適で楽しい運転とはこういうことだったのかというくらい。

実は1年ほど前にもマイナーチェンジ直後のディーゼル車の15XDを試乗したことはあるのですが、住宅街の街乗りだったので車の性能についてはあまり強烈な印象は残らなかったんですよね^^;

なにしろ直進安定性がとても高い!
ついでに峠道でも驚くほどにグイグイよく曲がる!
例えばアクセルONかOFFか迷うようなコーナーでアクセルONしても素直に思い通りに曲がっていきます。
軽いエンジンの割に高いボディ剛性も効いているのか…。

しばらく乗って気がついたのですが、直進でもコーナーでも修正舵がとても少なくて済むのです。
これは昨年から搭載されたGVC(G-ベクタリングコントロール)というやつが効いてるのでしょうね。

ドライビングポジションも逸脱で目線の位置や両足の置き方もとてもドライブしやすい姿勢を取ることができるのです。
そのせいか1500ccのガソリン車にしてはとても運転がラクでロングドライブでも思ったほど疲れなかった印象です。
体感するにはとても難しい機能と思ってましたけど、この道東ドライブではとても体感できました。
その機能があるのを知っているから分かるだけかもしれませんが^^;


  • 【エンジンはとても非力】
このアクセラの惜しい所は1,280kg(AT車)の車重で1500ccのガソリンエンジンという所。
うちのGE8フィットRSも同じガソリン1500cc。しかも車重は200kg以上も軽いです。
そういえば前に乗っていたBB6プレリュードSspecは2156ccでこのアクセラとほぼ同じ車重だったぞ^^;
b0132817_22133706.jpg
そういうわけで、特に峠道の登りはとても非力さ&トルク不足を感じました。
ATがキックダウンしない程度にパーシャルを保ってアクセルを踏んでると驚くほど加速しません&登りません…。。
帰ってからフィットに乗ってあまりの軽やかな加速にびっくりしました。う
ちのフィットこんなにピュンピュン加速するヤツだっけ?と^^;

中間加速やエンジンの吹け上がりもフィットRSのほうが分があるかな?
カタログスペックだけを見れば馬力もトルクもフィットRSのL15Aのほうがやや上回ってます。
登り坂も楽に巡航したいならディーゼルエンジン車を選ぶべきなんでしょうねやっぱり。
b0132817_22173315.jpg
ただ、ペースの速い北海道の平坦な直線道路で流れに乗る程度(意味深)の速度を保つのは全然余裕であります。
登り坂でのATのシフトチェンジも若干クセがあるようで、勾配が終わるまでひたすら引っ張る感じですね。
変速レスポンスはいいと思います。トルコンATはというか一昔以上前の物しか知らないもので^^;
b0132817_22202770.jpg
下り坂でシフトダウンする時に3速と2速のギア比がちょっと開いてるのか、
3→2速にダウンした時にエンジンが唸りを上げるのに何度かビックリ^^;


アクセラが1500ccになったのも税金や売れ行き諸々を考慮した結果だと思います。
日本の悪しき自動車税制がなければアクセラのみならず他の車ももっと力のあるエンジンを持てるだろうに…。

燃費はわりとよかったですね。
信号のない直線道路だらけの北海道の道ですが、概ね18~20km/Lでした。
飛ばしすぎ?(逃)



  • 【評判悪い通りのマツコネちゃん】
ネットでひたすら評判の悪いマツダコネクトことマツコネ(逆じゃないか?)
欲しいと思ってるクルマなのでその悪評は否応なしに入ってきます^^;
レンタカーだしあまり機能は深く使い込みませんでしたしマニュアルも見てませんけど、やはり気になる所いろいろ。
特に地図表示に注文がありますね。
b0132817_22214043.jpg
たとえばこの画像、知床横断道路って文字が2箇所に表示されてますよね。
ナビで地図案内をさせれば上の赤枠内は案内表示とかになるんですけど、普段はどちらかを現在の市町村名とかにしてほしいですね(出来るのかな?)
そしてこの地図のチープさ。
b0132817_22292571.jpg
いったいいつの時代のナビだよと。2000年代初頭か90年代後半のCDナビかよと。
これでも実はアップデートによりかなり改善された方らしいのですが…^^;
私もそうですが普段、カロッツェリアのナビ等を使ってる人間からすると地図がチープで見にくいことに閉口します。
コンビニやガソリンスタンドなどのお気に入り表示も随分制限されてる感じ。
これのせいで最近のマツダ車を敬遠してる人も相当にいるでしょうね。
クルマ本体の出来が良いからカーナビ&オーディオが自由に選べる仕様なら相当売れそうなのに。
とりあえず地図ソフトだけでもインクリメントPから仕入れてくださいマツダさん。。。

シフトレバーとコマンダーコントロール周り。
b0132817_22353938.jpg
これもマツダコネクトのシステムの一部ですが、これはソフトウェアと違い、なかなかいい出来ですね。
手元を見ずにフリーハンドで使える操作感やポジショニングも絶妙。質感もなかなかでしたよ。
個人的にはサイドブレーキレバーが邪魔に感じてしまいましたが^^;
あとマツダはATのマニュアルモードで上がダウン、下がアップになってるのがいいですね。

ドリンクホルダーなど収納類は少なくてちょっと物足りないですね。
今乗ってるフィットが充実しすぎてるからそう感じるのか^^;

荷室の広さは十分。
後席を倒せば182cmの自分が身体を斜めにしてギリ寝られるくらい…。
快適に感じるにはちょっとキビシイですけど…。


あと、サングラスホルダーが装備されてるのがいいですね。
これはホンダ車だとこのCセグメントクラスのクルマにはまず装備されないと思います。
b0132817_22402168.jpg
しかしながらホルダーが小さすぎる!
なんと!オークリーのスポーツサングラス(ハーフジャケット2.0)が入らない!
残念!!(死語)


とまぁ、いろいろ書きましたけどこんな感じで道東4日間で約1100kmを走り回りアクセラを楽しませてもらいました。
b0132817_22452280.jpg
借りた時860km程度だったのに^^;


マツコネの残念さはありますけど、
それよりも運転の楽しさが上回り、デザインもいいしますます欲しくなりました。
天気が悪い日でもアクセラのおかげで救われた気持ちであります。
b0132817_22441304.jpg
ガソリン車が1500ccしかないのが惜しすぎますね。
2000ccも過去にありましたけどマイナーチェンジ前のものとなると、
MC後が気になるところが改善されていたりするのでちょっと物足りない^^;
ディーゼル車もAWDになるとお高いし、う〜ん…。


本当に次の愛車がアクセラになるのか別のクルマになるのか、果たして^^;

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-16 23:00 | クルマ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 14日

美幌峠〜メルヘンの丘〜女満別空港

いよいよ北海道レポ最終章です。
引っ張りすぎ?^^;

最後のメジャー観光地は美幌峠です。
初日も通りましたが完全にガスの中。今回は晴れです!
b0132817_21480416.jpg
美幌峠
b0132817_21483433.jpg
屈斜路湖の雄大な景色!


16時をまわってすっかり霞んじゃってますが、斜里岳も見えてますね。
霞みは天下のPhotoshop様のお力でやりすぎない程度に消してますが、
C-PLフィルターも付けて撮影したので色がちょっとちょっとクセのある感じに^^;
b0132817_21511321.jpg
美幌峠に続く峠道
b0132817_21561570.jpg
日本最大のカルデラ。
小さい頃は最大は阿蘇と習っていたのだが^^;
b0132817_21571515.jpg
自分の影…。

最後に美幌峠の絵葉書通り?の景色が見れて満足であります。
津別峠からの景色も見てみたかったのですが、昨年の台風の影響で弟子屈町から登っていく道が通行止めで行く時間もなく…

今度は夜に来て星空も撮ってみよかな^^

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More そして

by pre-sspec | 2017-07-14 22:19 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 12日

多和平

知床〜清里と観光を終えたあとは再び弟子屈まで戻り、多和平に寄ってみました。

弟子屈町はこの道東滞在4日間毎日通りました^^;
道東の交差点のような所ですね。
b0132817_22344708.jpg
開陽台とともにこの道東エリアで360度地平線が見渡せる的スポットらしいですが、開陽台のときと同じくまた雲が多くなる始末…。
寄らなくてもよかったんですけど、帰りの飛行機の時間にまだ余裕があったしココはキャンプも出来るみたいなんで、次来たときの為の下見がてらと言うか(笑)

ここも夜は星が綺麗そうだなぁ…


しかし問題がっ!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More つづき

by pre-sspec | 2017-07-12 23:06 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

いろんな角度から斜里岳

道東に優美に聳える斜里岳。
とても綺麗な円錐形の成層火山であります。
斜里町や清里町でクルマを走らせてるとその美しーい姿に気を取られてしましました。
清里町によれば”道東のマッターホルン”だって


計画当初、登山しようと思っていたのですが山開き前の6月中旬頃はスノーブリッジや雪渓などで、斜里岳夏道を知らない初めて登る人間にはリスク高しということが分かり、断念してしまいました。
登山にはこの上ない天気だった故に残念。
そういうわけで登山の代わりに知床観光した次第です^^;

ということで、今回は各所から眺めた斜里岳の美しい姿をば(笑)
b0132817_22284592.jpg
斜里町の某キャンプ場近くの道端で。

この写真の前日、当日共に素晴らしい青空だったのですが、
夜間だけ霧に覆われて星空を見ることが出来ませんでした。本当に悔しかった…。
ここでまた斜里岳と一緒に星空を撮りたい。
b0132817_22365651.jpg
面白かったのがこのキャンプ場でテント泊を管理所に申し込もうとした所、
管理人のおっちゃんに「寒いから止めときなよ」と引き止められたこと^^;
結局、テント張って泊まったのですけど、思ったほどど寒くなかった(笑)
翌朝、撤収してる時にも管理人のオッチャンは来たのにお金は取られませんでした。
よかったのだろうか^^;


知床に向かう途中の国道沿いにて。
b0132817_22375621.jpg
真南を向いて逆光になりがちですけど、まだ朝7時前なので大丈夫(笑)

清里町のどこか^^;
b0132817_22385832.jpg
知床観光を終えたあとなので、トップライトで逆光気味…。


清里町の直線道路のつきあたり
b0132817_22400200.jpg
b0132817_22442095.jpg
↑同地点から↓
b0132817_22575317.jpg
清里町にも斜里町の天に続く道に匹敵するくらいの素晴らしい直線道路がありました。



清里町の宇宙展望台より
b0132817_22450031.jpg
ここもなかなか素晴らしいところでした。
その名の通り、宇宙が見えそうで天気に恵まれたら星空もすごそうだ…。

展望台の上から
斜里岳と遥か向こうに知床連山も。
b0132817_22455349.jpg
ココにいる間、他に誰も来なかった。
景色を独占♪
b0132817_23074594.jpg
宇宙展望台からの眺め
b0132817_22471823.jpg
カスタムイメージ”ポップチューン”使用


斜里岳が綺麗に眺められる所は他にもいっぱいありそうですね。
写真が撮れない運転中でも眺めが良さそうな所はちらほらありましたし。

次の斜里岳は登山だなっと^^;

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-07-10 23:09 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

ぶらり知床観光 その2

知床峠を走ったあとは知床五湖エリアを観光してみました。
有料(5000円位)のガイドツアーは利用しなかったので実際は五湖では一湖でありますが^^;

誰でも無料で通れる高架木道とやらを使いました。
b0132817_21343161.jpg
知床連山が真横から見られます。
天気はちょっと曇ってしまったけど、ガスってないだけ良しとしましょうかね。
夏の時期は反対側の羅臼側でキリ、こちらウトロ側で霧が消えてフェーン現象による気温上昇がこの辺りの気候の特徴だとか。


高架木道、片道800mで往復するだけです。
b0132817_21375042.jpg
よくぞこんな立派な木道を造ったもんです。
世界自然遺産かつ国立公園内にあってよくぞ国も許可したものです。
木道の脇はクマが登ってこれないように電線が通ってます。

知床一湖ではありますが^^;
b0132817_21393646.jpg
超広角レンズじゃないと知床連山すべて入りきれません。

b0132817_21405576.jpg
おーい、クマちゃんいないかぁ〜い?


b0132817_21412356.jpg
高架木道から外れての知床五湖散策ルートはガイドツアーを利用しないと立ち入りできない徹底ぶりです。
b0132817_21433812.jpg
向こうはオホーツク海
b0132817_21422770.jpg
お〜い、クマちゃんいなーry


知床が世界自然遺産になったのは手付かずの自然はもとより
ヒグマを頂点とした豊かな生態系と生物多様性に富んでいるのが最大の理由だそうで。
b0132817_21442891.jpg
有名な「ソーセージの悲しい最後」の話
b0132817_21583422.jpg
野生動物にエサを与えることがどういうことなのかよくわかります(一部文書欠けちゃいましたが…)
これは英語だけでなく特にマナーの悪い某大陸系観光客も読めるようにした方がいい気がする。


高架木道歩き終えたらお土産屋で戦利品を物色。
b0132817_22011845.jpg
登山用にと限定?の熊鈴を買ってみました。
この裏には斜里岳の絵も刻まれてます。さすがに本土の登山屋では売ってないでしょう(たぶん)
あとは知床五湖のピンバッジと適当に羆ステッカー。
斜里岳と羅臼岳のピンバッジも売ってましたが登頂してないので我慢して購入せず^^;


その後はウトロまで来た道を戻り・・・
b0132817_22063143.jpg
オシンコシンの滝に立ち寄り・・・(観光客多し)
b0132817_22071766.jpg
b0132817_22073189.jpg
知床半島にサヨナラをしました。
カムイワッカ湯の滝や知床半島クルーズといったものは時間の都合で寄りませんでした。

知床半島に来たのにヒグマちゃんを見れなかったのはちょっと物足りなかったかな^^;
エゾシカやキタキツネは運転している時に見かけましたけど、逃げられて写真撮れませんでした。


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-07-08 22:14 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 06日

ぶらり知床観光 その1

北海道4日め最終日は知床観光メインで行きました。

まずはバビューンとレンタカーを走らせて知床横断道路で知床峠です。
b0132817_22444380.jpg
知床峠から羅臼岳

う〜む、ついに俺も知床の地を踏む時が来たかと思うと感慨深かったです^^;
なんというか世界遺産にもなった知床国立公園のエリアは日本国内でも別格な意識がありましたので。


羅臼岳登山という手もあったのですが、
まだ登山道には雪渓が残っており、初めて登るにはまだ厳しい時期(要アイゼン、ピッケル)だったので断念しました。

クソッ、羅臼岳よ、
次ここに来る時はお前のてっぺんに登ってやる!(奮起)
b0132817_22475104.jpg
駐車場はトイレのみ

北海道の観光地の駐車場もレンタカーを中心にいろんな地域のナンバーがいますけど、
ここ知床で函館ナンバーのレンタカー見た時はちょっと心配になりました。
無事に期間内に帰れるのかと^^;
札幌ナンバーのレンタカーは番号が枯渇してるのか「わ」より「れ」のほうがよく見る気がします。


駐車場に一角にはニコン砲やキヤノン砲のカメラの砲列が。
b0132817_22584916.jpg
クマでもいるのかなと思ったら野鳥屋さんだそうです。

羅臼岳ズームアップ
b0132817_23104055.jpg
これに限らず辺りをよく目を凝らして見回しましたけど、クマちゃんらしき姿は見当たらず…^^;

b0132817_23070185.jpg
羅臼側はセオリー通り?霧に包まれてます。


知床峠からちょっと進んだところ。
b0132817_22595566.jpg
雲海の向こうに見えてるのは、北方領土の国後島の山々です。
左遥か奥には国後富士こと爺爺岳が微かに見えます。
なかなかの壮大な景色です。
(カメラの露出ミスって白飛びさせまくってしまった…)

知床横断道路は羅臼までは降りずに引き返して、知床五湖方面へ向かいました。
b0132817_23144208.jpg
正面はオホーツク海

つづけ!

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-06 23:16 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

斜里町の天に続く道 

北海道最終日(6/18)です。

前夜は斜里町のキャンプ場でテント泊しましたけども、
悪魔の海霧によって星空を見ることができませんでしたorz
これが今回の北海道旅でかなり悔いです。


気を取り直して、最終日は知床観光でもしようと思い、知床半島へ。
斜里町の知床国道を知床方面へ走るとやたらとまっすぐな道があります。
途中で国道は左に曲がりますけど、ストレートの坂道がずっと続くのですぐに分かります。
b0132817_22261763.jpg
天に続く道

まっぷるとかにも載ってるスポットです。
約18kmくらいまっすぐな道が続くそうです(若干ウネッてますが気にしないw)
地平線まで続くように見えて、撮り方によってはその名の通り天に続く道のよう^^
b0132817_22270787.jpg
横構図

写真の奥は西の方角を見ているので午前中が順光。
ちょうどこの時間帯(朝7時頃)はちょうど太陽を背にしていました。
逆に道路の延長線上に太陽が沈む間際って構図も面白いかも?
レンズはもちろん望遠がオススメ。


道路のど真ん中で堂々と撮ってますけど、
この辺りにいた約20分間、クルマなんて全く来ず^^;
寝転んで撮影してもいいくらい

道路の脇に数台分の駐車スペースの他、ご丁寧に展望台まであります。

展望台から。
b0132817_22314821.jpg
う〜〜ん、この眺めじゃ天に続く感はイマイチだな^^;


実際にはこの展望スポットから、もうちょっと坂を登ったストレートの突き当りからの眺めがさらに良かったりします。
b0132817_22342955.jpg
こっちのほうがアップダウンも重なってジェットコースター感があります♪
b0132817_22351850.jpg
ここにいてもまたクルマなんて来やしません。
畑が近いのでちょっと虫は多め^^;


この界隈はこうしたどこまでも続くストレートな道はいくらでもあります。
が、アップダウンがあって地平線へ続く感じで見栄えがイイので
北海道のストレートな道を味わうにはもってこいと思います。
b0132817_22400744.jpg



K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-04 22:48 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 02日

清里町の神の子池

摩周湖の後は神の子池です。

ちょっと面倒なルートを通りますが道は空いてるので割りとスムーズに行けます。
摩周湖の高台から降りて国道391号を北上した後、道道805号をちょっと進んで道道1115号に入り南下します。
案内看板から林道(ダート)を2キロ走らせると着きます。
b0132817_21561262.jpg
神の子池
b0132817_22511100.jpg
ん〜〜〜〜、神秘的♪
摩周湖(の外輪山?)の伏流水が湧き出てるとか。
水温は8℃で倒木が腐らずそのまま残るとか何とか。


まっぷる北海道のドライブガイドにも載ってませんでしたが、そこそこ観光客もいました。
穴場スポットとまではいかないかも?^^;


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More

by pre-sspec | 2017-07-02 22:18 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 29日

コバルトブルーの神秘 摩周湖

オンネトーを楽しんだあとは、阿寒湖…観光はせずに^^;
弟子屈まで戻って摩周湖を目指しました。


ほんで第1展望台(駐車場500円)に到着。
b0132817_22534110.jpg
霧の摩周湖と言われるほど、霧が多い地らしいですが、
ピーカンな今日はさすがに眺望抜群♪
b0132817_22540061.jpg
晴れた日は摩周ブルーの異名がある澄んだ摩周湖ですが、C-PLフィルター付けて水面の反射消すと物凄い色になりました^^;
さすが神秘の湖。

こちらはC-PLフィルター無しver
b0132817_22562968.jpg
霧が多い摩周湖でもこの日は斜里岳までも見えてる絶好のコンディション
b0132817_22573715.jpg
斜里岳とカムイシュ島


さすがにこの天気だと、tra◯icsだとかク◯ブツー◯ズムとかのバッチを付けた観光客でいっぱい。
b0132817_22592125.jpg
アジア系の外国人もまたいっぱい。


実は展望台から摩周湖の反対側、釧路方面もまた地平線が見えるほどの広大な眺望であります。
b0132817_23010969.jpg

所変わってクルマでちょっと進んだ先の第3展望台。
こちらは駐車場代はタダです。
b0132817_23044869.jpg
b0132817_23050050.jpg
こちらも十分眺めはいいです。
摩周岳(カムイヌプリ)はこちらのほうが立派に見えます。

b0132817_23054010.jpg
湖畔に浜みたいなのは存在せず、湖面と森林がほぼピッタリ接してます。
どうなってんだろう?

摩周湖は国立公園の特別保護地区で立ち入りが厳しく制限されているので、湖畔に降りる道は存在しません。
環境省職員とか研究者は道なき道を遭難覚悟で行くんだとか。
滑落すればそのまま湖にドボン、途中でクマに襲われる可能性も…。

第3展望台の湖の反対側は屈斜路湖が見えます。
これもまた超広大な景色です。
b0132817_23130975.jpg
あー、これって日本最大と言われる屈斜路カルデラってやつか。
摩周湖のカルデラといい、ブラタモリでタモリが喜びそうなネタですな(笑)


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-06-29 23:22 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日

初夏の絶景オンネトー

雌阿寒岳登山の後にひとっ風呂入った後は、

オンネトー観光してみました。
阿寒国立公園の絶景スポットですが若干マイナーな存在の模様。
b0132817_21452728.jpg
素晴らしい絶景です。
エメラルドグリーンの湖の向こうに雌阿寒岳と阿寒富士。
そしてコバルトブルーの青空。
まさに絵葉書通りの絶景。

こんな素晴らしい天気なのに思ったほど観光客はいませんでした。
さぞかし大規模な駐車場や土産物屋があると思いきやまったく…^^;
b0132817_21505976.jpg
間違い探し?
b0132817_21530264.jpg
写真撮影する側としてもこの上ないC-PLフィルターの使い時。三脚も使いました。
フォトショでの現像〜仕上げも思いっきり派手目にできます^^;
無風だと湖面に雌阿寒岳が写り込むらしいので、強風で立ってるのが惜しい。
b0132817_21593870.jpg
ここまでエメラルドグリーンが濃いと、プリントまでするならAdobe RGBの運用が望ましいですね。
シアンやイエロー系のインク消費量が莫大になりそう^^;


ここは紅葉もまた素晴らしい絶景だそうです。
写真は東を向いて撮影してるので午後が順光で朝早いと逆光になります。

天気が良い日に阿寒湖周辺に観光に来たのなら是非寄りたい場所であります。

なお、ここら一体は携帯圏外のようです。
少なくともソフトバンクは圏外でした^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More おまけ

by pre-sspec | 2017-06-28 22:14 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)