タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北アルプス ( 59 ) タグの人気記事


2010年 09月 19日

常念岳登山 一ノ沢~常念乗越 編

3連休初日、例によって(?)北アルプスへまた山登りってきました(笑)

今回は日本百名山の一つでもある常念岳に登ることにしました。
b0132817_225284.jpg

常念岳は北アルプス南東部の所謂、常念山脈の一つで、北ア主役の槍ヶ岳・穂高連峰の展望台的山ですね。
登山難易度も初級者向けなんで、特に難しいトコは無いヤマです(ガイドブックによると笑
前日の仕事まで隣の蝶ヶ岳とどちらにしようか迷っていましたけど、百名山の一つていうこともあり常念岳に決定(笑)

しかし連日、残業続きで疲れがたまっているのに、なんで北ア登山となるとこうも必死になれるんだろうか(笑)

K-7 + DA16-50mm F2.8ED SDM
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

(つづき)登山時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2010-09-19 23:14 | 山登り | Trackback(1) | Comments(3)
2010年 08月 14日

リベンジの闘志が湧いた北穂高岳登頂

てなことで、前回の続き。
涸沢から北穂高岳(3106m 日本第9位)への登頂編です。

早速ですが、(残念な)山頂の画像です(痛)
b0132817_23195843.jpg
北アルプス随一ともいわれる北穂高岳からの眺めはご覧の通り雲の中で最悪な結果でした。
この北穂高岳山頂からの絶景ネタでブログ4~5日分は持つだろうと見込んでいたんですけどね(苦笑)
そんな野望もこの穂高連峰の藻屑と消えました。

もうね、次は天気のいい日に絶対またこの頂に立ってやる!
と心に誓いましたよ。
山登り好き(というか北アルプス好き)として、ここからの絶景を見ずして人生追われるかと(おめー今、いくつだよ
北穂高岳に登ると決めたのが約1か月前で、以来ずっとテンション↑↑↑を保って結果がこれですから。
大自然が相手だからこうなることはモチロン承知の上ですが、悔しさいっぱいです。


とりあえず山頂直下にある北穂高小屋で記念撮影(笑)
b0132817_2327248.jpg
山頂にいたのも20分程度。
天気が良ければこの山頂で写真撮りまくりんぐで、この小屋に1泊滞在しようと思っていたけど、
この日も次の日も回復の見込み無いということで、滞在する理由もなく、上高地まで下山(約19km、約7時間半)することを決断。
写真も次にお預けということでろくに撮らず、総計で200枚以下に終わりました(見込みの1/5以下)

売店でピンバッジも購入(登頂の物的証拠残さねば笑
b0132817_23395743.jpg


そんなわけで、涸沢~北穂高岳山頂までの登山時系列レポは↓↓↓からどうぞ(笑)

※写真は全てK-7 + DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDMで撮影
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

登山時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2010-08-14 00:23 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2010年 08月 12日

穂高登山 上高地~涸沢編

というわけで、登山レポです。

初めに申しておきますと、天気はおもいっきりハズレでしたorz
現地での天気予報が台風も来てて翌日翌々日とよろしくなかったため、予定を1日切り上げて下山しました。
ですが、前向きに考えれば悪天候の中での穂高登山という経験の浅い自分にとっては、大きな経験値を得ることができましたハイ。

まず1日目の目的地(=宿泊地)、涸沢カールです。
b0132817_17103214.jpg
涸沢小屋展望テラスより。

ここは標高約2300mにあり、奥穂高岳(3190m 日本3位)や北穂高岳(3106m)など穂高連峰の登山基地とも言える場所です。
出発点の上高地(約1500m)から歩いて17km、約6時間(個人差あり)の場所にあります(;´∀`)

登山に(=北アルプスに)興味を持ち始めた時はこの場所に立てるなんて想像もつかなかったのに、案外早く辿りつくことができました(笑)
晴れていればそれは素晴らしい絶景の別天地(のはず)で、ここだけでブログ2~3日分ネタが書けそうなんだけど、今回は殆どガスがかかりっぱorz
今年は残雪が多いそうで8月半ばのこの時期でもこんなに大きな雪渓がっ。

深夜3時ごろに見えた真夏のオリオン(笑)
b0132817_17301912.jpg
涸沢小屋展望テラスより。

空が晴れたのもこの深夜のわずかな時間帯だけで、麓からガスが登ってきてすぐに見えなくなりました。。。
新月前後の夜だったからキレイに晴れてさえいればそれはもう満点の星空で写真撮りまくりんぐだったのに…orz


そんなわけで、今回もとりあえず登山時系列レポします(笑)

とりあえず上高地にいたころは天気よかったので、ここにアップ(笑)
b0132817_17375169.jpg
上高地、河童橋付近にて。朝5時55分頃。
まだ日が登り切っていない時間で、大部分が影に覆われた穂高連峰がまた迫力がありました。
初めてここに来たのだけど、写真で見る以上に山が目の前にどどーんと立ちはだかる印象があります♪

続きは↓で(笑)

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

登山時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2010-08-12 18:47 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2010年 06月 07日

梅雨入り前の絶景かな

日曜に志賀高原のほうへドライブしてきますた(・∀・)
前日の天気予報が神レベルだったので、急遽決定(笑)

そんなわけで、まだまだ雪の残る北アルプスまでバッチシ絶景(゚∀゚)
b0132817_239291.jpg
横手山展望台にて DA16-45mm F4ED AL C-PLフィルター


草津白根山の湯釜への道途中より
b0132817_23132091.jpg


槍ヶ岳、穂高連峰までバッチシ(゚∀゚)
b0132817_23145516.jpg

火山活動が活発になったからとか何とかで、頂上の駐車場からの最短ルートは立ち入り禁止で、
一番長く長いルートを歩かされ、湯釜展望台に到着。
今日も独特のエメラルドグリーンがきれいだぜ♪
b0132817_23161827.jpg
国道最高地点。相変わらずこの石碑の撮影は難しい…
紅葉期となればここはカメラの放列ができます。
b0132817_23191172.jpg

普段は日曜日はあまり長距離ドライブは行かないのだけど、梅雨入り前の最後の最強天気だと思い決行。
狙い通りというか思い通りというか最高の風景を堪能できますた♪

気温も移動性の高気圧で暑すぎず蒸し暑くもなくコンディション抜群♪
6月の土日でこんな最高条件はなかなか巡り合えないでしょう(゚∀゚)
もちろん、午前中の早い時間にここにいることも条件のうちですけどね。

なんだかDA16-45mmレンズが片ボケ起してる気がする…orz
にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

More

by pre-sspec | 2010-06-07 23:37 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 27日

ご来光

朝5:10頃に起きて、山の上からご来光を拝む。
秋分の日前後の日の出時間は5:30くらい。
山荘の1回目の朝食も同じ頃だが、既に食堂前に行列が出来てたため、2回目の部で喰うことにする。
山の朝は早い。

ご来光を眺める人たち
b0132817_13441353.jpg
ん~朝日の撮影の仕方ってよく分らん(^^;

ご来光前の朝やけ。
今日は雲が多いなー(´・ω・`)
b0132817_13445825.jpg
眼下は安曇野市
逆サイド(自分の背後)が北アルプスの山々

太陽が出た瞬間♪
b0132817_1346427.jpg

この日は全体的に曇り空だったので、太陽も直ぐ隠れちまいました。
昨日とは打って変ってこんな天気。。。
b0132817_13492046.jpg
北アルプスの山々も雲に覆われていて、山肌は1/3くらいしか見えない状態(´・ω・`)
天気が良ければ下山前に朝日に染まる槍ヶ岳でも撮ろうと考えたけど、これではそんな気も起きず。

6:00頃に朝飯食べて、少しゆっくり準備して下山。
b0132817_13523324.jpg
下山中に撮った紅葉した植物(名前分らぬ
微妙に被写体選択ミスと言うか露出ミスと言うか。。。

下りはさすがにペースはそこそこに早かった(かも
膝を痛めないように着地前にストックで地面を突きながら進む。
結果として、2時間半くらいで下山出来た。登りは4時間半かかったのに(ノ∀`)
てか登りが遅すぎたのかな(反省

下山していてこんな急な登りがひたすら続く道を初心者ながら登って来たのかと感服してしまった・・・。
もう少し標高差の低い山から練習し直すべきかとちょっと反省。

下山の体への負担はかなり大きく、後から筋肉痛になりますた。


10時前頃に登山口に着いて、クルマまでのアスファルトの道(登山靴履いてるとこれが辛い)を下り、
クルマに乗りこんでからは、豊科ICまでまっすぐ向かいまっすぐ帰宅。
天気も悪いし、どっか観光地に寄ってこーなんて体力はありませんでした。

まだ昼の早い時間なのに中央道はちょうどUターンラッシュで、笹子峠トンネル前で19キロ、小仏トンネル前で12キロの渋滞にかかりました(´・ω・`)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2009-09-27 14:04 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 25日

北アルプスに輝く星たちよ!

今回、北アに登山して、楽しみにしていたことの一つが、

星空を見る&撮影すること。

星を見るにはようするに雲が無いこと、そして月が明るすぎないことが条件ですが、
今回、満天とまではいかないにしろ運良くきれいな星空が見れました♪

日が落ち切ってまだ時間がたっていない頃。
b0132817_22554517.jpg
FA35mm F2 AL 分割測光 バルブ F2.8 14.1秒  ISO800 AWB RAW Adobe Photoshop CS4

すげえええぇぇええぇぇぇぇーーーーーー

こんな星空見るのは初めてだあぁぁぁおああぁぁぁぁぁーーーーーー


b0132817_2332330.jpg
FA35mm F2AL

レンズは今回、広角ズームのDA16-45mm/F4と望遠ズームのDA55-300mm/F4-5.8を持ってき、
明るい単焦点のFA35mm/F2も持ってきてました。
前者2本は風景を撮影するため、んで35mm単焦点はこの星空を撮影するために持ってきました(´∀`)
星空を撮影するに開放値F4じゃちょっとキツイかなと思ってたので。

そして重い三脚を持ってきたのも(特に)この星空を撮影したいがため。
自分の三脚は決して頑強な重いものではないので、脚は伸ばさず思いっきり開脚させてカメラを上に向けて固定。

槍ヶ岳の上のオレンジ色の星は夏の1等星アンタレス(さそり座)
b0132817_23111892.jpg
FA35mm F2AL
中央の赤い線は流れ星ではなく、飛行機の光跡。

露出はとりあえず雑誌で見たのを思い出しつつ設定。
レンズはAFだとピント合わすことができず暴走するので、MFで無限遠に固定。
星を点にして写したいので、感度は最高のISO1600。
自分のカメラはAPS-CのCCDセンサーなので、ノイズがちょっと酷くなるけどもうこればかりはしょうがない。
ISO800でもいいかもしれないけど、ISO1600にすると肉眼でも見えない星が結構写る。
ノイズが写ってもいいから撮影したいとか、どこまで許容するかしだいですかねー。
フルサイズセンサーの5Dmk2とかD3とかで撮ってみたいわ。。。

b0132817_2320458.jpg
FA35mm F2AL
しかし夏の星座のさそり座をこんなにハッキリ見えたのは初めてだ。。。
フツー、夏なんて湿気が多くて空気が淀んでるから星なんてろくに見えないし・・・。
そんな星座見えてちょっと(いやかなり)感動・・・(ウルッ

もはや何が何だか・・・
b0132817_23263025.jpg
FA35mm F2AL

シャッター速度は15~30秒くらいを体内時計でその時々の気分で(笑)
2~30秒でも撮った写真を当倍にすると、線になって流れてたりする。。。
赤道儀でもあれば最強なんだけどなぁ・・・(;´∀`)
絞りは開放でもいいけど、ちょっと欲張って1段絞りのF2.8で主に撮影してみました。

北斗七星(寝た状態)
b0132817_23301074.jpg
さすがに死兆星は見えなかったか(北斗の拳の見過ぎ
って死兆星が見えたら数日のうちに死ぬんだよな・・(だからぁ

日が暮れた直後に露出を大きくオーバーした写真
b0132817_233166.jpg
空が明るいのに星が見えてる不思議な写真になった・・・。
白く飛んだ明るい所はさすがにCamera Rawの現像でも処理することができず。。。
まぁ、いいや(;´∀`)


あ、星を線にした写真は今回撮りませんでした。
数分間、シャッターを明けとかなきゃいけないし、シャッター閉じて画像が生成されるのにも相当な時間がかかるし、何より寒いので(逃走

2500m超の高山なので、日が落ちるととっても寒くなるワケです。
マイナスはいってなかったと思うけど、軽く一ケタだったのは間違いないはず。

そんな中で頑張って必死に星空を撮ってたワケです。
いやいや、それでも寒さに我慢してでも見る価値がある星空でした(´∀`)
殆どの人は短い時間で星を見ては山小屋に退散してたけど。。。

重たい思いして三脚持ってきてよかったデス。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2009-09-25 23:41 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
2009年 09月 24日

北アルプスの山 初登頂

はい、そんなわけで、燕岳の山頂よりお送りいたします。
すんません、まだこのネタ続きます(;´∀`)

燕岳山頂より
b0132817_20442983.jpg
山頂に登るとこんな景色が飛び込んできます。
登山道からでは燕岳のピークに隠れて見えないんですわ。
手前の山は北燕岳。
b0132817_20452510.jpg
花崗岩の白い岩肌と紅葉と青空のコントラストが何とも美しい。。。
奥には剱岳や立山連峰、鹿島槍ヶ岳も見えてる(;´Д`)

山頂の石碑。小さくてかなりショボイ(;´∀`)
b0132817_20483441.jpg
中房温泉登山口から標高差約1300mを登ってきますた(;゚∀゚)ハァハァゼーゼー
まだ登山始めたばっかのクセに…高尾山すら登ったこと無いクセによく登ったもんだと自分でも感心(笑

北燕岳の奥、中央に剱岳をアップで
b0132817_20524013.jpg
b0132817_20532492.jpg
日本最上級に難しいというシロートを寄せ付けないその岩峰、素晴らしス・・・

左に立山、右奥に鹿島槍ヶ岳
b0132817_20542198.jpg
最近、山容を見るだけで、山の名前が判るようになってきました(必死
近くのオバチャンにあの山なーに?聞かれて答えられる自分に自ら驚く始末。
日本アルプスの山々ばっかだけど。。。

北燕岳山頂で記念撮影にイチャつくカップルを望遠レンズで盗・・・激写!
b0132817_20585575.jpg


山頂は結構狭い。
b0132817_2101056.jpg
山頂に登頂した喜びでみんな大騒ぎしている。


今日はキレイな青空ダッb0132817_21175939.jpg


東側の安曇野市~松本市側は雲がいっぱい湧いてきている。
b0132817_21184688.jpg
しかし西側から強い風が吹いているから、この雲が山に登ってくることはない(みたい

ハイマツ林の中からありがとう燕岳
b0132817_21195478.jpg
あ、これは山頂からの写真じゃないか・・・(;´∀`)

花崗岩の砕けた砂の多い登山道だったので、カメラもレンズも少なからず砂を被っちまいました。
要メンテっと・・・。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2009-09-24 21:21 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

燕岳から見る槍ヶ岳に萌え

今回、燕岳に登った第一の目的、それは

燕岳からの槍ヶ岳を見たい&写真を撮りたい

なわけです。

槍ヶ岳と言えば、その天を突く山容が素晴らしい、北アルプス(飛騨山脈)のシンボルであり主峰ですね。
高さも3180mで日本第5位。多くのアルピニストの憧れです。
自分もいつの日か登ってみたいっす。

槍ヶ岳と表銀座縦走路
b0132817_20302194.jpg
燕岳から大天井岳と西岳、東鎌尾根を経て槍ヶ岳へ通じる表銀座縦走路。
いつかはこのルートで登ってみたいなぁー
ってその前に体鍛えなきゃな。。。
b0132817_20395887.jpg
燕岳から槍ヶ岳を目指す(?)人達。
登ったばかりの午前11時頃に撮ったのだけどもうすでに光線状態が微妙っていう。。。_| ̄|○

燕岳山頂と山荘との登山ルート途中にあるイルカ岩と槍ヶ岳
b0132817_2048093.jpg

b0132817_20414474.jpg
昼近くになってもうだいぶ霞んできてる様な。。。orz


メガネ岩と槍ヶ岳
b0132817_2043533.jpg
光線状態が厳しいので、どちらを潰すかの露出選択が難しい。。。

名付けて“二本槍”(そのまんまやし
b0132817_20492461.jpg


燕岳山頂から見た槍ヶ岳と表銀座の稜線
b0132817_20573569.jpg
子供がなんかポーズしてる様な。。。

夕暮れの槍ヶ岳
b0132817_2101883.jpg
もうすっかり雲がいっぱいに。。。


到着時間が11時近くだったので、ちょっと霞んだ槍ヶ岳ばっかりになっちまいました。
この日の早朝からいたら神風景だったろうなぁ。。。
まぁ、こればかりはしょうがないけど。


これからも周辺のいろんな山から槍ヶ岳を撮影したいわ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2009-09-23 21:12 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

北アルプスデビュー

21日に燕岳(つばくろだけ)に登ってきますた。

燕山荘から見た燕岳。
b0132817_11341314.jpg
DA16-45mm F4ED AL 分割測光 F11 1/200秒 ISO100 AWB RAW PPL
※写真はそれぞれ拡大できまつ

いやね、8月上旬に木曽駒ヶ岳を登って以来、日本アルプスの山風景の虜になっちまいましてね(笑)
この連休前半~中盤も天気が良かったので、結婚式後に行ってしまったワケで(´∀`)

難コースも無く、北アルプス入門の山として、眺めもよく、超人気(らしい)山なので、今回チャレンジして来たワケでありやす。
ただ、北アルプス3台急登と言われるらしく、まだまだ未熟な自分は途中からかなりバテバテ(苦笑

いやしかし、登った後のこの眺めにはかなり癒された次第。
b0132817_11421190.jpg


左端に槍ヶ岳、右側に水晶岳や野口五郎岳(かな?
b0132817_1155505.jpg


北アルプスの山々を目の前にする食事は最高のひとときやろうね。
b0132817_11492899.jpg


円盤の案内石碑と燕岳b0132817_1351878.jpg


こーいう記念写真撮影のマトにシャツなんか掛けないでほしいわ(゚Д゚)
b0132817_1361848.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

燕岳登山レポへ↓

登山の時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2009-09-23 13:07 | 山登り | Trackback | Comments(0)