タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北アルプス ( 59 ) タグの人気記事


2012年 08月 29日

やっぱり北アの夜は天の川♪

北アの山小屋に泊まって楽しみなのはやっぱり、満天の星空!ですね。

街並みのほとんど無い西側(山岳地帯)を向いている唐松岳頂上山荘からも素晴らしい星空を堪能できました♪
この日は19時頃には、ほとんどの人が眠りに付き、夜20時~21時頃はガスに巻かれて何にも見えない状態でしたが、0時頃に(他人のイビキに起こされ)外へ出てみると、月も沈んで雲が全くない満天の星空!

そして、天の川も肉眼でハッキリと見えました♪
b0132817_22532416.jpg
しかしAPS-C広角端16mmじゃまったく足りず・・・ 超広角ズームor魚眼レンズを持たない自分を悔みました・・・orz

唐松岳は小屋の明りに照らされてるような状態なので、長時間露光だとこんな感じ。
b0132817_22565069.jpg
追尾撮影のため、山体はブレて写ります。

横構図で(超広角が欲しい・・・
b0132817_23305151.jpg
夏の大三角ベガ・デネブ・アルタイルも肉眼でもよく見えましたよ(・∀・)

こんな星空が展開されてるのに、起きだして眺めに来る人はちらほらと数人。
三脚構えて気合入れて写真撮ってるのは、自分ひとり(/∀`)
みんな寝てる場合じゃねーぞ!モッタイナイ。。。

しかしPENTAXのO-GPS1にホント感謝です。
ちっちゃなGPSユニットをホットシューに付けるだけで星追尾をしてくれるなんて、装備を軽くする必要のある山登りで、重い赤道儀を持たずにここまで撮影のは大きなアドバンテージですね(´∀`)
あくまで簡易的な追尾システムなので、周辺の星は流れやすいですけども(苦笑)

よい時代になりましたねぇ。


つづけ!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM + O-GPS1(アストロトレーサー) + SLIK Travel Sprint GM

More その他写真

by pre-sspec | 2012-08-29 23:17 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 29日

唐松岳頂上山荘にて

1日目は唐松岳頂上山荘に宿泊です。
登山計画段階では、1日目で五竜山荘まで行けるかなぁと企てていたのですが、体力的に厳しかったです(まだまだやなぁ。
b0132817_08868.jpg
天気は絶好調とはいきませんでしたが、山荘前での暇つぶしの様子でもば^^;

山小屋から唐松岳へ通じるところから、不帰の嶮(かえらずのけん)
b0132817_025090.jpg
山小屋~頂上に着いた頃(11時台)はガスってて何にも見えなかったのですが、15時頃になって晴れました。
名前は物騒だけど、いつかはここを通過したいなぁ・・・

五竜岳はガスに巻かれたり晴れたりと忙しい。
b0132817_062339.jpg
こちらも15時頃になって晴れました。
唐松岳頂上に登るタイミングを完全に間違えたようです。orz

劔岳は夕暮れになってようやく顔を出してくれました。
b0132817_093934.jpg
やっぱ険しい劔岳は山のイケメンだな(違


もうちょっと登山レポネタ、引っ張ります^^;

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

More 続き

by pre-sspec | 2012-08-29 00:29 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 26日

唐松岳登山 八方尾根~唐松岳頂上山荘~唐松岳

24日金曜日に1日目の夏休みを取って、北アルプス登山してきました。
今回のお山は、初めてとなる後立山連峰の唐松岳五竜岳
b0132817_15555026.jpg

昨年ごろからこの2座を縦走してみたいなぁーと思いつつ、今回実施する運びとなりました(´∀`)

唐松岳は300名山、五竜岳は100名山
北アルプス好きとしては、どちらも登頂しておかねばと(笑)
何より眺めがよさそうですからね。

まずは唐松岳の登山レポからいきますよー♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

(続き)登山時系列レポはコチラ

by pre-sspec | 2012-08-26 16:21 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 19日

リベンジ達成!の常念岳 山頂編

蝶ヶ岳から縦走路を約4時間。
息を切らしながら、常念岳山頂(2857m、日本45位)に到着!
b0132817_21302441.jpg



昨年9月もこの山頂を踏んだばかりですが、その時は終始ガスに巻かれて、なーーーーーんも見えない状態でしたが、
今回は天候にも恵まれて無事に(常念岳山頂からの眺めを見るという上で)リベンジ達成!
b0132817_2053830.jpg
昨年はずーーーーっとこんな状態(苦笑)
眺めはまさに天国と地獄であります。


そんでもってお約束の歓喜のガッツポーズ(爆)
b0132817_21345660.jpg
山頂を踏んだ喜びよりも天気に恵まれた喜びであります(笑)
どんどん雲が増えてってましたけどね・・・。

山頂で1時間近くゆっくりした後は、前常念岳を経て三股登山口まで下山。
やはりというか途中で雷雨に見舞われ、樹林帯の中、雨に打たれながら、辛い下山となりました。
水も足りなくなるわ、途中2人しかすれ違わないわで延々と果てしなさを感じる4時間の道のりでした。。。^^;

次に常念岳や蝶ヶ岳登るなら、眺めの違う秋でしょうかね。


【反省点、備忘録】
・水が足りなくなった。蝶~常念~三股登山口は途中に補給ポイント一切ないから、最低2リットル以上は持とう。
・常念岳~三股は地獄の急登急降。ペンキ印激少。降りるのも辛し。樹林帯は泥濘地点多し。距離表示ポイントも1~2か所しか無し。
・常念岳山頂は蝶ヶ岳以上に超広角レンズ有ったほうが幸せになれそう。できれば10m台前半から。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

常念岳 山頂からの眺め More

by pre-sspec | 2011-07-19 22:03 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 18日

初縦走登山 蝶ヶ岳から常念岳へ

さて、今回は蝶ヶ岳から常念岳への初の縦走登山です(・∀・)
この縦走はかねてから憧れというか、難易度もそこまで高くない入門的縦走路らしいので、初縦走ならココと思っておりました。

蝶ヶ岳の瞑想の丘付近から見る常念岳です。
b0132817_2354243.jpg
あの常念岳を目指し、前常念岳を経て三股登山口へ降りる周回コースです。


今朝の槍・穂高連峰の眺めは絶好調!♪
b0132817_2383944.jpg
樹林帯以外はこの絶景を横目に縦走できます♪

このルートの最大の魅力はこの絶景ではないでしょーか(´∀`)

画像が多いので続きは↓↓で!

K-7 + DA16-50mm F2.8ED[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村

続き 目指せ常念岳!

by pre-sspec | 2011-07-18 00:01 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 16日

蝶ヶ岳からみる槍・穂高連峰 朝焼け編

北アルプスで迎える朝はやっぱりモルゲンロート(アルペングリューエンとも言う?どっち?^^;

山の山頂部分が朝日を浴びて、オレンジ色に染まる現象です。
天気に恵まれた日ならば拝んでおくべき絶景です。

というわけで、朝日に染まった槍ヶ岳・穂高連峰。
b0132817_15424289.jpg
うひょーーーーーーー!初めて見れましたわ(;´Д`)
太陽が顔を出してから僅か数分。時間との闘いであります。
山肌と山頂とのコントラストが素晴らしいです♪

この日は午前4:40~50頃が見頃でしたが、山小屋に泊っていた方々、ほぼ全員が起きだして、ご来光とモルゲンロートを堪能してました(´∀`)

2年前に燕岳行ったときは、ご来光は見れても槍のモルゲンロートは見れなかったので、
今回は見れて満足満足であります♪


K-7 + DA16-50mm F2.8ED[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

モルゲンロートの時系列画像

by pre-sspec | 2011-07-16 16:13 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 15日

蝶ヶ岳からみる槍・穂高連峰の超大絶景 その2 星空編

北アルプスに登って山小屋に泊り、夜することと言えばそう、星空を見る!撮る!これです。

標高2,500mを超えるところともなれば、下界の霞んだ空気の層の上にいることになり、
さらに槍・穂高連峰の先(つまり西側)は光害の原因となるような街も無いので、より綺麗な星空を見ることができます(´∀`)

夕食後の夕焼けは残念ながら、夕立後のガスに覆われたので断念。しばし仮眠というか就寝。
山小屋の夜は早く、夕食済んで18時19時ともなれば就寝モードに突入します。


でもって、日付が変わる頃、タイマーもセットしてないのに自然と起きだし(笑)、防寒対策をして外に出てみると、
雲ひとつない星空に回復してました♪
b0132817_031825.jpg
この日は残念なこと(?)に月が煌々と輝いていました(月齢9.8で満月の4日前)
穂高連峰の南西で後ろから輝いている形で星もあまり見えず、星を点像ではなく線で撮ることに気分を切り替え、
槍穂高は月明かりで写ってもらうことにしました。
まぁ、これはこれでいいんですが、月の位置が少々惜しかったなぁと^^;
しかし肉眼では見えなかった星もカメラはよく見えてるんですねぇ…


早めに撮影を切り上げ、また就寝。
んでもって今度は午前3時ごろにまた起きだし、撮影にチャレンジ(懲りねーナぉぃ)
b0132817_039054.jpg
今度は月も無事に沈んでくれてて、星も綺麗に見えました(゚∀゚)
自分のカメラの一つ後に出たノイズの少ないK-5が欲しい…^^;


午前3時台とはいえ、自分の背後(つまり東の空)は日の出で少しずつオレンジ色になりかけていたので、
槍穂高連峰も星は見えてるものの、その影響を受けます。
b0132817_043698.jpg
んが、それがまた山頂付近を微妙に染めてくれてイイ味を出してくれたように思います♪
この西の空に天の川でもいてくれたら最高でしたが、天文学的にはそんな暦では無かった模様^^;
(斜め横に走ってる赤い線はヒコーキの光跡です)


やっぱ星撮るならK-5が欲しくなるなぁ…^^;
最近はGPSと手ブレ補正機能を利用した星を追尾してくれるユニットも発売されたし、K-7で星を撮っても虚しい気がする^^;
それにノイズリダクションオフにしても、長時間露光すると勝手にノイズリダクションして、
RAW限定でも書き込み時間が長くなるので、合成による星の光跡写真も作りにくいんですよねぇ…


つづけ!

K-7 + DA16-50mm F2.8ED[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2011-07-15 00:54 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 14日

蝶ヶ岳からみる槍・穂高連峰の超大絶景 その1

今回は登山者の中では有名(らしい)な蝶ヶ岳からの槍ヶ岳・穂高連峰の大絶景をレポします。

この北アルプス南部にある槍ヶ岳・穂高連峰は、日本に21座ある3,000m級の山のうち、実に8座も集中しています。
その山々が一目で、ほぼ真正面という感じで、どどーーーーんと眺められるのが、この蝶ヶ岳なのであります。
b0132817_039126.jpg
この大絶景、自分が山登りを始めるきっかけの一つになったものであります。
昨年の北ア登山はすべて天気に泣かされたので、この残雪具合といい、雲の具合といい、理想的な景色を目の前にしてただただ感動するばかりです(感涙)
一心不乱にシャッターを切りまくります。


というわけで、歓喜の一コマ(爆)
b0132817_0431873.jpg
ずっと眺めていても全然飽きることが無い絶景とはまさにこのこと♪
聞こえるのは遥か下の沢のかすかな音だけ。人も少なく、とても静かでのんびりとした時間が流れています。
下界での嫌なこと辛いことなどもしばし忘れさせてくれます♪
北アルプスの山岳絶景に惹かれて登山を始めた者にとって、これほど至福な一時はありません♪


蝶ヶ岳山頂は平べったいというか、なだらかな山稜で、明確にとんがったピークはありません。
b0132817_0521874.jpg



槍ヶ岳と大喰岳、中岳部分をズーム。
b0132817_049527.jpg
槍ヶ岳登山はまだまだアイゼンとかの装備が必要そうですね。

どどーんと穂高連峰。
b0132817_0582660.jpg

一番右の北穂高岳は昨年登った山(天気最悪でしたが・・・)
ここも涸沢カールから先は雪山登山装備が必要っぽいですね。


高山植物と一緒に撮ってみる。
b0132817_0592819.jpg



お昼過ぎ14時ごろにもなれば、どどーんと積乱雲が姿を現しだします。
b0132817_104652.jpg
雲が頻繁に槍穂にかかり、太陽光もトップライトから逆光気味にしだいになり視界も悪くなってきました。
もちろん、この蝶ヶ岳も激しい滝のような雷雨に見舞われ、しばし山小屋に避難。

18時前頃に山小屋の夕食が終わり外に出てみると、雨上がりのまた味のある景色がっ♪
b0132817_154350.jpg
ガスの流れが激しくて、すぐにまた見えなくなりました。
夕焼けの写真も撮りたかったのですが、残念ながら雲隠れorz

しかし昨年常念岳に登った時は、雨こそ降らないもののひたすらガスに包まれていたのに、
なんでこの日は頻繁にガスが取れては視界が開けてくれたんだろう?
山の天気は奥が深いですね。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

その他、槍穂高の絶景写真もろもろ

by pre-sspec | 2011-07-14 01:22 | 山登り | Trackback | Comments(8)
2011年 07月 13日

蝶ヶ岳登山 三股~蝶ヶ岳ヒュッテ編

梅雨が明け、早速登山してきました♪

今回は北アルプスの蝶ヶ岳。
100名山でも200名山でもない山ですが、山頂からの眺めが神のごとく素晴らしい山です。

今回はちょっと訳あって登山者の少ない平日に実行することができました。
ウサ晴らしをかねてです(謎)

朝5時前、登山口の三股駐車場に到着。
平日なのでさすがにガラガラ♪
b0132817_19462950.jpg
なんと!先客に同じプレリュードが停まってました。
ベッタリ隣だとお互いに荷物の出し入れがし難くなるので、ひとつ空けて駐車(笑)

準備して、午前5時ちょうどごろ、出発。
10分後に登山口に到着。
b0132817_1949532.jpg
登山届を出して出発です。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

登山レポの続きはこちら

by pre-sspec | 2011-07-13 20:42 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 23日

常念岳登山 常念乗越~山頂 編

前回の続きで、今回は常念乗越から常念岳山頂を目指します。

常念乗越から見る常念岳。
b0132817_20582596.jpg
ここから見えるてっぺんは実は山頂ではないです。もうちょっと奥に山頂はあります。
標準コースタイム1時間程度だからといって軽く考えると痛い目に遭います(自分がそうでした;ノ∀`)

休憩してから登り始めると青空が見えていた天気から一転、雲が麓からどんどん流れこんできて、眺めが急速に悪化orz

登山道の途中から槍ヶ岳。
雲がかかり続ける中、ほんの一瞬見えたこの日最後の槍の穂先。
b0132817_20541479.jpg
で、すぐに見えなくなりました
b0132817_21393677.jpg
北鎌尾根辺りはまだ晴れで輝いてるのに…


登山道の様子(写真は下りの時)
b0132817_219356.jpg
ひたすらガレ場の道です。
ペンキ印はあるものの、たまにどこを歩いていいのか分からなくなります(未熟者)

山頂への道は予想以上にきつく、一の沢から登ってきた自分に山頂へ1時間程度で到着できる体力はすでになく、
結局、常念乗越から1時間半かかる始末(苦笑)

途中、後ろから追いついてきたオバちゃんが
「この道、絶対1時間じゃ登れないわよネー。今まで1時間で登れた試しなんかないもの」
と言っていたので、ちょっと安心。

やっぱそうだよなー。
宿泊した後の朝イチで、荷物を小屋に置いた身軽の状態なら行けそうだけど。。。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED SDM
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

(続き)でもって、山頂の様子はというと・・・

by pre-sspec | 2010-09-23 21:40 | 山登り | Trackback | Comments(2)