タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:北アルプス ( 59 ) タグの人気記事


2013年 10月 05日

歓喜の絶景 北穂高岳山頂

大キレット踏破の翌日、登山最終日の9/23は北穂高岳山頂は絶好の天気に恵まれました。

前夜の北穂高小屋は通路で人が寝るくらいのとてつもない超混雑で熱気で暑く、眠れない人も続出でした。自分も落ちることができたのは1時間ちょっとかなー。
b0132817_1956469.jpg
そうそう、この景色が見たかったのダ!!
キレットの稜線を境に太陽に照らされてる長野県側と影になっている岐阜県側のコントラストが素晴らしいです♪
前回、3年前に来た時は視界数メートルだっただけに絶景を見るリベンジは達成できたと思います(´∀`)

定番中の定番な北穂高岳から見る槍ヶ岳~大キレットだけど、いざ撮影してみると構図スゲー難しいです。
b0132817_1135868.jpg
実はよく見ると、すでに大キレットを歩いている人が見えました。
この切り立った稜線を歩いてきたんだなぁーと思うと、この景色はより達成感が湧きます。

小屋脇で歓喜のガッツポーズ。
b0132817_2001634.jpg
仲間と交代で後ろ姿を撮っては、撮ってもらいました(ノ∀`)
みんな子供のようにはしゃぎまくりです^^;


念願の北穂高岳山頂の絶景を見れて余は満足ぢゃ( ̄ー ̄)
だけどこの景色はいくら見ても飽きることはないので、またこの頂に来ると思います。
次は残雪がもうちょっと残って月明かりのない時に・・・^^;

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM ※ほとんど手持ち
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-10-05 20:29 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 02日

北アルプスの難所 大キレット踏破レポ

北アルプスでは難所とよばれる有名な登山路がいくつかあります。
不帰ノ險や八峰キレット、剱岳北方稜線、北穂高~涸沢岳、奥穂高~西穂高岳、槍ヶ岳北鎌尾根などなど。
その中でも特に有名で(簡単かもしれない)メジャーな大キレット
写真は大キレットの展望台、南岳小屋近くの獅子鼻岩からの眺めです。
b0132817_2132280.jpg
本当は今回の山行ではここを通る予定は無かったのです。
南岳まで登頂したら、少し戻って天狗原経由で槍沢を下って帰ろうと思ってました。
もちろんいつかは大キレットを踏破したいと思っていましたし、あわよくば・・・とも思っていました。

しかし、いくら単独行が中心の私でも大キレットとなるとさすがに初めは経験者と同行したいという不安^^;
前回レポで南岳小屋までレポしましたが、直前まで悩んでおりました。
せっかく知り合い仲良くなった山仲間。この楽しい人たちともう少し山行を楽しみたい。大キレットも通過してみたいと思っていた。幸い日程と山小屋にもう1泊するだけの予算は持ってきてある。天気もいい。
よく考えてみよう。日本で最も険しい山々が連なる北アルプスの難所つったらそれはつまり日本でもトップクラスに難しい登山道ということじゃないか。
これはきっとこれからの登山人生で自信になるはずだ。


大キレット、逝き行きます!


決断して、そう仲間に伝え同行することになりました(ノ∀`)

歓迎されました(笑)

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

続き 大キレット踏破 時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2013-10-02 22:51 | 山登り | Trackback | Comments(6)
2013年 10月 01日

槍ヶ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳縦走

槍ヶ岳山荘に宿泊し、本日はまず槍ヶ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳と3,000m峰3座を縦走します。

本当はこのレポの前に槍ヶ岳山荘で見る夕暮れや星空、ご来光をレポする予定でしたが、それを記録したメモリーカード8GB1枚が死んでしまい、読み出せなくなってしまいました(ショック死)
メモリーカードの分散化には努めてますが、まさかこんな時に・・・(凹)

まずは昨日昼間に登った大喰岳、本日は通過です。
b0132817_23412866.jpg
相変わらずここから見る槍ヶ岳はイケメンです(違)

さて、この時点で共に行動する仲間が2人増えてました(ドラクエか?)

どちらも女性で自分よりはいくつか年上。うち、一人は昨日も槍ヶ岳山荘前のテラスで少しばかり山について語ったばかりでした。
この日も偶然、山荘出発前でバッタリ会い、(予定していた)途中まで一緒に歩くことになりました。
お二人とも面白く楽しい方で、自分よりずっと山経験は豊富で、雑誌とかでは得られない情報などバンバン教えてくれます。
うーむ・・・勉強になるなぁ(たじたじ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-10-01 00:08 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 29日

槍ヶ岳の展望台 大喰岳

今回の槍ヶ岳登山に際して、もう一つ重要な目的地がありました。
それは槍ヶ岳を眺めるには絶好と言われる展望台的山、大喰岳(おおばみだけ)です。
その標高は3101mで、何げに日本で10番目に高い山だったりします。

槍ヶ岳山頂に登ったあと、少し休憩して山荘から下って登って約30分ほど。
広ーい山頂ではこんな絶景が^^
b0132817_1345646.jpg
この眺めは登山を始める前後から憧れた景色でした。
当時はこの地に立てる奴はいったいどんな猛者なんだろうとか思っていましたが・・・^^;
槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘、それに通じる登山道、すべてが画になりますね。
最悪、槍ヶ岳山頂からの眺めはガスっててもここからの眺めだけは絶対写真に収めときたいと思っていました。

槍ヶ岳本峰は人でいっぱいでもここは常にガラガラ。しばしこの風景を独占することができました(´∀`)
b0132817_1374552.jpg


C-PLフィルターで青空を強調することも忘れずに(笑)
ちゃんと三脚立ててISO下げて、セルフタイマーで撮影して、フォーカスもマニュアルにして失敗しないように集中して撮影します(必死)
b0132817_1310344.jpg
右下には燕岳も綺麗に見えております。

実は大喰岳へ登る途中の登山道からもかなり絶景だったりします。
飛騨乗超からのアップダウンの高度感が強調されて、結構いい画になってくれます^^
b0132817_13122115.jpg


ここは1日中いてもいいですね。
朝昼夕晩それぞれでいつでもいい眺めが見れ、いい写真が撮れそうです。

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-09-29 13:19 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 27日

絶壁の槍ヶ岳山頂アタック!と槍ヶ岳山頂からの眺め

さてさて、槍ヶ岳山荘に到着したあとは、ひとまず宿泊の手続きをとって荷物を寝るとこへ移動(無事に端っこゲット)
一息ついてから、最低限の水分とカメラを持って槍ヶ岳山頂へアタックです。
b0132817_2228745.jpg

渋滞が心配でしたが、連休初日の朝10時頃はまだ人も少ないです。

西鎌尾根方面への分岐。素晴らしい!
b0132817_2237621.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

山頂アタックと山頂景色の詳細レポはコチラ

by pre-sspec | 2013-09-27 23:24 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 26日

槍ヶ岳登山 上高地~槍沢ロッヂ~槍ヶ岳山荘編

この度、念願の槍ヶ岳登山を果たしてきました。
ちょっと長めに(笑)なりますが、レポートしてきたいと思います。
b0132817_22472452.jpg

今年は北岳登るぞ!槍ヶ岳は厳しいか・・・
とか言っておきながら結局、槍ヶ岳へ行くことに(笑)


この連休ですが、アルプスに行った方はご存知のとおり、ずっと好天に恵まれ続けました^^
なんというかまだお山気分が離れず、余韻に浸っております(笑)
理想の風景がいろいろと見れましたが、メモリカードのエラーで撮った写真の一部(槍ヶ岳山荘からの夕暮れとご来光)が見れない事態になり、凹んでもいますorz

さてさて、では続きをいつものように時系列で(笑)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

レポの続きはこちら

by pre-sspec | 2013-09-26 23:39 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 16日

2回目の燕岳登山

3連休の土日、4年ぶり2回目の燕岳へ登山してきました。
b0132817_1311137.jpg

台風が近づいていましたが土曜日だけは雲が多くともなんとか天気は持ってくれました。
合戦小屋あたりまではガスに包まれてましたが、稜線上は晴れで11時くらいまでは綺麗に晴れ。そのあとはほとんどの時間でガス。
前回登ったときは、自分はまだ登山を始めたばかりで適正な装備の量とかも分からず、余計に持ちすぎて途中何度も立ち止まるくらいにバテバテでしたが^^;、今回は多少の余力を残して登ることができました^^;


いつもアルプス登山は単独行なのですが、今回は初めて北アルプス登る山仲間と行きました。
燕山荘前の稜線に着いた途端に広がる北アルプスの絶景に、感動の涙を流していました(分かるわかる^^;)
b0132817_1325791.jpg
綺麗に晴れ渡った風景を見れたのはわずかな時間でしたが、十分感動していました^^

しかしこの日は連休とあってかなりの人出でした。
中房温泉登山口の3つある駐車場は午前3時頃来た時点で既に満車。有明荘から少し降りた所の路肩へクルマをねじ込み駐車。
登山口から序盤の登りは渋滞するし、翌日の帰りも第1ベンチから登山口までのラスト半分位は渋滞。初日に降りてきたオッチャンは切れ目なく登ってくるので「仮想富士山だ」とボヤいていました^^;
燕山荘も大混雑で食事は4回転。寝るスペースは2人で1畳。でしたが、自分らが寝た区画は隣の1畳が幸いにも空いてくれました^^
小学生の集団が異様に多かった(騒がしいし)し、いかにもな山ガール(笑)も4年前に来た時よりかなり増えてたような・・・^^;


今度は残雪をいっぱいかぶった7月頃に登ろうと思います。
というか今年もそれを狙っていたのですが天気の関係もあって実行に踏み切れませんでした^^;
まだ朝の綺麗な斜光の景色を見ていないので、翌日も晴れの日を狙わないと・・・。

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-09-16 14:05 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 02日

五竜岳山頂からの大大大絶景♪

8月25日9時15分頃、唐松岳頂上山頂から約3時間で無事に五竜岳の頂きに立つことができました。

五竜岳山頂からの景色って、ガイドブックとかにもあまり載らないから、どんな光景が広がっているか未知数だったんですよね。
鹿島槍ヶ岳と剱岳は見えるだろうという想像くらいで・・・

いざ、山頂に立ってみるとそこには想像を絶する感動大絶景が広がっていました・・・。

鹿島槍ヶ岳とアルプスの山並み。空はもう秋の気配が^^
b0132817_2264029.jpg


剱岳とヒコーキ雲、巻雲がイイ感じに出てくれました。
あの長い雪渓は長次郎谷かな?しかし8月下旬なのに雪多いなぁ・・・
b0132817_2264662.jpg
先日買ったばかりのC-PLフィルターも威力を発揮してくれました♪
(天気がいいとはいえ、やはりブレが・・・ 三脚をザックと一緒に置いてきたのが最大の反省点・・・orz)

唐松岳と白馬三山方面。
出発点の唐松岳を見下ろす感じです。ここまで来た稜線の道がよくわかります。
b0132817_226521.jpg


どどーんと鹿島槍ヶ岳。
このきれいな双耳峰の頂きにも来年(か再来年)くらいには立ってみたい^^♪
b0132817_22472342.jpg


鹿島槍と剱岳をパノラマ合成。
標準レンズじゃ鹿島槍ヶ岳と剱岳がうまく入りきらない・・・orz
b0132817_2271444.jpg
(あ、写真はどれも拡大できます)

山頂にいた周りの登山者もみんな笑顔があふれて大満足の様子。
自分も一心不乱にシャッターを切りまくりでした。
b0132817_2302865.jpg
b0132817_22411287.jpg

こうした大絶景こそ北アルプスの醍醐味。
下界では絶対に味わえない、頑張って登ってきたからそこ味わえる大絶景と達成感、爽快感がここにアリ。

だから北ア登山はやめられない♪(まだまだ始めたばっかの新参だけど・・・^^;)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

by pre-sspec | 2012-09-02 22:55 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 01日

唐松岳から五竜岳縦走 山頂まで編

さてさて、いよいよこっからは今回の登山メインディッシュ?の唐松岳から五竜岳への縦走レポです。
b0132817_21453591.jpg

自分の直前まで体力具合を考慮とあのやたら遠くに見える五竜岳の姿を前にして、縦走するかそのまま八方尾根を降りてしまうか悩んでいたのですが、
かねてから縦走してみたかったとこだし、ここまで来て中止にできるかって思いが強かったので、縦走を決断しました。
天気が悪かったら間違いなく中止していましたが^^;

ルートは(と言っても一本しかありませんが)唐松岳頂上山荘~(牛首)~(大黒岳)~五竜山荘~五竜岳~五竜山荘~白岳~(遠見尾根)~アルプス平~白馬五竜スキー場~(バス)~八方尾根ゴンドラ駐車場
クルマは八方尾根の駐車場に止めてるし、遠見尾根で下山したらバスとか公共交通で戻らないといけないので、五竜岳を登ったらまた唐松岳方面に戻ろうとも考えましたが、五竜岳までの道中、牛首の険しいルートを見て、これを登り返すのは無理だと早々に判断^^;
コースタイム的にも八方尾根ゴンドラの最終便には間に合いそうもなかったので、遠見尾根で下山しました。

ではあの五竜岳に向かってレッツゴー♪
(あっ、写真はかなり大量にありますのでその点、ご覚悟、ご了承を^^;)

More 登山レポはこちら

by pre-sspec | 2012-09-01 22:54 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 31日

モルゲンロートの五竜岳と劔岳

天の川の次は朝焼けです。
これも天気の良い朝は欠かせないですね。

山小屋の朝は早く、午前4時ごろにもなるとゴソゴソと起きだす人が出始めます。
みんなご来光を見たいんですねぇ。

唐松岳ではヘッドライトを持って山頂までご来光を見に行く人もあり、山荘上の高台で見る人もおり・・・
自分はご来光よりもモルゲンロート派なので、山荘近くの平たんな所で撮影に徹していました^^;
縦走の体力を温存したいのもあるので(ヘタレ


・・・というわけで、五竜岳の山頂が赤く染まります。
b0132817_0405190.jpg
五竜岳は唐松岳頂上や山荘近くの危険な牛首の尾根からのほうが山体が綺麗に見えるのですが、今回は妥協(苦笑)

劔岳・立山連峰も朝はバッチリ見えます♪
b0132817_0422672.jpg


劔岳と五竜岳を一緒に。
広角側が足りないーーーー(泣)
b0132817_0431415.jpg


朝日に照らされる唐松岳はこんな感じ(山荘前から)
b0132817_0434224.jpg
直後の朝5時半からは朝食なので、ここで一旦山小屋へ戻って朝飯をパクつきます(写真撮り忘れた・・・)
ささっとパッキングしてストレッチして準備します。

さて、次はいよいよ縦走レポいきます(´∀`)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM + SLIK Travel Sprint GM

More

by pre-sspec | 2012-08-31 00:52 | 山登り | Trackback | Comments(0)