タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ドライブ ( 70 ) タグの人気記事


2017年 07月 16日

道東でBe a driverを楽しんできた話

でっかいどうレポ番外編(笑)
北海道旅行には欠かせないレンタカー。
楽しいドライブ旅行にはレンタカーの車種もわりと重要なファクターだと思います。


  • 【長い前置き】(笑)
今回、JALの特典航空券利用だったので(?)レンタカーの予約もJALサイトから提携レンタカー会社を利用するとかたちで予約しました。
普段あまりレンタカーを利用しないので安ければどこでもよかったのですが、キャンペーンやらで安く借りれそうなタイムズカーレンタルを選択してみました。


車種・クラスはとりあえずコンパクトカーのC1Gクラスをチョイス。
このクラスだとソリオかデミオかノートかフィットかヴィッツになります。
予約時点では車種は選べません。

自分的にはデミオかフィット、ノートがいいなーと思ってました。
正規料金は6,048円/24hですけどキャンペーンやらで4,025円/日+免責補償1,080円/日☓4日間になりました
まだ6月だったのでキャンペーンが効いたのかもしれません。
7〜8月の北海道夏季料金だと通常利用金+1,900円/日だそうです。



女満別空港に到着後、タイムズカーレンタルのカウンターへ。
係員に営業所へ送迎され、手続きをしてクルマを借ります。
伝票を見ると、、、

んん??
アクセラスポーツ1500!?


 
そうです!
なんと今回!
私が以前から次の愛車にしたいなぁ〜と思っていた
アクセラスポーツがレンタカーになりました!
b0132817_21195678.jpg
マジでびっくりサプライズでした。

料金的に2クラス上のクルマです。
店員さんに(ハイテンション)で聞いてみたら、たまたま車両に余裕があった(余ってる)からだと\(^o^)/

しかしもまだ走行800km程度の車内に新車のニオイが残ってる状態
北海道のレンタカーだから年式の割にどんだけ過走行なんだろうと予想していたらこれも拍子抜け(笑)
ありがとう!タイムズカーレンタル女満別空港店様々。
もしこれがヴィ◯ツやソ◯オだったらテンション急降下で暴れてたかもしれないw


ということで今回は北海道・道東ドライブをアクセラで楽しんだインプレ&試乗レポートをば(笑)


  • 【レンタカー諸元】
今回貸してくれたアクセラスポーツは1500ccのガソリン車。
グレードは下から2つ目の15SのFF車6ATでMOPはLEDパッケージ。
DOPのバックカメラも付いて良心的(笑)
さすがに正規料金でプラス2,000円/日の1.5ディーゼルを貸すのは無理だったみたい^^;
b0132817_21424956.jpg
アクセラスポーツ15S

色はディープクリスタルブルーマイカ。物凄く濃い青ですね。
ちなみにタイムズカーレンタルではこの色のアクセラが殆どだったように思います。キズが見つけやすいから?
b0132817_21481239.jpg
しかし青空の下じゃないとほとんど青に見えないですな。
曇り空や雨、夜間ではほぼくすんだ紺色か黒にしか見えない^^;
タイヤは205/50R16で純正装着のBSのトランザER33履いてました。
自分のフィットRSも以前は同じタイヤ履いてましたけど、同じタイヤと思えないくらい食いつきも乗り心地も良かった。なぜ?^^;
b0132817_21493330.jpg
しかしアクセラは上級グレードの18インチのほうが似合いますね。
16インチの60タイヤだとどうしても小さくダサく見える…。
けれども乗り心地はとても良かったですね。ロードノイズとかも全然気になりませんでしたよ。
北海道の舗装は柔らかいみたいなことを聞いたことがありますがそのせい?



  • 【運転がめちゃくちゃ楽しい!】
b0132817_21561673.jpg
ええ、コイツは本当に運転が楽しかったです。
ああ〜快適で楽しい運転とはこういうことだったのかというくらい。

実は1年ほど前にもマイナーチェンジ直後のディーゼル車の15XDを試乗したことはあるのですが、住宅街の街乗りだったので車の性能についてはあまり強烈な印象は残らなかったんですよね^^;

なにしろ直進安定性がとても高い!
ついでに峠道でも驚くほどにグイグイよく曲がる!
例えばアクセルONかOFFか迷うようなコーナーでアクセルONしても素直に思い通りに曲がっていきます。
軽いエンジンの割に高いボディ剛性も効いているのか…。

しばらく乗って気がついたのですが、直進でもコーナーでも修正舵がとても少なくて済むのです。
これは昨年から搭載されたGVC(G-ベクタリングコントロール)というやつが効いてるのでしょうね。

ドライビングポジションも逸脱で目線の位置や両足の置き方もとてもドライブしやすい姿勢を取ることができるのです。
そのせいか1500ccのガソリン車にしてはとても運転がラクでロングドライブでも思ったほど疲れなかった印象です。
体感するにはとても難しい機能と思ってましたけど、この道東ドライブではとても体感できました。
その機能があるのを知っているから分かるだけかもしれませんが^^;


  • 【エンジンはとても非力】
このアクセラの惜しい所は1,280kg(AT車)の車重で1500ccのガソリンエンジンという所。
うちのGE8フィットRSも同じガソリン1500cc。しかも車重は200kg以上も軽いです。
そういえば前に乗っていたBB6プレリュードSspecは2156ccでこのアクセラとほぼ同じ車重だったぞ^^;
b0132817_22133706.jpg
そういうわけで、特に峠道の登りはとても非力さ&トルク不足を感じました。
ATがキックダウンしない程度にパーシャルを保ってアクセルを踏んでると驚くほど加速しません&登りません…。。
帰ってからフィットに乗ってあまりの軽やかな加速にびっくりしました。う
ちのフィットこんなにピュンピュン加速するヤツだっけ?と^^;

中間加速やエンジンの吹け上がりもフィットRSのほうが分があるかな?
カタログスペックだけを見れば馬力もトルクもフィットRSのL15Aのほうがやや上回ってます。
登り坂も楽に巡航したいならディーゼルエンジン車を選ぶべきなんでしょうねやっぱり。
b0132817_22173315.jpg
ただ、ペースの速い北海道の平坦な直線道路で流れに乗る程度(意味深)の速度を保つのは全然余裕であります。
登り坂でのATのシフトチェンジも若干クセがあるようで、勾配が終わるまでひたすら引っ張る感じですね。
変速レスポンスはいいと思います。トルコンATはというか一昔以上前の物しか知らないもので^^;
b0132817_22202770.jpg
下り坂でシフトダウンする時に3速と2速のギア比がちょっと開いてるのか、
3→2速にダウンした時にエンジンが唸りを上げるのに何度かビックリ^^;


アクセラが1500ccになったのも税金や売れ行き諸々を考慮した結果だと思います。
日本の悪しき自動車税制がなければアクセラのみならず他の車ももっと力のあるエンジンを持てるだろうに…。

燃費はわりとよかったですね。
信号のない直線道路だらけの北海道の道ですが、概ね18~20km/Lでした。
飛ばしすぎ?(逃)



  • 【評判悪い通りのマツコネちゃん】
ネットでひたすら評判の悪いマツダコネクトことマツコネ(逆じゃないか?)
欲しいと思ってるクルマなのでその悪評は否応なしに入ってきます^^;
レンタカーだしあまり機能は深く使い込みませんでしたしマニュアルも見てませんけど、やはり気になる所いろいろ。
特に地図表示に注文がありますね。
b0132817_22214043.jpg
たとえばこの画像、知床横断道路って文字が2箇所に表示されてますよね。
ナビで地図案内をさせれば上の赤枠内は案内表示とかになるんですけど、普段はどちらかを現在の市町村名とかにしてほしいですね(出来るのかな?)
そしてこの地図のチープさ。
b0132817_22292571.jpg
いったいいつの時代のナビだよと。2000年代初頭か90年代後半のCDナビかよと。
これでも実はアップデートによりかなり改善された方らしいのですが…^^;
私もそうですが普段、カロッツェリアのナビ等を使ってる人間からすると地図がチープで見にくいことに閉口します。
コンビニやガソリンスタンドなどのお気に入り表示も随分制限されてる感じ。
これのせいで最近のマツダ車を敬遠してる人も相当にいるでしょうね。
クルマ本体の出来が良いからカーナビ&オーディオが自由に選べる仕様なら相当売れそうなのに。
とりあえず地図ソフトだけでもインクリメントPから仕入れてくださいマツダさん。。。

シフトレバーとコマンダーコントロール周り。
b0132817_22353938.jpg
これもマツダコネクトのシステムの一部ですが、これはソフトウェアと違い、なかなかいい出来ですね。
手元を見ずにフリーハンドで使える操作感やポジショニングも絶妙。質感もなかなかでしたよ。
個人的にはサイドブレーキレバーが邪魔に感じてしまいましたが^^;
あとマツダはATのマニュアルモードで上がダウン、下がアップになってるのがいいですね。

ドリンクホルダーなど収納類は少なくてちょっと物足りないですね。
今乗ってるフィットが充実しすぎてるからそう感じるのか^^;

荷室の広さは十分。
後席を倒せば182cmの自分が身体を斜めにしてギリ寝られるくらい…。
快適に感じるにはちょっとキビシイですけど…。


あと、サングラスホルダーが装備されてるのがいいですね。
これはホンダ車だとこのCセグメントクラスのクルマにはまず装備されないと思います。
b0132817_22402168.jpg
しかしながらホルダーが小さすぎる!
なんと!オークリーのスポーツサングラス(ハーフジャケット2.0)が入らない!
残念!!(死語)


とまぁ、いろいろ書きましたけどこんな感じで道東4日間で約1100kmを走り回りアクセラを楽しませてもらいました。
b0132817_22452280.jpg
借りた時860km程度だったのに^^;


マツコネの残念さはありますけど、
それよりも運転の楽しさが上回り、デザインもいいしますます欲しくなりました。
天気が悪い日でもアクセラのおかげで救われた気持ちであります。
b0132817_22441304.jpg
ガソリン車が1500ccしかないのが惜しすぎますね。
2000ccも過去にありましたけどマイナーチェンジ前のものとなると、
MC後が気になるところが改善されていたりするのでちょっと物足りない^^;
ディーゼル車もAWDになるとお高いし、う〜ん…。


本当に次の愛車がアクセラになるのか別のクルマになるのか、果たして^^;

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-16 23:00 | クルマ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 06日

ぶらり知床観光 その1

北海道4日め最終日は知床観光メインで行きました。

まずはバビューンとレンタカーを走らせて知床横断道路で知床峠です。
b0132817_22444380.jpg
知床峠から羅臼岳

う〜む、ついに俺も知床の地を踏む時が来たかと思うと感慨深かったです^^;
なんというか世界遺産にもなった知床国立公園のエリアは日本国内でも別格な意識がありましたので。


羅臼岳登山という手もあったのですが、
まだ登山道には雪渓が残っており、初めて登るにはまだ厳しい時期(要アイゼン、ピッケル)だったので断念しました。

クソッ、羅臼岳よ、
次ここに来る時はお前のてっぺんに登ってやる!(奮起)
b0132817_22475104.jpg
駐車場はトイレのみ

北海道の観光地の駐車場もレンタカーを中心にいろんな地域のナンバーがいますけど、
ここ知床で函館ナンバーのレンタカー見た時はちょっと心配になりました。
無事に期間内に帰れるのかと^^;
札幌ナンバーのレンタカーは番号が枯渇してるのか「わ」より「れ」のほうがよく見る気がします。


駐車場に一角にはニコン砲やキヤノン砲のカメラの砲列が。
b0132817_22584916.jpg
クマでもいるのかなと思ったら野鳥屋さんだそうです。

羅臼岳ズームアップ
b0132817_23104055.jpg
これに限らず辺りをよく目を凝らして見回しましたけど、クマちゃんらしき姿は見当たらず…^^;

b0132817_23070185.jpg
羅臼側はセオリー通り?霧に包まれてます。


知床峠からちょっと進んだところ。
b0132817_22595566.jpg
雲海の向こうに見えてるのは、北方領土の国後島の山々です。
左遥か奥には国後富士こと爺爺岳が微かに見えます。
なかなかの壮大な景色です。
(カメラの露出ミスって白飛びさせまくってしまった…)

知床横断道路は羅臼までは降りずに引き返して、知床五湖方面へ向かいました。
b0132817_23144208.jpg
正面はオホーツク海

つづけ!

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-06 23:16 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

斜里町の天に続く道 

北海道最終日(6/18)です。

前夜は斜里町のキャンプ場でテント泊しましたけども、
悪魔の海霧によって星空を見ることができませんでしたorz
これが今回の北海道旅でかなり悔いです。


気を取り直して、最終日は知床観光でもしようと思い、知床半島へ。
斜里町の知床国道を知床方面へ走るとやたらとまっすぐな道があります。
途中で国道は左に曲がりますけど、ストレートの坂道がずっと続くのですぐに分かります。
b0132817_22261763.jpg
天に続く道

まっぷるとかにも載ってるスポットです。
約18kmくらいまっすぐな道が続くそうです(若干ウネッてますが気にしないw)
地平線まで続くように見えて、撮り方によってはその名の通り天に続く道のよう^^
b0132817_22270787.jpg
横構図

写真の奥は西の方角を見ているので午前中が順光。
ちょうどこの時間帯(朝7時頃)はちょうど太陽を背にしていました。
逆に道路の延長線上に太陽が沈む間際って構図も面白いかも?
レンズはもちろん望遠がオススメ。


道路のど真ん中で堂々と撮ってますけど、
この辺りにいた約20分間、クルマなんて全く来ず^^;
寝転んで撮影してもいいくらい

道路の脇に数台分の駐車スペースの他、ご丁寧に展望台まであります。

展望台から。
b0132817_22314821.jpg
う〜〜ん、この眺めじゃ天に続く感はイマイチだな^^;


実際にはこの展望スポットから、もうちょっと坂を登ったストレートの突き当りからの眺めがさらに良かったりします。
b0132817_22342955.jpg
こっちのほうがアップダウンも重なってジェットコースター感があります♪
b0132817_22351850.jpg
ここにいてもまたクルマなんて来やしません。
畑が近いのでちょっと虫は多め^^;


この界隈はこうしたどこまでも続くストレートな道はいくらでもあります。
が、アップダウンがあって地平線へ続く感じで見栄えがイイので
北海道のストレートな道を味わうにはもってこいと思います。
b0132817_22400744.jpg



K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-04 22:48 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

開陽台とミルクロード

納沙布岬を観光して根室市内で腹ごしらえした後は
中標津の開陽台へ行ってみることにしました。

根室からおよそ90km。案外近いです。
それまでの道もまた道東らしい一直線の道のオンパレードです。
ひたすら牧場&畑地帯を行きます。
b0132817_21580594.jpg
開陽台の入口付近にあるミルクロード
b0132817_22080548.jpg
タクシーが3台連なって。。。観光客?

b0132817_21582789.jpg
まっぷるとかるるぶにも載ってる名所らしいです。
クルマやバイクを停めるスペースも僅かながらあります。


開陽台の展望台。
b0132817_21571236.jpg
天気が(泣)

b0132817_21594285.jpg
観光バスで団体が来てました。
360度地平線が見られます。
b0132817_22001828.jpg
反対側。ここでテント泊が出来るとか出来ないとか。
晴れた夜空は星空がすごそう(今日はムリ)

展望施設内の売店ではちみつソフトクリームをいただく。
b0132817_22140410.jpg
アイス食べるような気温じゃなかったですが(笑)

b0132817_22012116.jpg
周りは牧場地帯。
b0132817_22020052.jpg
b0132817_22022909.jpg
牛A「オラッ、ポーズ取ってやったぞ。カッコよく撮れよ?」
b0132817_22031137.jpg
牛B「なんや?俺らを撮って何が楽しいん?」


天気には恵まれなかったけど、晴れた日はココで星空を撮ってみたいですね。。
日中晴れてても夜は晴れるか分からないのが難しい…。


明日(土)の天気は晴れが予想されたので、雌阿寒岳登山をすべく阿寒湖畔のキャンプ場を目指しました。
b0132817_22035348.jpg
まぁ、阿寒湖畔は雨だったんですけどね(泣)
雨が止むのを見計らってテントを設営して今夜はここでおやすみ。
(写真は撮ってません)

しかし夜遅くまで阿寒湖畔のどっかの施設のイベント放送が煩かった。。。


曇り天気のレポートが続きましたが、次回からは晴ればかり?になります^^



この日のドライブルート。
b0132817_22110958.png
釧路市〜浜中付近〜根室〜納沙布岬〜根室〜別海町〜中標津町〜開陽台〜中標津町〜弟子屈町〜阿寒湖キャンプ場
約370km走りました。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-06-25 22:15 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

日本の本土最東端に立ってみる。

道東旅2日めはまず(一般人が立てる)日本最東端の納沙布岬へ行ってみました。
日本政府の公式見解では北方領土も含めて日本固有の領土だろうから厳密には最東端ではないでしょうが…。

早速、納沙布岬。
b0132817_23085348.jpg
やっぱり霧です。濃霧です。
b0132817_23144601.jpg
北海道の太平洋側は寒流の影響で6〜8月はキリに覆われることが多いようで青空は稀みたいですね。
なのでこのキリは想定内ということでもとより青空は期待してませんでした。
そら青空のほうが写真的にもいいですけど。
晴れたらロシアの警備艇とか見えるらしいですし。
b0132817_23123329.jpg

「返せ北方領土」や「北方領土奪還」的な政治的メッセージを含めた看板がここに限らず根室の道沿いにはたくさんありました。
b0132817_23124412.jpg
b0132817_23144446.jpg
しかしながら、ロシア語を併記したものは殆ど見かけなかった。
それじゃプーチン様には響かないんじゃないかね。
b0132817_23153643.jpg
納沙布岬灯台
b0132817_23154023.jpg
灯台の右脇から岬の先端までいけます。
b0132817_23160886.jpg
野鳥観察小屋。
b0132817_23164483.jpg
三角点があるところがまさに日本最東端の場所でしょう。
柵があったのでこの先に立ち入ることは自粛しましたけど。

野鳥観察小屋にはメッセージボードも(監視カメラもあり)
b0132817_23180843.jpg
とりあえずテキトーにメッセージ書いておきました(笑)

岬のお土産屋で本土最東端到達証明書(有料)買ってみました。
b0132817_23201038.jpg
種類は色々あります。
日付入りのハンコ押してくれます。
ちゃんと現地にお金落としてやったぞ(笑)



More 釧路から納沙布岬まで

by pre-sspec | 2017-06-24 23:49 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

道東旅1日目 釧路湿原とか

女満別空港を降りてレンタカーを借りて、
まず行ってみた場所は空港から10分ほどのクルマで場所にあるメルヘンの丘。
b0132817_21533769.jpg
天気予報は曇り時々雨でしたけども、このときだけは青空も見えてました。
そうかひさびさに北海道に来た俺を歓迎してくれたのか!
晴れてるうちにメルヘンの丘を撮っておこう。

b0132817_21553058.jpg
どことなく美瑛っぽい


さて、これからの予定ですがいきなり変更を迫られました。
当初予定では翌日金曜日に登山する予定が天気予報はどうもよろしくない。
初日はそのキャンプ場に泊まろうと思ってましたが、ちょっと状況的に厳しくなりました。


というわけで、どこに行こう?^^;


しょっぱなから早速迷いモード。
北海道はそれぞれの都市が離れすぎてるため下手に遠くへ行き過ぎると今後の予定に色々影響を及ぼす。

考えた結果、

とりあえず釧路湿原へ行ってみよう。


ん?現在地から約130km?
まぁ道東の走りやすい道ならすぐ着くっしょ(初めてのくせに楽観)


走り出してしばらく建ってから雨が降ってきました。
あ〜あぁ〜〜〜
b0132817_22024552.jpg
しかしながら北海道らしいまっすぐな道にテンションがあがる。
速度感がない…。 50km/hくらいじゃ徐行してるようにしか感じない(以下自粛)

途中通った美幌峠はやはりガスで何も見えない状態なのでこの日はスルー。

弟子屈町に降りたところで腹が減ったので、
適当に見つけた道東名物?の豚丼屋で昼飯をば。
b0132817_22052404.jpg
うむ。タレも効いてて美味い。
肉キレあともう一声!^^;


途中に寄ってみた釧網本線の南弟子屈駅。
b0132817_22064752.jpg
うむ、これぞ北海道らしい貨車流用のローカル幹線駅。
鍵付きのチャリンコがあるということは誰かが乗って行ったらしい…。

もう一つ、細岡駅。
b0132817_22103738.jpg
駅舎はワリとキレイで立派。
誰が利用しているんだろうか^^;

とりあえず釧路湿原の細岡展望台を目指してみました。
国道から入っていくと途中から半舗装の凸凹した道になりました。
b0132817_22121437.jpg
b0132817_22122747.jpg
とまぁ、天気が悪いとこんなもんですな^^;
とりあえず広大な湿原ということは実感できました。

展望台からクマが出そうな道を5〜10分くらい降りてったところに釧路湿原駅。
b0132817_22134686.jpg
b0132817_22142161.jpg
こんな注意書き。
b0132817_22143143.jpg
まぁ数時間に1本しかない釧網本線で列車に乗って釧路湿原に観光しようとは思いませんわね。
湿原の中に入れるわけじゃないし、近くの展望台だって1〜2コ程度。
”次のJRが来るまで”って、そこは鉄道事業者なら”列車が来るまで”って書こうよ^^;


初日はずっと雨/曇だったので、釧路駅近くの適当なビジホを急遽予約して泊まりました。

釧路駅前、寂しすぎ…。


初日に通ったルート。
b0132817_22212705.png
つづけ!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-06-23 22:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

道東放浪中

ただいま道東方面を旅してます(本日最終日ですが)
b0132817_13273123.jpg
たくさん写真あるので
帰って準備が出来たらいろいろアップする予定です^^

道東の天気はムズカシイ。。


by pre-sspec | 2017-06-18 13:21 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 20日

GW四国旅 今治〜とびしま街道経由〜呉まで

本日(5/6)は四国からサヨナラです。
b0132817_22550588.jpg
大三島の道の駅にて

目指すは呉!
せっかくここまで来たらどうしても行きたいところがありました。

呉までのルートは松山から直行フェリーも有りますけど、4m未満で7800円とちょっと高い
せっかくだから途中までしまなみ海道を使って途中でフェリーと島を渡りついで行くルートを選択。
b0132817_22553254.jpg
しまなみ海道を大三島で降りて、大三島の宗方港からフェリーみしま(赤い線)で岡村港で降り、通称とびしま街道といういくつもの島と橋を渡りついで本州に上陸。
黄緑色の安芸灘大橋が720円も取られてめっちゃ高いです。

大三島の宗方港からの岡村港への始発は8:50。
6:00前にはキャンプ場を出発して8時頃に宗方港着。
フェリー時刻表PDF)←これ探すのに苦労した^^;
大三島内にコンビニと道の駅有り。
b0132817_23020046.jpg
4m未満で1,840円。4m以上は2,040円
こういう時はコンパクトカーが得^^;

待ってる間に小雨が降ってきました(´;ω;`)
b0132817_23001343.jpg
フェリーがやってきた。
バックで入れるため、係のオバちゃんに誘導され桟橋で待機。

b0132817_23034627.jpg
フェリーに入る際にフロントオーバーハングが長かったりアンダースポイラーを装着してるクルマは確実に下を摺ります。
低い車がいなかったため、いた時にどう対処するかは分かりませんが^^;
b0132817_23052227.jpg
出発〜


なんとも微妙な天気。
b0132817_23063080.jpg
晴れるのか曇りなのか雨降りたいのか。


なんかタグボートに曳かれた台船がやってきた。
b0132817_23080171.jpg
なんとタンカー?貨物船?が輪切りにされとる!
b0132817_23084061.jpg
瀬戸内海のどこかの造船所へ輸送中でしょうか。
船って一つの造船所で完結すると思ってた^^;
b0132817_23101051.jpg
しかし瀬戸内海は穏やかな海だ。
うねりなんてまったくありゃしない。船酔いなんて無縁です。
瀬戸の夕凪っとはよく言ったもんだ(まだ朝)

船内には入らず、ずっとデッキで瀬戸内海を眺めてました。
b0132817_23112025.jpg
なんかでっかい橋が見えてきたぞ。
グーグルマップさんで調べたら、さっき渡った来島海峡大橋でした。
b0132817_23122952.jpg
通ってきた橋が真横に見てるなんてなんか不思議。
しかし酷い霞みっぷりである^^;

岡村港についた後はいくつもの島と橋を渡りついで呉へ。
b0132817_23140459.jpg
b0132817_23140833.jpg
途中で降りたりせず一気に通過しました。


ほんでもって本日の主目的はこれ。
b0132817_23145185.jpg
やまとミュージアムと海上自衛隊呉史料館であります。
せっかく自走で西日本へ来たからにはここはぜひ立ち寄りたかった!

実は7年ほど前に出張できたことがあるのですが、
仕事終わって見に行こうなんて企てましたが終わった頃には時間オーバーで閉まっていたのでとても悔しい気持ちがありました^^;

ということで詳細は次回レポします〜〜〜〜〜〜〜〜〜

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-05-20 23:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

GW四国旅 足摺岬から道後温泉へ

四万十川を楽しんだあとは、四国最南端の足摺岬へ。
四国に来たら足摺岬か室戸岬は是非攻略しておきたいところでした。
b0132817_22210580.jpg
四万十川からの道中は渋滞こそしないもののやはり観光客の車の交通量はとても多かったですね。
観光客は岬が大好きですからね(笑)

ゴールデンウィーク期間中の足摺岬は混雑するため、
警察が岬から一番近い駐車場へはメインルートたる西側から行けないように交通規制していて、離れた所の広い無料駐車場に停めてそこからシャトルバス(100円)で行くことになります。
頑張れば歩けない距離ではないのでバスを使うかは自由です。
自分はこの後のドライブの温存のためにもバスに甘えることに(笑)
b0132817_22275843.jpg
駐車場⇔足摺岬へのシャトルバス(ピンぼけ)


足摺岬の入り口。
b0132817_22283615.jpg


ついに立った四国最南端の地、
足摺岬
b0132817_22285517.jpg
b0132817_22293438.jpg
この先の海は数千キロにわたって何も無い、紛れもない太平洋!
b0132817_22294564.jpg
魚眼レンズを使ったら水平線が地球の様に丸っぽく写るかも。。。

逆サイドの天狗の鼻にも移動してみます。
b0132817_22342834.jpg
何の木かは分かりませんが、明らかに南国の植生。
ちょっと涼しい。

b0132817_22321514.jpg
そしてこちらはやたら蒸し暑い。
さすが黒潮の流れる太平洋の真ん前であります。

ひたすら打ち付ける青い波
b0132817_22330708.jpg
不謹慎ですが今、南海トラフの巨大地震が起きたらここはどうなるんだろう…。
高い断崖絶壁だからここだけ無事?


足摺岬のあとは、愛媛県の道後温泉を目指してひたすら北上していきました。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More つづき

by pre-sspec | 2017-05-18 23:08 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

GW四国旅 祖谷渓の絶壁に立つ小便小僧

祖谷渓に来たのなら立ち寄っておきたい名物の小便小僧。

なかなかの断崖絶壁に建っています。

b0132817_22143710.jpg
小僧よ、お前は一体何を思い、
なんのつもりでそこでションベンをするのか。
b0132817_22171452.jpg
お賽銭がいっぱい

b0132817_22174930.jpg
しかし不思議だ。
小便小僧はあっても大便小僧はなぜないのか(汚)
モチロン体勢はウ◯コ座りでw


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More ちなみに・・・

by pre-sspec | 2017-05-12 22:27 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)