タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 07日

登山靴のソール張替えを頼んでみた

この度、手持ちの登山靴2足のソール交換を依頼してみました。
買い替えも考えましたが、アッパーはまだ綺麗だし穴が空いてるわけでもなく、自分の足にも馴染んできている感じもしますしね。
まぁ、一番の理由は費用でありますが^^;
b0132817_21334605.jpg

まず、1足目、GARMONTのタワーα(赤灰色のやつ)
b0132817_21405724.jpg
主に北アルプスなど岩場の多い山で使ってました。
最近ではもっぱらテント泊用で稼働率は少なめ。後ろにアイゼン用のコバもあるやつです。
ちょうど4年前頃に購入し、滑りやすさも感じてきていたので依頼することにしました。



2足目、MAMMUT(ライケル)のTeton GTX。
b0132817_21442231.jpg
3年ほど前に購入、主に日帰り低中山といった感じで使ってます。
スペック的にはアルプスの小屋泊でも使えるレベル(のはず)です。
まだ溝は残っててVibramロゴも残ってますが、こいつのソールがまた購入当初から濡れた場所で大変滑りやすいシロモノでして^^;
ちょっと湿った岩の上も載せ方間違えると簡単にズルっと滑るため、上のタワーαでは何ともなさそうな場所でいとも簡単に滑り、無用な踏ん張りをして余計な疲労を足腰にかけていたため、ソール張替えを依頼する決断に至りました。
購入当初こそ踵が靴ずれして痛かったですが最近は足にも馴染んできて着心地は悪くないので捨てるには勿体無いなと。
テトンGTXの新品時の写真はコチラ↓↓

今回依頼したのは、検索でやたら引っかかってきた埼玉の川口市にある「ナカダ商会 靴修理大好き工房」さん
基本的にネット見積もりして集荷して修理して送ってもらう通販形式?ですが、店頭に直接出向いて見積り依頼してそのまま預けてもらうことも出来るようなので、せっかくなので面と向かって相談したかったのでお店まで車を走らせました(集荷してもらうんもめんどくさいし^^;)
b0132817_21384297.jpg
ソールのサンプルもいっぱい展示してました。

工房の中もチラッと見えましたが、かなりの登山靴がありました。

ソールを選定相談して見積もりを依頼。
b0132817_21531050.jpg
といってもたくさん選択肢はあるように見えて、実はあまりなく、すんなり決まりました(笑)
b0132817_21534910.jpg
GARMONTタワーα用は元から着いてたノーマルと全く同じものがあり、もう一つの候補は頼りなさそうだったのでノーマルをチョイス。
MAMMUTテトンGTX用は汎用性の高い?ソールらしいです。少なくともノーマルよりは全然滑りにくそうです。
ミッドソールまで交換する場合とアウトソールのみ交換する場合とで値段も違ってきます。
特にこだわりはなくミッドソールまで交換するとガルモントの方はアイゼン用コバも失うことになる模様。
また、アウトソールのみの場合でもデザイン面でソール変えました感が出ると言われましたが、それも了承して2足ともアウトソールのみ交換。

費用は、ガルモントが11,000円、マムート(ライケル)が10,500円、プラス消費税で2足計23,220円也。
受取は送料無料にしてくれましたので返送してもらうことに。
見積金額次第(1足2万近くとか)では止めようと思ってましたが想定内だったのでここで正式に申し込み。
新たに1足買うよりも安く済みました(何を買うか次第ですけど)

納期は約3週間と言われ、3週間弱で戻ってきました。
なお、預けてた期間の週末はいつも登山日和だった件/(^o^)\


GARMONT タワーα
b0132817_22062675.jpg
うん、なんか雰囲気変わった気がする(笑)
ソールのサイドがシルバーや黄色模様がなくなったためですかね。
これでまた北アルプスのテント泊もしばらく安心でしょう。


次、MAMMUTテトンGTX
b0132817_22074912.jpg
こちらもかなり雰囲気が変わりましたね。
横から見てグレー色がなくなったためでしょうかね。
店員さんが変わると言ってたのはこういうことか。


これでどちらも向こう2〜3年は安心して使える(はず)でしょう。
さすがに次は新しいのを買おうかと思います^^;



# by pre-sspec | 2017-06-07 22:15 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 04日

難敵 カンタス航空

個人的に機体のデザインが好きなカンタス航空。
Spirit of Australiaのロゴがカッコイイ。
ANAのInspiration of Japanよりも^^;

QANTASは日本で飛んでる姿の撮影がとてもムズカシイ航空会社の一つであります。
なぜ難しいかは出発/到着時間でお察しを…(逃)


メルボルンからの到着便 18:55頃
b0132817_22362441.jpg


ブリスベンからの到着便 19:10頃
b0132817_22385172.jpg
カンタスのデザインが好きだと書きましたがこの腑抜けた感じの新ロゴは嫌だ!^^;
どうかデザインについて再考をお願いしたい所^^;


B747を使用する羽田の到着便(朝5:00着)も飛んでる姿を撮りたいけど、調べれば調べるほど困難らしいことが分かってきました。。
FR24でも追ったりしてますがことごとく撮影ポイントのない所に着陸しています。
う〜ん、どうやって撮ってやろうか^^;


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

# by pre-sspec | 2017-06-04 22:58 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 27日

水島コンビナートで工場萌え

ゴールデンウィークネタ最後は岡山県倉敷市の水島コンビナートの夜景です。
行く予定は無かったのですが、前回の呉を出る前にるるぶを見ていたら発見してしまったので、ここは行っとかねばと(笑)

呉からは広島呉道路から国道2号でひたすらのんびり走って(渋滞なし)途中倉敷市内でスーパー銭湯に入って飯食って時間つぶして暗くなったところで鷲羽山スカイラインの展望台へ。
b0132817_18364941.jpg
う〜ん。予想はしていたけど、今日は夜景を撮るコンディションとしては最悪だ^^;
ただでさえ霞んでいるのにさらに薄いガスがかかりぎみ。
冬に撮りたいところだけどコレばかりはしょうがない。。。
展望台の前の茂みが年々成長しているようでスッキリした眺めではありません(倉敷市さん、剪定お願いw)
グループ、カップル多し。駐車スペースは狭いけど入れ替わりは割りとあるのですぐ停められました。

で、いくらか降りていくと良いポイントが有りました。
クルマで走っていれば、あぁコチラのほうがいい眺めだと分かります。
b0132817_18401615.jpg
こちらのほうが頂上展望台よりガスのかかりも弱くて茂みもなくスッキリと工場群が眺められました。

やっぱり石油化学コンビナート系はギチギチしていて美しい!
b0132817_18415585.jpg
遠くはなれていても聞こえる工場の稼働音。
立ち上る水蒸気と炎。素晴らしいではありませんか。
b0132817_18431998.jpg
手前が三菱化学のコンビナートで、はるか向こうはJEFスチールだそうです。

たぶんこっちはJXの精油所。
b0132817_18454589.jpg
あまり長居できるポイントではないのでいくらか撮って退散しました。


鷲羽山スカイラインを降りた後は県道を通って再び国道2号に入ってひたすら東進。
途中、岡山ブルーラインという道があったけど2号とどちらが早かったのだろうか^^;
どこまで下道でいけるか粘ってたらあれよあれよと神戸まで来てしまい、午前1時くらいに西宮ICから名神高速に入ってあとは新名神〜東名阪〜伊勢湾岸〜新東名とお決まりルート。名神高速のまだ走ってない区間(西宮〜吹田JCT)を消化できた^^;
5/7のGWの最終日でしたが高速は幸い渋滞もなく、昼前頃に千葉の自宅に到着。
流石に寝不足なので帰ってすぐにバタンキュー(死語)、夕方に起きて飯食ってボーっと過ごしてまたバタンry
このゴールデンウィークでの走行距離は2400kmほどとなりました。

長らく続いたGWシリーズはこれでおしまい。
ご拝読ありがとうございましたm(__)m


工場萌えネタ、なんと5年ぶり^^;

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More おまけ

# by pre-sspec | 2017-05-27 19:10 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 23日

GWの大和ミュージアム&海自歴史史料館(てつのくじら館)

今年のGWは四国旅でしたが番外編ということで、
四国を後にした帰りに呉の大和ミュージアムと海自歴史史料館へ寄ってきました。
b0132817_20520745.jpg
寄るというか当初から行くつもりでしたけども(笑)
なかなかコレだけのために呉まではいけませんから^^;

ゴールデンウィーク中なのでそれはそれは大変な混雑でした。
駐車場はモチロン満車で臨時駐車場にまわされる始末(無料でしたが)
特に資料室内は順路通りに進みつつも人の隙間をかきわけないと進めない状態^^;
中には昨日の岩国フレンドシップデーに行ったと思われるナリの者も…(見た目で分かる)
b0132817_20544296.jpg
休日でも連休でなければもう少しゆっくり見れるでしょうね(たぶん^^;)
しかしみんなこんな真剣に歴史(戦史)に興味あったのかという驚き。
学校の学習とかで半強制的だと面白くないんですがねぇ(笑)
なお、この資料室は撮ってはいけないものも多数あるのでこれだけで。

零式艦上戦闘機ゼロ戦
b0132817_20572140.jpg
歴史的に大変貴重なものだから絶対手を触れるなという注意書きあり。
b0132817_20574809.jpg
ヤマトの1/10スケールの模型。
b0132817_20585865.jpg
艦橋構造物と測距儀
b0132817_21051027.jpg

前部46センチ主砲
b0132817_20594254.jpg
主砲1組でで2000トン以上の重さだとか。

上から見た対空機銃の数々
b0132817_21005352.jpg
b0132817_21013103.jpg
写真で見返して気が付きましたが空中線とかホント細かく張り巡らして再現してます。
b0132817_21023514.jpg
下から仰ぎ見る(コントラスト強め)

b0132817_21054666.jpg
ケツから


大変な混雑でしたけども楽しめました。
資料はもう少しゆっくり見たいけども^^;


外では海自カレーのイベントやってたので、昼飯がてらにカレーを食す。
首都圏でやってたらあっという間に無くなってたのかも。
b0132817_21064025.jpg
b0132817_21072055.jpg
ボリュームあともう一声欲しかった


次はこの海自史料館(てつのくじら館)です。
b0132817_21094148.jpg
ショッピングモールの真横にででん!と巨大な鉄の塊である潜水艦(あきしお)がある光景は面白いです。
資料館の順路を辿っていくと、潜水艦の中に入れます。
入場料は無料ですけど、やまとミュージアムに負けず劣らずのボリュームですよ。
とっても暗い室内で展示されてますので写真は少ないですが…
b0132817_21123244.jpg
呉にある海自の施設ですので、展示内容は掃海部隊と潜水艦部隊の活動の歴史に関するもの中心。
いずれの部隊も目立つものではないのでそれの理解を深めてもらおうという主旨。
b0132817_21141837.jpg
狭い潜水艦の中で更に狭い3段ベッドを体験できるコーナー。

潜水艦の潜望鏡。おもったより小さい。
b0132817_21150028.jpg

湾岸戦争後のペルシャ湾の機雷掃海のためPKO派遣された際に、活動の記録を撮り続けたというNikon F3
b0132817_21154966.jpg
相当に使い込まれたであろう塗装の剥げ具合。
数万枚単位の写真を撮ったらしいですが勿論フィルムなので膨大な量だったことでしょう^^;

一通り順路を消化すると潜水艦あきしおの中に入れます。
b0132817_21201602.jpg
退役済みとは言え、中は当然ながら撮影禁止。
レバー類スイッチ類にも触れてくれるなと。
b0132817_21220589.jpg
中では士官寝室やトイレ、艦長室、発令所などが見学できます(艦の上半分)
魚雷の発射管室やソナー室は当然ムリ^^;
発令所では潜望鏡も覗き見ることができます(回転不可)
やはり機密保持のためある程度改装されているのか、区画を仕切るハッチなどはくぐれませんでした
通路も各室内もとても狭く、発令所なんかは180cm超の私では常に頭をかがめ気味にしてないとダメでした。
高身長人間は潜水艦乗員には不適かもですね。


ということでGWのミリタリーネタは終了。
b0132817_21293182.jpg
この後はもう帰路なので高速・・・には乗らず(山陽道タイクツだし)
どこまで下道で粘れるか試しにチマチマと国道2号を東進しました。

・・・が、途中にもう一つ寄り道できるネタがありました(笑)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

# by pre-sspec | 2017-05-23 21:33 | | Trackback | Comments(0)