タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 28日

甲斐駒ヶ岳登山

8/26金に急遽、甲斐駒ヶ岳に登ってまいりました。
もともと有給とっていて連休にしていたためテン泊でどこか登ろうと企んでいましたが天気が思わしくなく、金曜しか晴れ予報にならなかったので日帰りとしました。
b0132817_18435718.jpg
日帰りで荷物も軽く、片道4時間ほどなのでちょっと気楽な気分でかかっていましたが、そこはやはり日本アルプスの山なわけで、思ったよりバテてしまいました^^;

所要時間もほぼ同じのお隣、仙丈ヶ岳とは全く異なる性格?の登山道で、急登ありアップダウンあり岩稜有りのタフなコースでした。
仙丈ヶ岳が南アルプスの女王と呼ばれるのに対し、甲斐駒は南アルプスの貴公子なんて言葉をどこかで見たような気のせいなような。

登山ルートは、
北沢峠〜双児山〜駒津峰〜(直登コース)〜甲斐駒山頂〜(巻道コース)〜駒津峰〜仙水峠〜北沢峠

いわゆる時計回りですが逆周りのほうが登山者が多いようです。
登りは殆どの人が直登ルートを選択していました。
特にキツかったのは駒津峰から仙水峠までの急下り。
いつも下りはCTを巻くのですがこの下りばかりはCT通りになってしまいました。

天気は最初は良かったものの、山頂につく頃には……でした^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

Moreレポ

by pre-sspec | 2016-08-28 19:49 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 13日

白馬岳山頂にて

白馬大池から約2時間40分(身軽なサブザック)で山頂に到着。
百名山は24座目です。

白馬岳山頂は断崖絶壁であります。
b0132817_21252071.jpg
落ちたら死にます。
b0132817_21301382.jpg
白馬三山の杓子岳や白馬鑓ヶ岳へ登っている人たちも見えます。
b0132817_21261985.jpg
鹿島槍と五竜岳はほぼ重なっています。
遥か向こうに槍ヶ岳と穂高連峰が見えてますね。

白馬大雪渓。降りる人も見えます。
b0132817_21280029.jpg
夏の空は果てしなく蒼く…
b0132817_21313316.jpg
白馬岳直下の山小屋からの登山客はほぼ出払っている時間帯ですが、山頂は大賑わいであります。
b0132817_21321756.jpg
剱岳も見えてますよ。
b0132817_21353589.jpg
あまり画にならないオッチャン^^;
プリプリ山ガールならなぁ…

頂上標は午前中は逆光です。
b0132817_21334175.jpg
一等三角点にタッチ。
b0132817_21294038.jpg

登頂の喜びを爆発させる私(アホ)
b0132817_22110191.jpg
周りのオバちゃん達にも笑われる始末^^;


頂上を満喫した後は、再び白馬大池へ戻ります。
白馬岳直下の山小屋へは寄らず。

テントを回収して栂池へ下山です。

ありがとう白馬岳。
今度ココに来るときは白馬三山縦走したいです。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

おまけ

by pre-sspec | 2016-08-13 22:20 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 12日

天国の縦走路 白馬大池〜小蓮華山〜白馬岳

2日めは、白馬大池から小蓮華山を経て白馬岳往復です。

白馬岳からは大雪渓を降ろうとも考えましたが大池往復を選びました。
大雪渓を下らなかったのを後悔したともしなかったとも・・ですが^^;


ひとことで言うと、


素晴らしい縦走路でございました。





行程の殆どをこの眺めを見ながら歩くことが出来ました。
b0132817_21343678.jpg

なんだか久しぶりに盛夏のアルプスの縦走路を歩いた気がします。
b0132817_21380071.jpg
絶景るんるんロードでございます。
b0132817_21374863.jpg
b0132817_21404606.jpg


あ〜〜

なんで今まで、この白馬山域を行かずにいたのだろうか。。


後立山連峰自体、4年前の唐松〜五竜縦走以来です。

これから短いスパンでまた白馬を訪れることになりそうです。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

つづき時系列レポ

by pre-sspec | 2016-08-12 22:42 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 11日

白馬大池を覆う満天の星空編

テント場の夜といえばやっぱり星空!(もはや恒例)

夜の初めはガスがかかってましたが、時間が経つに連れガスも取れて、
今回は月齢も条件が良かった(3.3夕月)ので、過去最高の?星空を堪能できました。
b0132817_23585880.jpg
真夏の天の川はスバラシイ!
b0132817_23594425.jpg
露出はだいたいどれもF2.8のISO3200でSSは4〜50秒露光(アストロトレーサー使用)
一部にソフトフィルターも使用してます。LRで現像しているので星の明るさはちょっと強調気味(笑)
三脚もベルボンのミニ三脚で風も吹いてましたがなんとか撮れました。


星が見え始めて、テントで寝ていた人も起きてくる。
b0132817_00050068.jpg

完全に頭上を天の川が覆っていました。
b0132817_00052498.jpg
星撮影は手前に山や建物などのブツが無いと、スケールが分かりにくくなりますね。
空だけの撮影はオススメできません。
b0132817_00060980.jpg
テント場と山と星空はとてもマッチします。
b0132817_00072365.jpg

撮影中にほぼ正面からヘッデンの光を食らったの図( ゚д゚)
b0132817_00082699.jpg
星空が見えているときはヘッドライトの光は極力足元だけを照らすようにして歩きましましょう。
撮影してる人はもとより星空を眺めている人にもメーワクです。
星撮る&見る側の一方的な言い分かもしれませんが。


あ〜、フルサイズ機と明るい超広角レンズが欲しいなぁ〜


K-3 + DA14mmF2.8ED + O-GPS1(アストロトレーサー)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-08-11 00:16 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 09日

まさにレイクリゾート白馬大池

先週末は白馬大池テント泊したのちに白馬岳へ登頂してきました。


1日目はピークは踏まず、白馬大池でノンビリモード。
のちに仲間(3年前の大キレットで知り合った)3人と合流して、テン場でささやかな宴モードであります(笑)
b0132817_23003943.jpg

早めに来てテント設置。
b0132817_23005988.jpg
↑奥が白馬岳方面(見えません)

b0132817_23012858.jpg
テン場と白馬大池山荘。
幕営料は一人1000円(テント内に2人入るなら2千円)
スタッフに必ずペグ打ってくださいと言われますが、これがまた刺さりにくい硬い地面です。
しかしながら代わりになる大きな石などはまったく無いため、頑張ってペグ打ちするしかありません。
フラットなのはありがたいです。

全体的に窪地なので、ドコモガラケーですら圏外です。
ソフトバンクなんてそらもう(自粛)

テン場用トイレ。割りと清潔で利用しやすい。
電気はないので夜はヘッデン必須。
b0132817_23134728.jpg
隣のディーゼル発電機が結構夜遅くまで(21時半くらいとか)稼働しててうるさかったです。
稼働時間は混雑状況によるのかも?

水は池の水を汲み上げ浄化しているのでほぼ無尽蔵。
ですが水場で食器洗ったり無駄遣いするのはモチロンNGです。



今宵は山とは思えぬ豪華な食事^^;
仲間のザックからワインやパプリカやら次から次に思いがけないものが出てくる。。
自分じゃこんな山メシ、用意できねぇ…。
b0132817_23072121.jpg
b0132817_23022889.jpg
みんな山の先輩方(一人は百名山制覇済み)です。
山情報からメシのノウハウまで勉強になりますですハイ…。ホント感謝であります。
自分一人じゃいつも軽いインスタント系ばかり^^;
登山口から3時間程度のテン場でのんびりを決め込むつもりで、みなさん食糧ガッツリ持ってきました。


日も落ちてきて、テント場もかなり埋まってきました。
b0132817_23073915.jpg
b0132817_23080751.jpg
小屋スタッフによるアルペンホルンの演奏まであったり。。。
b0132817_23122222.jpg


高山植物帯。
なはずなのですが、今年は記録的な小雪で1ヶ月早く季節が進んでいて夏の花はほぼ終わり、秋の植物みたいです(高山植物に詳しい仲間談)
b0132817_23190187.jpg
チングルマも凄いたくさん群生してますがご覧のとおり花は完全に散ってます。
いやはや全盛期はココ、相当すごいお花畑だぞと…。
b0132817_23195684.jpg
つづけ。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More

by pre-sspec | 2016-08-09 23:39 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 01日

初登山&初アルプス記念日

もう8月ですね早いですね。
世間は夏休みらしいです。通勤も人が若干少なめで動きやすいです。

さて8月1日は忘れもしない(登山を始めようとしてからの)初登山の日であり、
同時に初のアルプス登山の日でもあります。


初登山がいきなり日本アルプスですよ^^;
しかも単独ですよ(笑)


とはいっても初級向けの中央アルプス木曽駒ヶ岳。2009年8月1日のことです。
b0132817_21363322.jpg
最初はこの千畳敷カールの景色が見たいがために写真メインで行こうと思ってたのですが、結果的に興味を示していた登山を本格的に始めることにもなった次第です。
関東地方では初登山は高尾山、ゆくゆくは富士山みたいな風潮がありますが私はそんな風潮にはのりませんでした。
日本アルプスの風景に憧れて山の世界に飛び込みましたので。


さて初登山の木曽駒。
まさに夏山で高山植物の最盛期に行くことが出来ました。
b0132817_21455583.jpg
言い訳をさせてもらえるならば、一眼レフ初心者だった当時。
どこにピントを合わしてんだって写真ばかりであります^^;
b0132817_21461379.jpg
なんてスバラシイ天空世界。
b0132817_21475030.jpg

普通の観光地では体験できない本格的な山岳絶景に今後私はハマりゆくのであります^^;
b0132817_21593565.jpg

ちなみにこれ以降の登山においてこれ以上の高山植物お花畑は経験していません^^;
その時期に高山植物が豊富な山へ行ってないだけなんですけどね。
まぁこれだけ咲き誇っていると虫とかも凄いですよ。



今思えば、当時は本当に体力なかったなぁと。登山者らしくないナリで行ってしまったなぁと。
登山靴なんてA☓Cマートに売ってるような軽トレッキングシューズでしたし、シャツだって適当なスポーツ用のシャツ。雨合羽もさすがにコンビニに売ってるビニールがッパではありませんでしたが透湿性なんてまったくないシロモノを持って行きました。
木曽駒山頂まで正味片道1時間半程度のコースですが、登山の歩き方を知らないもんで序盤から早歩きして速攻バテバテ。
山頂直前でもうグロッキー状態で死ぬ思いでした。
本当に反省しきりであります^^;


そして冒頭にも書いたいきなりの単独行。
普通に考えればなかなか無謀なことをしていたかもしれません。
世の登山者には、一緒にいく人がいないためにアルプス山行等に踏み出せない人もいたりします。

ですが自分の考え方はちょっと違うというか変わっていると言うか、
一緒にいく人がいないから山へ行か(け)ないというのが信じられなかったりします。
登山雑誌で単独山行のノウハウが特集されたりしても、なんで?って思ってしまうくらい。


自分が怖いものしらずなのか単なるアホウなのか分かりませんが^^;
山にかぎらず昔から単独行動が多い自分は、登山においても単独山行は躊躇なく行けてしまいます。初の北ア(燕岳)も南ア(仙丈ヶ岳)も単独でしたし。
もちろんこの初登山もガスってて雨が降ったりするような天気でしたら中止の判断はしていたでしょうし、この日はご覧のとおりこの上ない良い天気で夏山シーズン真っ盛りでそこら中に人がいたから無事に済んだとも思います。
ネットだけではなく、某N◯Kの山番組や雑誌を読むなどして正しい情報収集をしたからこそとも思います。
b0132817_22145329.jpg
まだまだ修羅場経験が不足しているのかもしれませんね。
一度、生死の境に直面したほうがいいかも^^;



しかしこの時代のCCDセンサーのデジタル一眼レフはスッキリした写真吐き出すなぁ。。。
CMOSセンサーじゃ出せない感じです。

K200D + DA16-45mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-08-01 22:23 | 山登り | Trackback | Comments(4)