<   2016年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 29日

山小屋サミット

先週5/21土曜のお話ですが、
渋谷で開かれた山小屋サミットとやらに行ってみました。
(決して多いわけではないですが)各山域の山小屋のご主人さんらが集まってお客に色々説明してださいます。

折しも本家G7サミット前。
登山好きの我々にとっては山小屋サミットのほうが重要でございます。(笑)
b0132817_20445107.jpg
石井スポーツ主催です。入場無料です。
入場の時に年齢層とどこから来たかアンケートされます。
自分の前にいた人は青森から来たと。すげぇ!


こんな感じで山小屋ブースが有り、1対1で山小屋の方のお話を聞けます。
b0132817_20484069.jpg

参加山小屋で一番興味があった(というかここの話を聞くために来たようなもの)のが、南アルプス南部の赤石岳、荒川岳、聖岳エリアのブース。
b0132817_20522713.jpg
今回は千枚小屋の方(東海フォレスト職員?)が来てました。
空いたのを見計らってイスにすわり、地図を交えて色々丁寧に説明していただきました。

わたくし
「赤石岳と荒川三山の縦走を考えているのですが…」

千枚小屋のご主人
「椹島から先に千枚岳に登る反時計周りコースと、赤石岳に登る時計回りのコースがありますね。」
「だいたい7割くらいの方は反時計回りで行きます。これだと初日の登りが緩やかなんですね。」
「ですが私どもとしましては時計回りをオススメします。反時計周りコースは椹島からだいたい約7時間(半)、時計回りは約5時間程度。最初に千枚小屋に登ってくる方は思ったよりキツかった疲れたとおっしゃる方が結構いますよ」
「あと、時計回りは最初の赤石小屋までの登りこそ勾配がありますけど、時計回りのほうがあとあと急な下りが少なくてトータル的に楽だったりしますよ」

ふむふむ、なるほど。
こういった証言はネットに溢れるレポートでも見れたりするのですが、
山小屋の方に言われる方がやっぱり説得力や信頼性が何倍も違いますね。
そのほか、ノーパソで縦走路の写真を見せてくださり、この写真が(地図を指差して)この辺り…など説明してくれました

「このアップダウンと山のスケールの大きさがこのエリアの醍醐味ですよ(ニヤリ)」

ハハッ!参考になりましたでございます!(ぶるぶる)


あと、白馬エリアの小屋(どこの小屋の方か忘れました)の話も聞いてきました。
今年は記録的な雪の少なさで、白馬大雪渓も早いうちに雪の上を歩けなくなるかもとか。
8月半ばには半分以上は雪渓上を歩けなくなるんじゃないだろうかとも。
白馬三山縦走は、白馬鑓温泉小屋からの下りが結構キツイよとアドバイスもらいました^^;

双六や鷲羽岳方面の話も聞きたかったのですが、今回このエリアの山小屋は不参加だったみたいで残念。


アウトドアブランドのブースコーナー。
b0132817_21203841.jpg
MAMMUTのロープワークコーナー。
サンプル通りロープ一発で結べたらステッカーあげますよに飛びつく(笑)
b0132817_21235417.jpg
ロープワークについてはからっきしですが、スタッフの方に教えてもらい目からウロコ状態。
b0132817_21274800.jpg
簡単な結びでもステッカーもらえました。ありがたや。

もう一つの目的(笑)、アウトドア商品大バーゲン。
b0132817_21311638.jpg
しかし(予想通り?)期待はずれに終わりました。
登山用品がこの時期に大バーゲンセールということは、つまりは昨シーズンの売れ残りセール。
自分はウェア類は基本XLサイズでして、残ってるのはメンズものでもSやMばかり。XLサイズなんてシーズン中でも在庫少なかったりするわけで良さ気なものは殆どナッシングで収穫ナシに終わってしまいました^^;
給料日前だったからある意味よかったかも?


ということで今回の収穫は行きたい山域の山小屋ご主人のお話を聞けたこと。
そして、山小屋のチラシ、パンフレット類などなど。
b0132817_21402399.jpg
特に送迎バス時刻表とかはネットより紙が見やすい♪


※今回の写真はすべてiPhoneです。



by pre-sspec | 2016-05-29 21:42 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 25日

GW東北旅 中尊寺で寺と国宝・重文をたくさん見る編

東北旅最後の目的地は岩手県平泉にある金色堂で有名な中尊寺です。
岩手県の中では行ってみたいとこでした。
b0132817_21483131.jpg
北上市のキャンプ場から国道4号線をずっと南下。
この日は5月3日のゴールデンウィーク後半初日だったもんで4号下り方面はやはり凄い断続渋滞でした。
自分は上り方面を南下するだけなのでわりとスイスイ♪

メインの金色堂は8:30開館だそうですがとりあえず8:00頃に到着しました。
駐車場も混んでるだろうなーと思ったらすんなり入れました。
b0132817_21492113.jpg
戻ってきた頃にはここもビッシリ。

金色堂は隅っこ、ゆるい登り坂を歩いていきます。
足腰弱い年寄りはつらそうでした。
b0132817_21495205.jpg
b0132817_22022311.jpg

b0132817_21504204.jpg
ほっほーーー
b0132817_21510054.jpg
本堂らしい。目の前の巨大な盆栽?(笑)

仏閣マニアではないのでこういうのはよう分かりませんが、写真撮っててなんか分からん楽しさが有ります。
中尊寺と言っても一つの寺がドンとあるわけじゃなくていろんなのがあるんですね。
b0132817_21514288.jpg
b0132817_21514775.jpg
写真を撮り歩いてるうちに時間もちょうど頃合いの時間になって金色堂前に到着。
金色堂に入るには有料です。
b0132817_21532455.jpg
金色堂が収められてる建物(一部鉄筋コンクリート製)
こいつはあくまで金色堂を保護するためのものらしく金色堂そのものではないみたい。
中は巨大で分厚い?ガラスケースに金色堂本体が入っている感じです。公式サイトで見れます。
b0132817_21542795.jpg
でもって中は撮影禁止です。
事前にわかっていたことですが、保護するためにはしょうがないのか。
特に文化財にフラッシュは劣化の元だし、撮影OKだがフラッシュOFFにしろなんてゆってもカメラの設定方法知らない出来ない層が絶対守れないしなぁ。
b0132817_21560687.jpg
この扉を入った瞬間に鼻を突く硝煙の臭い線香の臭いがまたキツイ^^;

讃衡蔵という国宝や重要文化財がたくさん展示されている建物。
この中もまた平安時代の仏像とか品物がいっぱいあってなかなかの見どころ。
中学生くらいの時はこんなのに連れてこられてもタイクツさしかなかったのに(笑)
b0132817_22064093.jpg
この中もまた例によって撮影禁止&線香臭い(苦笑)

こういう撮影では超広角レンズが活躍しますね。
b0132817_22092499.jpg
b0132817_22095030.jpg
モミジがいっぱいあるから紅葉の時期に来たらキレイでしょうね。
b0132817_22095327.jpg
妙にウネッた木
b0132817_22105771.jpg
古びた能楽堂もあります。
b0132817_22111950.jpg
ということで、長々と引っ張っ(ぱりすぎ)たGW東北旅レポも今回で最終回。
GWレポなのに5月下旬までかかるとか^^;

長い間、ご拝読いただきありがとうございました。

気分はすっかり山に行きたいモードなので、
今年目標の山へ行けるように根回し模索しているところであります(笑)

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More おまけ

by pre-sspec | 2016-05-25 22:42 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 23日

GW東北旅 一面雪の八幡平山頂へ行くんだ編

ということで前回のアスピーテライン編に続き、八幡平頂上へ登る編です。
b0132817_22035863.jpg
八幡平は日本百名山の一つではありますが、
単純に頂上を目指すんであれば見返峠駐車場からほんの30分歩くだけで立てます。
無雪期なら1時間でも2時間でも歩けるロングコースもあるのですが初めて来て雪の中なので安全パイで山頂往復するだけにしました。
そんなわけでレポするまでもないような簡単さではありますがせっかく雪の中でしたのでレポしちゃいます^^;

(午前中通行止めの影響で)13時頃に一番てっぺんの見返峠駐車場についてからは、
ささっとクルマの中で山登りの格好に着替え(特に足元防水のためスパッツ履く)て出発です。
b0132817_22041370.jpg
ここがスタート地点。
頂上まで約1.9kmだそうです。

最初はゆるい坂道を登っていきますが急傾斜なんてありません。
気温も高いので雪もサクサク、ツボ足でいけました。
b0132817_22071010.jpg
前方からめっちゃ軽装なオッチャンが歩いてきた。

スノーシューはいたオバちゃん3人組とすれ違い、え?スノーシューいるの?って思って聞いてみたら、
「アタシ達、初めてコレ使ったの〜(うふふ〜)ツボ足でぜんぜん大したことないわよ〜(うふふ〜)」
との回答(笑)

そのとおりでした
あったらそれなりに歩きやすい感じでしたが困るほどでもなく。
ストックはあったほうがもちろん歩きやすいです。
b0132817_22365494.jpg
感覚的にそんなに登ってる感じはしませんでしたが、下を振り返ると駐車場はあんな感じ。
b0132817_22120164.jpg

一段上がった場所からの岩手山がまた素晴らしいわけですよ。
b0132817_22124695.jpg
駐車場から見るよりイイ!

あとはずっとこんな感じの道をほんの少しずつ標高を上げながら進むだけです。
b0132817_22133363.jpg
途中のトイレは冬季閉鎖中。
b0132817_22140900.jpg

広大な雪原を歩いていきます。
b0132817_22180766.jpg
b0132817_22185052.jpg
新緑や紅葉の時もまた綺麗なんでしょうねー。

ここから本来、八幡沼という沼が見えるはずらしいのですが、
雪におおわれてます。
b0132817_22190551.jpg
沼と知らずに突っ込んで行ったら大変なことになるでしょうね^^;
b0132817_22221923.jpg
積雪期はピンクの旗竿にしたがって歩くだけ。
身体が火照ってきたので手袋脱いでみたら全く寒くなく、
以後下山まで脱ぎっぱなしでした^^;

というわけで駐車場から約30分で頂上につきました。
b0132817_22230606.jpg
雪に埋もれてます。
どうやら人の背丈ほど雪に埋まってるようです。
b0132817_22225635.jpg
小屋番?の方が雪かきしてました。
山スキー装備で来たようです。


もちろんピンバッジも購入。
駐車場のレストハウスに売ってます。
b0132817_22331638.jpg
登った山のピンバッジ集めが登山の士気の糧にもなっている私にとっては
これは他のどれよりも職場に配るお土産などよりも優先して買うべきモノであります。
岩手山のピンバッジも売っていましたが今回は登らないのでグッと我慢^^;


初八幡平がいきなり雪の上でしたが、ここは無雪期なら遊歩道レベルですね。
百名山難易度どしては美ヶ原の王ヶ頭と似たような感じですね。
ロングコースならお手軽ハイキングにはピッタリかと。
とはいえ、百名山一つ消化できました♪

一面雪で本来の八幡平の様子が分からないままではありましたが^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-05-23 22:42 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 22日

GW東北旅 八幡平アスピーテライン編

まだまだ続くGW東北旅(そろそろいい加減にしろ?笑)

今回は本日のメインディッシュ、八幡平アスピーテラインのドライブです。
ここは東北ドライブ旅を計画するに辺り必ず通ると決めていたコースです。
b0132817_20240726.jpg
もちろん、百名山の一つ八幡平山頂も登頂?しておきました。
こちらは次回お届けします(引っ張るな?笑)


さてさて、必ず通ると決めていた八幡平アスピーテラインですが、
実はGW頃は凍結で通れない可能性もある道です。
実際にこの前日は直前の積雪による除雪作業のため、通行止めだったのです。
そのため、この日もアスピーテラインは通れるかどうか分からない状態でかなりドキドキもんだったのですが
当日にHPを見ると正午から開通とのことで一安心。

雨予報は無かったし、最高気温も日に日に上昇傾向(当日最高気温は18℃予報)だったので、
この日は通れるハズだと思って行動計画を立てていて、この日通れなかったら明日まで日程延長してでも待つぐらいの意気込みでした^^;
最初新幹線撮影してノンビリ田沢湖へ向かったのも正午開通に合わせての時間調整の意味合いもありました(笑)


さてさて、田沢湖からアスピーテラインへ向かうわけですが、ざっと60kmほどの道のりになります。
国道341号線をあまり大きな声では言えないペースで(笑)ひたすら突っ走ります。
途中にコンビニやガソリンスタンドは皆無です(トイレや自販機は僅かにあり)

ずっと走っていくと次第に雪景色になってきました。
b0132817_20395665.jpg
途中にゲート有り。ここからアスピーテライン本番(夜間通行止め)
b0132817_20404160.jpg
道路が乾燥状態でよかったぁ^^;
前日に雨とか降った場合はGW時期はやめたほうが良さそうですね。

雪が少ない年とはいえGWは雪の回廊状態です。
b0132817_20412327.jpg
大深沢展望台に到着。
b0132817_20420996.jpg
寒々しい景色が広がりますけどこれがまた全然寒くありません
(もちろん長袖はいるレベルです)
b0132817_20431956.jpg

さらクルマを進めて、見返峠に到着(有料駐車場)
b0132817_20473369.jpg
岩手山の眺めが素晴らしい♪

秋田県と岩手県の県境に有ります。
b0132817_20480485.jpg
ここから見る道路はこんな感じです。
b0132817_20485713.jpg
いや、ホント通れてよかった^^;

駐車場にあるレストハウス、おみやげ屋。
b0132817_20484091.jpg
ここは日本なんだから中国語オンリーで書かないでいただきたい。


この後は身なりを登山モードに整えて、
八幡平頂上へと出発しました(次回お届けします^^;)


見返峠から岩手県へは当然下りになります。
b0132817_20532387.jpg
標高を下げていくと共に雪の回廊も小さくなっていきます。

源太岩という見所(駐車場になってます)
b0132817_20534978.jpg
見返峠から見る岩手山とはまた違った眺めです。
岩手山がより大きく見えます。
b0132817_21023791.jpg
アスピーテラインを降りてちょっと外れの辺りに松尾鉱山跡の廃墟スポットがあります。
b0132817_21031934.jpg
自分と同じように撮ってる人間もチラホラ^^;

かつての鉱山労働者の住宅だったんでしょうね。
b0132817_21032236.jpg
廃墟スポットとしての知名度は軍艦島には敵わないんでしょうけど、
なかなかの朽ち果てっぷりですよ。

アスピーテラインを降りきったあとは、岩手県を北上市まで南下。
事前にリサーチしておいた公園キャンプ場でテント泊です^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-05-22 21:13 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 20日

GW東北旅 田沢湖編

朝イチの幹鉄の後は秋田県の名?観光地。

日本一深い湖、田沢湖であります。
ウィキペディア先生によれば湖底は海面より低いところにあるんだとか。
b0132817_22494264.jpg
田沢湖のランドマークたつこ像と秋田駒ケ岳。
透明度もなかなかです。
天気は高曇り。
b0132817_22504846.jpg
来る前にたつこ像写真だけ見るとどんな大きさか分からなかったのですが
来てみるとずいぶん小さいのね^^;


こういう写真だとたつこ像の規模感が分かるかと。
b0132817_22520620.jpg
田沢湖に来る観光客はとりあえずコレ目当て(笑)
ストリートビューでも見れるんですけどね^^;


まだ桜も咲いてました(5/2)
空気も少しヒンヤリしてます。
b0132817_22530104.jpg
パワースポット的な何かだろうか(笑)
b0132817_22530626.jpg


おまけ。
b0132817_22542720.jpg
LightroomCCの「かすみの除去」をグワッと効かせると
湖の透明度も増します。奥の山々もクッキリとなりますが色が変になります^^;


さて、田沢湖の後はこの日のメインディッシュの地へ行きます!
秋田県と岩手県にまたがるあの場所へGO!

つづけ!

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-05-20 22:59 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 19日

GW東北旅 秋田新幹線を撮る編

旅3日目。

せっかく秋田に来たので、次の目的地の前に秋田新幹線でも撮っとときたい。
ということで、前日のうちに撮影ポイントをリサーチ。

大張野駅近くの踏切がポイント的にちょうどよさそう。
(90年代末〜2000年代前半)電車でGO!を狂うほどやってた時期があったので、
秋田新幹線の駅名はすべて聞き覚え有り(笑)


てことでポイントに到着
秋田市内とは思えないとてつもなく閑散とした田舎です。
ん〜、ココはどうやって撮ればいいのかな?
望遠レンズ覗いて構図確かめたらどうやら遮断機の真ん前に立たないといけないらしい。
厳密には在来線とはいえ相手は新幹線と名前がつくので下手に敷地内に近づき過ぎると厄介なことになる。
たまに近くのゴルフ場行くクルマや農家車が通るので三脚設置は不可。手持ち撮りすることになりました。

まずは下り列車。
b0132817_20380429.jpg
曇りの天気でしたが逆光です。
ピントいまいち合わせられず^^;

ちなみに秋田新幹線は、平日1本/時、休日2本/時で、この日は1時間に1本勝負。
一番最初に撮ったのはもはやココにアップするに値しないくらい大失敗したので実質2本目です^^;
つまり1時間待ち(笑)

そんでもって東京行きの上り列車。
b0132817_20404742.jpg
今度はピントも合ったかな。
というかここらあたりは急カーブ区間で上りも下りもめちゃめちゃノロノロ運転。
自分のPENTAX K-3のコンティニュアスAFでも追っかけられるくらいでした(毒笑)
b0132817_20425319.jpg
上写真の後追い。
この区間では上りも下りも同じ線路を走ります。


しかし、この秋田新幹線のE6系電車。
この顔はちょっと好きになれないかも…^^;
デザイン的には前のE3系のほうがよかったなぁ。。。
なんでこんな顔にしちゃったんだろう。

秋田新幹線は雪景色の時に映えそうですね。
とフォローしときます(笑)

撮影はこれで終了(1時間に1本だしもう待てんw)
さて、次の目的地に移動するとしますか。


つづけ!

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-05-19 20:53 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 17日

GW東北旅 寒風山パノラマライン編

男鹿半島の締めくくりは、寒風山パノラマラインで絶景を堪能します。

絶景が続くルート自体はそんなに長くないですが、
なかなかのドライブルートでした。
b0132817_22102813.jpg
まだ新緑にもなってませんがいい景色です。

b0132817_22112248.jpg
世界三景とはなかなか豪胆な^^;

なまはげラインを経て、寒風山パノラマラインへ向かうときの道。
b0132817_22121488.jpg
草原の快走路を登っていきます。
b0132817_22124837.jpg

上から見るとこんな感じ。
b0132817_22131551.jpg
ちなみに左の凹みと右側の草原は「火口」だそうな。

駐車場から展望台へ登ってみる。
b0132817_22142173.jpg

草原を歩くカッポー
b0132817_22145003.jpg
奥は秋田国家石油備蓄基地

b0132817_22154475.jpg
いい天気になって良かったです。

b0132817_22160597.jpg
湾曲した海岸線の向こうは秋田市。
b0132817_22171977.jpg
Lightroomの「かすみの除去」をちょっと強めにかけてみました。
やっぱ色が変になりますね。かけ過ぎは禁物です。
やべっ、駐車禁止のとこにクルマ停めてしまったかも…。
でも係員っぽい人が通っても注意されなかった…^^;


岩木山を断念してちょっと気分は落ち気味でしたが、
この日最後のドライブスポットでなかなか満足できました。
ここ来る時に半島の内陸を通ったのですが海岸線沿いを通ればよかったかなと、ちと後悔。
やはりここでも入道崎で見かけたオッチャンがいた。みんな同じようにコース辿ってるんスね(笑)


このあと、山道を降りて秋田市内で給油しました。
前日の青森市内で給油したのち、津軽半島ドライブから五所川原市を経て、
岩木山の麓を通り、五能線と並行する海岸線をずーっとひた走って、この男鹿半島を制圧(笑)して、
約400km以上を一般道オンリーで走った燃費がなんと19.0km/L超!
うちのフィット君のカタログ燃費は、17.2km/Lなのでほぼ1割増し以上です。
MT車のJC08燃費計測方法は、現実の運転パターンとは大きく逸脱して(エコカー減税対象外にな)るらしいので、
CVT車などと違い、運転環境が良ければカタログ燃費以上は容易いですね。
MTを燃費計測のテストドライバーが現実通り運転するとハイブリッド車やら
そこらのエコカーの燃費を上まってしまうから、不利な計測基準なってんじゃないかと勘ぐってしまいますね。

さすが信号の少ない田舎道!
関東の信号の多さがアホ臭すぎます。


この日は秋田市内で泊まりです。


K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


まだ続きます。


by pre-sspec | 2016-05-17 22:41 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 15日

GW東北旅 青森から秋田へ

岩木山を断念したあと、当初の予定通り秋田県へ。

時間に(想定外の)余裕ができたので秋田の男鹿半島を目指してみることにしました。
b0132817_22590748.jpg
津軽地方から(下道で)秋田へ向かうには、日本海側の五能線沿いをひたすら走っていきます。
これまた信号が滅多に出てこない快適ロードでした。
加えてコンビニも滅多に出現しませんが^^;
b0132817_22563530.jpg
北東北ドライブをするときは、カーナビのお気に入りコンビニ表示条件に、
サークルKとローソンとファミマを登録しておくことをオススメします(関東などと違い7-11は少ない)
特にサークルKがコンビニ・スーパー不毛地帯にポッと出現したりします(笑)

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More つづき

by pre-sspec | 2016-05-15 23:38 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 14日

GW東北旅 岩木山登山! …のはずが

津軽富士こと、岩木山。

見渡すかぎりリンゴ畑に囲まれ雪をかぶったその山は富士山のようにどこから見ても美しい成層火山でした。
b0132817_18582028.jpg
今回のドライブ旅でせっかく北東北に行くのだから、
百名山をどこか登っときたいということで、早くからこの山を計画に入れました。

岩木スカイライン(通行料1800円!)で8合目まで登れば小1時間あれば登頂できるというお手軽さも魅力。
駐車場からリフトも運行されていて、それを使えば30分程度で登頂できるとか。
登山者なら下から登れよって話ですが、長距離ドライブ途中ですんで疲労蓄積を抑えるために岩木山スカイラインを使う予定にしました^^;

ところが1日目、ドライブしている時に岩木山を見て気が付きました。



雪、多くないか?



実はGW直前に東北や北海道には寒気が入り、一部で雪がつもりました。

嫌な予感がして、岩木山スカイラインのHPを見たらなんと除雪作業により通行止め!
電話でも問い合わせてみたら、今日(1日目)でだいぶ除雪できたので、
明日通行できるかどうかはその時の状況次第ということ。でした。

除雪作業で通行止めになる程ということは、
その上の登山道にもかなりの雪があるということ。



ヤバイ、どうしよう。



2日目の天気予報は快晴とまではいかないものの大崩れはしないみたいで、気温も上昇する模様。

開けて2日め。
岩木スカイラインのHPを見たら、開通はしている。
しかしリフトは運行していないとのこと。
リフトが運行しない程度で登山は中止にはしません。

しかし今回、私は不覚にも
雪山に対応できる装備を持ち合わせていませんでした。
雪山装備と言っても本格的なものは元から持っていなく、
今回の装備で不足するものといえば、一部防寒具とアイゼンくらいです。
最低限の登山装備は持ってきてはいます。

ちなみに2日め朝の麓から見た岩木山。
b0132817_19121150.jpg
うーむ。。迷いどころだ。
岩木スカイラインも通行できるし、天気も崩れる予報ではない、装備が万全ならGO!です。
しかし今回は装備不足なので、断念することにしました。


GWの岩木山は雪はまだあるとは認識していましたが、
今年は山スキー大会が中止されるほど小雪だからあとからここまで多くなるとは想定していなかった(政治家か)
マイカーで来たくせに所有するありったけの装備を持ってこなかったこと、
が今回の旅の最大の反省材料であります。

旅を終えた今となっては、もしかして登れたんじゃなかったろうかという後悔のほうが大きいです。
まさかここまで来てリベンジ対象の山を出してしまうとは。
遠出しても登頂できなかったなんて事はいくらでもあり得ますけどね^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



More おまけ

by pre-sspec | 2016-05-14 19:42 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日

GW東北旅 立佞武多編

津軽半島ドライブを終えて、
クルマはそのままのらりくらりと五所川原市へ。

ここも立ち寄ってみたいと思っていた場所です。

五所川原の立佞武多が屋内で展示されてて、祭り期間中じゃなくても見られます。


ちなみに、ここの五所川原の場合は
ではなく、みたいです。
b0132817_22523952.jpg
なかなかすごい迫力であります。
こんな重量バランスの悪そうなものが街なかを動くのかと思いきや、
もちろんソコはちゃんと考えられてて、重心のほとんどは台車あたりにあるらしい。
祭り本番ではこの建物が大きく開いてここから出撃するとか。

展示されてるのは3体。
1体3年毎に入れ替わるとか。
b0132817_22542605.jpg
b0132817_23150883.jpg
しかしよく出来てるなぁ〜。
デザインというか、細かいところにも手が行き届いてるっていうか。
b0132817_22552338.jpg
館内では一度、一番上の階に上がり、降りながら見ていく感じです。
b0132817_22561264.jpg
定期的にスタッフによる立佞武多の説明とムービーが上映されます。
見てるとなんだか祭り本番も見たくなってきた^^
b0132817_22565590.jpg
b0132817_22574853.jpg
遅いシャッター切る瞬間にズームリングを動かして撮るとこうなります。
何発かやりましたが、これが一番うまく撮れた感じです^^;


b0132817_22575300.jpg
超広角レンズでなるだけ接近して撮りました。

ほんと芸が細かい。
b0132817_22593416.jpg
こんだけでかいズウ体してて、雨に打たれたらどうなるかというと、
雨に打たれてもイイような水に強い塗料と素材で出来ているらしい。
b0132817_22595232.jpg
下から見上げた図。

b0132817_23025939.jpg
なお、今回記事の横長写真はクリックしても拡大できません。
こうした色が多く、線がきめ細かいのが多い写真は画像容量が莫大になるため、
画質と高画素を維持したままエキブロの500kb制限をクリアするのが難しいためです^^;


なかなか見応えのある施設でした。
青森駅近くにも青森ねぶた(横ねぶた?)の展示施設があるみたいですが、
今回は行く機会はなく。。。(また今度にしよう?)

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2016-05-10 23:11 | ドライブ | Trackback | Comments(0)