<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 14日

日光白根山 登山レポ

10月連休の中日に日光白根山へ行ってきました。
何げに日本百名山の一つに入っています。
b0132817_16235155.jpg

紅葉を少し期待して行ったんですが、どうやら最近の強風でだいぶ吹き飛ばされた?模様^^;
てか、日本海低気圧通過直後の西高東低の気圧配置が少し緩んでいたものの、それでもかなりの強風が吹いてて、めちゃくちゃ寒かったです。
時折体が風に流されそうになるし、霧氷の氷が風で飛ばされて身体に打ち付けられるわ鼻水垂れるわで・・・^^;

この周辺の天気予報は良かったのですが、山の上となるとそうもいかなくて、山頂はほとんどガスに巻かれた眺望はなく、消化不良の登山になってしまいました。。。
が、こういう状況下の登山は経験したことなかったので、いろいろと次回への反省点も得られました^^
(ほぼヤマテン通りの天気予報でした。猪熊気象予報士すげぇ・・・)


帰りに寄った日光の観光地はどこも人で溢れかえってました。
b0132817_16373217.jpg

結局クルマを止めて寄ったのは戦場ヶ原だけでしたがご覧のとおり最高の天気(ギギギ)
渋滞はさすがに酷く、特に麓の日光市から入ってくるほうは、竜頭の滝を先頭にいろは坂までずっと繋がっていました。
竜頭の滝前の交差点を改良すれば少しは解消されるだろうに国立公園だと自由も効かないのかな。
いろは坂の紅葉はまだだったので、華厳の滝を超えてからはスムーズに降りれました^^

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

登山レポはこちら

by pre-sspec | 2013-10-14 16:47 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 09日

PENTAX K-3が発表されて・・・

昨日の話ですが、PENTAXよりデジタル一眼レフの新機種K-3が発表されましたね。
b0132817_2256221.jpg

1.新型イメージセンサー、新画像処理エンジン 有効約2400万画素
APS-Cで2400万画素て・・・こんなにいるかぁ?
RAW撮影を必ずするのでデータ容量が大変なんですが(´・ω・`) メモリーカードあたりの撮影枚数減るしなぁ・・・
トリミング耐性は向上するにしてもだね・・・大きすぎる^^;
ISO51200が拡張感度から常用感度になったそう。画素数は上がってもノイズは大丈夫そう?

2.世界初のローパスセレクター
ローパスフィルターを物理的に無くしても、イメージセンサーをあれやらコレやらしてしてモアレを除去してくれるそうです。
切り替え可能でSS1/1000以下のときに有効だとか。
ローパスフィルターレスは体験してみたい。また槍ヶ岳登って撮影しなおさなきゃなぁ(ぉ

3.27点測距が可能な新開発のAFモジュール
AF測距点、やっと増えましたか(遅いよ)
これからは両サイド測距点もちゃんとクロス対応してほしいなぁ。
ヒコーキ(ブルーインパルス)撮影がしやすくなることに期待。

4.約8.6万画素のRGB測光センサー
測光センサーが変わったようで、たまに吐きだす変な露出の写真も少しは減るかな^^;
暗いところでの露出制御も強くなったらしい。

5.最高約8.3コマの高速連続撮影
画素数が上がったのに連写速度も上げたのですか。PENTAX何があった?(笑)
シャッター周りやミラー周りのメカニズムを一新してるらしいですね。
RAW+JPEGでの連写速度向上も頑張ってくださいね(威圧)

6.明るさと倍率を向上した視野率約100%の光学ファインダー
明るさが向上したのは嬉しい限りです。
一度視野率約100%ファインダーを経験すると元には戻れませんね。
ファインダー倍率も上がったそうな^^

7.多彩な設定が可能なフルHD動画撮影機能
動画形式がH.264に変わったそうです。
だけど動画撮影ほとんどしない自分(逃)

8.スマートフォンとの連携が可能
いくら専用のメモリカード出しても転送相手がスマホじゃ容量がすぐいっぱいになるんじゃ。。。
プロのスタジオ撮影みたいにMacbookにLightroom起動しといて撮影した写真をリアルタイムに表示できれば市場も広がると思う。

9.視認性に優れた3.2型、約103.7万ドットの大型液晶モニター
視認性向上は歓迎します。重量増の原因となる安易なマルチアングル化をしなかったのにも敬意を表したい(何様

10.フィールド撮影に最適な防塵・防滴構造の小型堅牢ボディ
登山に使うのでPENTAXの小型防塵防滴構造の恩恵を受けてる自分には特に気になる部分。
いろいろと機能向上して、さりげなーく重量増していますが、大手2他社に比べればまだ軽いほうなので許容範囲かな?
シャッター20万回耐久テストをクリアしたそうです。ここまで使うかは分かりませんが・・・。

11.その他 ダブルスロット化、PDCU5
メモリカードデュアルスロット化ついにキター。これは嬉しいです。
あまり大容量カードは持ち歩かず、こまめに変える自分には便利です。
バッテリーはK-7から続く同じものを引き続き採用。これは嬉しい。だけど撮影可能枚数が200枚以上も減っています。機能向上のせい(おかげ)なのかな。ファームウェアアップデートでさりげない向上を期待(笑)
バッテリーグリップが変わってしまったのはいただけない。ボディサイズが変わったためでしょうね(´・ω・`)
何回アップデートされても重いまんまのPDCUも設計を大幅に変えて向上させるそうです。あまり過度な期待はしませんが、特に風景写真の時はLightroomよりPDCUを使うのでいい加減に操作性は改善して欲しい。。。

APS-Cフォーマットのデジタル一眼レフも技術向上が煮詰まってきた感じですが、まだまだ発展の余地はあるんですね。
ペンタのフルサイズには特に期待していない(ペンタにフル用レンズラインナップ揃えられる体力があると思えない)ので、APS-C開発はまだ抜かりなくして欲しいです。


うーん。。
欲しい!
いつ買うか。今でしょ来年でしょ(きっと

ところでロードマップに掲載している新しいレンズはまだですか?
既存レンズのリニューアルじゃなくて、新しいのを待ってます。
特に超広角。。。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2013-10-09 23:36 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 06日

紅葉になりかけの涸沢カール

9/23登山の最終日は北穂高岳から涸沢を経由して、上高地まで降りるのみです(これがまたウンザリするくらい長いんですが^^;)
b0132817_1726943.jpg
最終日も絶好の登山日和。下山日なのが悲しい限りです。
一同、「まだ下山したくない。このまま涸沢に泊まりたいなー・・・」と。

涸沢はまだ紅葉のピークには程遠かったですが、上のほうは紅葉しています。
下のほうのダケカンバやハイマツが赤く染まって無いくらいで、青空のおかげでこれでも十分な感じに見えるんですけどね。
この9月後半連休も涸沢の2つの山小屋は身体を斜めにしないと寝れないほどのとてつもない混雑だったそうです。
誰だ、テラスにゴミ袋放置してったやつは!
b0132817_17465126.jpg
北穂高岳から下山中。
涸沢岳と奥穂高岳。間の白出のコルの向こうにはジャンダルムも見えてます。
なるほどーこんな景色だったのかー。前回の時は何も見えなかったもんなー^^;
メモリカードを40GB分持っていったのですが、足りませんでした。最終日にはほぼ底をついててバシバシ撮影できませんでした(反省)


今回の3泊4日の山行はほぼ全ての日で雨に打たれることもなく風もなく、穏やかな天候に恵まれました。
同時にたくさんの大切なものを得ました。
一つは大きな経験(特に大キレット通過^^;)、もう一つはたくさんの仲間です。
これほど充実した山行は多分過去に無かったほどだったと思います。
出会った方々には感謝するばかりでなく、私の山の世界観も変えさせてくれた気がします。同時にまだまだ自分は未熟者だなぁと。
まだまだいろんな山に登ってステップアップしたい限りです。
b0132817_1746308.jpg
北穂高岳からの下山中、後ろを歩く仲間のショット(笑)

来年(こそ)は、北岳~間ノ岳と前穂高岳~奥穂高岳・涸沢岳にチャレンジしたいなーと。
日程に余裕があれば荒川三山~赤石岳なんて妄想も(笑)

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2013-10-06 17:55 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2013年 10月 05日

歓喜の絶景 北穂高岳山頂

大キレット踏破の翌日、登山最終日の9/23は北穂高岳山頂は絶好の天気に恵まれました。

前夜の北穂高小屋は通路で人が寝るくらいのとてつもない超混雑で熱気で暑く、眠れない人も続出でした。自分も落ちることができたのは1時間ちょっとかなー。
b0132817_1956469.jpg
そうそう、この景色が見たかったのダ!!
キレットの稜線を境に太陽に照らされてる長野県側と影になっている岐阜県側のコントラストが素晴らしいです♪
前回、3年前に来た時は視界数メートルだっただけに絶景を見るリベンジは達成できたと思います(´∀`)

定番中の定番な北穂高岳から見る槍ヶ岳~大キレットだけど、いざ撮影してみると構図スゲー難しいです。
b0132817_1135868.jpg
実はよく見ると、すでに大キレットを歩いている人が見えました。
この切り立った稜線を歩いてきたんだなぁーと思うと、この景色はより達成感が湧きます。

小屋脇で歓喜のガッツポーズ。
b0132817_2001634.jpg
仲間と交代で後ろ姿を撮っては、撮ってもらいました(ノ∀`)
みんな子供のようにはしゃぎまくりです^^;


念願の北穂高岳山頂の絶景を見れて余は満足ぢゃ( ̄ー ̄)
だけどこの景色はいくら見ても飽きることはないので、またこの頂に来ると思います。
次は残雪がもうちょっと残って月明かりのない時に・・・^^;

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM ※ほとんど手持ち
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-10-05 20:29 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 02日

北アルプスの難所 大キレット踏破レポ

北アルプスでは難所とよばれる有名な登山路がいくつかあります。
不帰ノ險や八峰キレット、剱岳北方稜線、北穂高~涸沢岳、奥穂高~西穂高岳、槍ヶ岳北鎌尾根などなど。
その中でも特に有名で(簡単かもしれない)メジャーな大キレット
写真は大キレットの展望台、南岳小屋近くの獅子鼻岩からの眺めです。
b0132817_2132280.jpg
本当は今回の山行ではここを通る予定は無かったのです。
南岳まで登頂したら、少し戻って天狗原経由で槍沢を下って帰ろうと思ってました。
もちろんいつかは大キレットを踏破したいと思っていましたし、あわよくば・・・とも思っていました。

しかし、いくら単独行が中心の私でも大キレットとなるとさすがに初めは経験者と同行したいという不安^^;
前回レポで南岳小屋までレポしましたが、直前まで悩んでおりました。
せっかく知り合い仲良くなった山仲間。この楽しい人たちともう少し山行を楽しみたい。大キレットも通過してみたいと思っていた。幸い日程と山小屋にもう1泊するだけの予算は持ってきてある。天気もいい。
よく考えてみよう。日本で最も険しい山々が連なる北アルプスの難所つったらそれはつまり日本でもトップクラスに難しい登山道ということじゃないか。
これはきっとこれからの登山人生で自信になるはずだ。


大キレット、逝き行きます!


決断して、そう仲間に伝え同行することになりました(ノ∀`)

歓迎されました(笑)

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

続き 大キレット踏破 時系列レポはこちら

by pre-sspec | 2013-10-02 22:51 | 山登り | Trackback | Comments(6)
2013年 10月 01日

槍ヶ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳縦走

槍ヶ岳山荘に宿泊し、本日はまず槍ヶ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳と3,000m峰3座を縦走します。

本当はこのレポの前に槍ヶ岳山荘で見る夕暮れや星空、ご来光をレポする予定でしたが、それを記録したメモリーカード8GB1枚が死んでしまい、読み出せなくなってしまいました(ショック死)
メモリーカードの分散化には努めてますが、まさかこんな時に・・・(凹)

まずは昨日昼間に登った大喰岳、本日は通過です。
b0132817_23412866.jpg
相変わらずここから見る槍ヶ岳はイケメンです(違)

さて、この時点で共に行動する仲間が2人増えてました(ドラクエか?)

どちらも女性で自分よりはいくつか年上。うち、一人は昨日も槍ヶ岳山荘前のテラスで少しばかり山について語ったばかりでした。
この日も偶然、山荘出発前でバッタリ会い、(予定していた)途中まで一緒に歩くことになりました。
お二人とも面白く楽しい方で、自分よりずっと山経験は豊富で、雑誌とかでは得られない情報などバンバン教えてくれます。
うーむ・・・勉強になるなぁ(たじたじ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More

by pre-sspec | 2013-10-01 00:08 | 山登り | Trackback | Comments(2)