タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 25日

富士山と天の川

春霞みで澄んだ空になりにくいこれからの季節。西の大気汚染の国からは黄砂もやってくる・・・。3月中にもうひとネタ何か撮っておきたい。。。
金曜から土曜日にかけて雨だったけど、昼間にいきなり晴れた。天気予報を聞くと晴れてもまた寒さが若干ぶり返すそうだ。天気図を見ると日本海で寒冷低気圧が東に進み日本海側は雪、大陸から移動性高気圧が来ている。西高東低の冬型だ(゚∀゚)
月齢を調べると今日は新月の2日後で月明かりもない。


そうだ(また)星を撮りに行こう!
星撮影ならうちから一番近くて気軽で、撮影場所の勝手も知るとこは富士五湖周辺しかない。
でもって、いつも富士の夜は山中湖ばかりだから今度は河口湖へ行こう(笑)

多摩地区~山梨県の天気は晴れで最低気温は0度の予報。
この天気予報(気圧配置)なら、富士山は見える!間違いねぇ!
・・・と決めたのが土曜日の夕方(笑)
とりあえず晩飯食ってちょい仮眠して、日付が変わってから出発^^;

ちゃちゃっとクルマを1時間半くらい走らせて、河口湖の定番の公園に到着。
クルマ運転してる時はライトでよく見えなかったけど、降りてみると満天の星空と富士山が出迎えてくれました(゚∀゚)
b0132817_2047463.jpg
F4.0 60秒 ISO1600 O-GPS1アストロトレーサーによる追尾撮影

撮影時刻は午前3時半(爆)
富士五湖周辺は氷点下でまだまだ寒いですが、この時間にもなると夏の星座のさそり座に天の川まで見えております♪
写真真ん中ちょい上にはオリオン座のベテルギウスなどと同じ、赤色超巨星のアンタレスもハッキリ見えてます。
肉眼ではさそり座と天の川くらいなら識別できますが、写真に撮ると肉眼で見えない星がいっぱい写ってもう何が何だか・・・
簡易追尾機能による撮影なので、星が線にならない代わりに、下の街明かりや富士山はどうしてもブレます。


撮ってるうちに角度的に精進湖なら富士山と天の川がちょうどいい感じで撮れるのではと思い、精進湖へ。
クルマをかっ飛ばし、ナビ案内で所要30分程度のところを20分弱で精進湖に到着。

なんということでしょう。
b0132817_213481.jpg
富士山頂に雲が被っているではありませんかorz
だけど、予測通り縦構図なら天の川がいい感じに富士山の上に来ていました(あと1時間早く来ればよかったか^^;)
この角度の富士山は1000円札に描かれてるのと同じです。西日を浴びる分?河口湖から見るより若干雪が少ないですね。


いやーしかし、ペンタックスのGPSユニット「O-GPS1」の星追尾撮影機能(アストロトレーサー)は凄い。
ボディ内手ぶれ補正のイメージセンサーを動かす機構を星追尾に応用してしまう画期的なもので、本来なら(高価で重くて準備が面倒な)赤道儀が必要な星の点像撮影が、簡易的とはいえ小っちゃいGPSユニットをカメラのホットシューに装着してカメラは三脚に固定するだけで出来てしまう。。。
これだけ星が撮れるなら、本格的な星野撮影の世界に首を突っ込まない限りは赤道儀はいらないかもですね。
まさにボディ内手ぶれ補正機構が報われたカタチですね。トップ2大メーカーだと、このように撮るには赤道儀がいりますからね。
夏の北アルプス登山(予定)での星撮影も楽しみになってきました(´∀`)


K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM + O-GPS1
にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

おまけ

by pre-sspec | 2012-03-25 21:43 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 17日

祝!1234567890

え~、先週の幹鉄遠征の帰路でのお話ですが、ついにMyプレリュードちゃんの総走行距離が123,456kmに達しました♪
ついでにトリップメーターも789.0kmでストップ!
b0132817_14225049.jpg

本当は明るいうちに達成したかったのですけど、一般道でのんびり走ってるうちに頻繁に渋滞にハマリ、結局暗くなっていまいました^^;


この記念すべき瞬間を撮影すべく、まずは1ヶ月ほど前に122,667㎞に達した時点でトリップメーターをリセット。
そんでもってこの日、直前まで国道を走っていたのですけど、そこでは撮影するために路駐は出来ないので、
残り2kmくらいになったところで、わき道に入ってどこでも停まれるような道を転がしつつ、その瞬間をねらうと・・・。

んでもって、達成!した場所は愛知県豊橋市内の周りに田んぼが広がる某農道でした(ビミョー^^;


こんな瞬間はそのクルマでは一度きりしか来ませんからね♪(100万キロ以上、走れば別だけど・・・)
前回の111,111kmの時は高速道路走ってて逃してしまったので、さすがに気合が入りました(笑)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2012-03-17 14:34 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 11日

20年分のありがとうをのぞみに乗せて

300系引退前なのにこれまでろくに撮影に行ってなかったですが、2日間しかない300系特装列車が走る土休日の3/10(土)、ようやく行ってきました。

定員が少ない沿線撮影地でポジション取りで負けに行くより、リスクの少ない駅撮りを選ぶことにし、舞台に選んだのは、駅撮り定番駅の琵琶湖県の米原駅。
同じく駅撮りの定番でよく行った小田原や浜松に行くよりは新鮮味があっていいと思い、遠いですがここは一大決心!500系の時すら行かなかったのに…笑
いつも通り残業で22時頃に帰宅し、大急ぎで(?)寝て2時半に起きて出発!東名高速をかっ飛ばして、300系通過時刻約2時間前に米原に到着。

初めての米原駅。
とりあえず下りホームが撮影適地なのは知ってるけど、どの辺りが自分のレンズにあったポジションか分からない。とりあえずここは自分の撮りたいアングルで狙うこととし、ポジション取りのライバル(同業者)も多いので、早めにポジションを決めとく。
ホームでは駅員の撮影者に対する注意(三脚、脚立御遠慮。黄色い線の内側に下がれ系)放送がしきりにやや呆れ恨み節口調で繰り返される。人相悪っ。

約1時間半ちょいの間、通過列車で練習。
そしてAM10時ちょうどごろ、目的の300系がキター
b0132817_22132875.jpg
私のレンズの望遠端は250mm。なので、分かる人には分かると思いますが、めっちゃトリミングしてます^^;
ピント少しずらしちゃいましたが、これが私が米原で撮りたかったアングルなのでまぁいいかなと。。。

後追い撮影。塗装というよりはステッカーの跡が。。。
b0132817_2218818.jpg
この列車の影にはN700系の通過列車が隠れてます。あと数秒、この列車が遅れてたら被ってましたね。

新大阪からの折り返し列車。上りホームから撮影。
慣れない&失敗率の高いインカーブ撮影だったけど、とりあえず大失敗にはいたりませんでした。 トリミングしてます(笑)
b0132817_22204332.jpg
本来は同じ下りホームから撮る予定だったのですけど、駅員が下りホームにいると停車中の下りこだまの発車と、300系の通過がほぼ同時刻で撮影出来ない可能性が大と撮影者の皆さんに片っ端からアドバイスをしてきたので、上りホームへ私も含めて何人もぞろぞろと移動。
結果的にはそのまま下りホームにいてもギリギリで被らなかったんですけど・・・。まぁ、駅員の配慮に感謝するとします。


米原を発車するJR西の300系F7編成と見送る人たち。
b0132817_22265154.jpg
300系の明るいテールランプもこれが最後かぁ・・・


ということで、私が動く300系を撮影できるのはこれが最後です。
ラストランの3.16は平日なので、まだ昨年暮れに転職したばかりの有給の無い自分には行くことができません^^;
有給あったとしても、月のこの辺りはちょうど忙しい頃なので無理だったかも。。。


ありがとう300系。
乗車機会は東海道山陽の0系からの全形式で一番少なかったけど、少なくともデザインは今現役のN700系とかよりはずっといいです(笑)
92年春の運航開始からちょうど20年ですか。当時は小学生でしたが、初期トラブル頻発のニュースは今でも覚えてます。本格的に鉄道に興味を持った時にはすでに最大勢力数を誇っていたから、そん時にはこんな早く引退になるとは夢にも思いませんでした。
新幹線高速化のパイオニアよ、永遠なれ。

正面の車体装飾は、リニア鉄道館の車体にも貼ってくんないのかな?(笑)


ちなみにタイトルの由来ですが、ヒコーキ好きならピンとくるはず・・・(笑)


K-5 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

おまけ

by pre-sspec | 2012-03-11 22:55 | | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 04日

現実はキビシイなー

マイカー、プレリュードのオイル交換へ、ディーラーへ。
営業さん(趣味がほぼ一緒)と話が盛り上がってるうちに、なぜかフィットRSの見積もりを貰うことに(爆)

なんでフィットRSなのかというと、自分の希望条件に一番合ってるからなんですね。
1500CCで税金安い、燃費がよくて維持費も安い(はず)、車体が小さくて取り回しもいい(はず)、車内が広くて実用性高く、今自分が望むクルマの使用スタイルに一番近い、街中にあふれてるフィットとは違う個性的なスタイル、でもって6速マニュアルがある!!(これが一番大きいかも笑)
b0132817_23411237.jpg
今すぐ買い換えられるフトコロ状態なわけではないし、プレリュードの赤H22A VTECエンジンや低いスタイルは捨て難いし、整備を続ければまだまだイケるけど、御年13歳。税金も上がるし、高騰する整備費や税金もろもろを長い目で見て考えると、次の車検(今年9月)での出費如何では・・・という状況^^;

候補車はフィットRSの6MT、内装がオレンジは嫌なので、黒の10thアニバーサリーモデル、色はプレミアムホワイトパール、MOPはスマートキー2個、DOPはマットとバイザーの最低限で(もっとつけたいのはいっぱいあるけど)
即興で作ってもらった見積もりなので値引きとかは入ってないけど、それでも2,000,000ちょい。嗚呼・・・orz
ローンの支払いプラン見て(恥ずかしいんでモザイクかけてます笑)、さらにため息・・・^^;
営業さんも変に適当なクルマに乗り換えるくらいならプレリュードを長く大事に乗り続けてくださいねと言われるし・・・。
ん~、こりゃ普段の生活を支障なくするには頭金かなり貯めないとな・・・。でもそれじゃ9月の車検までには間に合わんな。どうする俺。。。^^;


SOHCのくせにノーマル時点でなかなかいい音してるんですよねー、フィットRS・・・


おい、会社! 給料(以下略

by pre-sspec | 2012-03-04 23:58 | クルマ | Trackback | Comments(6)