<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 26日

首都圏の品不足も少しずつ改善してきました・・・

…がっ、スーパーでのカップヌードルにこんな価格を掲示されると買う気も失せるわっヽ(`Д´;)ノ
カップヌードルは俺の中では100円以下で買うものというイメージなんですけどね。
b0132817_22151362.jpg
まぁ、中の肉が変わってから明らかに買う回数は減りましたが(笑)

スーパーカップもこのお値段。
b0132817_2223477.jpg
スーパーカップは俺の中では128円位で買うものというイメージなんですけどね(もうええ


あ、品不足改善と冒頭で書きましたけど、金町浄水場での放射線検出の一件で、
がまた品不足に陥りましたヽ(`Д´;)ノ

コンビニに寄ると何か飲み物を買わずにいられない自分が悲しいorz

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2011-03-26 22:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 17日

首都圏の被災もまだまだ

地震当日、いつものように六本木の某ビルの職場で働いてました。
徐々に揺れ、その後襲ってきた尋常ではない揺れに社員は大騒ぎ。ビルの外に避難し、余震に揺れるビルを見ながらも外で待機。
取材ヘリが飛び交う中、その日は16時頃に退社することに。

首都圏の鉄道は全てストップ。
首都高も全てストップで下道はクルマで、歩道はとりあえず自宅方向へ歩く帰宅困難者で溢れかえってる。
b0132817_23393464.jpg

その日はとりあえず世田谷区某所の親戚宅へ御厄介になることに。
六本木から徒歩で2時間半ちょいの距離。多くの帰宅困難者の中では多分、短いほうでしょう。
246をひたすらまっすぐ歩くわけですが、細い歩道は人で渋滞。
三軒茶屋辺りまでは人でぎっしり、歩きやすくなってきたのは環七超えて上馬~駒沢辺りから。

バスはギチギチの満員状態でしかも進まず、立ってる人は生きてる心地がしなかったろう。
こんなときにバスに乗るのは生き地獄に行くようなものです。歩くのが一番早いです。
公衆電話はどこも行列。数は減らしてますが、まだまだ必須なものということを人々は思い知ったでしょう。
歩いてて思ったのは、雨が降ってなくてよかったことと、歩くだけで汗が出てくる季節でなくてよかったことです。
雨は傘が必要で大量に人がいると歩行渋滞が一層激しくなるし、暑い季節だとより水分補給が必要になる→しかし途中のコンビニは品不足
と最悪のシナリオがあるわけで…(恐)


津波に襲われた瞬間は携帯のワンセグでチラっと見てましたが、惨状を詳しく知ったのはテレビ映像をまともに見れた親戚宅に着いてから。
・・・言葉もないですね。口下手(文章下手?)なので下手なことは言えません。


帰宅困難者向けに開放された施設がテレビでさかんに紹介されてましたが、そんな情報は実際に歩いてる帰宅困難者には伝わらないのです。
人であふれてるから携帯の通話はまったく通じず携帯のWebはかろうじて見れるものの安定しない。
メールは溜まったものが数時間おきにまとめて受信するような現象でした。
携帯のWebサイトではすぐにそんな開放してる施設なんてリンクも無かったし見れないのですよ。
枝野長官が呼びかけてた会社に泊る案もこれは一理ありでしょう。しかし、今の勤務地のビルはちょっと…(社員一同)なのです。


翌日。
親戚宅を出た自分は電車で自宅へ。
本数が少なく、前日のスーツ姿の帰宅困難者をたくさん乗せて土曜日ですがまるで平日の夜の様。
でもって、帰宅途中に出社要請(泣)
ひとまず家に帰って、すぐさま会社へ逆戻り。
社員の安全より会社の業務(お客対応)が重要か!ケッ!!


週が明けて月曜。
駅前がとてつもないことになっていた。
b0132817_23594865.jpg
計画停電のため本数を減らしての運行、ホームは入場制限。
いつもよりちょっと早く出た程度では間に合わず、並んでるさなかに駅員に本日は乗れませんとアナウンスされる始末。
京王は9時以降調布以西、小田急は経堂以西運休と多摩地区の鉄路は都内に行けない陸の孤島状態(道路はありますけど…ね)
結局、月曜は出社できない始末。
火曜以降、京王は8割~平常運転になったので入場制限でまた並びはしたものの思いのほかスムーズに出勤できました。

月曜はとりあえずクルマで来てみてと言われ、会社に向かってみると道路も凄まじい光景。
ガソリンスタンドは殆どのスタンドで「ガソリンありません」の張り紙で閉店状態。
僅かに給油できるスタンドでは数百メートル前からの行列。
灯油ならまだしもガソリンはそんな急には必要ないでしょ?仕事車以外で並んでる人たち。
結局、渋滞で途中で引き返してよい指令でましたけどね。。。


さて、肝心の食料補給。
スーパーでは被害妄想強きオバサン達で大行列。
コンビニは弁当、おにぎり、パン、カップめん、ミネラルウォーターを中心に商品が殆ど無い!
普段、コンビニに行かない中高年層とかが買い占めてるんだろうな…。マジ腹立つわ。
特にトイレットペーパーやティッシュを買い占めるのってオイルショックの後遺症なの?
まともな食料が無いので、ひとまずその時点で手に入れられるもの(ペットボトルのお茶類、喉の渇きにくい高カロリー菓子類とか)を手に入れとく。


計画停電による節電で街は今とても暗いです。
普段は歓楽的な雰囲気の勤務地である六本木も今はネオンや店の明かりは殆ど消され、
陽気で闊歩する屈強な外人や観光客は殆どいなくなりました。
街全体がとても暗く沈んだ雰囲気ですね。

電車の運行は少しずつ安定してきましたが、首都圏の被災はまだまだこれからなのかな…?と。


そんな中で元気が出る映像を
九州・福岡が地元の自分としては涙モノであります。


※メールくれた方々、ありがとうございましたm(_ _)m
 まだまだ不安は尽きないですが無事でございます。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by pre-sspec | 2011-03-17 00:22 | 日常 | Trackback | Comments(8)
2011年 03月 09日

BLUE MOMENT YOKOHAMA

ひさしぶりに横浜みなとみらいへ夜景撮影へ。
いつものごとく大さん橋に落ち着いてしまいましたが^^;

しかし構図はいつもとは違うように工夫しようと、今回はちょっともがいてみました(笑) 
b0132817_23594224.jpg
この日は冬型で寒く、一日中天気もよかったので、富士山も顔を出してくれました♪
土曜で人出も多く、カメラマンも富士山が見える大桟橋すみっこに集中^^;
富士山が見えるとカップルや女性グループ中心に見境なく力説するちょっとラリったキモ男が2人ほどいてウザかったけど…。


横浜の夜景は撮ってて飽きない♪
もっと完成度の高い夜景写真を撮ろうと挑戦意欲の湧く場所であります(何をえらそーに

K-7 + DA16-50mm F2.8ED SDM
にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

その他のみなとみらい夜景写真もろもろ

by pre-sspec | 2011-03-09 00:22 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 06日

ありがとう さようなら ジャンボちゃん

日本のフラッグキャリアのフラッグシップがついに引退してしまいました。。。

まず飛行機と聞いて、真っ先に思い浮かぶのはこのカタチと顔ですよね(たぶん
そのジャンボことJALのB747-400がついに日本の空から消えてしまったのですよ。
b0132817_2048428.jpg

自分が飛行機をデジタル一眼レフで撮り始めたのは3年弱前。まだペーペーです(笑)
その頃の成田は飽きるくらいにJALジャンが飛来しては飛び立っていってました。
1年半前に成田へ行った時の写真フォルダを見返すと、凄まじい数のJALジャンが写真に残っていました。
それから僅か1年半でそのジャンボが見れなくなるなんて、その頃の写真を見てると想像できないのですよ。。。


全てのJALジャンが退役した成田空港のJAL駐機場前にはまるで見本市のごとく、ジャンボが並べられていました。
一番手前の機体は元国内線用でロゴは既に剥がされ、機体レジも書きかえられてます。Nだからアメリカの航空会社に売られるのだろう…
ジャンボが4機、間に挟まれた別の機体は種別はわからないけど、同じく退役するA300-600Rなんかな?
b0132817_20564287.jpg
これらの機体は他国の中小航空会社に売られ、第2の人生(機生)を歩むんだそう。。。
今やJALは外国の中小新興航空会社にとって大事なB747供給元になってるんだそう。
この元JAL機体は再び日本に飛来することはあるんだろうか。


テレビ・新聞には燃費が悪いから引退みたいにしか書いてないけど満席に近い状態なら、
同じ客数をジャンボ1機で飛ばすのと別の小さい機種2機で飛ばすのじゃ、燃費ならジャンボに軍配が上がるんだそう。
しかし某雑誌では、同じ燃料でジャンボはホノルルまででも、B777ならロスまで飛べるんだとか^^;

ANAも2015年までには国内線からもジャンボを撤退が予定されてます。
日本の航空会社からB747が消えてしまうのは寂しいから、ここはぜひとも最新の747-8を導入してほしいなぁ…

にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

JAL B747-400写真館

by pre-sspec | 2011-03-06 20:46 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(2)