タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

旅れぽ2日目その3 白馬で大ジャンプ!? の巻

2日目はまだあります。すんまそんw

さて、悪天候で立山黒部アルペンルートは思ったより早く引き揚げてしまいました。
時間にしてまだ13時半です(T∀`)
さてどうするか?


こんなこともあろうかとw、アルペンルートを早く引き揚げてしまった時のためにプランを考えてました(ノ∀`)

その場所は、白馬ジャンプ競技場

アルペンルートの玄関口の大町市から白馬村はそんなに遠くない(クルマで30分くらい)し、
どうせ来たなら、(個人的に)行っておかねばなるまいということで(笑

そんな訳で雨の中、クルマを走らせて白馬ジャンプ競技場に到着。
b0132817_2052148.jpg
撮影思いっきりミスった_| ̄|○
八方尾根スキー場の脇にたたずんでいます。なかなか迫力があります。
札幌の大倉山ジャンプ台にも行ったことはあるけど、こちらは2つもシャンツェがあるから、なお迫力がっ。

駐車場から地下通路を通ると、真ん中のリフト乗り場に着くので、500円でリフト券(観覧料込?)購入。
小雨が降ってるので、ポンチョを借りてリフトに乗りました。
スタッフ曰く、リフトは傘さしてもいいってw

リフトに乗って両ジャンプ台の真中にあるスタートタワーに着くと、エレベーターに乗って4階までいきます。
b0132817_20555262.jpg
エレベーター降りるとこんな感じ(写真は3階ですが)
長野オリンピック関連の写真とかポスターなどが展示されてます。
4階の展望室には売店もありますが、ここと似たような殺風景なフロアです。
あくまで、選手控室ってのが第一の目的w

4階から階段で3階に下りて、ラージヒルのジャンプ台を目指します。
b0132817_2059364.jpg
スタートタワーからジャンプ台への渡り通路はこんな感じ。
この通路は雨風雪に曝される環境です。

b0132817_20594932.jpg
渡り通路を渡ってジャンプ台の構造物に着くと、見学者はこの階段を上ります。
選手は渡り通路を渡った直後に専用の入り口があります。


階段を登り切るとシャンツェ(ジャンプ台)の頂上に到着!
b0132817_2114894.jpg
ラージヒルのジャンプ台からの眺め。急ですねぇ~♪
最大斜度37.5度だそうで((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

b0132817_2134232.jpg
こんな感じの眺め。
もしかして、天気が良ければ眺めもまた格別に素晴らしいんでないか?_| ̄|○
高い場所ですが不思議と恐怖は無かったです。頑丈な鉄柵があるからかな?

続いては階段を降りてって、ノーマルヒル。
b0132817_21122314.jpg
この日はどっかの学生がサマージャンプの練習をしてました。
大会の時は一般人は見学できませんが、練習の時は見学可能だそうで。
但し、リフトやエレベーター、通路などは競技者優先で通すように注意書きがあったりします。

b0132817_21143032.jpg
ジャンプの瞬間。この時、クルマの中に望遠ズームレンズを置いてきたことを激しく後悔_| ̄|○


見学もひと通り終えて、疑問に残ることがっ



見学者はどうやって降りるんだ?



ということw

辺りを見回したところ、ジャンプ台から降りるための階段みたいなものは見当たらないし・・・
まさか見学者もジャンプして降りるとか?(なわけねーだろ

リフト乗り場へ戻ったら、やはりリフトで降りるんでした。
冷静に考えれば当たり前だよな(ノ∀`)
b0132817_2119913.jpg
しかし、リフトって降りる時なんてフツー乗らないから、妙に怖いw
ジャンプ台の頂上にいるより怖いかもしれない(なんでや


リフト降りて、ポンチョを返したあと、長野オリンピック記念館へ。
b0132817_21214849.jpg
長野オリンピックで主に白馬村周辺で行われた競技の資料を集めたところです。
なので、長野市内で行われたフィギュアスケートとかスピードスケートとかの資料はありましぇん。

b0132817_21231474.jpg
オリンピックのメダル。
個人的に長野オリンピックは、今まで(テレビでw)見てきたオリンピックの中で特に印象に残ってる大会なので、いろいろと思いだすものがありました♪


見学で気が済んだ後は白馬村を後にして、この日の宿泊先の松本市内へのんびり戻りました。

んでもって、泊まる松本ウェルトンホテルに17時半頃到着。チェックイン。
b0132817_21312133.jpg
松本駅周辺のビジネスホテルでは一番安いらしい。
多分、駅から一番離れてて且つ栄えてないほうのアルプス口側だからかもw

しかし、1泊目と違ってなかなか洗練されたホテルだ。デザイナーズホテルらすい。
部屋はシングルでも全室ダブルベッド、ダブル枕なので広々快適♪

なんだか2日連続ホテル泊とか、今までのひとり旅では経験したことないほど贅沢してるな(ノ∀`)
何より疲れをとることが大事だと踏んだので。


チェックインした後、部屋でマターリして松本駅周辺へ適当に夕飯食いに行って戻ってこの日は終了。

おやすみぃt(ry


b0132817_21425888.jpg


その他の写真

by pre-sspec | 2008-09-30 21:50 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 29日

旅れぽ2日目その2 立山黒部アルペンルート 黒部平→大観峰→室堂平

2日目の続き。

黒部ダムからケーブルカーに乗って、黒部平というとこまで登ります。
b0132817_222407.jpg
ケーブルカー。 
これがまた物凄い傾斜角です。
どうやって建設したんだろ?

5分程度で黒部平にとーちゃく。
b0132817_2273143.jpg
平日のまだ早い時間帯なので記念撮影に講じる人はいません。
繁忙期の休日の天気の良い日だと、記念撮影の人で溢れかえるんだとか。
この記念碑の横には天然水が湧き出てて自由に飲めます(ウマー

黒部平の展望台より
b0132817_2285859.jpg
はい、この通り最悪の天気です_| ̄|○
後立山連峰がひじょーに残念なことになってます_| ̄|○_| ̄|○


続いてロープウェーに乗り込み、大観峰へさらに登っていきます。
b0132817_22135395.jpg
ロープウェー内より撮影なので、色が変です。
駅と駅の間に支柱が1本もありません
途中に支柱が無いロープウェーとしては、日本最大規模なんだとか。
ロープが切れたら完全に終わりだぁね(支柱あっても終わりだろw

てなわけで大観峰に到着。
b0132817_22172227.jpg
はい、この通り残念なお天気_| ̄|○
時間が経つにつれて雲が厚くなっているような_| ̄|○
一番下に見える湖はさっきまでいた黒部湖です。
赤沢岳と針ノ木岳の山容を見たかったのになぁ。。。
b0132817_22303138.jpg
大観峰からロープウェーの下のタンボ平という斜面。
ちょっぴり紅葉。今年は遅れ気味らしい_| ̄|○

この後、大観峰から室堂までは、またトロリーバスで移動になります。
b0132817_22202595.jpg
トロリーバスの運転席。
バスの運転席に電車の計器をぶち込んだようなもんですね。
トロリーバスは架線の電気を集電して動くので厳密には鉄道の一種なんだとか。
そう考えれば、電気で動くコイツも“電車”なんだよなぁ・・・


てなわけで、トロリーバスに揺られて室堂平に到着。
立山黒部アルペンルートの最高部です。
b0132817_22233698.jpg
はい、この通りの天気_| ̄|○(もう、えぇて
せっかくここまで来たんだし、凹んでても仕方ないので、辺りを歩くことにしました。
幸い、雨ではなく衣服を濡らさない程度の霧なので、雨具も使わずに済みました。
しかし風速10メートル以上はあろうかという強風が吹き荒れていました(´・ω・`)

b0132817_22283725.jpg
立山もこのとおり_| ̄|○
麓では紅葉が色づいてました。


b0132817_22254560.jpg
ミクリガ池。
火山活動によって出来た爆裂火口湖とかいうカッコイイ種類の池だそうです。
晴れた日は、とても奇麗な色をするそうですが、今日はこんな天気の上に強風なので、単なる池にしか見えません(T∀T)アヒャヒャヒャ

ミクリガ池から地獄谷へ通じる道。
b0132817_22315668.jpg
この坂の傾斜。登ってくる人はみんな息を切らしてる。嫌な予感w

あ、ちなみにこの室堂平周辺を散策するには最低限の山歩き装備をしたほうが無難です。
クツは最低でも底の厚くて動きやすい運動靴を履くべきで、トレッキングシューズなら問題なしです。
散策路は全て硬い石畳+傾斜も多いので、街歩きで使うようなクツでは間違いなくアシを痛めます。
服装も高山だし天気も変わりやすいので雨合羽か防水性の高いものを必ず持っときましょ。
周辺の立山とか剱岳に登山しないんであれば歩道や案内板が完備されてるので、遭難することはありません。
国立公園なので、人が立ち入りできるところは厳しく制限されてるし、ゴミを投げ捨てようもんなら法律で罰せられまーす(´∀`)


んでもって、地獄谷に到着。
b0132817_22412453.jpg
辺りはもの凄い硫黄のニオイ。最近流行りの硫化水素ガスですわw
看板にも超時間いないですぐに通過するように書かれてます。
10分くらいその場にいたら多分、倒れますw

で、来た道を登っていきます。空気が薄いしめっちゃキツイ。文字通り心臓破りの坂です。
登りきってどこへ行こうか考えた末、天気も悪いのでとりあえず池のまわりを回って降り立った室堂ターミナルへ戻ることに。
b0132817_22522798.jpg
上でアップしたミクリガ池写真の奥あたりからの風景。紅葉が見えてるぢゃん。
天気良ければどれほど絶景だったろうか_| ̄|○

これから急速に視界が悪くなって、視界30mくらいになりますた(´・ω・`)
b0132817_22585940.jpg
こんな天気なので、室堂ターミナルへ帰って、
元来たルート(室堂~トロリーバス~大観峰~ロープウェー~黒部平~ケーブルカー)で黒部ダムまで戻り、
ここで昼食をとって、トロリーバスで扇沢駅まで戻って立山黒部アルペンルートは終了です。

天気が悪かったので、いつかリベンジ決定です(;´∀`)
室堂の本来の絶景は見らずして人生は終われません(そこまで言うか


※補足ですが、今回は平日の閑散期(?)に訪れたので、アルペンルート内の各移動手段はスムーズに乗れたのですが、
繁忙期は一便で全ての乗客を捌ききれないので、整理券方式で乗る便がかなり後ろへずれ込んでしまうこともあるそうです。
トロリーバスやケーブルカー、ロープウェーとかは、2~30分~1時間に1本とかなので、余裕こいて午前の遅い時間とかに訪れると、
行ける観光地はかなり限られるので注意が必要です。


つづけ

by pre-sspec | 2008-09-29 23:12 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 28日

旅れぽ2日目その1 立山黒部アルペンルート 扇沢~黒部ダム

2日目突入です。

この日は日本が誇るスーパー観光地、立山黒部アルペンルートへ行きます。
天気が曇りですけど_| ̄|○

5時半頃に起きて準備し、6時頃にホテルをチェックアウト。
安曇野市から大町市と早朝の道を快走し(信号が全然なかった♪)、大町アルペンラインという道に
入って立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口、扇沢駅(地図)を目指します。
ここ以降は一般車は乗り入れできまへん。
b0132817_20532365.jpg
6:40分頃に扇沢駅の駐車場到着。
写真奥の上2段が有料駐車場で自分が止めたとこは無料です。
平日でオフシーズンなのか、クルマは思ったほどいませんでした。
これが夏の繁忙期だと6時前でほぼ満車に近い状態になるとかならないとか((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

高いとこに登るため、厚着してリュックにそれなりの準備をして、山歩き用の靴に履き替えて切符売り場へ。
b0132817_20563214.jpg
チケ購入(チケ言うなw
山頂の室堂までの往復で8800円。高いですねぇ。
天気はあいにくですが、最初から室堂までいくつもりでしたので。

始発は7:30なので、改札口前の待合スペースでマターリ待つ。
b0132817_2101233.jpg
出発時間が迫って来て、改札前に並びます。
でもって5分前くらいに改札を通過して、トロリーバス乗り場へ。

b0132817_2115215.jpg
初のトロリーバス乗車です(´∀`)
バスの天井から、架線へ棒みたいなもんが伸びてます。

でもって、7:30定刻通り出発。
発車したのは2台だけでした。
多分、ピーク時にはもっとたくさんの台数で運行されるんでしょうね。
ちなみに電気で動いているので一瞬、電車のVVVFインバータみたいな起動加速音が出てましたw
てか、実際に装備されてるらしい(笑

関電トンネルとかいうかなり長いトンネルをくぐって、約15分で黒部湖駅に到着。
と、同時に人生初の富山県上陸です。
経県値が3上がりますた!(まだやってたんかw

黒部湖駅から展望台方面へ200段以上の階段を登ります(これが結構キツイ

でもって、黒部ダムの展望台に到着。
b0132817_2116509.jpg
黒部ダムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

ついに来てしまった黒部ダム(;´Д`)
いつかはここに来てこの放水を生で見たいと思っていました(;´Д`)
ちなみに放水は期間限定なんで行く時期には要注意です。

b0132817_21204727.jpg
放水部アップ。
吹き出し口の近くに扉がありますね。あそこまで行ったらどんな感じなんだろうw
音ですが、ドドドドドドでは無く、シャアアァァァァ~という感じで、思いのほか静かです。

展望台はいろんな高さのところがあります。
上の写真は一番高いトコの展望台です。
b0132817_21294790.jpg
ちょっと低い場所の新展望台より。

展望台を後にして、ダムの上を歩いて、ケーブルカーの駅まで進みます。
b0132817_21323079.jpg
展望台側の通路。

b0132817_21331766.jpg
ダムの奥側から展望台方面を見る。


ここから、トンネルに入るとケーブルカー駅があり、そこからケーブルカーに乗って、黒部平を目指しまーす♪

つづけ

その他の黒部ダム写真

by pre-sspec | 2008-09-28 21:45 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 27日

旅れぽ1日目その3 美ヶ原~武石峠~美ヶ原高原道路~王ヶ頭

1日目はまだまだ続きますw

牛伏山を下りて、山本小屋駐車場を出発してすぐの美ヶ原高原美術館へ(地図
b0132817_2138167.jpg
標高2000mちょうどらしい。

b0132817_21385476.jpg
雲上の駐車場。
美術館といっても美術品を見たわけではなくw、とりあえず大きなお店があったので土産でも購入。

この後、ビーナスラインの険しい峠道をひたすら降りて行って、武石峠方面の峠道へまた険しい道を登り、美ヶ原高原道路へと進みました(地図

美ヶ原高原道路最初の絶景スポット、思い出の丘(地図
b0132817_21451113.jpg
残念ながら、正面は厚い雲に覆われていて、北アルプスは見えませんでした(´・ω・`)
もし、雲が晴れていたならレポその2でうpした牛伏山からの眺めより、北アルプスが間近に見えて絶景だったと思いますorz
b0132817_21471743.jpg
上の記念碑(?)と同じ地点より駐車場からの遊歩道(登り道)。
ちなみに居たのは自分だけです。 その後もヒトの来る気配なぞ皆無w
休日はどうか知りませんが、ここまで来るのに結構な険しい道を辿ってこなきゃ行けないので、マイナーな絶景スポットなのかも(?)
空を眺めると高層の雲がやたら近くに感じました。。。


その後、美ヶ原高原道路をひた走り、道路終点の美ヶ原自然保護センターの駐車場へ。
b0132817_21505380.jpg
PENTAX K200D DA18-55mm F3.5-5.6 ALⅡ 絞り優先AE f11 1/400秒 ISO100 AWB RAW Adobe Photoshop CS3
美ヶ原高原道路の眺め。
ビーナスラインと違って、クルマを停める路肩がほとんどないのが残念。
ハザード焚いて、運転席に座ったまま撮影。
対向車や後続車なんて滅多に来ませんでしたけど(笑

美ヶ原自然保護センター駐車場に到着(地図
b0132817_2153274.jpg
一般車はこれより先へは進めません。

とりあえずテレビ塔のある王ヶ頭へ登ってみることにしました(せっかく来たんだし)
靴を履きかえて、いざ出発。
約30分の道のりですが、日頃の運動不足がたたってか、かなり体力を消耗しました。
普段から運動してたり山歩きが得意な人なら、屁のツッパリでもないんだろうけどw
b0132817_222777.jpg
登ってる途中、ガスがかかってきて眺めが最悪に(´・ω・`)
山の天気は変わりやすいことを肌で実感。

b0132817_223839.jpg
登り切ったらうまく晴れてくれました♪
多分、息を切らして登った自分へご褒美をくれたんだろう(カエレ

美ヶ原頂上 王ヶ頭の碑。
b0132817_2252557.jpg

空に完全に露出食われてるし…orz 測光方式を変えればよかったのかな。
そういえば標高2000mの地点に立つのって、この日が初めてなのかも・・・。
九州には2000mを超す山なんて無かったし(笑

b0132817_2283684.jpg
この日だけで八ヶ岳中信高原国定公園のほとんどを制覇したことに(?)
これだけ眺めがいいなら、国立公園に昇格させてもいいんでなかろうか。

b0132817_229315.jpg
雲の流れが頻繁でかつ早い。眺めが逐一変わります。

一通り眺めを楽しんだ後は駐車場へ降りて、ちょこっと休憩して美ヶ原を後にしました。

美ヶ原林道(美ヶ原スカイラインとも言うらしい)を降りて松本市内へと向かうわけですが、この林道がめっちゃハードでした(;´Д`)=3
それまで通ってきた峠道も似たようなもんだったのですが、ギアが殆ど2速固定の低速で且つ狭い道ばかり且つめっちゃ長いw
これでもかというくらい低速コーナーが続いて、まだ続くのかという感じで、正直ウンザリしました。

峠道を降りて、近くのコンビニ駐車場で休憩。
時間にしてまだ午後3時(エエェェー
ホテルに向かうにはまだ早すぎるし、どこへ行こうかとガイドブックを見ていたらどうやら近くに温泉があるらしい。
ってなわけで、浅間温泉へ(地図
立ち寄り入浴できる施設があったので、そこで汗を流してちょっとスッキリ。
平日の昼間なんで自分と同世代なんて皆無で、みんな60代以上な爺さんばかり。激しく浮いてましたw


温泉でゆっくりしたあと、とりあえず松本市内へクルマを走らせてみる。

特に行く所も無く、市内観光をしようという気分ではなかったので、疲れてるし、さっさと予約した安曇野市内のホテルへ向かうことに。
国道をひた走っていて気が付いたのですが、幹線道路沿いにお店が少ない(ノ∀`)
食い物屋もガソリンスタンドもコンビニも・・・ 東京の感覚で地方の田舎を走るとエライ目にあいますねw

17時頃ホテル到着。
b0132817_2237352.jpg

決して新しくもなく、ボロすぎでもなく・・・

いつもの自分なら旅先では宿泊費を抑えるためにネカフェで難民したり、
車中泊を決行したりしますが、わざわざホテルを取ったのは、もちろん翌日に疲れを残さないため。
やはり体を180度にして寝ないとキビシイです。


この日は朝も早かったし疲れて、夜9時には落ちてしまいました(子供か


2日目へつづけ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


その他の写真

by pre-sspec | 2008-09-27 22:46 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2008年 09月 27日

旅れぽ1日目その2 ビーナスライン~美ヶ原の絶景

霧ヶ峰高原からビーナスラインを和田峠、扉峠と越えて、美ヶ原方面へひた走ります。

b0132817_15102019.jpg
三峰大展望台付近(だったはずw 地図

落合大橋(地図)とかいうところから、美ヶ原に向かってつづら折れの険しい峠道を登って行き、山本小屋という駐車場に到着。

クツをドライブ用から山歩き用に履き換えて、牛伏山とかいう展望台へ続く遊歩道を歩いてみる。
b0132817_15194792.jpg
遊歩道より高原の牛と穂高連峰と槍ヶ岳
テンション上がってきた(;´Д`)

牛伏山の展望台に到着。
b0132817_15374615.jpg
絶景キタ━ヽ(=゚ω゚)人(*^ー゚)人(´・ω・`)人( ´∀`)人( ;´Д`)人(゚∀゚)人(´-`)ノ━━!!
b0132817_1552440.jpg

b0132817_15414172.jpg
志賀高原方面
b0132817_15434792.jpg
戸隠、妙高高原方面(?)
b0132817_1547442.jpg
後立山連峰方面。
雲海のボリュームがちょっと多すぎる気が・・・

b0132817_15501713.jpg
槍ヶ岳、穂高連峰の北アルプス主峰。手前の草原は環境保護のため立入禁止。

b0132817_15535054.jpg
乗鞍岳(?)

b0132817_15543859.jpg
テレビ塔群と御嶽山
b0132817_15572977.jpg
逆光ですが富士山も見えますた。

・・・とまぁ、こんな感じで360度の大パノラマでした(;´Д`)
槍ヶ岳や穂高連峰が見えただけでもラッキーと思ってたのに、後立山連峰や御嶽山まで見えたのはかなり幸運でした(;´Д`)
これまで霧やら何やらであまり写真撮れなかったので、夢中でシャッターを切り続けました(ノ∀`)
初心者なので、下手な鉄砲数打ちゃなんちゃら作戦で(なかなか命中はしないけど_| ̄|○

今度は北アルプスが雪をかぶった状態の時にまた来たい♪
つーか絶対来る!

つづけ

その他の写真

by pre-sspec | 2008-09-27 16:09 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2008年 09月 27日

旅れぽ1日目その1 八ヶ岳~ビーナスライン

24日から26日まで今更になって夏休みを取り、長野方面へドライブへ行ってきますた。

まずは1日目のおよそ半分をレポります。


午前3:00に家出発(ノ∀`)
もちろんETCの4割引きを得るためです、えぇw
4割引きにならなくてもそんなに大きな金額では無いのですが、できる限り節約せんとw

前日は夜9時過ぎくらいに寝床についた(子供かw)んですけど、当然眠れるわけないのです。
いつもですが、長距離ドライブの前はwktkしすぎて、まともに眠れた記憶がありません円w
結局、意識を失った時間は1時間程度でした(えぇー

3:11にクルマを発車させて、中央道の八王子ICまで約20分ていう有り得ないペースで到着(日中なら40分はかかります)
そのまま名古屋方面へ行って、談合坂SAでトイレとコーヒーを、双葉SAで朝飯と睡魔を取るためちょっと休憩して、5:10再出発。

長坂ICで降りて、清里・野辺山方面へ県道28号と進みます。
高速で八ヶ岳はハッキリ見えていたのに、清里高原付近はやたら霧がかかってて嫌な予感がしていましたが見事的中_| ̄|○

八ヶ岳高原大橋
b0132817_13275060.jpg
霧_| ̄|○

県道28号~国道141号と行って、野辺山駅付近を通って、平沢峠立ち寄り。
b0132817_13301056.jpg
霧_| ̄|○
晴れる見込み無かったので、退散。

峠を降りて国道141号~JR鉄道最高地点。地図
b0132817_13325093.jpg
霧_| ̄|○
あまり高所にいる感じでは無かったけど、最高地点だそうですw

でもって八ヶ岳高原ライン~八ヶ岳針巻道路~八ヶ岳エコーラインと進みますたが、霧が晴れたりまた覆われたり・・・
晴れたところではとても素晴らしい青空と八ヶ岳が見えましたが、写真を撮るような場所では無く、ここら辺のルートは写真ありませんw


八ヶ岳エコーラインからビーナスラインに突入。地図

蓼科湖~蓼科高原~スズラン峠~白樺湖と険しい峠道を登って下って行くわけですが、ここら辺も濃霧ばかり_| ̄|○で写真は殆どありまへん・・・
白樺湖近くのコンビニで用をたしwたあと、そのままビーナスラインの霧ヶ峰~車山高原へ。

この車山高原あたりからようやく高原道路らしい景色に。
あ、写真はそれぞれクリックで拡大できます。
b0132817_13431526.jpg

b0132817_13561371.jpg
b0132817_13574710.jpg
随所にクルマを停めるスペースが♪

b0132817_13451213.jpg
霧ヶ峰富士見台駐車場。
b0132817_1346480.jpg
駐車場は自分以外、誰もいません。だって平日の午前8時頃ですもんw
そん変わり奇妙な虫がそこら中にいっぱいいました。8年に1度の大発生らしいです

b0132817_13492141.jpg
車山肩にて、ビーナスラインのヘアピンカーブ。地図雲が晴れてくれればなぁーーー。
諏訪湖のせいで霧が発生しやすいんだとか。

b0132817_13522547.jpg
近くにいた鳥。すぐ逃げられましたw

つづけ

by pre-sspec | 2008-09-27 13:53 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 23日

得・・・ なのか?

本日の晩飯(えぇぇー
b0132817_19473929.jpg

カップヌードルのお値段が物価高騰の影響で、スーパーでの相場がだいたい128円くらいなのに対して、
このペヤング大盛りは168円(ドンキ価格)はお買い得なのかもしれないw
カップヌードルが98円時代からコイツは168円だったけど、何で値上げしないんだろう?
つーかしてほしくないがっ。

残念なのはこの超大盛りがそこらのスーパーには売って無く、ドンキくらいにしか売ってないことw
カップヌードルBIGと似たようなもんか。


24日からちょっと旅してきますw
天気予報が微妙なこと言ってやがる件_| ̄|○

by pre-sspec | 2008-09-23 19:51 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2008年 09月 12日

WTIよ、もっと下がれ

ケータイの電池を新品にしますた。
b0132817_2325638.jpg
画像は新品に交換後
ここ最近、妙な減り方をしたり、メタボにかかったようにバッテリーがぷっくらと膨らんで、
カバーを押し破る勢いだったんで、ソフトバンクショップへ。


でもって、タダで交換してくれました(´∀`)ウミャー

なんかのサポートサービス(理解してないw)に加入してれば、購入1年経過したら無料で換えてくれるらすぃ。
この機種は買って1年半経ってたので、無事無料に。

リチウムイオンバッテリーは空になってから充電したほうが寿命によいってのは知ってたけど、
充電しながら通話やメールも電池の寿命にはよろしくないんだとか(ばりばりやってますけどーw


会社帰りにうちから一番近い多摩センター店で交換したけど、店員のニーチャンがめっちゃええ感じの対応だった。

でもやっぱニーチャンよりネーチャンのほうに対応してほしかったな(帰れ

by pre-sspec | 2008-09-12 23:15 | 日常 | Trackback | Comments(3)