カテゴリ:カメラ・写真撮影( 203 )


2008年 07月 25日

最近の金曜日

デジイチ買ってからというものの、金曜日は毎週のように新宿西口のヨドバシ本店に通ってるような(ノ∀`)
b0132817_22515079.jpg
カメラ総合館

もちろん毎週何か買ってるというわけではなく、↑のカメラ総合館で、欲しいレンズ眺めたり、
そのレンズをデモ機に装着して試写してみたり、カメラ関係書籍を立ち読みしたり・・・
ようするにウィンドウショッピングってやつです(迷惑な客だなw

とりあいず今欲しいレンズは、シグマの17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
そこそこ幅広いズームと広角側開放値2.8ってのがなんかそそられるし、手が届く値段だし。


マルチメディア館では、最近ではPC用の液晶モニターのデモを睨んだり、
デジイチ買ってから必要になりそうな(てか欲しい)外付けHDDの品定めをしたり・・・
b0132817_22554242.jpg
PC用液晶モニタコーナー

自分のPC用モニターはSONYの15インチCRTを1280×1024でかれこれ10年位前から使用中w
今使ってる普段のテレビも11年目だし、ソニーのトリニトロンブラウン管だけ(?)は、ソニータイマーとは無縁だなw

そのモニターも最近、苦しくなって来ました。
黒つぶれがやや目立つのと、RAWファイルとかの現像作業でモニターの大きさがきつくなってキタという点。
買い換えるならスペース的に22インチまでで、Adobe RGBをなるだけカバーしてること。
カバー率の高いのは手が届かないけど、ナナオと三菱の90%ちょっとのやつなら何とかなりそう。
解像度も1600×1080になるので、フォトレタッチも効率よくなりそうだし。
てか、PC用モニターの前に普段のテレビを買い換えたいところですがw


PC用の外付けHDDはとりあえず500GBクラスを狙い中。
デジイチでひとたび撮影に繰り出してRAW現像作業とかやってると、
都度数GB単位でHDDを食っていくし、いつPCがあぼーんするかわからないから、
プライオリティを高くして、購入計画を立てなきゃなっと(次の給料日かな?w


なんだかまた金のかかる趣味に手を出してしまった希ガス(何をいまさらw

by pre-sspec | 2008-07-25 23:15 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 18日

勢いって大切w

はい、そういうわけで(?)、先週末に念願のデジタル一眼レフを購入していたのでした(笑)

数日前のブログでは「買えるかな~」とかぬかしてましたけどw、
分割払いという武器を使用して、普段の生活に影響ない(だろう)範囲に収まりました(ノ∀`)

機種はPENTAXのK200Dです。
b0132817_2140981.jpg
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/special/k200d/
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k200d/feature.html

グレードとしてはもちろん入門機クラスです。
レンズは18~55mm(F3.5~5.6)と50~200mm(F4~5.6)の組合せ。
望遠系の撮影もすぐにしたかったので、思い切ってダブルズームキットにしますた。
別売りの交換レンズのほうが特に望遠系は焦点距離とか良かったんですが、予算との兼ね合いで・・・w
できれば、18~250mmの高倍率1本で済ませたかったですが、これも予算の都合でw

コイツにしたワケですが、いろいろ悩みました。
決め手としては、

・ボディ内手ブレ補正機能
・防塵防滴構造
・実際触った感触、操作性、機能面。
・ネットでのインプレサイトの評判などなど
お値段(やっぱし重要w)

という感じです。

交換レンズとかのアフター品はメジャーなNikonやキヤノンのほうがずっと豊富なわけですが、
この2社はレンズ内手ブレ補正方式なんすよね。
他社メーカーレンズにするにしろ、少なからずレンズを選ばなきゃいけなくなるし、
手ブレ補正内臓レンズはこれまたまた値段がびっくりするくらい高いんであります。
ボディ内方式なら、装着できるレンズなら全て手ブレ補正が利くわけです。

防塵防滴構造は、別に最初は気にして無かったですが、
入門機クラスとしてはコイツが唯一の存在だったんですよね。
防塵防滴は普通、プロ向けのン十万するような高級機にしか無いみたいなんですけど、
この孤高のスピリッツというかコダワリみたいなもんにちょっと惹かれるもんがありますた(´∀`)
ザーザーの本降りでは無理だけど、小雨程度なら問題ないらしいです。

店頭でいろいろ触ってみたところでは、このPENTAXの機種がなんとなくですが、
好感触で使いやすい感じだったのでした。初心者には優しい撮影モードも多いですし。

値段はやっぱ重要でした。
一番人気らしいキヤノンのKiss X2は前述の理由と値段面からちょっと厳しかったです。
Nikonの同クラスのD60も操作性やレンズが限定されるなどが理由です。


そんなこんなで先週某日、購入に踏み切った次第です。
行きつけのヨドバシで、若い店員のニーチャンと交渉。
上司と相談を経由の結果、購入を決断(あえて値段は書きません)
メモリカード2G(後に4Gを追加購入)と充電電池(エネループ)も付けて貰いますた。

んでもって、どこへ撮影デビューしに行こうと考えて、成田空港が浮上したのです(何故w)
b0132817_22141321.jpg手前の照明が処理できなかったの図w…
DA50-200mmF4-5.6 Pオート F8 1/350 ISO200(DレンジON) WBオート
RAW PENTAX PHOTO Laboratory+Adobe Photoshop7.0.1 

ペーペーの初心者にはやはり難易度が高いところでしたw
いざ、PCで写真を見てみると、とてもそのままではうpできないようなのがいっぱい(ノ∀`)
下のレポもその日300数枚撮った中でかなり選び抜いたものですw
この日は4GBのメモリを使い切りました(追加で買っといてよかったぁ~)

その翌日の多摩川での京王線撮影も練習を兼ねて撮りに行きました。
一眼レフでの鉄道撮影は昔から憧れの気持ちがありましたが、
やはり鉄道撮影の難しさを思い知りました(ノ∀`)


これからは、愛車+デジイチで、いろんな景色の良いトコを行きたいと思います。
こんな本も買ったし(笑)
以前にも書いてますが、今年度は群馬上毛エリア+長野エリア(北アルプスが見えるトコとか)へ
行っていろいろ撮影しまくるのがとりあえずの目標。
究極は北海道1周なんですけどね(ムリポ

特に遠出しないときは近場の公園とかで撮影の練習でもいっぱいしようかと。
富士山や箱根もそんなに遠くではないし、アリかな♪
乗り物撮影としては、横須賀基地で軍艦撮影とか百里基地での戦闘機撮影もアリかも?(レンズ的に厳しいけど・・・)

とりあえず今はしっかりした三脚とカメラバッグが欲しいですw
F2.8クラスの明るいレンズも欲しいなぁ~なんて・・・

by pre-sspec | 2008-06-18 22:44 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(3)
2008年 06月 14日

飛行機撮影を楽しんでみる

成田空港の周りで飛行機見ながら・撮影しながら遊んできましたw

まずA滑走路南端にある航空科学博物館とやらで展示物とか見学。
b0132817_2138214.jpg
管内中央部の模型。
後方に本物のコックピットのシミュレータがあって実際にフラップとかギアとか動かせます(要申し込み)

b0132817_2141787.jpg
エンジンを分解したトコ。

b0132817_214140100.jpg
展望台からは離陸する飛行機が見れます(南よりの風の場合)

b0132817_21423237.jpg
うひょおー♪


今度はA滑走路北側のさくらの山公園に移動。
b0132817_21452135.jpg
主に着陸する飛行機を間近で見れる成田空港周辺イチの飛行機撮影スポット&デートスポットだそうな。
自販機・トイレ完備、駐車場無料でいくらでもいれます。

b0132817_21462911.jpg
こんな感じで♪

b0132817_21472415.jpg
お馴染みJALのB747-400。
やっぱB747はウィングレットが付いてる国際線仕様のほうがカコイイよね。

b0132817_21483271.jpg
ノースウェストのA300(?)

b0132817_2211657.jpg
飛行機ヲタさんたち。

b0132817_21514610.jpg
ANAのB747-400

b0132817_21523457.jpg
YOKOSO!JAPAN仕様

b0132817_2212294.jpg
UNITED AIRLIENSのB747。

なかなか楽しめますた。
こんなに充実した土曜日を過ごしたのは久しぶりだ(ノ∀`)
天気は良くて公園はかなり人がいっぱい(一般客・飛行機ヲタさんら半々)
風が強くてあまり暑さは感じなかったけど、日焼けはそこそこしたっぽいw

成田は世界各国のいろんな旅客機が見れるのがいいですね♪
物々しいクルマと装備をした空港警察らしき人たちが至る所で見かけるのはNRTならではなのかな。
撮影技術上げてまた空が澄む冬場辺りにでも来よう

by pre-sspec | 2008-06-14 22:25 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)