タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ドライブ( 62 )


2017年 07月 06日

ぶらり知床観光 その1

北海道4日め最終日は知床観光メインで行きました。

まずはバビューンとレンタカーを走らせて知床横断道路で知床峠です。
b0132817_22444380.jpg
知床峠から羅臼岳

う〜む、ついに俺も知床の地を踏む時が来たかと思うと感慨深かったです^^;
なんというか世界遺産にもなった知床国立公園のエリアは日本国内でも別格な意識がありましたので。


羅臼岳登山という手もあったのですが、
まだ登山道には雪渓が残っており、初めて登るにはまだ厳しい時期(要アイゼン、ピッケル)だったので断念しました。

クソッ、羅臼岳よ、
次ここに来る時はお前のてっぺんに登ってやる!(奮起)
b0132817_22475104.jpg
駐車場はトイレのみ

北海道の観光地の駐車場もレンタカーを中心にいろんな地域のナンバーがいますけど、
ここ知床で函館ナンバーのレンタカー見た時はちょっと心配になりました。
無事に期間内に帰れるのかと^^;
札幌ナンバーのレンタカーは番号が枯渇してるのか「わ」より「れ」のほうがよく見る気がします。


駐車場に一角にはニコン砲やキヤノン砲のカメラの砲列が。
b0132817_22584916.jpg
クマでもいるのかなと思ったら野鳥屋さんだそうです。

羅臼岳ズームアップ
b0132817_23104055.jpg
これに限らず辺りをよく目を凝らして見回しましたけど、クマちゃんらしき姿は見当たらず…^^;

b0132817_23070185.jpg
羅臼側はセオリー通り?霧に包まれてます。


知床峠からちょっと進んだところ。
b0132817_22595566.jpg
雲海の向こうに見えてるのは、北方領土の国後島の山々です。
左遥か奥には国後富士こと爺爺岳が微かに見えます。
なかなかの壮大な景色です。
(カメラの露出ミスって白飛びさせまくってしまった…)

知床横断道路は羅臼までは降りずに引き返して、知床五湖方面へ向かいました。
b0132817_23144208.jpg
正面はオホーツク海

つづけ!

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-07-06 23:16 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

開陽台とミルクロード

納沙布岬を観光して根室市内で腹ごしらえした後は
中標津の開陽台へ行ってみることにしました。

根室からおよそ90km。案外近いです。
それまでの道もまた道東らしい一直線の道のオンパレードです。
ひたすら牧場&畑地帯を行きます。
b0132817_21580594.jpg
開陽台の入口付近にあるミルクロード
b0132817_22080548.jpg
タクシーが3台連なって。。。観光客?

b0132817_21582789.jpg
まっぷるとかるるぶにも載ってる名所らしいです。
クルマやバイクを停めるスペースも僅かながらあります。


開陽台の展望台。
b0132817_21571236.jpg
天気が(泣)

b0132817_21594285.jpg
観光バスで団体が来てました。
360度地平線が見られます。
b0132817_22001828.jpg
反対側。ここでテント泊が出来るとか出来ないとか。
晴れた夜空は星空がすごそう(今日はムリ)

展望施設内の売店ではちみつソフトクリームをいただく。
b0132817_22140410.jpg
アイス食べるような気温じゃなかったですが(笑)

b0132817_22012116.jpg
周りは牧場地帯。
b0132817_22020052.jpg
b0132817_22022909.jpg
牛A「オラッ、ポーズ取ってやったぞ。カッコよく撮れよ?」
b0132817_22031137.jpg
牛B「なんや?俺らを撮って何が楽しいん?」


天気には恵まれなかったけど、晴れた日はココで星空を撮ってみたいですね。。
日中晴れてても夜は晴れるか分からないのが難しい…。


明日(土)の天気は晴れが予想されたので、雌阿寒岳登山をすべく阿寒湖畔のキャンプ場を目指しました。
b0132817_22035348.jpg
まぁ、阿寒湖畔は雨だったんですけどね(泣)
雨が止むのを見計らってテントを設営して今夜はここでおやすみ。
(写真は撮ってません)

しかし夜遅くまで阿寒湖畔のどっかの施設のイベント放送が煩かった。。。


曇り天気のレポートが続きましたが、次回からは晴ればかり?になります^^



この日のドライブルート。
b0132817_22110958.png
釧路市〜浜中付近〜根室〜納沙布岬〜根室〜別海町〜中標津町〜開陽台〜中標津町〜弟子屈町〜阿寒湖キャンプ場
約370km走りました。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-06-25 22:15 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

日本の本土最東端に立ってみる。

道東旅2日めはまず(一般人が立てる)日本最東端の納沙布岬へ行ってみました。
日本政府の公式見解では北方領土も含めて日本固有の領土だろうから厳密には最東端ではないでしょうが…。

早速、納沙布岬。
b0132817_23085348.jpg
やっぱり霧です。濃霧です。
b0132817_23144601.jpg
北海道の太平洋側は寒流の影響で6〜8月はキリに覆われることが多いようで青空は稀みたいですね。
なのでこのキリは想定内ということでもとより青空は期待してませんでした。
そら青空のほうが写真的にもいいですけど。
晴れたらロシアの警備艇とか見えるらしいですし。
b0132817_23123329.jpg

「返せ北方領土」や「北方領土奪還」的な政治的メッセージを含めた看板がここに限らず根室の道沿いにはたくさんありました。
b0132817_23124412.jpg
b0132817_23144446.jpg
しかしながら、ロシア語を併記したものは殆ど見かけなかった。
それじゃプーチン様には響かないんじゃないかね。
b0132817_23153643.jpg
納沙布岬灯台
b0132817_23154023.jpg
灯台の右脇から岬の先端までいけます。
b0132817_23160886.jpg
野鳥観察小屋。
b0132817_23164483.jpg
三角点があるところがまさに日本最東端の場所でしょう。
柵があったのでこの先に立ち入ることは自粛しましたけど。

野鳥観察小屋にはメッセージボードも(監視カメラもあり)
b0132817_23180843.jpg
とりあえずテキトーにメッセージ書いておきました(笑)

岬のお土産屋で本土最東端到達証明書(有料)買ってみました。
b0132817_23201038.jpg
種類は色々あります。
日付入りのハンコ押してくれます。
ちゃんと現地にお金落としてやったぞ(笑)



More 釧路から納沙布岬まで

by pre-sspec | 2017-06-24 23:49 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

道東旅1日目 釧路湿原とか

女満別空港を降りてレンタカーを借りて、
まず行ってみた場所は空港から10分ほどのクルマで場所にあるメルヘンの丘。
b0132817_21533769.jpg
天気予報は曇り時々雨でしたけども、このときだけは青空も見えてました。
そうかひさびさに北海道に来た俺を歓迎してくれたのか!
晴れてるうちにメルヘンの丘を撮っておこう。

b0132817_21553058.jpg
どことなく美瑛っぽい


さて、これからの予定ですがいきなり変更を迫られました。
当初予定では翌日金曜日に登山する予定が天気予報はどうもよろしくない。
初日はそのキャンプ場に泊まろうと思ってましたが、ちょっと状況的に厳しくなりました。


というわけで、どこに行こう?^^;


しょっぱなから早速迷いモード。
北海道はそれぞれの都市が離れすぎてるため下手に遠くへ行き過ぎると今後の予定に色々影響を及ぼす。

考えた結果、

とりあえず釧路湿原へ行ってみよう。


ん?現在地から約130km?
まぁ道東の走りやすい道ならすぐ着くっしょ(初めてのくせに楽観)


走り出してしばらく建ってから雨が降ってきました。
あ〜あぁ〜〜〜
b0132817_22024552.jpg
しかしながら北海道らしいまっすぐな道にテンションがあがる。
速度感がない…。 50km/hくらいじゃ徐行してるようにしか感じない(以下自粛)

途中通った美幌峠はやはりガスで何も見えない状態なのでこの日はスルー。

弟子屈町に降りたところで腹が減ったので、
適当に見つけた道東名物?の豚丼屋で昼飯をば。
b0132817_22052404.jpg
うむ。タレも効いてて美味い。
肉キレあともう一声!^^;


途中に寄ってみた釧網本線の南弟子屈駅。
b0132817_22064752.jpg
うむ、これぞ北海道らしい貨車流用のローカル幹線駅。
鍵付きのチャリンコがあるということは誰かが乗って行ったらしい…。

もう一つ、細岡駅。
b0132817_22103738.jpg
駅舎はワリとキレイで立派。
誰が利用しているんだろうか^^;

とりあえず釧路湿原の細岡展望台を目指してみました。
国道から入っていくと途中から半舗装の凸凹した道になりました。
b0132817_22121437.jpg
b0132817_22122747.jpg
とまぁ、天気が悪いとこんなもんですな^^;
とりあえず広大な湿原ということは実感できました。

展望台からクマが出そうな道を5〜10分くらい降りてったところに釧路湿原駅。
b0132817_22134686.jpg
b0132817_22142161.jpg
こんな注意書き。
b0132817_22143143.jpg
まぁ数時間に1本しかない釧網本線で列車に乗って釧路湿原に観光しようとは思いませんわね。
湿原の中に入れるわけじゃないし、近くの展望台だって1〜2コ程度。
”次のJRが来るまで”って、そこは鉄道事業者なら”列車が来るまで”って書こうよ^^;


初日はずっと雨/曇だったので、釧路駅近くの適当なビジホを急遽予約して泊まりました。

釧路駅前、寂しすぎ…。


初日に通ったルート。
b0132817_22212705.png
つづけ!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-06-23 22:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

道東放浪中

ただいま道東方面を旅してます(本日最終日ですが)
b0132817_13273123.jpg
たくさん写真あるので
帰って準備が出来たらいろいろアップする予定です^^

道東の天気はムズカシイ。。


by pre-sspec | 2017-06-18 13:21 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 20日

GW四国旅 今治〜とびしま街道経由〜呉まで

本日(5/6)は四国からサヨナラです。
b0132817_22550588.jpg
大三島の道の駅にて

目指すは呉!
せっかくここまで来たらどうしても行きたいところがありました。

呉までのルートは松山から直行フェリーも有りますけど、4m未満で7800円とちょっと高い
せっかくだから途中までしまなみ海道を使って途中でフェリーと島を渡りついで行くルートを選択。
b0132817_22553254.jpg
しまなみ海道を大三島で降りて、大三島の宗方港からフェリーみしま(赤い線)で岡村港で降り、通称とびしま街道といういくつもの島と橋を渡りついで本州に上陸。
黄緑色の安芸灘大橋が720円も取られてめっちゃ高いです。

大三島の宗方港からの岡村港への始発は8:50。
6:00前にはキャンプ場を出発して8時頃に宗方港着。
フェリー時刻表PDF)←これ探すのに苦労した^^;
大三島内にコンビニと道の駅有り。
b0132817_23020046.jpg
4m未満で1,840円。4m以上は2,040円
こういう時はコンパクトカーが得^^;

待ってる間に小雨が降ってきました(´;ω;`)
b0132817_23001343.jpg
フェリーがやってきた。
バックで入れるため、係のオバちゃんに誘導され桟橋で待機。

b0132817_23034627.jpg
フェリーに入る際にフロントオーバーハングが長かったりアンダースポイラーを装着してるクルマは確実に下を摺ります。
低い車がいなかったため、いた時にどう対処するかは分かりませんが^^;
b0132817_23052227.jpg
出発〜


なんとも微妙な天気。
b0132817_23063080.jpg
晴れるのか曇りなのか雨降りたいのか。


なんかタグボートに曳かれた台船がやってきた。
b0132817_23080171.jpg
なんとタンカー?貨物船?が輪切りにされとる!
b0132817_23084061.jpg
瀬戸内海のどこかの造船所へ輸送中でしょうか。
船って一つの造船所で完結すると思ってた^^;
b0132817_23101051.jpg
しかし瀬戸内海は穏やかな海だ。
うねりなんてまったくありゃしない。船酔いなんて無縁です。
瀬戸の夕凪っとはよく言ったもんだ(まだ朝)

船内には入らず、ずっとデッキで瀬戸内海を眺めてました。
b0132817_23112025.jpg
なんかでっかい橋が見えてきたぞ。
グーグルマップさんで調べたら、さっき渡った来島海峡大橋でした。
b0132817_23122952.jpg
通ってきた橋が真横に見てるなんてなんか不思議。
しかし酷い霞みっぷりである^^;

岡村港についた後はいくつもの島と橋を渡りついで呉へ。
b0132817_23140459.jpg
b0132817_23140833.jpg
途中で降りたりせず一気に通過しました。


ほんでもって本日の主目的はこれ。
b0132817_23145185.jpg
やまとミュージアムと海上自衛隊呉史料館であります。
せっかく自走で西日本へ来たからにはここはぜひ立ち寄りたかった!

実は7年ほど前に出張できたことがあるのですが、
仕事終わって見に行こうなんて企てましたが終わった頃には時間オーバーで閉まっていたのでとても悔しい気持ちがありました^^;

ということで詳細は次回レポします〜〜〜〜〜〜〜〜〜

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2017-05-20 23:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

GW四国旅 足摺岬から道後温泉へ

四万十川を楽しんだあとは、四国最南端の足摺岬へ。
四国に来たら足摺岬か室戸岬は是非攻略しておきたいところでした。
b0132817_22210580.jpg
四万十川からの道中は渋滞こそしないもののやはり観光客の車の交通量はとても多かったですね。
観光客は岬が大好きですからね(笑)

ゴールデンウィーク期間中の足摺岬は混雑するため、
警察が岬から一番近い駐車場へはメインルートたる西側から行けないように交通規制していて、離れた所の広い無料駐車場に停めてそこからシャトルバス(100円)で行くことになります。
頑張れば歩けない距離ではないのでバスを使うかは自由です。
自分はこの後のドライブの温存のためにもバスに甘えることに(笑)
b0132817_22275843.jpg
駐車場⇔足摺岬へのシャトルバス(ピンぼけ)


足摺岬の入り口。
b0132817_22283615.jpg


ついに立った四国最南端の地、
足摺岬
b0132817_22285517.jpg
b0132817_22293438.jpg
この先の海は数千キロにわたって何も無い、紛れもない太平洋!
b0132817_22294564.jpg
魚眼レンズを使ったら水平線が地球の様に丸っぽく写るかも。。。

逆サイドの天狗の鼻にも移動してみます。
b0132817_22342834.jpg
何の木かは分かりませんが、明らかに南国の植生。
ちょっと涼しい。

b0132817_22321514.jpg
そしてこちらはやたら蒸し暑い。
さすが黒潮の流れる太平洋の真ん前であります。

ひたすら打ち付ける青い波
b0132817_22330708.jpg
不謹慎ですが今、南海トラフの巨大地震が起きたらここはどうなるんだろう…。
高い断崖絶壁だからここだけ無事?


足摺岬のあとは、愛媛県の道後温泉を目指してひたすら北上していきました。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More つづき

by pre-sspec | 2017-05-18 23:08 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 17日

GW四国旅 四万十川と沈下橋

四国の旅3日めは午前3時台に高知市を出発して、
海岸線の黒潮ラインを通って四万十川へいってみました。
b0132817_21301831.jpg
なんでしょうかね。
川辺りで全然護岸工事などがされていなく、自然なままってのが印象的ですね。
b0132817_21325090.jpg


有名な岩間沈下橋。
b0132817_21340169.jpg
有名な道路からのアングル撮るの忘れた…

沈下橋とは増水時に橋ごと水に沈む橋だそうです。
水の抵抗を受けながして流失しないために欄干などがありません。
b0132817_21344094.jpg
制服姿のJKがチャリンコで渡ってくれれば画になるのですが^^;
b0132817_21373112.jpg
ネットで有名な写真(堀北真希らしい)


天気は曇り時々晴れという感じで、雲が多かった感じです。
もっと緑濃くて、真夏の青空の下だと四万十川も清流っぽさが際立つのかもしれませんね。。
地元の子供が橋から川にダイブしてるところとか撮れれば画になりそう。


橋の上から
b0132817_21380543.jpg
この橋の入口には地元のクルマ以外、なるべく渡らないでくださいとの注意書きが有ります。
軽やコンパクトなら割と神経使わず走れそう。乗用車同士のすれ違いはムリです。
デカイ車はそもそもこの橋に近づけないかも。
b0132817_21403437.jpg
b0132817_21444176.jpg
b0132817_21411168.jpg

所変わって佐田沈下橋。
沢山ある沈下橋で有名なのが岩間沈下橋と佐田沈下橋だそう。
立派な駐車場もあります。
b0132817_21415957.jpg
こちらは朝の時間帯もすぎて観光客も多くなってきた。
b0132817_21432272.jpg
ちょっと明るめに
b0132817_21433839.jpg
ある集団がリア充ジャンプしてました。
岩間沈下橋よりは幅はあります。

b0132817_21435981.jpg
青空あともう少し!

四万十川に沈下橋は40以上あるそうです。
時間に余裕があれば穴場が見つかるかも。


このあとは四国最南端の足摺岬へ向かいました。

つづけ!

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED & DA60-250mmF4ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2017-05-17 21:51 | ドライブ | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 23日

日本のモンサンミッシェル

なんて言ったら本場を見た人に一蹴されそうですが(笑)
ちょっと無理があったかな。
単なる電波塔群ですしね。


こないだの乗鞍岳の帰りに立ち寄りました。
b0132817_22512474.jpg
美ヶ原高原。
どうやら8年ぶりのようです。

もう夕方近くで雲もわんさか湧いてました。
b0132817_22532654.jpg
ちなみに百名山地点の王ヶ頭はその前回行った8年前に踏んでました(笑)
当時は山登り始める前っちゅうか興味を持ちはじめの時期でした。
写真に見える電波塔群の直下にあるので今回は面倒くさがって行かず^^;


なぜ今回、またここに来たかというと…

b0132817_22594878.jpg
これを買うため(笑)

山本小屋にたくさんの種類が売ってます。
EIKOバッジ系など山バッジの定番のもありますがせっかくだからカラフルなものをチョイス。
8年前当時はピンバッジを買う習慣なんて無かったもんですから。
一応、百名山ですから買っとかないとなんかスッキリしないのです。
これを買うために松本からあの長くて狭苦しい山道を登ってきたかと思うとなんだかなぁ^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More P.S

by pre-sspec | 2016-09-23 23:06 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 22日

GW東北旅 八幡平アスピーテライン編

まだまだ続くGW東北旅(そろそろいい加減にしろ?笑)

今回は本日のメインディッシュ、八幡平アスピーテラインのドライブです。
ここは東北ドライブ旅を計画するに辺り必ず通ると決めていたコースです。
b0132817_20240726.jpg
もちろん、百名山の一つ八幡平山頂も登頂?しておきました。
こちらは次回お届けします(引っ張るな?笑)


さてさて、必ず通ると決めていた八幡平アスピーテラインですが、
実はGW頃は凍結で通れない可能性もある道です。
実際にこの前日は直前の積雪による除雪作業のため、通行止めだったのです。
そのため、この日もアスピーテラインは通れるかどうか分からない状態でかなりドキドキもんだったのですが
当日にHPを見ると正午から開通とのことで一安心。

雨予報は無かったし、最高気温も日に日に上昇傾向(当日最高気温は18℃予報)だったので、
この日は通れるハズだと思って行動計画を立てていて、この日通れなかったら明日まで日程延長してでも待つぐらいの意気込みでした^^;
最初新幹線撮影してノンビリ田沢湖へ向かったのも正午開通に合わせての時間調整の意味合いもありました(笑)


さてさて、田沢湖からアスピーテラインへ向かうわけですが、ざっと60kmほどの道のりになります。
国道341号線をあまり大きな声では言えないペースで(笑)ひたすら突っ走ります。
途中にコンビニやガソリンスタンドは皆無です(トイレや自販機は僅かにあり)

ずっと走っていくと次第に雪景色になってきました。
b0132817_20395665.jpg
途中にゲート有り。ここからアスピーテライン本番(夜間通行止め)
b0132817_20404160.jpg
道路が乾燥状態でよかったぁ^^;
前日に雨とか降った場合はGW時期はやめたほうが良さそうですね。

雪が少ない年とはいえGWは雪の回廊状態です。
b0132817_20412327.jpg
大深沢展望台に到着。
b0132817_20420996.jpg
寒々しい景色が広がりますけどこれがまた全然寒くありません
(もちろん長袖はいるレベルです)
b0132817_20431956.jpg

さらクルマを進めて、見返峠に到着(有料駐車場)
b0132817_20473369.jpg
岩手山の眺めが素晴らしい♪

秋田県と岩手県の県境に有ります。
b0132817_20480485.jpg
ここから見る道路はこんな感じです。
b0132817_20485713.jpg
いや、ホント通れてよかった^^;

駐車場にあるレストハウス、おみやげ屋。
b0132817_20484091.jpg
ここは日本なんだから中国語オンリーで書かないでいただきたい。


この後は身なりを登山モードに整えて、
八幡平頂上へと出発しました(次回お届けします^^;)


見返峠から岩手県へは当然下りになります。
b0132817_20532387.jpg
標高を下げていくと共に雪の回廊も小さくなっていきます。

源太岩という見所(駐車場になってます)
b0132817_20534978.jpg
見返峠から見る岩手山とはまた違った眺めです。
岩手山がより大きく見えます。
b0132817_21023791.jpg
アスピーテラインを降りてちょっと外れの辺りに松尾鉱山跡の廃墟スポットがあります。
b0132817_21031934.jpg
自分と同じように撮ってる人間もチラホラ^^;

かつての鉱山労働者の住宅だったんでしょうね。
b0132817_21032236.jpg
廃墟スポットとしての知名度は軍艦島には敵わないんでしょうけど、
なかなかの朽ち果てっぷりですよ。

アスピーテラインを降りきったあとは、岩手県を北上市まで南下。
事前にリサーチしておいた公園キャンプ場でテント泊です^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2016-05-22 21:13 | ドライブ | Trackback | Comments(0)