タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 27日

水島コンビナートで工場萌え

ゴールデンウィークネタ最後は岡山県倉敷市の水島コンビナートの夜景です。
行く予定は無かったのですが、前回の呉を出る前にるるぶを見ていたら発見してしまったので、ここは行っとかねばと(笑)

呉からは広島呉道路から国道2号でひたすらのんびり走って(渋滞なし)途中倉敷市内でスーパー銭湯に入って飯食って時間つぶして暗くなったところで鷲羽山スカイラインの展望台へ。
b0132817_18364941.jpg
う〜ん。予想はしていたけど、今日は夜景を撮るコンディションとしては最悪だ^^;
ただでさえ霞んでいるのにさらに薄いガスがかかりぎみ。
冬に撮りたいところだけどコレばかりはしょうがない。。。
展望台の前の茂みが年々成長しているようでスッキリした眺めではありません(倉敷市さん、剪定お願いw)
グループ、カップル多し。駐車スペースは狭いけど入れ替わりは割りとあるのですぐ停められました。

で、いくらか降りていくと良いポイントが有りました。
クルマで走っていれば、あぁコチラのほうがいい眺めだと分かります。
b0132817_18401615.jpg
こちらのほうが頂上展望台よりガスのかかりも弱くて茂みもなくスッキリと工場群が眺められました。

やっぱり石油化学コンビナート系はギチギチしていて美しい!
b0132817_18415585.jpg
遠くはなれていても聞こえる工場の稼働音。
立ち上る水蒸気と炎。素晴らしいではありませんか。
b0132817_18431998.jpg
手前が三菱化学のコンビナートで、はるか向こうはJEFスチールだそうです。

たぶんこっちはJXの精油所。
b0132817_18454589.jpg
あまり長居できるポイントではないのでいくらか撮って退散しました。


鷲羽山スカイラインを降りた後は県道を通って再び国道2号に入ってひたすら東進。
途中、岡山ブルーラインという道があったけど2号とどちらが早かったのだろうか^^;
どこまで下道でいけるか粘ってたらあれよあれよと神戸まで来てしまい、午前1時くらいに西宮ICから名神高速に入ってあとは新名神〜東名阪〜伊勢湾岸〜新東名とお決まりルート。名神高速のまだ走ってない区間(西宮〜吹田JCT)を消化できた^^;
5/7のGWの最終日でしたが高速は幸い渋滞もなく、昼前頃に千葉の自宅に到着。
流石に寝不足なので帰ってすぐにバタンキュー(死語)、夕方に起きて飯食ってボーっと過ごしてまたバタンry
このゴールデンウィークでの走行距離は2400kmほどとなりました。

長らく続いたGWシリーズはこれでおしまい。
ご拝読ありがとうございましたm(__)m


工場萌えネタ、なんと5年ぶり^^;

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

More おまけ

# by pre-sspec | 2017-05-27 19:10 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(1)
2017年 05月 23日

GWの大和ミュージアム&海自歴史史料館(てつのくじら館)

今年のGWは四国旅でしたが番外編ということで、
四国を後にした帰りに呉の大和ミュージアムと海自歴史史料館へ寄ってきました。
b0132817_20520745.jpg
寄るというか当初から行くつもりでしたけども(笑)
なかなかコレだけのために呉まではいけませんから^^;

ゴールデンウィーク中なのでそれはそれは大変な混雑でした。
駐車場はモチロン満車で臨時駐車場にまわされる始末(無料でしたが)
特に資料室内は順路通りに進みつつも人の隙間をかきわけないと進めない状態^^;
中には昨日の岩国フレンドシップデーに行ったと思われるナリの者も…(見た目で分かる)
b0132817_20544296.jpg
休日でも連休でなければもう少しゆっくり見れるでしょうね(たぶん^^;)
しかしみんなこんな真剣に歴史(戦史)に興味あったのかという驚き。
学校の学習とかで半強制的だと面白くないんですがねぇ(笑)
なお、この資料室は撮ってはいけないものも多数あるのでこれだけで。

零式艦上戦闘機ゼロ戦
b0132817_20572140.jpg
歴史的に大変貴重なものだから絶対手を触れるなという注意書きあり。
b0132817_20574809.jpg
ヤマトの1/10スケールの模型。
b0132817_20585865.jpg
艦橋構造物と測距儀
b0132817_21051027.jpg

前部46センチ主砲
b0132817_20594254.jpg
主砲1組でで2000トン以上の重さだとか。

上から見た対空機銃の数々
b0132817_21005352.jpg
b0132817_21013103.jpg
写真で見返して気が付きましたが空中線とかホント細かく張り巡らして再現してます。
b0132817_21023514.jpg
下から仰ぎ見る(コントラスト強め)

b0132817_21054666.jpg
ケツから


大変な混雑でしたけども楽しめました。
資料はもう少しゆっくり見たいけども^^;


外では海自カレーのイベントやってたので、昼飯がてらにカレーを食す。
首都圏でやってたらあっという間に無くなってたのかも。
b0132817_21064025.jpg
b0132817_21072055.jpg
ボリュームあともう一声欲しかった


次はこの海自史料館(てつのくじら館)です。
b0132817_21094148.jpg
ショッピングモールの真横にででん!と巨大な鉄の塊である潜水艦(あきしお)がある光景は面白いです。
資料館の順路を辿っていくと、潜水艦の中に入れます。
入場料は無料ですけど、やまとミュージアムに負けず劣らずのボリュームですよ。
とっても暗い室内で展示されてますので写真は少ないですが…
b0132817_21123244.jpg
呉にある海自の施設ですので、展示内容は掃海部隊と潜水艦部隊の活動の歴史に関するもの中心。
いずれの部隊も目立つものではないのでそれの理解を深めてもらおうという主旨。
b0132817_21141837.jpg
狭い潜水艦の中で更に狭い3段ベッドを体験できるコーナー。

潜水艦の潜望鏡。おもったより小さい。
b0132817_21150028.jpg

湾岸戦争後のペルシャ湾の機雷掃海のためPKO派遣された際に、活動の記録を撮り続けたというNikon F3
b0132817_21154966.jpg
相当に使い込まれたであろう塗装の剥げ具合。
数万枚単位の写真を撮ったらしいですが勿論フィルムなので膨大な量だったことでしょう^^;

一通り順路を消化すると潜水艦あきしおの中に入れます。
b0132817_21201602.jpg
退役済みとは言え、中は当然ながら撮影禁止。
レバー類スイッチ類にも触れてくれるなと。
b0132817_21220589.jpg
中では士官寝室やトイレ、艦長室、発令所などが見学できます(艦の上半分)
魚雷の発射管室やソナー室は当然ムリ^^;
発令所では潜望鏡も覗き見ることができます(回転不可)
やはり機密保持のためある程度改装されているのか、区画を仕切るハッチなどはくぐれませんでした
通路も各室内もとても狭く、発令所なんかは180cm超の私では常に頭をかがめ気味にしてないとダメでした。
高身長人間は潜水艦乗員には不適かもですね。


ということでGWのミリタリーネタは終了。
b0132817_21293182.jpg
この後はもう帰路なので高速・・・には乗らず(山陽道タイクツだし)
どこまで下道で粘れるか試しにチマチマと国道2号を東進しました。

・・・が、途中にもう一つ寄り道できるネタがありました(笑)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

# by pre-sspec | 2017-05-23 21:33 | | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 20日

GW四国旅 今治〜とびしま街道経由〜呉まで

本日(5/6)は四国からサヨナラです。
b0132817_22550588.jpg
大三島の道の駅にて

目指すは呉!
せっかくここまで来たらどうしても行きたいところがありました。

呉までのルートは松山から直行フェリーも有りますけど、4m未満で7800円とちょっと高い
せっかくだから途中までしまなみ海道を使って途中でフェリーと島を渡りついで行くルートを選択。
b0132817_22553254.jpg
しまなみ海道を大三島で降りて、大三島の宗方港からフェリーみしま(赤い線)で岡村港で降り、通称とびしま街道といういくつもの島と橋を渡りついで本州に上陸。
黄緑色の安芸灘大橋が720円も取られてめっちゃ高いです。

大三島の宗方港からの岡村港への始発は8:50。
6:00前にはキャンプ場を出発して8時頃に宗方港着。
フェリー時刻表PDF)←これ探すのに苦労した^^;
大三島内にコンビニと道の駅有り。
b0132817_23020046.jpg
4m未満で1,840円。4m以上は2,040円
こういう時はコンパクトカーが得^^;

待ってる間に小雨が降ってきました(´;ω;`)
b0132817_23001343.jpg
フェリーがやってきた。
バックで入れるため、係のオバちゃんに誘導され桟橋で待機。

b0132817_23034627.jpg
フェリーに入る際にフロントオーバーハングが長かったりアンダースポイラーを装着してるクルマは確実に下を摺ります。
低い車がいなかったため、いた時にどう対処するかは分かりませんが^^;
b0132817_23052227.jpg
出発〜


なんとも微妙な天気。
b0132817_23063080.jpg
晴れるのか曇りなのか雨降りたいのか。


なんかタグボートに曳かれた台船がやってきた。
b0132817_23080171.jpg
なんとタンカー?貨物船?が輪切りにされとる!
b0132817_23084061.jpg
瀬戸内海のどこかの造船所へ輸送中でしょうか。
船って一つの造船所で完結すると思ってた^^;
b0132817_23101051.jpg
しかし瀬戸内海は穏やかな海だ。
うねりなんてまったくありゃしない。船酔いなんて無縁です。
瀬戸の夕凪っとはよく言ったもんだ(まだ朝)

船内には入らず、ずっとデッキで瀬戸内海を眺めてました。
b0132817_23112025.jpg
なんかでっかい橋が見えてきたぞ。
グーグルマップさんで調べたら、さっき渡った来島海峡大橋でした。
b0132817_23122952.jpg
通ってきた橋が真横に見てるなんてなんか不思議。
しかし酷い霞みっぷりである^^;

岡村港についた後はいくつもの島と橋を渡りついで呉へ。
b0132817_23140459.jpg
b0132817_23140833.jpg
途中で降りたりせず一気に通過しました。


ほんでもって本日の主目的はこれ。
b0132817_23145185.jpg
やまとミュージアムと海上自衛隊呉史料館であります。
せっかく自走で西日本へ来たからにはここはぜひ立ち寄りたかった!

実は7年ほど前に出張できたことがあるのですが、
仕事終わって見に行こうなんて企てましたが終わった頃には時間オーバーで閉まっていたのでとても悔しい気持ちがありました^^;

ということで詳細は次回レポします〜〜〜〜〜〜〜〜〜

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

# by pre-sspec | 2017-05-20 23:22 | ドライブ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 18日

GW四国旅 足摺岬から道後温泉へ

四万十川を楽しんだあとは、四国最南端の足摺岬へ。
四国に来たら足摺岬か室戸岬は是非攻略しておきたいところでした。
b0132817_22210580.jpg
四万十川からの道中は渋滞こそしないもののやはり観光客の車の交通量はとても多かったですね。
観光客は岬が大好きですからね(笑)

ゴールデンウィーク期間中の足摺岬は混雑するため、
警察が岬から一番近い駐車場へはメインルートたる西側から行けないように交通規制していて、離れた所の広い無料駐車場に停めてそこからシャトルバス(100円)で行くことになります。
頑張れば歩けない距離ではないのでバスを使うかは自由です。
自分はこの後のドライブの温存のためにもバスに甘えることに(笑)
b0132817_22275843.jpg
駐車場⇔足摺岬へのシャトルバス(ピンぼけ)


足摺岬の入り口。
b0132817_22283615.jpg


ついに立った四国最南端の地、
足摺岬
b0132817_22285517.jpg
b0132817_22293438.jpg
この先の海は数千キロにわたって何も無い、紛れもない太平洋!
b0132817_22294564.jpg
魚眼レンズを使ったら水平線が地球の様に丸っぽく写るかも。。。

逆サイドの天狗の鼻にも移動してみます。
b0132817_22342834.jpg
何の木かは分かりませんが、明らかに南国の植生。
ちょっと涼しい。

b0132817_22321514.jpg
そしてこちらはやたら蒸し暑い。
さすが黒潮の流れる太平洋の真ん前であります。

ひたすら打ち付ける青い波
b0132817_22330708.jpg
不謹慎ですが今、南海トラフの巨大地震が起きたらここはどうなるんだろう…。
高い断崖絶壁だからここだけ無事?


足摺岬のあとは、愛媛県の道後温泉を目指してひたすら北上していきました。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


More つづき

# by pre-sspec | 2017-05-18 23:08 | ドライブ | Trackback | Comments(0)