タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 11月 04日

入間航空祭2016 その1

11月3日文化の日もとい”入間の日”は本当に”晴れの特異日”です。

入間航空祭は2009年から行き始めましたが(2015年除いて)、曇りがちだったのは2011年だけです。
数日前の天気予報では雨のち晴で行くか迷ったのですが前日にGPV気象予報を見ると朝のうち雨という予報だったので行くことを決断。
千葉県に移住して初めて行く入間ですが思いの外行きやすかったですね。

今年もご多分に漏れず晴れでブルーインパルスの展示空域の範囲はまさに雲一つない晴天!
言わずもがなの1区分フルアクロ実施です。
b0132817_21562932.jpg
なんだか久しぶりに見たスタークロス。
b0132817_21592000.jpg
今年は特に素晴らしくて、上向き空中開花で散開した後のスプリットS〜320ライトターン〜スモーク!で描くまで一連の動きが5機全て見えました。
ちょっとでも霞みがちだと機体を見失うんですが、その一部始終が見れたのは感動でありました♪


気のせいかもしれませんが今年のブルーの機体は例年以上にめちゃめちゃキラッキラに磨き上げられていた感じです。
光の反射がとツヤがとてもすごくてそれで視認性が良かったのかな?なんて。
b0132817_22060480.jpg
なんだろう?コーティング剤だか何か変えたのかな。
何で見たか忘れましたがPLEXUSを使っているのは知っていたのですが(笑)
b0132817_22121088.jpg
b0132817_22101448.jpg
一部で追加新造された機体はあるものの20年は使っているのもあります。
この維持力は素晴らしいと思います(個人の力じゃ無理な環境でしょうしね^^;)
b0132817_22061565.jpg
b0132817_22194082.jpg
ちなみに今回使用したレンズは超広角のDA14mmF2.8と望遠ズームのDA60-250mmF4の2本のみ。
思い切って標準ズームは持っていかない作戦に走ってみました。
単に荷物軽量化したかっただけですが(笑)

結果、問題ありませんでした。
地上展示物とかはほとんど撮影しない作戦にすればなんとかなるものです^^;

特にDA14mmはスタークロスやバーティカルキューピッドには観客を絡めて撮影したい場合に威力を発揮します(この2科目のために持っていったようなものですが)
この日みたいな快晴1区分だと16mm始まり標準ズーム(APS-C)でも入りきる場合もありますが、2区分のスターやキューピッドだと若干高度が下がるので入らない場合があるんですよね。


その2へ続け!

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2016-11-04 22:28 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/26342448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bulanchan at 2016-11-04 22:33
いいなぁーーーーーー\(^o^)/ーーーーーーーー♪

やっぱり行って来たんですね!
流石の写真に入間基地行ったつもりで、うっとりです♪

今年も見逃してしまった(;O;)
ここで観れて良かったです♪
ありがとうございます!そしてお疲れ様です^^
Commented by pre-sspec at 2016-11-04 23:16
> bulanchanさん
やっぱり行きました(笑)

満足いただけてありがとうございます。
まだこのネタ続けますのでぜひご覧ください^^
Commented by oyamasuki_Y at 2016-11-05 00:00
入間は秋晴れでしたか
北アは初冠雪が記録されました
10/下旬から寒いのなんの
10/29~30で奥穂行きましたが凍死するかと思いました

やはり厳冬期は始まってますね~
とは言え明日も近場をピストンしてきますが・・・ 笑
Commented by pre-sspec at 2016-11-05 20:38
> oyamasuki_Yさん
入間はいつも秋晴れです笑

北アもようやく冠雪しましたね。
上高地あたりで奥穂見に行きたいなと思いました。
近場ピストンもお気をつけて…。


<< 入間航空祭2016 その2      磐梯山と磐越西線 >>