2016年 09月 12日

一番簡単な?3000m峰 乗鞍岳

まず最初に天気予報に泣かされました。
(先日ヤマテン講習会に行ったばかりなのに^^;)

当初の計画であれば夏休みをとって新穂高から鷲羽岳方面へ縦走する予定であったのですが、予報で晴れるのは金曜と土曜のみで他は雨。
2泊3日として3日目は雨に打たれながら下山でもいいか…。いやしかしどうしようか。
1泊2日で今行きたい山はあまり思いつかない。。

出した結論は、タイトル通り、(未踏の)乗鞍岳日帰り。
b0132817_21394367.jpg
この日(土曜)の天気は良かった。

ところがどっこい。
雨予報だった3日目予定の日曜は雨も降らず行動時間帯はほぼ曇りで視界も悪くなかったそう。


くやしいのうくやしいのう。。。


降る降る詐欺に騙されてしまいました。
山の天気は本当に厄介です。
しかしながら、日帰りにしてよかったということも少なからずありました。
それはまた後述で^^;



では本編。
乗鞍岳といえば日本にある3000m峰のうち、1,2位を争う簡単な山。
バスで畳平で降りて標準CTで約90分。標高差300m程度であります。

この山は実は自身の北アルプスの3000m峰最後の未踏峰でした^^;
別に狙ったわけではないのですが(笑)
b0132817_21504279.jpg
北アルプスの殆どの山が見えました。
すっかり秋の空、秋の空気でありました。

b0132817_21514250.jpg
槍〜穂高、手前左に焼岳。
針ノ木岳の向こうに白馬岳まで見えてますよ。


中央アルプス、南アルプス方面。
b0132817_21525815.jpg
こんだけ遠くまで見渡せれば天気は持ちますね。

八ヶ岳連峰。
b0132817_21533762.jpg
手前に野麦峠スキー場が見えます。


賑わう頂上。
b0132817_21551987.jpg
権現池とはるか向こうに見えるは白山か。
b0132817_21584292.jpg

手前は屏風岳、向こうには御嶽山も(噴煙なし)
b0132817_21594584.jpg

頂上の乗鞍本宮。
b0132817_22070893.jpg
頂上限定のピンバッジをゲット。
この本宮でしか売ってません。
b0132817_22074713.jpg
サイズは小さめです。
もっとデザイン的にもイケてるバッジは畳平の売店にも売ってますけど、なにぶん限定に弱い人間ですので(笑)


通ってきた乗鞍エコーライン。
b0132817_22283750.jpg
一部では紅葉も。


思ったより人出は少なかった印象です(十分たくさんいたのですけど)
特に一般観光客が少なかったような。
夏山シーズンと紅葉シーズンの間だからですかね。

これで北アルプスの3000m峰、すべて登頂しました。
次は南アルプスの3000m峰の消化に努めます。

あっでも鷲羽水晶方面も行きたい^^;

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ





午前5時ちょいすぎに乗鞍観光センター前駐車場着。
b0132817_22133012.jpg
すでにこれから登る乗鞍岳が朝日に照らされています。いい天気です。

バスのりば。最前列ゲット(笑)
b0132817_22180593.jpg
もっと人がたくさんいて芦安みたいに殺伐としてるかと思ったのですがそうでもなく拍子抜け(笑)

ここから約40分バスに揺られます。
低速で狭い山道をゆっくり登っていきます。酔う寸前まで行きました。

槍穂高連峰が見えてくると車内のテンションもヒートアップ(笑)
b0132817_22204135.jpg
畳平に到着。あれ?こんなもん?人出。
b0132817_22211410.jpg
コースマップ。
最高峰の剣ヶ峰まで約90分。山歩きに慣れてる人ならもっと早くつけます(個人差有り)
b0132817_22214420.jpg
b0132817_22225372.jpg
最初は車道歩き。
本当にクルマが通りますよ。この先の肩の小屋やコロナ観測所向きの作業車ですけど。
b0132817_22230905.jpg
b0132817_22231368.jpg
b0132817_22231784.jpg
剣が峰が見えてきました。
b0132817_22335260.jpg
ウンコカーバキュームカーが3台やって来ました。
車道が来ているので糞尿処理はヘリではないようです。


肩の小屋。売店、軽食有り。
b0132817_22325952.jpg
売ってるピンバッジの種類と値段は畳平と変わりません。
b0132817_22331956.jpg
さて、剣ヶ峰へ出発。
ここから山道本番。
b0132817_22352237.jpg
b0132817_22352490.jpg
b0132817_22413608.jpg
b0132817_22435013.jpg

b0132817_22360916.jpg
b0132817_22362884.jpg
b0132817_22364288.jpg
もうすぐ頂上
b0132817_22365823.jpg
変わった頭巾の山ガール3人組。
b0132817_22400206.jpg
b0132817_22400794.jpg
あっという間に頂上到着。
えっ?もう?っていうくらいでした。
b0132817_22403307.jpg
一等三角点にタッチ。







最後に・・・
b0132817_22462753.jpg
我が夏用トレッキングパンツの一番破れてほしくない場所に風穴が空きました。
厄介なことに自覚症状がないまま登山していたようです(恥)

これが縦走中の1〜2日目とかだと目も当てられませんでした。
日帰りでよかったです^^;
しかしいつ破れたんだろうか。

さて修復を依頼すべきか新品を買い直すべきか。
MAMMUTに問い合わせたらお店に持ってきて→工場に送り修理可否判断&見積もり→修理する?しない?どうする?
となるそうです。
割りと履き心地も良くてストレッチ性もいいから役に立ってたのに。

今シーズンこのトレパン使うのはこの日が最後のつもりだったのが幸い。
とりあえずMAMMUT直営店に持って行ってみるとします。

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2016-09-12 22:53 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/26188722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2016-09-13 01:00
私がちょうどガッキーに登っていた時ですね
にしても・・・乗鞍、こんなに楽勝なんですか!?
こりゃある意味疲れる方が大変ですね

ケツ破けるはキニシナイ!
それで縦走OKでしょう!おしゃれだと言いはりましょう


ところでこちらも夜は秋ですね
涼しい通り過ぎて寒いです
Commented by pre-sspec at 2016-09-13 21:47
> oyamasuki_Yさん
めちゃめちゃ楽勝ですよ。
え?本当にもう頂上なの?という感じです。
頂上でも特にバテてる様子の人はいませんでしたし^^;
3000mあるので飛ばし過ぎると息が上がると思います(笑)

パンツ破損は痛かったです。
オシャレと言い張るには場所が(笑)

餓鬼岳なかなかハードそうですね^^;


<< 乗鞍岳の中の富士見岳      山の天気講座受講 >>