タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

新!登山用カメラバッグ パーゴワークス FOCUS

かなり久しぶりにカメラバッグを買いました。
パーゴワークスのFOCUSという商品。登山用です。
普段用にも使えなくもなさそうですが私にとっては登山用(笑)
b0132817_21304598.jpg
登山ザックの前に括りつける系のチェストバッグでは割りとメジャーなメーカーで同社の同類商品も登山道でもよく目にする気がします。
実は同種のロープロ社のバッグも持っていたのですがくたびれて来たのと前にくくりつけてるとすれ違う人に「ん?」と見られたりとその姿がかなり不格好でダサかったというのも今回新調した理由の一つ^^;
登山用途ですので当然、防水素材になってます。レインカバーをかぶせるタイプではありません。
水にどっぷり浸かるのは無理ですさすがに。



登山にデジタル一眼レフを持っていく者にとって、
どうやって持ち運ぶかはある種、永遠のテーマであります。

機材はキチンとザックに入れて保護したい。
けど撮影するときはわざわざ出さなければならない。

多少、機材は汚れてもいいから撮影優先だ!
首から前にぶら下げていつでも撮影できる体勢で登る!

など。
私はどちらかと言うと完全に後者でした。
一番の理由は山行中いつでも撮りたいのとデジタル一眼レフはザックに入れると荷物がずっしりプラスされた感が半端ないのであります^^;
下山で天気も悪く特に撮ることもなければザックに放り込みますけどね。
首にそのままかけると首の負担がまたすごいので↓こんな商品買ったりもしました。
b0132817_22130171.jpg
名前もそのまんまで「くびの負担がZEROフック
見た目の割に結構いい値段がします。が、登山用だけあってひん曲がったりせず頑丈に出来てます。
確かに首の負担はゼロになりましたが、ストラップによっては滑りやすくて外れてたりもしやすいです。
もちろん首の負担が減るのと同時に後ろのザックと前のカメラとでいい具合に重さが吊り合ってザックも若干?軽く感じます。

速写性に優れる首かけスタイルですが無論、リスクもあるわけで登ってる最中は汗がポタポタとカメラに滴り落ちたり、岩にレンズ先端をコツンとぶつけたり。
これでレンズに結構ダメージが蓄積されてキズがいっぱい付いたり修理送りにしたりしてます^^;
ちなみに大キレットもカメラを前にぶら下げたまま踏破しています^^;


で話を戻して、今回買ったパーゴワークスのFOCUS。
こんな感じでザックのショルダーハーネスに括り付けます。
b0132817_21351465.jpg
↓こんな感じでアタッチメント割り込ませます。長さも調節可です。
b0132817_21360541.jpg
商品を知った時にこれどうやって括り付けてるんだろうと思ってたのですが、こういう仕組みだったんですね。
このアタッチメント、別のザック用にもう一組欲しいなぁ^^;バラで売ってくれないかなぁ…。
と思ってたらメーカーの通販サイトにありました(笑)
ショルダーストラップも付属しています。


フタカバーを開くとこんな感じ。
中に黄色くて厚めのカメラ用インナーバッグがあります。
b0132817_21410121.jpg
インナーは取り外し可能です。本体と保護袋の間に隙間もあるので地図も入れられそうです。

小さいポケットが2つ。
iPhone6Sも入りました。が、メモリーカードは取り出しにくいかも。
b0132817_21431478.jpg
防水を謳っているので止水ファスナーですね。指もかけやすい。
ちょっと付いた汚れが目立ちやすいか。

正面カバーも止水ファスナーでポケット有り。
b0132817_21462653.jpg
レンズカバーやフィルターを入れるのにちょうどよさそう。メモリカードは落としてしまわないか心配^^;

バッグの後ろにザックのウエストベルトを通して、ブラブラするのを防止する仕組みです。
b0132817_21575660.jpg
この背面にもポケットが有ります。


実際にカメラ(PENTAX K-3にDA16-85mm)を入れてみます。
メーカーによると最大でEOS 7Dクラスが入るとのこと。
b0132817_21485240.jpg

レンズフードを正常につけた場合(撮影するとき)はこんな感じ。
b0132817_21500964.jpg

レンズフードを逆に付けた(収納するとき)状態だとこんな感じ。若干スペースが生まれます。
b0132817_21522448.jpg
ほか、DA★16-50mmF2.8を装着しても問題なく入りました。
私の山行に持っていく機材では問題ないようです(いつかフル買ったらこれに入るだろうか笑)


正直言うと、出し入れのし易さについては、ロープロTNFの同様の製品には遠く及びません。
この黄色のインナーバッグは取り払って容量拡大も出来ますが、それだと防水性は大幅に損なわれるでしょう。
そしてお値段もちょっと高い^^;
しかし前者2社のはバックが潰れてくれなくて、思いの外嵩張るんですよね。見た目もおもいっきりカメラバッグや!だし。
今回はデザイン性とチェストバッグとして効率よいと思ったのでこの商品を選んだ次第です。
買う場合は実際にお店で見て触れてカメラを入れてみることを強くオススメします。
(コレに限らずですが)山道具は実物見ずに通販はちょっとリスク高いですよね。


ちなみにコレ系のチェストバッグを身に着けて山岳ガイドつけて剱岳(バリエーションルート等)に登ろうとすると、激怒されるそうです。
岩場で脚が自由に動かないからだそうです。
私も岩稜ルートでは適宜、装着方法を工夫したいと思います。


シェイクダウンは7月の夏山からかな?
こいつにも活躍してもらわねばなりません^^

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/25964074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2016-06-29 22:28 | 山登り | Trackback | Comments(0)