タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

那須岳登山 茶臼岳編

梅雨入り前の晴天とはよく言ったものでまさに入梅前最後の晴天だった土曜日、
ここで足慣らししとかねば梅雨明けに夏山本番を迎えてしまうということで、那須岳へ登ってきました。
b0132817_21162651.jpg
那須岳とは主として、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の三座で構成されるそうです(那須五岳といってあと二座あるそうですが)登山対象としてよく登られてるのもこの三座。
百名山にも選定されてる那須岳ですが、どれに登れば那須岳登頂と認められる(誰に?)のだろうか。
主役に見える茶臼岳か最高峰の三本槍岳か…。


えーーーい!
ゼンブ登っちまえぃ!


ということで、
山の難易度的にも一本にまとめてもいいのですが、
せっかく天気も良くて写真もたくさん?撮ったのでまた引っ張ります(笑)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



レポ開始。

前夜午前2時40分頃、自宅出発。
ナビを設定してみると、到着予定時刻5:55と表示。
やべぇ!ノンビリしすぎたか!

外環道三郷南ICから入って多少飛ばし気味に東北道を那須ICまで突っ走る。
この6月前半は3:40頃には空が白み始める。高速道路上でまさに自分の目先で幻想的なご来光(撮影不能)

そんでもって、5:40頃に一番てっぺんの無料駐車場に到着。
ちゃちゃっと準備して5:55頃登山開始です。
b0132817_21241736.jpg
午前6時頃の無料駐車場はすでにあらかた埋まってきてました。
写真真ん中ちょい右のフィットがマイカーですが戻ってきた頃にはその右側(運転席から見て)の枠外にもクルマが停まってました。

ちょっと歩いたところに登山指導所があり登山届かけます。
b0132817_21242094.jpg
誰もいなかった。この登山日和な土曜日にいなけりゃいついるのよ。
この先、トイレ無し。要注意。


うむ、いい天気であります。
b0132817_21332675.jpg
すでに稜線には登山者がチラホラ見えます。
太陽が早く登るこの時期は朝6時開始だと出遅れ感ハンパなし^^;
b0132817_21351761.jpg

約40分弱で稜線上の峰の茶屋避難小屋に到着。
b0132817_21360156.jpg
強風地帯で有名だそうですがこの日は穏やか(風は吹いてます)


ここで茶臼岳方面か朝日岳〜三本槍岳方面かに分岐します。
初めて来る山ですのでとりあえず茶臼岳方面へ行きます。
b0132817_21434080.jpg
↑茶臼岳 朝日岳(右側)↓
b0132817_21434370.jpg
唯一見えた噴気。大人しくしてろよぉ〜
b0132817_21444418.jpg
登山道の岩石の質はどちらかというと焼岳に似ています。安山岩というらしい。
浅間山みたいに滑りやすいことはありません。
b0132817_21504749.jpg
朝日岳。こちらのほうが楽しそうだなぁ。


山の南側をぐるっと回りこんで、火口の淵を回って頂上を目指します。
b0132817_21525080.jpg
でもって頂上到着です。
b0132817_21525309.jpg
登山開始から1時間10分ちょっと。
まだ息もあまり切れてないぞ。あっけない感じであります。
頂上もあまり人がいません。みんな尾瀬方面に行ったのかなぁと勝手に想像。
ロープウェイがまだ運転開始していないのが大きいでしょうね。
b0132817_21582935.jpg
頂上からの眺めは思ったより大したことなかったです^^;
どちらかというと火口の淵からのほうが眺めが良いです。硫黄臭もそれなりにします。
b0132817_21544920.jpg
b0132817_22062199.jpg
茶臼岳で一番眺めが良かった(かもしれない)場所

b0132817_22082354.jpg
麓方面。自分が来た時はまだクルマも全然走ってませんでしたが、この時間では下からひっきりなしにクルマが登ってきてました。

茶臼岳を降りて次はあの朝日岳へ行きますか!
b0132817_22095238.jpg
ということで次回へ続け!

K-3 + HD DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/25884794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2016-06-06 22:12 | 山登り | Trackback | Comments(0)