タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

雷鳥沢〜奥大日岳往復

さてさて雷鳥沢キャンプ場にテント張ったあとは、必要な荷物(水食料他)をサブザックに詰め込んで奥大日岳へGOします。
地図のコースタイムでは登り約2時間半となります。レベルは初級。
9:15頃出発。
b0132817_19370403.jpg
天気も紅葉も最高にいい感じ。
これは眺めも期待できるぞおぉ〜〜〜。

さあ、行きますか。






まずはテント場をあとにして沢(浄土沢)を渡ります。
b0132817_19380790.jpg
ここでいきなり女性2人に「一の越ってどちらへ行くんですか?」と聞かれる。
おいおい、(いくら初級コースだからって)地図くらい持って来なさいよ…。
どうやら分岐点がわからなかった模様。とりあえず丁重に地図見て教えてあげる┐(´-`)┌

いきなりアイサツ代わりの宣告文。
b0132817_19403083.jpg
さすがシルバーウィーク。剱岳周辺の山小屋はもう飛び込み客は無理ですよっと。雷鳥坂を登る前のご丁寧なお知らせです。
北ア南部のでかい山小屋と違って剱岳周辺の小屋は予約をしとかないとってことですね(メモメモ)

まずは優しい木道の道を経て、写真稜線上の新室堂乗越まで登ります。
b0132817_19425909.jpg
いい天気ですねぇ…(午前中は逆光)
b0132817_19441316.jpg
稜線まで出ました。
おぉっ、これは勾配もゆるいなかなかのるんるんロードではないかい?
b0132817_19444994.jpg
b0132817_19452747.jpg
↓右のピークが奥大日岳本峰
b0132817_19455764.jpg
剱岳が見えてきた!(゚∀゚)
b0132817_19484567.jpg
いい眺めで勾配もユルユルな道を進んでいきます。
b0132817_19492704.jpg
室堂乗越の広場。休憩してる人いっぱい。
b0132817_19501109.jpg
ここらは常に右手に剱岳を眺めながら歩けます。

ハイマツ帯の中を進みます。道は泥グチョなのでガニ股で避けつつ。。。
b0132817_19511886.jpg
いいねぇ〜いいねぇ〜イケメンだねぇ剱岳。
前剱と一服剱も見えてきましたよぉ〜
b0132817_19522106.jpg
剱岳の左に伸びるは早月尾根。早月小屋も見えましたよ。
b0132817_19533668.jpg
振り返ると雷鳥沢キャンプ場もだいぶ遠くに。
b0132817_19535732.jpg
カガミ谷乗越まで登ってきました。
日が昇って剱岳の影もだいぶ薄くなってきた。
b0132817_19544820.jpg
ここから若干のアップダウン。
先に見えるのが奥大日岳で、山腹の左(西側)をトラバースしていく感じになります。
b0132817_19562958.jpg
西側に出ると剱岳は見えなくなりますが、中大日岳と大日岳、その間の赤い屋根の大日小屋も見えてきます。
b0132817_20000399.jpg
谷に目をやると大きな割れ目の雪渓
b0132817_20014006.jpg
天狗平を貫く立山道路をひっきりなしに観光バスが行き来してます。
b0132817_20023092.jpg
いいなぁ〜この道路、運転してみたいなぁ〜。
だけど、一般開放なんかされたら例え有料でもまともに運転できないほど混むだろうし、自然保護も難しそうですね。

さて、ちょっと嫌な登りを終えて、また剱岳が見える北東側の稜線に出ました。先程よりすっきりと剱岳が見えます。
b0132817_20051796.jpg
いつの間にかガスがあんなに迫ってきた。

ここまで来たらゴールはすぐそこです。
b0132817_20063833.jpg
はい、奥大日岳頂上(2606.1m)です。200名山です。
時間は11:08。約2時間弱で辿りつけました。
ガスもだいぶ増えてきてます。
b0132817_20073867.jpg
正面の水色のオッチャンが常に記念写真に写り込むポジションにおって邪魔でした。
山の頂上では記念撮影に邪魔にならないポジショニングが大事です。

今度このエリアに来るときは、あの頂を目指すぞぉ〜!
b0132817_20264399.jpg
めっちゃ不安定な体勢w


大日岳方面。
富山県は雲海の下です。富山湾は全く見えず。
b0132817_20103219.jpg
ぬおぉん、ガスがぁ〜
b0132817_20123513.jpg
実は奥大日岳の本当の最高点は、頂上標から見て↓写真の一番右側の辺りなんですが、危険ということで立入禁止となっています(全然危険そうじゃなかったし道もついていて人もいましたが自分が行こうとするときはガスに巻かれたので行きませんでした^^;)
b0132817_20160227.jpg
さて、雷鳥沢に戻ります。
b0132817_20190580.jpg
おやおや?登るときより紅葉進んだか?(気のせい?)
b0132817_20312604.jpg
太陽光線が順光になってより綺麗に見えるようになっただけかも?^^;
b0132817_20332954.jpg
b0132817_20334113.jpg
13:00頃にキャンプ場へ戻ってきました。
あとは昼飯食べてグータラして夕飯食べて写真撮ってグータラして出して(何を)寝てとひたすらノンビリモードです^^;
このテン場でのだらだらノンビリがまた楽しかったりします。
b0132817_20404401.jpg
b0132817_20405055.jpg
立山に来る途中のPAで買ったブラックサンダー5枚パック。
暑い季節だとヘタすると溶けてしまいますが今の季節は行動食にかなり有用有能かも。

夜になると野営管理所の水場とトイレはキャンプ場の混雑と相まって超激混みでした。
ですが朝になるとトイレはもっと激混みです。特にウ●コは前日のうちに可能なかぎり出しておくことをオススメします^^;

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24930159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2015-09-24 20:48 | 山登り | Trackback | Comments(0)