2015年 09月 10日

八ヶ岳登山 赤岳〜中岳〜阿弥陀岳縦走

さぁ、八ヶ岳シリーズ最後です。
b0132817_19341287.jpg
赤岳で頂上を堪能したあとは、阿弥陀岳へ向かいます。
せっかく天気が良いですし、八ヶ岳に来ておいて踏んだピークが一つってのも味気ないですからね。

来た方向からは逆の道(延長線上)へ向かいます。
b0132817_19343384.jpg
およよ、これはハードな道の予感♪






分岐点を文三郎尾根方面へ向かいます。
およよよよ、なかなかハードな道じゃないか。
b0132817_19363408.jpg
予想外の急な道です。ヘルメットがあったほうがよさ気な道で実際に長野県警からヘルメット着用推奨山域に指定されてますが、八ヶ岳は穂高連峰とかに比べて着用率はかなり低いです。私も持ってきたものの着用せずにそのまま通過してしまいました^^;
b0132817_19381318.jpg
この辺りは特に上からの落石注意ですね。
b0132817_19382784.jpg
やたら怖がりながらへっぴり腰で降りるジーンズのニーチャン(同年代)を追い抜く。だめだよこんなトコに(いやそれ以前に登山に)ジーパンで来ちゃ。

阿弥陀岳の眺めがとてもいいです。赤岳山頂では見えなかった阿弥陀岳への登山道の全容が分かってきます。
b0132817_19402969.jpg

文三郎尾根と阿弥陀岳への分岐点。
ここから文三郎尾根を降りればあっさり行者小屋へ戻りますが、私は阿弥陀岳方面へ。
b0132817_19411888.jpg

ジグザグに降りていきます。
分岐を過ぎると道が一気に優しくなります。
b0132817_19425526.jpg
道を行く登山者もグッと減ります。

鞍部に降りました。阿弥陀岳の前にまず中岳を登らないと行けません('A`)
すぐに登れますがやはりアップダウンはキツイですね。使う筋肉が違いますし。。。こんなトコでヒーヒー言ってたらいつか行きたい南アルプス南部なんて夢物語なので自分を励ましつつ登りますw
b0132817_19434728.jpg
中岳に登る途中、振り返ると赤岳。ジグザグに登山道が刻まれてます。
なんだか、焼岳に似てます(気のせい)
b0132817_19455056.jpg


中岳頂上。 国土地理院に山頂認定すらされてない小さなピークです。
b0132817_19470985.jpg

中岳頂上から阿弥陀岳。
b0132817_19472658.jpg
赤岳頂上からは見下ろしてましたが、すっかり見上げる場所まで来ました。

中岳のコルに到着。文三郎尾根分岐から約30分。
b0132817_19500203.jpg
殆どの人はザックを置いて最低限の荷物でor空身で阿弥陀岳へ登ります。

で、その阿弥陀岳へのピークハントがなかなか急角度急勾配で侮れません。3点支持が必要なくらいのとこもありヘルメットもあったほうがいいくらいです。
b0132817_19520995.jpg
↓登ってる途中に中岳のコルを見下ろす。
b0132817_19531840.jpg
中岳のコルから約30分で阿弥陀岳頂上です!
b0132817_19541723.jpg
b0132817_19544931.jpg
すっかりガスも多くなりましたが、まだ眺めは保ってます。
b0132817_19571150.jpg
b0132817_19571830.jpg
南アルプス方面はガス多し。
b0132817_19572293.jpg
眺めを堪能したあとはコルまで戻って荷物を回収して、行者小屋までCT40分のところ20分の駆け足で降りました。
テントに戻って撤収します。起きた時に表裏ビチャビチャに濡れてたフライシートもパリパリに乾いててくれましたので撤収も楽チン(^・^)
それを考えたら縦走テント泊って濡れたテントを満足に乾かさずに撤収しないと行けないから気が重くなりますね…

撤収したあとは小屋前のテーブルで残りの食料で燃料補給。
b0132817_20015828.jpg
土曜日なので、登ってきた人たちで大賑わい。自分は今から下山(笑)
b0132817_20024839.jpg
時間はほぼ正午ごろ。
赤岳と中岳、まだ視界は保ってました。
b0132817_20025197.jpg
腹に燃料も補給してパッキングも完了して下山。
食料もほぼ食い尽くして荷物も確実に軽くなってるはずなのにちっとも軽い気がしないのはナゼだろうか(;´∀`)

美濃戸口まで約2時間ちょいで下山。疲労からか途中2回転倒…。テン泊装備だと転ぶと踏ん張りが効きにくい^^;
特に美濃戸〜美濃戸口の硬い林道でハイペースで下ったので翌日筋肉痛がドエライことになってしまいました。


今回(北アルプスをある程度経験してから)の初の八ヶ岳登山。
赤岳山頂直下は北アルプスにも負けてない岩場の楽しい険しい登りでした。
一方で小屋が充実しまくってるのが印象的ですね。普通で1時間、長くても2時間程度歩けばどっかしら小屋に着くのがこの八ヶ岳の難易度を下げてたくさんの登山者が来ている要因なのかなーと。水を大量に持ち歩かずに済むという点が大きいですね。赤岳鉱泉や行者小屋とテン場がある小屋が下にあるので、テン泊装備で稜線を歩く必要もないですし。なんかの雑誌に”小屋ヶ岳”と書いてたのも納得でした。
今度来るならば赤岳鉱泉辺りにテント張って硫黄岳〜横岳〜(赤岳)と縦走したいですね。
個人的に最初の林道歩きが嫌なのですが…^^;

ご清聴ご拝読ありがとうございましたm(_ _)m

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2015-09-10 20:23 | 山登り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24874849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2015-09-11 00:45
お疲れ様でした、八ヶ岳いいですね
楽しそうです、晴れたことないですが

今週末はどちらへ?
私はシルバーが来る前に楽しんできます
またタイムトライアルになりそうな気配ですがw
Commented by bulanchan at 2015-09-11 01:08
こんばんは~♪
阿弥陀岳登頂おめでとうございま~す!
お疲れ様でしたぁヽ(^。^)ノ

腰痛は大丈夫ですか?楽しかった山行の後の仕事って、
気合い入りそうでも何かキツイもの有ますよね~(@_@;)
って、私だけかな?(笑)

いやぁ~参考になる八ヶ岳レポありがとうございます!
来年あたり北アルプス目指してる(イキナリ(^_^;))私な訳ですが、
八ヶ岳!良いですね!他の人達のレポ見ても素晴らしさ、楽しさが伝わりますし
何だか、頑張れば私でも登れそうな感じがしてきました♪

一番の魅力は矢張り、小屋ですね!
泊まってみたいです♪
ああ云う感じの小屋なら大丈夫です(笑)
因みに大雪黒岳の石室はアウツ(*_*)な私です。。

って云う事は、小屋泊は八ヶ岳方面かな~♪

それにしても岩場はかなり厳しいかもです(^_^;)
他にも数か所難儀しそうなとこが有りましたが。。

楽しい山歩きが伝わった素敵なレポでしたね!
写真も流石です!!!
Commented by pre-sspec at 2015-09-11 23:30
> oyamasuki_Yさん
思った以上に楽しい山でした。

今週末はヤマはお休みです。
さすがに毎週はフトコロがキツイです。
この時期はあまり近場は登ろうという気になりませんし^^;

今年のSWは天気次第で恐ろしい混雑になりそうですね。
Commented by pre-sspec at 2015-09-11 23:42
> bulanchanさん
ありがとうございます^^

そうそう、腰も帰った翌日はやばい状況でした^^;
脚も腰もピキピキでまともに歩けませんでした。仕事休みでよかったぁ〜と(笑)
登山中は全然平気なんですけどね。緊張がとけてからドッと来ますよね。

八ヶ岳は小屋がいっぱいあるのでその面で見れば難易度は低いですね。
技術的難易度で言えば、赤岳登る辺りは多少高いですけどね。

北アルプスの小屋はよほどマイナーなところでなければどこも大体清潔です。
ホテルみたいなところもありますしね。ピーク期の混雑もまたとてつもない事になりますが^^;

レポは天気が良ければ写真も多く撮り楽しく書けますね♪
反対にガスばかりだと、写真は極端に減ってレポも意気消沈モードで大雑把になります(苦笑)


<< 雷鳥沢キャンプ場にて      初八ヶ岳 最高峰赤岳頂上にて >>