タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 07日

初八ヶ岳 2日目 行者小屋〜地蔵尾根〜赤岳山頂

さて、2日目です。

この日は八ヶ岳の最高峰赤岳山頂アタックです。
b0132817_20475993.jpg
まずは5時にセットしていたiPhone目覚ましで5時5分起き(笑)
ささささ寒い… 気温何度か分かりませんが一桁は間違いないです。
テント内は結露こそ免れましたが、フライシートは夜露で表も裏もビショビショ。

天気は晴れ!うっしゃあ!!(ぐっ)
昨日山頂アタックしなくてよかったぁ…


ささっと朝食に温かいラーメン作ってエネルギー補給して、テントはそのままに必要なもの荷造りして6時頃出発です。

行者小屋から赤岳へは地蔵尾根と文三郎尾根と二手にルートが分かれていて、東側へ行く地蔵尾根経由で約2時間10分、文三郎尾根経由で約1時間50分。一見、文三郎尾根からのほうが早くて楽そうですが、今回考えたプランは赤岳と阿弥陀岳を時計回りの周回コースなので、地蔵尾根経由を選択。
b0132817_20374139.jpg
さて、行きますか。
b0132817_20382364.jpg
小屋の裏手から出発です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ




針葉樹林帯を登って行って、早速階段。
朝イチで手すりの鉄パイプがこらまた冷たいこと(お約束)
b0132817_20401829.jpg
振り返るとおおっ、北アルプスが見えとる!これは想定以上に天気が良い模様!
b0132817_20410533.jpg
樹林帯早くも超えてなおガシガシ登っていきます。
b0132817_20415326.jpg
長い階段。左側のハシゴは廃道の模様。
短時間でどんどん高度が上がっていきます。腕時計の高度計も上がるペース早し。
b0132817_20424741.jpg
この階段をあがるとちょっとした展望台になってました。
b0132817_20442123.jpg
左は阿弥陀岳。遥か先には御嶽山、乗鞍岳、我が愛しの槍穂高連峰!
画面真ん中ちょっと下にはすでに行者小屋があんな低いとこに。
霞んではいますけど悪天続きでの合間の晴れでここまで見れるとは想定GUY!(死語)

森林限界を超えてからアルプスにも引けをとらない荒々しい登りが続きます。
b0132817_20461968.jpg
b0132817_20470837.jpg
赤岳の名のごとく、赤茶けた山肌を登っていきますよ。
b0132817_20483068.jpg

あっ!ホシガラスだ!
b0132817_20491117.jpg
好物のハイマツの実(松ぼっくり)を夢中でガツガツ食べてました。1mちょっとまで近寄れるくらい夢中に食べてました。この時、ズームレンズではなく広角単焦点レンズを装着していたことを激しく後悔(レンズ交換とかガサガサしてたらすぐ逃げられる)おもいっきりトリミングしてます^^;

稜線がだいぶ近くなってきましたよ。
b0132817_20510720.jpg
稜線(地蔵の頭)に出ました!
と同時に太陽光線が直撃。
b0132817_20513321.jpg
ここまで地図コースタイム1時間25分のところ、写真を撮りつつで1時間で登れました。
行者小屋を体力フルパワー状態で出発すればこんなもんですかね。登山口から1日でここまで登るとコースタイム通りかかるでしょう(たぶん)

地蔵の頭から横岳。素晴らしい!
b0132817_20540752.jpg
そうか、お地蔵さんが置いてあるから地蔵尾根っていうんか^^;

そして、赤岳方面はというと。。。
b0132817_20120851.jpg
そうそうこれこれ、この景色ですよ!
この山容を見るために地蔵尾根経由を選択したといっても戯言ではありません(ん?)
もうちょっと横岳側へ引くともっといい感じでしょうが次回の楽しみにしておきます(行けよ笑)
予定ではここから富士山が見える予定だったのですが、山梨側は厚い雲に覆われていて見えず。。。

手前の小屋は赤岳展望荘。地蔵の頭からすぐです。
b0132817_21062779.jpg
時間は午前7時。土曜日の早朝だし、登山者もみんな出発してる時間帯だしひと気は殆どありません。

赤岳展望荘から赤岳頂上までは地図CTで約40分。30分で登ってやんよ…(たぶん)
b0132817_21093635.jpg
ふーん、まずはあの偽ピークを超えないといけないわけね、ふーん…(-"-)
b0132817_21131881.jpg
簡単そうに見えたら実は侮れない。どこを通っていいかたまに分からなくなります。
b0132817_21135821.jpg
頂上まであともう少し!
b0132817_21144249.jpg
振り返ると横岳、硫黄岳、北八ヶ岳方面が素晴らしい! 一番奥のボコッとした独立峰は6月に登った蓼科山ですね。
b0132817_21152031.jpg
八ヶ岳を境に西側は晴れ渡り、東側は雲がべったり。天気の分界点が間近に体感できます。


おっしゃあ!一番上まできたぁ!と思ったらてっぺんに張り付いている赤岳頂上山荘。
どんだけ山小屋充実しすぎてんのよ八ヶ岳。
b0132817_21163358.jpg
赤岳展望荘からここまで本当に30分で着きました(笑)展望荘に泊まった人ならここまで2〜30分で登れるでしょう。


頂上は小屋から数十メートル先です。
b0132817_21174305.jpg
というわけで、ネタ保全のため頂上からの眺めは(いつものように)次回に引っ張ります(ば)
殆ど見せたも同然ですが^^;

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2015-09-07 21:24 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24865672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2015-09-07 22:48
初の八ヶ岳?
意外ですね、とても意外です

赤岳はこうなっているのですね、フムフム

八ヶ岳は4回チャレンジして3回雨、1回吹雪の猛者がここにいます
もう嫌やw
Commented by pre-sspec at 2015-09-07 23:17
> oyamasuki_Yさん
そうです初なんです。
今まで縁がなかったといいますか、ついアルプス方面へ行ってしまっていたので(笑)

4回すべてで悪天って心が折れますね^^;
小屋から上は楽しいですがそれまでが退屈ですね。。。


<< 初八ヶ岳 最高峰赤岳頂上にて      初めての八ヶ岳登山 1日目行者... >>