タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

初めての八ヶ岳登山 1日目行者小屋テン泊

天候が安定して登山日和が続いていた7月後半から8月上旬、試験勉強うんぬんでアルプス方面への登山が出来ず悔しい思いを過ごし、その後の天候不順で8月は結局登山出来ずじまいでした。お前は本当に登山者かと(苦笑)
でもってやっと天気が回復しそうなこの週末に登ってきました。

登山7年目にしてようやく八ヶ岳です。
これまで天気が良いとついついアルプス方面ばかりへと足が向かい、八ヶ岳はいつも素通りしていました^^;
八ヶ岳を選んだ理由はもちろん未踏峰であったのと、テン泊修行を兼ねてでもあります。
2年前に買って使わずにいた山と高原地図「八ヶ岳」の地図がよやく陽の目を見る日がきました(笑)


9月4日(金)分割夏休み最後の日に決行。天気は曇り/霧雨。
駐車場は美濃戸口。朝7時出発です(霧雨でカメラ出すの面倒だったので写真とってません)
美濃戸への砂利路は行けないこともなさそうでしたが若干車高が落ちた私のフィット君では無理かと思ったので。車高ノーマルか高めな普通車ならギリ大丈夫かな?SUV系なら問題なく行けるでしょう。アンダースポイラーとか付いてるクルマやフル乗車でケツが下がったクルマはやめておきましょう。

ゆるくてタイクツな林道をてくてく登って約1時間で北沢南沢コースが分岐する本番の登山口に到着。
b0132817_14514446.jpg
今回は行者小屋でテン泊するので、南沢コースへ向かいます。ここから約2時間らしい。赤岳鉱泉は北沢です。
雨もやんで出発時は霧雨で着ていたレインウェアをここで脱ぎます(下は履いたまま)
ゲリラ豪雨時は南沢コースは行ってはダメらしいですが、今日は大丈夫なようです。

さて、いざ出陣!





前半は橋を2回渡ります。
b0132817_14560209.jpg
あまり急な登りではありませんが沢の音を聞きながら眺望の効かないタイクツな登山道を登っていきます。
たまに青空が見えて、日差しも降り注いでは曇ったりの繰り返し。
日がさして暖かくなって、倒木や地面からは水蒸気がっ。
b0132817_14563009.jpg
途中の滝前でちょっと休憩。
b0132817_15074053.jpg
こんな感じで沢を何回か渡ります。ゲリラ豪雨の時は通行禁止なのも納得。
b0132817_15074349.jpg
河原に出ると小屋まで勾配はずっと緩いですが、長く感じます。目の前に横岳が。
樹林帯に入ってまた河原に出たり…。ヘリポートが見えたら小屋までもうすぐ。
b0132817_15240212.jpg
行者小屋に到着。標高2350m。美濃戸の分岐からテン泊装備で2時間半ほどかかってしまいました。
b0132817_15252664.jpg
ひとまずはテーブルで昼食をと(10:50)
b0132817_15322548.jpg
棒ラーメン(豚骨)をかきこみます。
モンベルのクッカーがサイズと重量的にとても使いやすい♪

飯食ったあとは小屋でテント受付(幕営料1000円)して、テント張ります。
b0132817_15354781.jpg
小石が少ない良い場所に張ることができました(平日ですし)。ペグもちゃんと刺さります。
虫はまだいます。黄色いテントだから虫は付きやすいですね。テントに虫除けスプレーとかしたらマズイかな^^;

お約束の食料パンパン写真。
b0132817_15410554.jpg
自分のテントからみたテン場。
b0132817_15424475.jpg
さて、ここから稜線まで1時間半程度。赤岳や阿弥陀岳まで2時間程度です。
ベースキャンプにぴったりな場所ですね。眺めは涸沢には及びませんが意味合い的に似たような場所です。

初日に赤岳登頂目指そうかと当初は考えていましたが、稜線はほとんどガスがかかり、青空は殆ど見えずガスがたまーに晴れる程度。
b0132817_15492103.jpg
たまにガスがとれて稜線の赤岳展望荘が見える。

テント張って昼食も終えたところでまだ午前中ですが、稜線の天気を見てたらここで気持ちを切ってしまい、翌日の晴れ予報にかけてテントで昼寝しつつひたすらグータラすることにしました。我がソフトバンクの電波は小屋前のテーブルで3Gが2本前後、少ししか離れていないこのテン場ではほぼ圏外です。

夜はさすがに寒くなり、一番上に軽量ダウンの5枚重ね着になりました。下は登山用スポーツタイツに夏用トレッキングパンツでしたがシュラフ(モンベルのダウンハガー800#3)の中でも寒いくらいで何度も丸くなった覚えが(笑)上半身暖かく下半身寒くという結果に。秋用のトレパンなら大丈夫だったかな?

21時頃にトイレのため起きてみると、ガスが晴れて満点の星空になってました。
b0132817_15592435.jpg
左が赤岳、右側は阿弥陀岳。
b0132817_15592190.jpg
三脚やケーブルレリーズは持ってきてなかった(不覚)ので、小屋のテーブルに石ころおいてカメラを星空に向けて撮影。
レンズはDA14mmF2.8(フル換算で21,5mm)ですが、シャッター速度は25秒が限度ですかね。ISO1600で撮ったのでフォトショLRの力を借りてだいぶ明るくしてます(笑)
すぐにガスで白っぽくなったので、テントに避難。

翌日につづけ!

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24861549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みながわ at 2015-09-06 19:02 x
すごい!すごいね!
テント泊!
山でのご飯、山での星空・・
写真がきれいで私も行った気になるよ??w
Commented by pre-sspec at 2015-09-06 23:42
> みながわさん
衣食住をすべて背負って登って、テントで寝袋に包まって寝るってのがまた山を楽しむ醍醐味でしてね^^
その分、荷物も重くてあまりハードなとこは登れないんだけど^^;
山メシはパッケージそのまま食ってるだけなのでもうちょっと工夫できるようになりたいw
Commented by みながわ at 2015-09-06 23:56 x
いいねえ??テントで寝袋とかやってみたい❣
テントもカラフルで可愛いw

日記の続き、待ってまーす??
by pre-sspec | 2015-09-06 16:13 | 山登り | Trackback | Comments(3)