タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

焼岳登山 上高地往復コース

7/11、天気予報が素晴らしすぎたので予定していなかった登山をしてきました。
海の日連休はこの週末よりは悪そうでもありましたので。

今回は未だ未踏だった(って他にも未踏はいっぱいありますがw)焼岳です。
北アルプス唯一の活火山です。
これほど赤文字が合うアルプスの山も珍しい(笑)

いきなりですが山頂からの絶景です。
b0132817_19350475.jpg
予想以上に素晴らしかったです。
緑濃いこの時期に北アルプスの絶景を楽しめたのは何年ぶりだろう…。

いつも上高地に入ると穂高連峰や槍ヶ岳方面を目指し、標高が低めでスルーというか軽視しがちだった焼岳。
今までスンマセンでしたと^^;
b0132817_19394781.jpg
この山域を詳しく知らない人のために説明画像(笑)登頂経験のある山だけ記載(爆)
槍ヶ岳の姿はここからは素晴らしくないので槍好きにはオススメできません^^;

穂高連峰と笠ヶ岳方面です。
b0132817_19403895.jpg
笠ヶ岳のほうが残雪量が多いようです。

噴火口です。
左手が標高が高いが火山ガスや崩れやすい云々で立入禁止の南峰。
b0132817_19410699.jpg
青い池が見えます。残雪量がもっと多いと神秘的に見えそう。
ここ北峰のほうが噴出が多そうで危なそうなんだけどなぁ^^;

b0132817_20165383.jpg
レポは続きあります↓↓

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ





この日は出遅れと運転中の眠気もあって朝9時に登山開始(遅っ)

いきなりですが上高地の登山口です。
b0132817_19501562.jpg
一応、火山であることや登山口の険しさに関する注意が書かれています。

前半は割りと勾配は緩やかです。
b0132817_19505330.jpg
やはりというか時期的にメマトイな虫は多めです。
この虫らのせいで(?)下山中に悲劇が起こりました。
詳しくはまた…

中の湯側の登山道は知りませんが、こちら上高地側の登山道は休憩に適した場所があまりないのが印象的です。虫達の襲来もあってゆっくり休憩もしてられないのがこの時期の悩みどころですね。虫よけネットとか汗処理がしにくそうだし写真も取りづらそうだしかっちょ悪いけど導入を真剣に考えないとかなぁ…

途中、鉄・アルミはしごを幾つか通過します。
b0132817_19521374.jpg
視界が少しひらけました。
b0132817_19524752.jpg
一番の難所?なアルミはしごです。ほぼ垂直です。
これ系の昇り降りが苦手な人は上高地側の焼岳登山はやめましょう。
b0132817_19534227.jpg
約2時間40分で焼岳小屋につきました。
b0132817_19561715.jpg
まずはピンバッジを購入。カルピスウォーター500ml(450円)も買ってほぼ一気飲み。
この時点で結構疲れてます。疲れ方にちょっと今後の登山に危機を感じます。通勤が楽になって体力が落ちてきているのかなぁ。。。^^;

小屋から登ってまもなくの展望台付近でよやく視界が360度開けます。
b0132817_20043445.jpg
目の前にどどんと焼岳。
b0132817_20060035.jpg
真ん中のボコッとしたのが山頂です。
てか溶岩ドームにしか見えないんですけど…^^;
b0132817_20060897.jpg
ちょっと降りてまた登ります。
つまり下山時は登り返しがあるということ…

b0132817_20081599.jpg
振り返りつつ登ります。ん〜、いい眺め。
b0132817_20081985.jpg
軽装な外国人に追いぬかれたの図。オーマイガッ。
b0132817_20091975.jpg
ていうか脚長ぇぇーーーーーーー。

b0132817_20102966.jpg
ここらがちょっと辛い。
硫黄の匂いも風でプンプン漂ってきます。
b0132817_20103250.jpg
登ってきた登山道を見下ろす。うひょーーーー。
b0132817_20421580.jpg
中央やや左上の緑の人工物が焼岳小屋。

山頂直下、中の湯登口からの合流点に到着。
b0132817_20115168.jpg
噴気孔の間近を横切ります。
よく登山禁止にならないなぁ^^;
ここで噴火されたらイチコロ…
b0132817_20130456.jpg
あっ、やはり最近の火山に対しての意識の高まりからか、ここ焼岳でもヘルメット着用の登山者は結構いました。
自分は今回はヘルメットは持ってきませんでしたけど次登るときは持とうかなぁと。

でもって山頂到着。
b0132817_20150969.jpg
焼岳小屋からはコースタイム1時間10分(2013年版地図)と書いてましたが1時間20分かかってしまいました。
周りの登山者より明らかに荷物多めに持ってたので修行になったかなと言い訳(苦笑)

上高地を見下ろすとあぁ〜結構遠いなぁと。
登山口に降りてから河童橋まで戻るルートが微妙に登り坂でペース上がらずとっても長く感じました。

で、途中で書いた下山中の悲劇はというと。。。





サングラスを失いました。





オークリーのスポーツサングラスで自分でも結構気に入ってて、値段もそこそこの登山用ザックやクツが買えるくらいしてました。
下山時は夕刻に近く、樹林帯中で襲ってくる虫を払いのけながらの降りてましたが、樹林帯の中なのでサングラスは外していてザックのショルダーハーネスにかけていたところいつの間にか紛失していました。途中で気づいた時は「なんでー!」って叫んでしまいました(周りに誰もいなかったし^^;)
落としたであろうと思われる場所からは結構もう降りていて登り返す気力も時間も当然無く…。
このショックが思いのほか大きくてこの後の予定を狂わすほどテンションが急降下。

山頂で絶景を楽しんだ引き換えに失うものもありました。
登山中の物の紛失には気をつけましょう(あんたがねw)

新しいサングラスの調達どうしよ…
登山では絶対いるしなぁ…^^;

もう上高地側の焼岳登山道は使わん!(たぶん)

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24686027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2015-07-14 23:31
9時スタートって・・・
中の湯ならもう下山してますがなw
焼岳の眺望は本当に癒されます、大好きなんですよね
いつも開幕戦は焼岳なんですがいつドカーンと来るか心配でナリマセヌ
あと上高地側の登山道、ぶっちゃけ小屋までひまじゃないですか?

サングラスはまぁドンマイです
山道具は消耗品ですから
ちなみに私は昨年張り替えたばかりのソールがもうボロボロ
あと半分で丸坊主っす;;
Commented by pre-sspec at 2015-07-15 00:07
> oyamasuki_Yさん
今回の山行はスタートの遅れといいサングラス紛失事件といい、反省しきりです…(凹)
スタートの遅れは多分、安定した天候とテン泊予定からくる油断でしょうか^^;
焼岳山頂は思った以上の絶景で満足出来ました♪噴火のリスクは確かに怖いですね。
上高地側の登山道は、ホント小屋まで特にハシゴ地帯より下がもうウンザリです。

店の人から聞いたことあるのですが、最近の登山靴の特にビブラムのソールはゴムが柔らかめで減りやすいんだそうです。
私のクツも短期間で結構減っていますね。
Commented by bulanchan at 2015-07-16 01:08
素晴らしい絶景ですね!!!

溜息がでます。

穂高ってカッコイイですね!

所で、グラサンは残念な事になりましたね(*_*)

でも、無事の山行で良かったって事で~(笑)

素敵な山レポートありがとうございます!

北アルプス良いですね~☆

Commented by pre-sspec at 2015-07-16 19:47
> bulanchanさん
ここから見る穂高連峰もなかなかナイスでした。
低いからと眺めも難易度も過小評価していた焼岳ですがとんでもございませんでした^^;

無事に帰ってこれて(火山ですし)よかったですが、やはり凹みました。

bulanchanさんもチャンスが有れば北アルプスへ^^
by pre-sspec | 2015-07-13 20:33 | 山登り | Trackback | Comments(4)