タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

梅雨の晴れ間の蓼科山 登山レポ

13日土曜日に蓼科山へ登ってきました。

基本的に雨の日に(日帰り)登山は強行しない主義で、梅雨に入ると休みの日の晴れはとても貴重ですし、登山日和でもありますので”山カラダ”を維持するためにもなるだけ登山はしたいところです。といっても登山は1ヶ月半ぶりだったりするのですが^^;昨年は6〜8月と1度も登山をせず、9月初めにいきなり北岳に登って地獄の苦しみを味わいましたので(苦笑)


で、ご覧の通り若干霞んでいるものの天気に恵まれました。
午後になると薄曇りになりましたけど雨も降らず、八ヶ岳も終始雲に巻かれることはありませんでした。
b0132817_20242002.jpg
b0132817_21040204.jpg

蓼科山とはこんな感じの山です。
b0132817_20303306.jpg
これは今年の冬にブランシュたかやまスキー場のてっぺんから撮ったものです。割と周囲からもそれと分かりやすいボコッとした独立峰であり八ヶ岳連峰の最北であり、百名山の一つです。独立峰なので連峰に含めるかどうか個人的に微妙ですが…。

登山口は二つほどあり、ビーナスラインのスズラン峠の女乃神茶屋前の蓼科山登山口と白樺高原国際スキー場の上にある7合目登山口とあるうちの前者スズラン峠側から登りました。
前者は約2時間半〜、後者は1時間20分程で登れるようです。1時間20分程度ですとあまりトレーニングにもならないので、素直に?蓼科山登山口を選択です。

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

というわけでレポ開始〜






登山口近くのスズラン峠の駐車場には朝6時頃に到着。
b0132817_20422449.jpg
仮設のトイレもあります。まだ余裕持って停められるほどですが、下山してきた頃にはギチギチに埋まっていました。

準備して6時20分、登山開始!
登山口標高はおよそ1730m。頂上は2530m、およそ800mの標高差。
b0132817_20441695.jpg
最初は平坦な道。
b0132817_20444574.jpg
割とぬかるんでる箇所もあります。

そしてほぼ直線に近い感じの急な登りになります。
b0132817_20455732.jpg
地図見たら大体分かりますが、中間の2100m地点あたりまでは、平坦〜直登〜平坦〜直登って感じを繰り返します。
b0132817_20490362.jpg
b0132817_20501506.jpg
約1時間で2110m地点に着きました。
蓼科山登山道の道標は残距離とかは書いてません。

高山植物は取るなよってことですね。
b0132817_20511113.jpg
しかしS59年って30年以上前からここにあってまだこの状態を保っているのか?!

中間点からもまた平坦な道(ほんの少し下る)もありますが、以後はご覧の感じで精神的によろしくないほとんど一直線の直登です。
b0132817_20532773.jpg
登りやすいかと言われればそうでもなく、浮き石も多くて下山するときもなかなかペースが上がらない道でした。

立ち枯れの木々が現れ始め、、、
b0132817_20561277.jpg
木々が無くなり、岩陵帯になったら山頂も近いです(近くて遠い?)
b0132817_20564785.jpg
ほとんど地面は踏まず、岩の上を渡り歩いて登って行くイメージです。
b0132817_21003746.jpg
ぐるっとまわり込んで8:50山頂到着。休憩時間含めてほぼ2時間半でした。
b0132817_21014868.jpg
なんて広すぎるんだ、ここの山頂^^;
奥に人が集まっているところが眺めの良い展望指示盤のある場所です。

三角点タッチ。百名山18座目です。
自分が追い抜いた人2組、追い抜いていった人4人でした(記憶が正しければ^^;)
b0132817_21022227.jpg
ほぼ中心にある鳥居。
b0132817_21032459.jpg
展望指示盤。三角点からここまで歩くのが割と面倒くさかったり^^;
b0132817_21041689.jpg

展望指示板から人が集まる三角点方向を見るとこんな感じ。こんな山頂初めて^^;
b0132817_21062481.jpg
さて、カップラメーンでも食うべかと思ったのですが、季節的に太っといハエがブンブン飛んでいるのでテンションも上がらず、持ってきた他の食料だけで済ませました^^;
登ってくる人たちを見ていると、割合的に7合目から登ってくる人が結構多いようです。そら普通に考えたらみんな楽に登れるほうを選びますわね^^;
b0132817_21215905.jpg
霞んでて北アルプスまでは見えませんでした。
b0132817_21075012.jpg
白樺湖や車山高原方向。しらかば2in1スキー場と車山高原スキー場などなどが見えます。
b0132817_21075219.jpg


頂上直下にある蓼科山荘ヒュッテにてバッジも忘れずに購入。
売られているのはこの1種類だけでした。7合目からルートの途中にある蓼科山荘には他の種類も売ってるのかなぁ?
b0132817_21302441.jpg


9:30頃、下山開始。
と思いきや2〜3分ほど歩いた岩棚の上で山頂以上の大休止(笑)ここはあまり虫も飛んでおらず、八ヶ岳を眺めながら足を広げて下ろしてある意味、山頂以上に眺めが良くてゆっくり休憩ができます。
b0132817_21364993.jpg
気が済んだところで浮き石多く歩きにくい道をテクテク歩いて下山。
登ってくる人は割とたくさんいましたが、誰にも追い抜かれず追いつかずに11:30下山完了しました(こんなの初めてかも^^;)


下山してびっくりしたこと。
b0132817_21400864.jpg
今回の登山ではトレーニングを兼ねて、飲み水をハイドレーションに2L丸々1本分とポカリ500mL1本の計2.5Lと登り2時間半の行程にしては多めに持ってったのですが、この季節なりに汗もかいて特に水分補給をセーブしたつもりはなかったのですが、ハイドレーションには約1.5L強も残っていました^^;
ペットボトルとか口径の大きい飲み口だとついガブガブ飲んでしまってこうは残らないので改めてハイドレーションによる水分補給の節水能力を思い知った次第であります(取り出してみないと残量がわかりにくいのはしょうがないですが…)

◆今回の反省点(備忘録)
・下山途中に印刷した地図を地図ケースごと落としてしまった。
・下山途中の休憩した場所に山用タオルを置き忘れたorz
・身体が妙にだるくなったのは塩分補給系のアメを忘れ、山頂でもあまり多く食べなかったから塩分不足に陥った(と思われる)
・体重減量しなきゃ(苦笑)

K-3 + DA16-50mmF2.8ED[IF]SDM & DA14mmF2.8ED
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/24587745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pre-sspec | 2015-06-14 21:51 | 山登り | Trackback | Comments(0)