タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

紅葉の涸沢からパノラマコースを経て上高地へ

泣く泣く思いで紅葉に包まれた天国の涸沢カールから下山です。

そういえばパノラマコースからの涸沢カールのが全体を撮れる撮影ポイントとして有名らしい。これは撮っとかねば!
b0132817_22411690.jpg
↑C-PLフィルターありver ↓フィルター無しver^^;
b0132817_23054460.jpg
そうそうこの眺め!
涸沢ヒュッテを一緒に撮れるポイントです。ここだったのか!という感じです。
パノラマコースに入って緩やかに登ってすぐですよ。ヒュッテの周りは涸沢カールを撮る登山者やカメラマンで溢れかえってるのにここは誰もいない…。
おーい!もったいないぞーー(爆)
ここでもたくさん撮ります(ブレてちゃ嫌だから笑)

さて、この紅葉ともついにお別れ。上高地に降りなければならない。
しかしいつものように本谷橋経由ってのもなんだかつまらん^^;
パノラマコースを通ってみようか。しかし、地図は点線、現地の注意書きも危険な箇所とある。

いいや!パノラマコースから下山しよう!(笑)


そして、紅葉天国はまだまだ続くのであった…!

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ






だんだん遠ざかっていく涸沢。
しかしまだまだ素晴らしい眺めである。
b0132817_22544184.jpg
道は狭いけど紅葉はいい!
しかし、3日目で登りを想定していない下山モードの身体にパノラマコースの登りは少々堪える^^;
b0132817_22552149.jpg
おお!すげぇ!この見下ろす紅葉絶景。
これは本谷橋横尾経由では見られないぞ!
b0132817_23340230.jpg
ん?あそこに見えてるのは槍の穂先ではないか!?
まさかこのコースから槍ヶ岳が見えるのか!

こんな感じで少々のアップダウンとロープを片手にトラバースしていく感じの道が続きます。
残雪期では通行禁止なのも頷けます。が、これまで通ってきた道を思えば大したことはありません。
ただ、本谷橋横尾経由の道よりキツイのは間違いありません^^;
b0132817_22583613.jpg

屏風の耳が見えてきた。黄色に色づいた木々が眩しい!
b0132817_22595531.jpg
うっひょ~、槍を見ながら歩けるなんてなんてサプライズ
b0132817_23010683.jpg
やっと稜線に出ました。
おいおい、素晴らしい道ではないか!
b0132817_23015814.jpg
そして屏風のコルまで辿り付きました。
ドドーンと北穂高岳と大キレット、横尾カールに槍ヶ岳!!
素晴らしすぎるじゃありませんかココ!
b0132817_23030182.jpg
そして涸沢カール!
奥ホ、涸沢岳、北ホと全て見えます。
涸沢岳が低く見えますが一応、北穂高岳より高いんですよね^^;
b0132817_23402827.jpg
ここの絶景、かなり気に入りました。
泣く泣くお別れした涸沢の紅葉絶景、まさかここでも楽しめるとは!
次回からもガス無しが確信できる時は、ここを経由に降りよう。

屏風のコルの分岐。
今回は屏風の耳へ登るのは(時間的なこともあり)回避しました…。
b0132817_23082514.jpg
新村橋まで4kmか。大したことはなさそうだ。
…と思いましたが、ここから4kmがまた辛い下りでした。てか体感的に全然4km程度じゃありませんでした(苦笑)
この谷を下って行きます。登りでは使いたくないです^^;
本谷橋横尾経由だとたくさんの登山者とすれ違うでしょうが、このコースで新村橋まですれ違った登山者は10人もいませんでした。
b0132817_23115196.jpg
前穂高岳が見えます。
b0132817_23132783.jpg
降りながら早稲田尾根を見上げます。ここもなかなかやね。
b0132817_23150543.jpg
辛い下り道を経て、中畠新道分岐です。前穂高岳がドドーンと。
ここからバリエーションルートで奥又白池まで登っていけるみたいです。
b0132817_23160359.jpg

そしてここからだんだんと緩い下りになっていき、人工的な林道となり、新村橋です。
b0132817_23173210.jpg
なんだかここまで来たらゴールも間近な気分ですが、上高地までまだ更に2時間以上もあります(疲)

徳澤園ではお決まりのソフトクリーム(写真なし)
それよかスタッフが2人いてどちらもめちゃ美人だった(*´д`*)

そしていつもの上高地までのタイクツな道。

横目で前穂高岳に別れを告げ…
b0132817_23202821.jpg
明神岳にも別れを告げ…
b0132817_23205764.jpg
4G通信もできる文明の行き届いた観光客で溢れかえる上高地まで戻ってきました。
b0132817_23213497.jpg
昨日まであの山のてっぺんにいたんだよなぁ~と感傷に浸りながらバス乗り場へ。
バスで沢渡駐車場まで戻り、近くの温泉によって中央道で東京へ。
この日は夕方も天気がよく、高速道路から八ヶ岳も南アルプスも富士山もきれいに見えました。
いつもなら小仏トンネル渋滞で+2~3時間も余計に掛かってウンザリするのに、平日だから渋滞なく、妙に早すぎる違和感で帰宅。」

今回はほんとに最初から最後まで超絶景な山旅でした。
しばらく燃え尽き症候群になりました(笑)

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/23588189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まろん at 2014-10-19 17:47 x
はじめましてー。
ブログ村から飛んできました(*^^*)

紅葉の涸沢、めちゃ絶景ですね!!!
色とりどり、ほんとキレイ〜。

私もいつかまたこんな紅葉の時に行きたいです。(*^_^*)
Commented by pre-sspec at 2014-10-19 21:07
まろん様
はじめまして、コメントありがとうございます。
涸沢の紅葉、本当に圧倒されました。まろんさんも私の数日後に行かれたようで(^^)
しかも同じパノラマコースで下山されたのですね。パノラマコースはなかなか穴場なところでした。
この紅葉はもう毎年ででも行きたいですね!
Commented by oyamasuki_Y at 2014-10-27 00:18
私今年で3回目ですが何度見ても飽きませんよね
ただ涸沢には泊まりたくない派です
通過点で短い時間の間に見るからこそ記憶に残ると思ってます

あとバカなんで高いところ大好きなのもありますヨw
Commented by pre-sspec at 2014-10-27 20:50
oyamasuki_Yさん
ピーク期の涸沢は小屋泊まりは勇気いりますね^^;
そんな思いをしないように早いとこテントデビューしたいところでもあります。
確かに通過だからこそではありますが、後ろ髪を引かれる思いはかなり…(笑)
by pre-sspec | 2014-10-18 23:30 | 山登り | Trackback | Comments(4)