2014年 10月 10日

北アルプス最高峰 奥穂高岳山頂

というわけで、日本で3番目に高い場所、奥穂高岳山頂です。
この界隈を登山していると、どこの山頂も素晴らしい景色を提供してくれるのであまり北アルプス最高峰とかは意識しないんですけども、やっぱりそのへんの付加価値みたいなもんを付け加えることで満足感も拡がり…(笑)
b0132817_22492033.jpg
もうすでに正午頃なので太陽光線もトップライトになり、影がほとんどなくて立体感に乏しいですが^^;
いやしかしこの槍ヶ岳と北穂高岳、涸沢岳と岩山をまとめてこのアングルで見えるのは爽快ですね。
特に槍がガスってたりして見えなかったりすると泣いてるところです^^;

泣く子も黙る?ジャンダルムの岩峰!
b0132817_22544164.jpg
いつか登ってみたい岩峰です。
この奥ホ山頂からザックを置いて往復2時間くらいらしいですが行けるのか?
ここからではロバの耳とか馬の背の険しさがよくわかりにくいですね。

しかし思ったより狭苦しい山頂でした。
撮った写真の数も前ホ山頂ほど多くありません^^;

早朝とか夕暮れどきで雲海が流れる頃なんか特に素晴らしい景色になりそう。。


まだまだ続け!!

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ





山頂の祠。
この巨大ケルンは穂高岳山荘初代ご主人の今田重太郎氏が積み上げたもので山頂としては認められてないとかなんとか。
b0132817_22590775.jpg
そのケルンによじ登ってジャンダルム方面。
b0132817_23013413.jpg
展望指示盤のとこには常に人がいて離れたがらない様子^^;
この日、岐阜県側には昼頃から雲海がべったり。
もっと広角レンズが欲しい…orz

ジャンダルムへ続く馬の背の稜線。
b0132817_23242686.jpg
左奥には噴煙を2つ?吹き上げる御嶽山が…

スッキリした青空です。
もう少し巻雲とかあってもいいのになぁ~と思ったらバチが当たるかな^^;
b0132817_23035711.jpg

山頂を楽しんだあとは穂高岳山荘へ下ります。
割とスグと思ってたんですが、そこそこ距離歩きます。
b0132817_23041928.jpg
b0132817_23272472.jpg
穂高岳山荘が見えてきた。
さっきに比べてどんどん涸沢岳と北ホがどんどん高くなっていき、槍が挟まれていく感じが面白い。
b0132817_23051718.jpg
穂高岳山荘へ降りる直前の岩壁あたりになると、ドドーンと立ちはだかる涸沢岳が面白い。
b0132817_23063552.jpg
ほぼ垂直に近いですね。
穂高岳山荘と奥ホ山頂の間で難所的なのはここらだけ。
b0132817_23074268.jpg
ハシゴも槍ヶ岳のように上下1本ずつ設置されてるわけじゃなく、”1車線”だけ登り降り交互通行。こら混雑するわけだわ^^;
先の3連休ではここに取り付く行列が山荘前を超えてザイテングラートまで伸びて2~3時間待ちだったとかなんとか(ぶるぶる
b0132817_23074714.jpg
ここで怖がってノロノロしていると混雑時はより拍車がかかりそう。
冬季・残雪期はさすがにかなり恐ろしいんでしょうね^^;

まもなく穂高岳山荘に到着。
本日はここに宿泊。
b0132817_23201972.jpg
昨年、大キレットで知り合ったN氏が僕が降りる様子を見つつ、待ち構えていました(事前にここで合流するようにネゴはしていたのですが笑)
Nさんは上高地から涸沢~北穂~とまわって来て穂高岳山荘前に到着。3,000m近い山小屋前が集合場所というのもまたいいと思いますw

まだまだ続きますヨーーー。

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2014-10-10 23:22 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/23544358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 穂高岳山荘での午後      紀美子平から吊尾根を経て奥穂高... >>