2014年 10月 04日

岳沢小屋~重太郎新道~前穂高岳山頂アタック!

さて、2日目はいよいよ北アルプスでも指折りの急登、重太郎新道を経て前穂高岳へまず向かいます。

日本で一番高くて険しい北アルプスにあって、その中でも急登とは…
昨年の大キレットの北穂の登りよりも急なのだろうか…少なくとも燕岳の合戦尾根よりは険しいはずだ…

3週間前に北岳登山でかなりのヒーコラヒーコラ状態になり、自身を失っていたのもあり正直、かなりビビっていました^^;
b0132817_15210233.jpg
2日目は昨日以上に快晴となりました。
これは眺めもかなり期待が持てます。

続きは↓↓↓





9/28朝5時頃、岳沢小屋のテラスから。
昨日はずっとガスがかかっていた乗鞍岳。その向こうに噴煙をあげる御嶽山が。
b0132817_15272659.jpg

岳沢小屋でまず朝食。
朝食は5:30からでしたが食堂前で待っていたら5:10くらいから、準備が出来ましたのでどうぞ~とご案内。これはラッキー。
ささっと掻き込んでチャチャっと準備。
b0132817_15301436.jpg

地図によると、紀美子平まで3時間、そこから30分で前穂高岳山頂。
道標によると前穂高岳までたったの2.5km!?それで約3時間~半!?
これは相当な急登だぞっと。
b0132817_15272155.jpg
5:30頃、いよいよ出発。
岳沢を渡って、テント場を登りきり、前穂高岳へ。
b0132817_15324548.jpg

乗鞍岳をズームアップ。
あぁ…御嶽山が…
b0132817_15335266.jpg
まずは草付きのジグザグの道を緩めに登って行きます。
モルゲンロートに染まってきた西穂。
b0132817_16155282.jpg
b0132817_15345455.jpg
紅葉が綺麗だなーと思いつつ登って行きます
b0132817_15345046.jpg

重太郎新道名物?のロングはしご。
b0132817_15361226.jpg
下を見ないようにセッせと登って行きます。
ハシゴの下が切り立っているので高度感が結構すごいです。ハシゴ踏み外して転落でもすれば命ないでしょう。
b0132817_15374109.jpg
最初から急登なので、腕時計の高度表示もかつてないくらいのペースでグングン高度が上がって行きます。
紅葉の樹林帯に癒されながら登ります。思ったよりまだ息は乱れません。
b0132817_15403336.jpg
カモシカの立場あたりから明神岳。
もうそろそろこの登山道も太陽に照らされそうです。
ここまで約1時間ちょい。
b0132817_15412276.jpg

またさらに眺めのはしご。
もはやこういうハシゴがあると一気に高度が上がるので嬉しくなる(病気?)
b0132817_15434389.jpg
西穂を照らす面積が大きくなってきました。あっ、”影明神”
b0132817_15443953.jpg
鎖場です。
がっ、登りはほとんど使わないで行けます。下り用かな?
b0132817_15454279.jpg
岳沢小屋も結構下になってきました。
ホント短時間で高度が一気に上がって行きます。
b0132817_15464137.jpg
b0132817_15473727.jpg
b0132817_16164207.jpg

少しずつ明神岳の高度に近づいていきます。

b0132817_15475067.jpg
ハイマツ帯に変わってきました。
どうやら森林限界を超えた模様。カメラのGPSによればここは2666m付近みたいです。
b0132817_15484541.jpg
岳沢パノラマにつきました。
標高は2673mの模様。小屋から約1時間45分。
噴煙を上げる御嶽山もハッキリと…。
b0132817_15522478.jpg
西穂の稜線の高さがだいぶ近くなってきたような…
b0132817_15553279.jpg
太陽に照らされて眩しくなってきました。
結構高く登ってきたつもりがまだまだ高く登らなければいけない模様^^;
b0132817_15560786.jpg
コントラストが美しい。なかなかうまく撮れないけど^^;
b0132817_15572210.jpg

ん?何のヘリだろう?
ここらをグルグル旋回していった。救助ヘリではない模様。
しかしものすごい稜線だ。
b0132817_15572996.jpg
岳沢パノラマより上はもうほとんど岩稜帯です。
7:55に雷鳥広場へ到着。雷鳥はみませんでしたが…orz
b0132817_16184105.jpg
平坦なところは休憩ポイントたるカモシカの立場や岳沢パノラマ、雷鳥広場を除いて、ほとんどありません。
b0132817_16020721.jpg
重太郎新道名物はしご?その2
以前はひん曲がったはしごでしたが割と最近新しいものに交換されたようです。
ひん曲がったやつのほうが絵になったのになぁ^^;
b0132817_16041280.jpg
この両サイドは結構切れ落ちてます。

おぉ~!明神岳とほぼ同じ高さになってきた!
ということは…
b0132817_16082650.jpg
この険しい岩場を登れば…(鎖もあります)
b0132817_16440472.jpg
紀美子平に到着!
岳沢小屋から(写真を撮りつつ)約2時間半です。
重太郎新道はわりと静かなのにここは奥穂からきた登山者も加わってとても賑やか。
b0132817_16102528.jpg
想定していたより疲れませんでした。
岳沢小屋をフルパワーで出発できたのが大きかったかも^^

小休止してザックを置いて、いざ!前穂高岳山頂へ向かいます。
ここから前ホまでの約30分が結構キツイです^^;
少なくとも槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳山頂への約2~30分よりずっとキツくて長いです^^;
b0132817_16211976.jpg
まずゴロゴロのガレ場を登ったあと、西側サイドに回り込みます。
すると…
b0132817_16435764.jpg
おぉ!槍が見えた!これはテンション上がります。
b0132817_16215061.jpg

そして東側サイドに回り込み、3,000mを超えて息を切らしながら登ります。

b0132817_16252937.jpg

奥ホも西ホも素晴らしい眺め!
西ホはすっかり自分より下の位置に…
b0132817_16262487.jpg
明神岳もご覧のとおり。
信州側の山々も遠くまで見渡せてます。これは好天が続きそう♫
ここまで来たら山頂はすぐそこです。
b0132817_16264775.jpg
富士山も見えてます。
b0132817_16303766.jpg


そしてついに前穂高岳山頂に到着!
国内11番目の標高、自身9座めの3,000m峰であります。
b0132817_16282120.jpg
前穂高岳山頂からの絶景は(いつものように)次回詳しく!^^;


K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2014-10-04 16:30 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/23504519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大絶景の前穂高岳山頂 2014年秋      今年も穂高連峰へ 上高地~岳沢小屋 >>