タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 07日

北岳山荘から間ノ岳へ

さて、2日目は北岳山荘から間ノ岳を往復です。
当初は農鳥岳まで白根三山縦走を考えましたけど天候悪いし視界利かないときは行ってもしょうがないなと。しかし、視界が悪くとも百名山の間ノ岳は登頂しておきたいと、登山者としてまっとうな欲望(笑)があるので、今回は間ノ岳往復を選択しました。
b0132817_14441040.jpg
北岳山荘に荷物をデポ(荷物置く場所は山荘スタッフから説明があります)し、ウエストバッグとカメラだけを持って出発。
ほぼ空身なのに思うように進まない脚を進めて約1時間半で間ノ岳山頂に到着。

いきなりですけど、間ノ岳山頂はこんな感じ。
b0132817_14444370.jpg
はい、見事に視界はありませんでした。
しかし日本で4番目の標高は確かに踏みました、タッチしました。
百名山13座目です。3000m峰8座目です。
b0132817_14452678.jpg
今年から国土地理院の再調査により、正確には3位タイとなったそうですが、自分の中ではこの山は4位にしておきたいです(笑)
3位の奥穂よりはカリスマ性(?)や知名度で全然違うし、三角点や標識だって3189mのままだし(笑)

ここから富士山を撮りたかったのにその願いもかなわず、すぐに退散。
他の往復登山者も山頂の写真撮ってすぐに戻ってました。

クッソー!またいつか北岳とともにリベンジしたる!

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ





やっぱりここも東海製紙の所有だったのか。
b0132817_14532838.jpg

間ノ岳へ向かう途中、終始こんな感じの視界です(まだよく見えてるほう)
強風までいきませんが、西側(右側)から容赦なくガスが吹き続けてました。
b0132817_14565382.jpg
一瞬晴れた時でこんな感じ。西側を見ています(富士山と反対側)
やっぱり山の上は晴れていて山にだけガスがかかり続きているみたいです。
目の前からどんどんガスが登ってきては通過していきます。
b0132817_14581460.jpg
北岳山荘へ戻る途中、ちょっと晴れました。
これでも視界がかなりマシになったほうです。
b0132817_14594095.jpg
b0132817_15072056.jpg
登ってくる途中は、思ったより険しい道なんだなぁ~程度でしたが、ここで初めてどんな道を通ってきたか分かりました。
以前に仙丈ヶ岳から見た北岳~間ノ岳はずっとなだらかで平坦な稜線歩きかと思ったのですが、割とアップダウンのあるガレ場の道です。
もちろん北岳山荘→間ノ岳は登り主体(特に中白根山付近、間ノ岳頂上直下)です。
稜線の西側を通ることが多いですね。

ずっと分厚いガスのあった西側斜面も少し視界が開けた。
b0132817_15015662.jpg

北岳山荘に戻るころになって東側の富士山がコンスタントに顔を出してくれるようになりました。
これでようやく稜線歩きの気分になれました(苦笑)
b0132817_15035462.jpg
雲海に浮かぶ富士山がスバラシイ!
けど、もうすこし裾野が出てくれたらいうこと無しだったのに^^;
b0132817_15043763.jpg
しかしながら、北岳や間ノ岳が顔を出すことはついにありませんでした。
個人的には富士山はもとより北岳や間ノ岳の山容が撮りたかったのに!
b0132817_15093899.jpg

北岳山荘へ戻ってきました。
往復で3時間弱程度。天気が良かったなら写真撮ったりでもう少し時間かかっていたかも。
b0132817_15095884.jpg
ここで再びパッキングと水補給をして、広河原まで来た道(八本歯のコル経由)で下山です。
翌日が晴れなら再び北岳まで登って肩の小屋で一泊して翌日に望みをつなごうとしましたが天気予報が悪化傾向(寒冷前線通過)だったので下山することにしました。

あともう一回続き^^;

K-3 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



by pre-sspec | 2014-09-07 15:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/23336001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 北岳山荘から八本歯のコル経由で下山      北岳山荘からご来光 >>