タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 30日

後方乱気流の撮影に挑戦

ウィキペディア先生によれば横文字で言うとウェイク・タービュランスと言うらしいです。

今回の成田撮影で、あえて雨予報の日に行った理由に、ヒコーキが繰り出す後方乱気流を撮ることが出来たらなぁーという作戦もありました。
ピーカンの日よりは雲が垂れこめた日のほうが間違いなく撮りやすいでしょうし。

で、早速ですが割と撮影の前半に撮ることができました笑
機体はNCAのB747-8F。写真はフォトショで雲をかなり誇張させてますが^^;
b0132817_22460364.jpg
実際撮ってみるとこれがまたなかなかチャンスが訪れない^^;
ただ雲が低く垂れこめてればいいわけではなく、ちょっと一部分だけ綿雲がでろんと垂れた所にヒコーキが突っ込むと出やすいみたいです。
要はカタマリとなった乱層雲にヒコーキが突っ込むだけだとそのままヒコーキは見えなくなってしまうので、適度に薄い雲がいいわけですね。
b0132817_22510931.jpg
これもちょっと渦としては微妙だけど、ウィングレットに発生したベイパーと一緒に撮れたのでラッキー♪
機体はエアカレドニアのA330-200。

これはちょっとすぎて苦しいけど、一応^^;
b0132817_22564551.jpg
機体はJALのB777-300ER(SKY SUITE 777適用機材)

結局、後方乱気流が撮れたのはこの3機種だけでした。
着陸機では一機も撮れず。。。
なんだろう?寒冷前線が通過した後のようなバラバラになった雲があるときのほうが撮りやすいのかな?
晴れて青空が見えてるときにたまたま低く出てきた雲に突っ込んだ後とかに撮れたら最高なんでしょうけど。

しかしこれで晴れの日以外でもヒコーキ撮影に行く理由が出来てしまいました^^;
低く飛び立つ長距離便のほうが撮りやすいので、必然的に成田ばかりになりそうです。

K-3 + DA60-250mmF4ED [IF] SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ


by pre-sspec | 2014-06-30 23:03 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/22869329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山行は今月末と来月末かな?      あえて雨雲の下で撮影 >>