タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

北アルプスの難所 大キレット踏破レポ

北アルプスでは難所とよばれる有名な登山路がいくつかあります。
不帰ノ險や八峰キレット、剱岳北方稜線、北穂高~涸沢岳、奥穂高~西穂高岳、槍ヶ岳北鎌尾根などなど。
その中でも特に有名で(簡単かもしれない)メジャーな大キレット
写真は大キレットの展望台、南岳小屋近くの獅子鼻岩からの眺めです。
b0132817_2132280.jpg
本当は今回の山行ではここを通る予定は無かったのです。
南岳まで登頂したら、少し戻って天狗原経由で槍沢を下って帰ろうと思ってました。
もちろんいつかは大キレットを踏破したいと思っていましたし、あわよくば・・・とも思っていました。

しかし、いくら単独行が中心の私でも大キレットとなるとさすがに初めは経験者と同行したいという不安^^;
前回レポで南岳小屋までレポしましたが、直前まで悩んでおりました。
せっかく知り合い仲良くなった山仲間。この楽しい人たちともう少し山行を楽しみたい。大キレットも通過してみたいと思っていた。幸い日程と山小屋にもう1泊するだけの予算は持ってきてある。天気もいい。
よく考えてみよう。日本で最も険しい山々が連なる北アルプスの難所つったらそれはつまり日本でもトップクラスに難しい登山道ということじゃないか。
これはきっとこれからの登山人生で自信になるはずだ。


大キレット、逝き行きます!


決断して、そう仲間に伝え同行することになりました(ノ∀`)

歓迎されました(笑)

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



大キレットの入口です。
b0132817_21475020.jpg
ここから先は容易に後戻りはできない修羅の国(笑)

急でザレた道を下っていきます。
b0132817_21492596.jpg

b0132817_2150566.jpg
一番経験値の低い自分が何故か一番後ろを歩いている件(笑)

何度もその絶景に圧倒される。
ここを下ってあれを登り返すのかーーーー!?ちょっとハンパねぇぞと。
b0132817_21504736.jpg


急な鎖場を降りていきます。
b0132817_21514856.jpg
南岳からの下り序盤は垂直に近い鎖場とハシゴがいくつかあります。
b0132817_21524073.jpg


この間、前をいく2人の単独行の男女と瞬く間に仲良くなり、いつの間にか5人組パーティーとなりました^^

降りてきた道を振り返る。
ぬおぉーーーー、あの道を降りてきたのかーーー
b0132817_21534395.jpg


キレットの鞍部付近の稜線を行きます。
ここらは難易度は低いですが、だからといってあまり気を抜くと死にかねないので適度に緊張感は保ちます。
b0132817_21544695.jpg
ザックをおろして休憩できるポイントもいくつかあります。
b0132817_21562278.jpg


前に立ちはだかる長谷川ピークと北穂高岳に慄きながら歩みを勧めます。
b0132817_2158146.jpg


長谷川ピークの登り。飛騨側を登ります。
b0132817_2159465.jpg
すれ違う人がいれば道を譲るか先に行くか常に状況判断。

長谷川ピークの核心部。
切り立った稜線を慎重に足場を確かめ、確保しながら進みます。
b0132817_2202763.jpg

飛騨側(写真右下へ)を降りていきます。
b0132817_2212770.jpg


長谷川ピークを超えながらも目の前に立ちはだかる北穂高岳を撮る(余裕があるかもしれない)自分。
b0132817_2214735.jpg
拡大すると登山者がいっぱい張り付いてますね。
目の前のこの岩峰を登っていくか南岳へ登り返す以外、帰る道はありません。


これは仲間が撮った長谷川ピークを降りる写真。
b0132817_00362359.jpg
慎重に降りれば大丈夫です。登ってくる人ととのすれ違いはお互いタイミングを見計らって。
身長が低く、リーチが短い人は特に注意。

通過中に仲間に言われたんですが、(さっき決断したばかりのw)初の大キレット超えにしては、あまり怖がりもせずにヒョイヒョイと岩場を進んでいく自分に、岩登りセンスあるかもねーなんていわれました(照)
確かに思ったほど怖くないと感じていました。自分は人よりあまり岩場を怖がらない人間みたいです。
しかし、あまり怖がらないでいられたのは、ほとんど無風に近い天候と濡れていない岩場だったからだと思いますので、僕の書いてることは鵜呑みにしないでくださいね。
「来年の今頃は北鎌歩いてるかもねー」なんて冗談交じりに言われましたが、さすがにそれはないw


A沢のコルにつきました。
休憩できるポイントですが、真上に絶壁があるので上からの落石には要注意。
b0132817_2224634.jpg
ここから先、北穂高岳山頂まではザックをおろして休憩できるポイントはほとんどありません。

A沢のコルから先はほとんど垂直に近い北穂高を登っていくことになります。
b0132817_2282419.jpg
一応、これでも特別な道具なしに登っていけるように登山道がつけられているのです。
あ、でもヘルメットはあったほうがいいと思います。自分は着用してませんでしたが、キレット通過する人たちのヘルメット着用率はおよそ7~8割ほどでしょうか。

通ってきたキレットを振り返る。
左の大きく盛り上がってるのが長谷川ピーク。
b0132817_22115447.jpg
あれを超えてきたのか・・・^^;


途中の狭い道での休憩タイムのひとコマ。多分、この日キレットを通過したパーティーで一番、騒がしく呑気だったと思いますw
b0132817_22124723.jpg
左から2番目が私です。
一番左の女性は初めての剱岳が長次郎谷を通って登頂したという猛者です^^;
一番右下のコも登山歴は自分と同じくらいですが、北アルプスの山々は自分よりも多く登頂しています。
この中じゃ自分が一番未熟なのかも・・・


急登をえっちらおっちら登っていきます。
b0132817_22144046.jpg


次の核心部、飛騨泣きの手前。
北穂高岳の滝谷と呼ばれる大岩壁が迫ります。写真左上に北穂高小屋が見えてますよ。
b0132817_22152412.jpg


さぁ見えてきた、第2の核心部、飛騨泣き
b0132817_22163783.jpg


飛騨泣きをよじ登ります。鎖も足場も付けられてますよ。
b0132817_2217726.jpg


飛騨泣き通過後も油断はできません。絶壁をトラバース気味に通過
b0132817_22184213.jpg


このステップはありがたいですね。
クサリは補助的なものです。濡れてる日は怖い・・・
b0132817_22191777.jpg


このクサリ場は割と怖い。
ルンゼ気味になっていて、落石が起こると逃げ場が・・・
b0132817_22204883.jpg


手前二人がうちらの仲間です。
水色ヘルメットのコは体格的にも荷物量的(自分より遥かに重いザックだった・・・)にもハンデがあるので、励ましつつ登ります。頑張れ!
b0132817_22223359.jpg


滝谷展望台前まできました。
ここらもちょっぴり休憩できる場所です。
b0132817_22251912.jpg
写真中央てっぺんが北穂高小屋です。


滝谷展望台から見る北穂高岳。
この超弩級の迫力ある大絶壁は、写真じゃ再現不能と思います。度胸のある人は一度生で見ることをマジでオススメします(´∀`)
b0132817_2227938.jpg


滝谷展望台から先は北穂高岳の東側斜面へ向かうように巻いていく感じの進路をとります。写真右上が北穂高小屋。
b0132817_22294823.jpg


北ホまで200mの文字!
もちろん、距離じゃなくて高さだと思います。こんな道であと何mとか距離を言われても信用できませんw
b0132817_22304820.jpg


北穂高小屋までラストスパートの垂直に近い道!
落石を起こさぬように細心の注意を払いつつ登ります。
b0132817_22314452.jpg


小屋が見えてきたあぁぁぁぁぁーーーーーー!
大キレットの鞍部より明らかに薄く感じる酸素を必死に吸いながら登ります^^;
b0132817_22333313.jpg


あともうちょっとだあぁぁぁっぁぁぁ!!!!
b0132817_22344116.jpg


ついたあぁぁぁぁーーーーーー!!!!!!
b0132817_2235825.jpg
だけど槍がガスってるあぁぁっぁぁ・・・・orz

北穂高小屋の敷地についた瞬間、皆とハイタッチ。喜びを爆発させました^^
b0132817_22365259.jpg
3年ぶりにきた北穂高小屋(前回は悪天候で泊まらず、すぐ下山^^;)

小屋前の展望テラスで大キレット通過を祝して、歓喜の乾杯!
b0132817_22374961.jpg
この時点で6人に増えてました(全員が各々単独行!)

その後、テラスで、小屋のなかの食堂で延々と語らいました^^
9/22午後に北穂高小屋にいたグループで一番騒がしい奴らだったかもしれません^^;
うるせーグループだなーと感じていた方はこの場を借りてお詫び申し上げます。スミマセンでした^^;
(もちろん、小屋の寝室でペチャクチャ喋るようなことはしてませんので念のため)
b0132817_22474829.jpg
槍ヶ岳はガスにのまれてるけど、壮大な景色や・・・


今回の大キレット踏破は、自分に明らかな自信をもたらしました。
これで来シーズンは重太郎新道経由の前穂高~奥穂高とかも挑戦しようかなと思います。。
このついた自信が油断にならないように気をつけなければいけないんですけどね(引き締め)

★大キレット備忘録
・次回通るときはヘルメットしよう
・風が強い日は絶対やめよう
・岩場が濡れている日は絶対やめよう
・通るなら南岳→北穂高岳がオススメ。北穂高岳を下るコースはかなり怖いはず。

つづけ!

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/21196927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2013-10-03 22:10
大キレット行ければもうどこでも行けますよ、いい経験しましたね。
私もうずうずしてきました、やはり山はいいものです。
来年行こうっと♪

今年はあと2回は行きたいけど厳しいかな・・・
ここにきて秋の速度が凄い勢いで速くなりました(原住民レポ)
今年は北穂しか行ってないんで不完全燃焼すぎます
近場登ろうかなー・・・
Commented by alpine3180 at 2013-10-04 12:40
ご無沙汰しています。
今回の槍穂高縦走とても参考になりました。
私は極度の高所恐怖症なので無理ですが。。。^^;
天狗原の天狗池ぐらいは行ってみたいなぁ。。。
Commented by pre-sspec at 2013-10-04 22:48
>oyamasuki_Yさん
今週末辺り、涸沢は凄そうですね。
3連休の貸しテントは7月時点で予約ですでに埋まってたみたいで。
一夜にして紅葉が進み、一夜にして散ることもあるそうですね。
常念山脈系ならまだお手軽に登れるのでは^^
Commented by pre-sspec at 2013-10-04 22:51
>alpine3180さん
こちらこそご無沙汰しております。
まさかの突発的槍穂縦走とでしたが^^;天候と仲間に恵まれて今までにないくらい充実した山旅でした。
天狗原あたりも今度槍に行くときは寄ろうかなぁと思っています♪
初夏の天狗池は雪に埋まってるらしいので夏後半以降でしょうね。
Commented by tree at 2015-09-21 18:11 x
「大キレット」とヤフーで検索するとこちらのブログが上位で表示されるので参考にさせていただきました。

9月17日に上高地〜涸沢テント泊、18日に涸沢〜北穂〜槍ヶ岳でした。

生まれて初めてのソロ登山なのに、初日から天候悪く、テントはベチョベチョ、北穂登る頃は快晴だったのに、大キレットに足を踏み入れた途端、濃霧で視界不良、強風に大雨、飛騨泣きやら長谷川ピークってどこだよ!って思っているうちに南岳に着きました(その後南岳小屋の関係者と思われる方から小言を言われてイラッと来てしまい、意地になって1時間半かけて槍ヶ岳テント場でさらにしんどいテント泊に)。

いま帰りのバスでコメント書いてます。

すんません、結果的にあまり参考にはなりませんでした(笑)
Commented by pre-sspec at 2015-09-23 13:26
> treeさん
ご参考いただきありがとうございます。
そうなんですよね、大キレット検索すると当ブログがだいたいTOPに来るみたいで検索ワード1位は常に大キレットなんです^^;
強風と大雨でよくご無事で通過されましたね。長谷川ピークのHピークの文字は私も見逃しました。

テント泊装備でそのお時間で槍ヶ岳まで行かれるとはかなりの健脚のようで恐れいります。
by pre-sspec | 2013-10-02 22:51 | 山登り | Trackback | Comments(6)