タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 26日

槍ヶ岳登山 上高地~槍沢ロッヂ~槍ヶ岳山荘編

この度、念願の槍ヶ岳登山を果たしてきました。
ちょっと長めに(笑)なりますが、レポートしてきたいと思います。
b0132817_22472452.jpg

今年は北岳登るぞ!槍ヶ岳は厳しいか・・・
とか言っておきながら結局、槍ヶ岳へ行くことに(笑)


この連休ですが、アルプスに行った方はご存知のとおり、ずっと好天に恵まれ続けました^^
なんというかまだお山気分が離れず、余韻に浸っております(笑)
理想の風景がいろいろと見れましたが、メモリカードのエラーで撮った写真の一部(槍ヶ岳山荘からの夕暮れとご来光)が見れない事態になり、凹んでもいますorz

さてさて、では続きをいつものように時系列で(笑)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ



9月20日、代休をもらって連休前に一足早く上高地入り。槍沢ルートで先を目指します。
b0132817_22445398.jpg
クルマは沢渡第2駐車場に止めて(アカの他人と)タクシー相乗りで上高地へ。
特に値切ったわけじゃないですが、一人800円(バスより安い)にしてくれた運ちゃんありがとう(笑)

明神岳も絶好調です。
b0132817_22465585.jpg


ほんとうにゆっくりめに歩いて3時間で横尾着。
b0132817_2334581.jpg


横尾にある槍ヶ岳方面と蝶ヶ岳方面への分岐点。
ここから槍ヶ岳まで約11キロ。蝶ヶ岳ヘはキツイ急登ですね。
b0132817_2352632.jpg


沢沿いの勾配の緩い道を橋をわたりながら進むと・・・
b0132817_2372132.jpg
b0132817_2373160.jpg


槍沢ロッヂに到着です。
b0132817_2392593.jpg
ここまで勾配は緩いままだったので体力も余ってますが、一日で槍に取り付く自身もなく^^;この日はここに宿泊です。
季節にもよるんでしょうが、上高地からここまでの水分補給は500mlペットボトル1/3程度^^;
上高地から槍沢ロッジまでは途中に給水ポイントも豊富にありますし勾配もあまりないですから、
たくさん水担いで余計な体力は消耗しないようにしたほうがいいですね。

槍沢ロッジからのお願い。
b0132817_23112777.jpg
この日は連休前の平日で混雑はしてませんが、少ないというわけでもなかったです。
布団も1人1枚余裕でした。しかし腰が痛くなる布団でした^^;
風呂はありますが、蛇口やシャワーなどはなく、4人でほぼいっぱいの湯船(×2)があるだけなので、ほとんど一瞬浸かって汗を流すだけです。石鹸シャンプーもちろん禁止。貸タオルもありませんですよ。
水は豊富にあってもガスは限られますからね。本当に汗をサッと流すだけですね。

翌日は5:30朝食開始で、ササッと食ってすぐ出発。朝食取った人では一番早く出発したと思います(笑)
朝食取らない人はもう4時台から起きて出発してましたけどね。
b0132817_2315940.jpg
槍沢ロッヂを出発してすぐ現れる崩壊地(みたいなところ)

ロッヂから20分くらいでババ平キャンプ地
b0132817_23154235.jpg
b0132817_2315502.jpg
山奥とは思えないだだっ広いところを歩いていきます。
すでにスローペースだった女性2人組は無事にたどり着けたんだろうか…


大曲に到着。
山と高原地図では槍沢ロッヂから1時間40分と書いてましたが55分で到着。
記載のコースタイムは甘いらしい(多分、上高地から歩いた場合のタイムか)
b0132817_23163719.jpg
上高地からここまで勾配は緩いばかりでしたが、ここからようやく登山道らしい勾配となります。

沢の音を聞きながら山深い谷を進んでいきます。
b0132817_23183712.jpg


天狗原分岐に到着。ようやく太陽も差し込んで明るくなってきた。
b0132817_23192296.jpg
この辺には野生のサルを何匹か見かけました。
b0132817_2321183.jpg
写真左上のほうが天狗原方面です。

振り返ると常念岳が顔を出してきました。
b0132817_23222059.jpg

途中の小さな沢の横で休憩して、槍沢ロッヂの弁当(ちらし寿司風)で補給。
b0132817_2322371.jpg
登山にはいいエネルギーになります。


グリーンバンド付近に近づくと・・・ようやく槍ヶ岳が見えてキタ――(゚∀゚)――!!
b0132817_2325521.jpg

ここから常に槍ヶ岳を上に見ながらずっとガレ場を登っていきます(*´д`;)…
b0132817_2325518.jpg


ヒュッテ大槍分岐。
b0132817_23262949.jpg


あと1,000m(距離がね)
b0132817_23271256.jpg
このあたりは7月とかだと高山植物が綺麗なんだろうなぁ・・・
今はもうご覧のとおり枯れてます^^;

殺生ヒュッテ分岐。
さらに勾配もきつくなってきます。
b0132817_232730100.jpg


槍ヶ岳を常に見ながら登るわけですが、途中で何度も槍のバックをヒコーキが通過していきます。ちょうど航路になっているんでしょうね。
飛行機雲を靡かせながらだとさぞかし画になるんでしょうけど、飛行機雲が出る状況ならこんなに青空は澄まないだろうしなぁ^^;
b0132817_23281746.jpg


さっきから同じような写真ばかりですが^^;ここからまた勾配がキツイんですわ^^;
b0132817_23303615.jpg


振り返ると・・・おぉ~あの谷の間から登ってきたのか。。。
奥には富士山も見えております/^o^\
b0132817_23311535.jpg


最後のジグザグ路です。空気の薄さもハッキリと実感してきます。
b0132817_23322231.jpg


槍の姿も変わってきました(ぜぇぜぇはぁはぁ
b0132817_2333614.jpg


殺生ヒュッテにヒュッテ大槍、そして常念岳♪
b0132817_23333736.jpg


うっしゃぁ!目の前にきたあ!
b0132817_23341337.jpg


そして冒頭写真の槍ヶ岳山荘到着です。
槍沢ロッヂから、およそ4時間10分でした。早くもなく遅くもなく・・・ですかね。
できれば1日で上高地から登り詰めれるようになりたい^^;

槍ヶ岳頂上アタックは次回へ続け!


K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


by pre-sspec | 2013-09-26 23:39 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/21147149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyamasuki_Y at 2013-09-27 08:14
槍に行ったのですね、うらやましいです

槍へのルートは上高地も新穂高も同じで突然急登になるのですね
ある意味一番つらい・・・

上高地~北穂のルートと距離はほとんど変わらない(とコースガイドは言ってますが本当か?)のでだいたいアタック時間は同じようですね。
ただ私の場合上高地から北穂山頂まで一気に行きましたが・・・


あれ?ってことは槍から北穂へ行ったのですか?
次回のレポが楽しみだったりします。
うちも北穂の写真あげてますので見に来てください(宣伝)


※故会って転職したので現在長野住まいになりました
山好きとしては最高の環境なんで頑張りマス
Commented by pre-sspec at 2013-09-27 23:38
>oyamasuki_Yさん
槍への急登は槍沢ルートはそんなに距離も長くないので、あとは執念で(笑)
確かに距離は北ホとそう大差ないと思いますが急勾配は圧倒的に北ホと思いますので、1日で北ホ一気は結構キツいかと^^;

このあとのレポ、少々お待ちください^^;

転職されたのは存じております。
長野で山近くなって良くもあればセントレアが遠くなって・・・複雑ですね。
山だけを見れば羨ましい環境と思いますです。


<< 絶壁の槍ヶ岳山頂アタック!と槍...      2回目の燕岳登山 >>