2012年 03月 25日

富士山と天の川

春霞みで澄んだ空になりにくいこれからの季節。西の大気汚染の国からは黄砂もやってくる・・・。3月中にもうひとネタ何か撮っておきたい。。。
金曜から土曜日にかけて雨だったけど、昼間にいきなり晴れた。天気予報を聞くと晴れてもまた寒さが若干ぶり返すそうだ。天気図を見ると日本海で寒冷低気圧が東に進み日本海側は雪、大陸から移動性高気圧が来ている。西高東低の冬型だ(゚∀゚)
月齢を調べると今日は新月の2日後で月明かりもない。


そうだ(また)星を撮りに行こう!
星撮影ならうちから一番近くて気軽で、撮影場所の勝手も知るとこは富士五湖周辺しかない。
でもって、いつも富士の夜は山中湖ばかりだから今度は河口湖へ行こう(笑)

多摩地区~山梨県の天気は晴れで最低気温は0度の予報。
この天気予報(気圧配置)なら、富士山は見える!間違いねぇ!
・・・と決めたのが土曜日の夕方(笑)
とりあえず晩飯食ってちょい仮眠して、日付が変わってから出発^^;

ちゃちゃっとクルマを1時間半くらい走らせて、河口湖の定番の公園に到着。
クルマ運転してる時はライトでよく見えなかったけど、降りてみると満天の星空と富士山が出迎えてくれました(゚∀゚)
b0132817_2047463.jpg
F4.0 60秒 ISO1600 O-GPS1アストロトレーサーによる追尾撮影

撮影時刻は午前3時半(爆)
富士五湖周辺は氷点下でまだまだ寒いですが、この時間にもなると夏の星座のさそり座に天の川まで見えております♪
写真真ん中ちょい上にはオリオン座のベテルギウスなどと同じ、赤色超巨星のアンタレスもハッキリ見えてます。
肉眼ではさそり座と天の川くらいなら識別できますが、写真に撮ると肉眼で見えない星がいっぱい写ってもう何が何だか・・・
簡易追尾機能による撮影なので、星が線にならない代わりに、下の街明かりや富士山はどうしてもブレます。


撮ってるうちに角度的に精進湖なら富士山と天の川がちょうどいい感じで撮れるのではと思い、精進湖へ。
クルマをかっ飛ばし、ナビ案内で所要30分程度のところを20分弱で精進湖に到着。

なんということでしょう。
b0132817_213481.jpg
富士山頂に雲が被っているではありませんかorz
だけど、予測通り縦構図なら天の川がいい感じに富士山の上に来ていました(あと1時間早く来ればよかったか^^;)
この角度の富士山は1000円札に描かれてるのと同じです。西日を浴びる分?河口湖から見るより若干雪が少ないですね。


いやーしかし、ペンタックスのGPSユニット「O-GPS1」の星追尾撮影機能(アストロトレーサー)は凄い。
ボディ内手ぶれ補正のイメージセンサーを動かす機構を星追尾に応用してしまう画期的なもので、本来なら(高価で重くて準備が面倒な)赤道儀が必要な星の点像撮影が、簡易的とはいえ小っちゃいGPSユニットをカメラのホットシューに装着してカメラは三脚に固定するだけで出来てしまう。。。
これだけ星が撮れるなら、本格的な星野撮影の世界に首を突っ込まない限りは赤道儀はいらないかもですね。
まさにボディ内手ぶれ補正機構が報われたカタチですね。トップ2大メーカーだと、このように撮るには赤道儀がいりますからね。
夏の北アルプス登山(予定)での星撮影も楽しみになってきました(´∀`)


K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM + O-GPS1
にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ




おまけ

河口湖での縦構図写真です。
星撮影は現像時ホワイトバランスをどれにするか悩みどころですね^^;(この写真はオートWB)
b0132817_2130945.jpg



精進湖では、富士山の雲がやっと撮れたと思ったら夜明けが近くなり、星も見えなくなり・・・
b0132817_21311725.jpg



精進湖から河口湖に戻ってきて、夜明けで赤く染まる富士山を撮影。
b0132817_2132481.jpg

b0132817_21324077.jpg


帰りに山中湖に立ち寄り、ちょいと撮影に講じるものの雲が。。。
b0132817_2132508.jpg

富士山の東側に(この写真の正面)このような雲がかかっているときは、人も軽く吹っ飛ぶくらいの猛烈な暴風が吹いてるんだそうです。
それは西から吹いた風が富士山の北側と南側から回り込んで、東側でぶつかるときに雲と暴風が発生するからとか何とか・・・

例によってまた午前中のうちに家に帰宅^^;

K-5 + DA16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM + O-GPS1
にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

by pre-sspec | 2012-03-25 21:43 | カメラ・写真撮影 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/18027529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みつばち at 2012-03-26 07:54 x
天体撮影、面白いですよねぇ。
てか、PENTAXにはそんな面白いユニットがあるんですか!?
確かに簡易的ならこれで充分そうですね。
最近鉄の方も面白くなくなってきたし、新しいネタを探しに行かないと(笑)
Commented by pre-sspec at 2012-03-27 00:17
>みつばち先生
GPSユニットは1万円後半なので、それでこれだけ星が撮れるのでかなりお手軽です♪
天体撮影は、星を点にするにしろ線にするにしろ、それぞれ面白みありますよね(´∀`)
今度は望遠で星雲も撮ってみようかと・・・^^;
Commented by へたれR at 2012-04-02 23:22 x
こんばんは~。
富士山周りでこんな素晴らしい写真が撮れるんですね!素敵です♪
僕は寒いだけで上手く撮れないので避けてましたが、
少なくとも機材にはそのスペックがあると分かったので興味出ました(笑)
Commented by pre-sspec at 2012-04-03 23:32
>へたれRさん
こんばんは♪
富士山は結構星見れますよ~。関東の光害はもちろん受けてしまいますが^^;
アストロトレーサーは、K-5をお持ちなら使う価値大ですよ♪
ISO1600で1分露光してもあまりノイズ気にならないので、K-7使ってた時は考えられないくらいで(笑)


<< 冬が終わり 雪が溶けて 君の心...      祝!1234567890 >>