タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

リベンジ達成!の常念岳 山頂編

蝶ヶ岳から縦走路を約4時間。
息を切らしながら、常念岳山頂(2857m、日本45位)に到着!
b0132817_21302441.jpg



昨年9月もこの山頂を踏んだばかりですが、その時は終始ガスに巻かれて、なーーーーーんも見えない状態でしたが、
今回は天候にも恵まれて無事に(常念岳山頂からの眺めを見るという上で)リベンジ達成!
b0132817_2053830.jpg
昨年はずーーーーっとこんな状態(苦笑)
眺めはまさに天国と地獄であります。


そんでもってお約束の歓喜のガッツポーズ(爆)
b0132817_21345660.jpg
山頂を踏んだ喜びよりも天気に恵まれた喜びであります(笑)
どんどん雲が増えてってましたけどね・・・。

山頂で1時間近くゆっくりした後は、前常念岳を経て三股登山口まで下山。
やはりというか途中で雷雨に見舞われ、樹林帯の中、雨に打たれながら、辛い下山となりました。
水も足りなくなるわ、途中2人しかすれ違わないわで延々と果てしなさを感じる4時間の道のりでした。。。^^;

次に常念岳や蝶ヶ岳登るなら、眺めの違う秋でしょうかね。


【反省点、備忘録】
・水が足りなくなった。蝶~常念~三股登山口は途中に補給ポイント一切ないから、最低2リットル以上は持とう。
・常念岳~三股は地獄の急登急降。ペンキ印激少。降りるのも辛し。樹林帯は泥濘地点多し。距離表示ポイントも1~2か所しか無し。
・常念岳山頂は蝶ヶ岳以上に超広角レンズ有ったほうが幸せになれそう。できれば10m台前半から。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



そのほか常念岳 山頂からの眺め

山頂は祠があります。転がってるザックは自分の(笑)
b0132817_21342429.jpg



穂高連峰も蝶ヶ岳からとはまた違った感じで見えますね。
b0132817_2120099.jpg



槍ヶ岳はより尖って見えます。
b0132817_21214347.jpg



燕岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳方面(かな^^;
b0132817_21225630.jpg



表銀座縦走路。あそこを通って槍ヶ岳を目指してみたい
b0132817_21281819.jpg


朝イチでは雲ひとつありませんでしたが、どんどん増えてきてますね。
b0132817_21363587.jpg



こっから下山レポです。
常念岳山頂からちょっと降りて、常念小屋と三股の分岐から、三股方面へ進み前常念岳の稜線を歩きます。
b0132817_21425344.jpg


たまにハイマツ帯がありますが、ほとんど岩屑の上を歩いていきます。何気にしんどいです。
b0132817_21435446.jpg


常念岳山頂方向を振り返ります。
b0132817_21445629.jpg
コチラ側は殆どガスに覆われてて、一瞬だけ晴れたりします。

前常念岳山頂。一等三角点があります。
b0132817_2146365.jpg
ここで大休止。

三角点をちょっと降りたところに石室があります。
b0132817_21472262.jpg


かなりの急勾配を降りて行きます。
ペンキ印も最低限しかないので、至る所にある北穂高岳下りよりずっと怖く、降りにくかったです。
b0132817_21474523.jpg


頑張って降りて樹林帯に突入、間もなく雷雨に見舞われましたので、ここから写真はありません。
初めて通る道なので、地面も悪く、残距離標識もろくに無く、果てしなく続く感じで、かなり辛かったです。
途中、ヒキガエルらしき巨大なカエルを10匹くらい見ました。
沢も無い(あっても数百m下)こんな登山道で、どうやって彼らは卵から孵り、オタマジャクシを経てここまで登ってきたのでしょう?
まさに自然の神秘(笑)

沢の音が次第に大きくなれば、登山口も近いですが、音が聞こえ始めてからもまた長かった。。。

でもって、約4時間で下山。三股駐車場に到着。
標高差にして、東京スカイツリー2つ分+東京タワー1つ分弱の高さを降りてきました(笑)
2日間の累積標高差はスカイツリー5~6個分くらいですかね(どういう比較だよ
絶景も無く、山頂から2人しかすれ違わないひたすら孤独な下山道で、蝶ヶ岳から常念岳の登山よりずっとつらかったかも^^;
b0132817_21564365.jpg
巨大積乱雲がもくもくと。
黒プレリュードがまだいた。長期縦走でもしてるのかな。


装備をほどいてかたして、クルマに乗って、途中のほりでーゆで、温泉に入って汗だらけの体を流す。
腕がすっかり日焼けどしてしまい、腕を湯船につけられない始末^^;
体重計に乗ったら約1kg減ってました(笑)

そのまま帰っては高速代も高いし、確実に車内の暑い中、睡魔に襲われるので、夜まで松本市内で暇つぶし。
日付が変わってから自宅に到着。


蝶ヶ岳~常念岳珍道中(笑)を最後まで読んでいただきありがとうございやした。
ちゃんちゃん♪

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/15970080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みながわ at 2011-07-20 18:55 x
すごくキレイだね!
すっかり山男だねい!
Commented by ゆうきゃん at 2011-07-20 20:37 x
いやぁ~最高でしたよ(^ワ^)
Commented by pre-sspec at 2011-07-21 23:37
>みながわさん
今がトップシーズンなので、頭の中は山モードですわい♪
Commented by pre-sspec at 2011-07-21 23:40
>ゆうちゃん
お子さんが成長したらぜひ山へ!(ぉぃ
by pre-sspec | 2011-07-19 22:03 | 山登り | Trackback | Comments(4)