タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

蝶ヶ岳からみる槍・穂高連峰の超大絶景 その1

今回は登山者の中では有名(らしい)な蝶ヶ岳からの槍ヶ岳・穂高連峰の大絶景をレポします。

この北アルプス南部にある槍ヶ岳・穂高連峰は、日本に21座ある3,000m級の山のうち、実に8座も集中しています。
その山々が一目で、ほぼ真正面という感じで、どどーーーーんと眺められるのが、この蝶ヶ岳なのであります。
b0132817_039126.jpg
この大絶景、自分が山登りを始めるきっかけの一つになったものであります。
昨年の北ア登山はすべて天気に泣かされたので、この残雪具合といい、雲の具合といい、理想的な景色を目の前にしてただただ感動するばかりです(感涙)
一心不乱にシャッターを切りまくります。


というわけで、歓喜の一コマ(爆)
b0132817_0431873.jpg
ずっと眺めていても全然飽きることが無い絶景とはまさにこのこと♪
聞こえるのは遥か下の沢のかすかな音だけ。人も少なく、とても静かでのんびりとした時間が流れています。
下界での嫌なこと辛いことなどもしばし忘れさせてくれます♪
北アルプスの山岳絶景に惹かれて登山を始めた者にとって、これほど至福な一時はありません♪


蝶ヶ岳山頂は平べったいというか、なだらかな山稜で、明確にとんがったピークはありません。
b0132817_0521874.jpg



槍ヶ岳と大喰岳、中岳部分をズーム。
b0132817_049527.jpg
槍ヶ岳登山はまだまだアイゼンとかの装備が必要そうですね。

どどーんと穂高連峰。
b0132817_0582660.jpg

一番右の北穂高岳は昨年登った山(天気最悪でしたが・・・)
ここも涸沢カールから先は雪山登山装備が必要っぽいですね。


高山植物と一緒に撮ってみる。
b0132817_0592819.jpg



お昼過ぎ14時ごろにもなれば、どどーんと積乱雲が姿を現しだします。
b0132817_104652.jpg
雲が頻繁に槍穂にかかり、太陽光もトップライトから逆光気味にしだいになり視界も悪くなってきました。
もちろん、この蝶ヶ岳も激しい滝のような雷雨に見舞われ、しばし山小屋に避難。

18時前頃に山小屋の夕食が終わり外に出てみると、雨上がりのまた味のある景色がっ♪
b0132817_154350.jpg
ガスの流れが激しくて、すぐにまた見えなくなりました。
夕焼けの写真も撮りたかったのですが、残念ながら雲隠れorz

しかし昨年常念岳に登った時は、雨こそ降らないもののひたすらガスに包まれていたのに、
なんでこの日は頻繁にガスが取れては視界が開けてくれたんだろう?
山の天気は奥が深いですね。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



一応、どの山がなんていう名なの?っていう人向けに作りました(笑)
b0132817_0421545.jpg


パノラマ合成も作ってみました♪
b0132817_18529.jpg
一番右端っこは稜線を境にずっとガスにかくれたまんまで、この日は蝶から常念岳は見えませんでした。

左から奥穂高岳(日本3位)、涸沢岳、北穂高岳。
b0132817_0524249.jpg


どどーんと前穂高岳の迫力ある大岩壁
b0132817_185847.jpg


どどーんと北穂高岳と涸沢岳
b0132817_193439.jpg
昨年、あの頂に立ったんだよなぁ・・・
あの北ホからの眺めも憧れなのでいつかリベンジすっぞ!

どどーんと槍ヶ岳のアップ。
山好き登山好きなら、まず誰もが憧れるであろう槍ヶ岳。
自分もそう遠くない将来、あの頂に立ちたい!つーか絶対立つ!!(きっと笑)
b0132817_112536.jpg
槍ヶ岳山荘と下の殺生ヒュッテもはっきり見えますね。


蝶ヶ岳ヒュッテ前のベンチ
のんびりした空気が流れてます。
b0132817_115716.jpg



縦構図で穂高連峰をどどーんと。
b0132817_1183363.jpg



縦構図で槍ヶ岳と雲をどどーんと。
b0132817_1192635.jpg



つづけ!

K-7 + DA16-50mm F2.8ED & DA55-300mm F4-5.8ED
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/15939337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umajin at 2011-07-14 13:01
こんにちは!
素晴らしい天気で良かったですね!
過去に登った蝶ヶ岳を思い出しました。
最後のお写真なんて良いじゃないですか!
私も権現岳(八ヶ岳)に行ってきましたが、梅雨明け10日とはいえ
大気の状態が不安定で、午前中の早い時間から雲が湧きました。
特に八ヶ岳は諏訪湖がある為、ガスが湧きやすいのですが・・・。
Commented by ゆうきゃん at 2011-07-14 20:40 x
やばーーーーーーーーーい!!
見てるこっちも感動の写真ばかりっ!!!

お天気良くて本当によかったねぇ~(^^)
Commented by pre-sspec at 2011-07-14 22:24
>umajinさん
こんばんわ~
ホントひさしぶりの最強天気で涙が出てきました(笑)
登山始めた時からの憧れの絶景を拝めたので、しばらく蝶はいいかなとも思ったりもしたのですが、
また景色が違う紅葉期に行ったりしそうです(笑)
Commented by pre-sspec at 2011-07-14 22:26
>ゆうちゃん
写真では小さく写ってしまうけど、肉眼で見るともっとド迫力にみえますよ♪
感動絶景はまだまだ続きます(笑)
Commented by 優kan at 2011-07-15 00:05 x
こんばんは(^^)

素晴らしすぎる・・・
こんなに雄大で美しい山々の風景が、日本国内でも観られるんですね。正直感動しました!!

本当に美しい作品ばかりで、ただただ唖然とするばかりですが、7枚目の積乱雲を絡めた写真は迫力と緊張感があって、額縁にして飾りたいくらいに思えます。

気象条件は運ですが、登山の醍醐味というものの象徴かのような日記ですね。
Commented by pre-sspec at 2011-07-15 01:07
>優kanさん
こんばんはー。
この山域は日本でもトップクラスの山岳絶景だと思います♪
北アルプスでは大概の山々でその頂に立てば、かなりの絶景が見れますよ(^^)
変わりやすい天気次第で身も心も天国と地獄になりますが^^;好天に恵まれた時は下界では味わえない別世界が堪能できます♪
Commented by hirop♪ at 2013-04-03 01:09 x
はじめまして♪

槍ヶ岳スカイラインの行き方検索から、この蝶ケ岳の絶景に釘付けになってしまいました!!

山に登ったのはたった2回のみ、立山雄山の頂上神社まで。汗

ど素人の私が果たしてここまで行けるかは未知数ですが、この絶景を見てみたい一心で、夏までにトレーニングすることを決めました!
すでに準備をはじめたところで情報収集しまくりです。

人生を変えるかもしれないほど、感動的な写真ありがとうございます♪
Commented by pre-sspec at 2013-04-03 19:27
>hirop♪様
はじめまして、コメントありがとうございます。
私のレポ写真が気に入っていただけたようで光栄でございます。
私も似たような動機から、登山を始めた次第であります^^
この蝶ヶ岳は特別に技術は必要ありませんが、4時間以上は登りますので、装備含めそれなりに準備したほうがよろしいですね。
あとこの山は、この絶景が全てですので、確実に晴れを確信出来る時に登ってくださいね♪
天気が悪い時は虚しさだけしか残りませんので^^;

登ったあとはこの写真以上の、いつまで眺めてても飽きない感動の大絶景が待っております♪
by pre-sspec | 2011-07-14 01:22 | 山登り | Trackback | Comments(8)