タワゴトだいあり♪  PENTAXデジタル一眼レフで撮った写真をメインに、春夏秋は登山、冬はスキー、たまにドライブ・乗りものネタとかとか

常念岳登山 常念乗越~山頂 編

前回の続きで、今回は常念乗越から常念岳山頂を目指します。

常念乗越から見る常念岳。
b0132817_20582596.jpg
ここから見えるてっぺんは実は山頂ではないです。もうちょっと奥に山頂はあります。
標準コースタイム1時間程度だからといって軽く考えると痛い目に遭います(自分がそうでした;ノ∀`)

休憩してから登り始めると青空が見えていた天気から一転、雲が麓からどんどん流れこんできて、眺めが急速に悪化orz

登山道の途中から槍ヶ岳。
雲がかかり続ける中、ほんの一瞬見えたこの日最後の槍の穂先。
b0132817_20541479.jpg
で、すぐに見えなくなりました
b0132817_21393677.jpg
北鎌尾根辺りはまだ晴れで輝いてるのに…


登山道の様子(写真は下りの時)
b0132817_219356.jpg
ひたすらガレ場の道です。
ペンキ印はあるものの、たまにどこを歩いていいのか分からなくなります(未熟者)

山頂への道は予想以上にきつく、一の沢から登ってきた自分に山頂へ1時間程度で到着できる体力はすでになく、
結局、常念乗越から1時間半かかる始末(苦笑)

途中、後ろから追いついてきたオバちゃんが
「この道、絶対1時間じゃ登れないわよネー。今まで1時間で登れた試しなんかないもの」
と言っていたので、ちょっと安心。

やっぱそうだよなー。
宿泊した後の朝イチで、荷物を小屋に置いた身軽の状態なら行けそうだけど。。。

K-7 + DA16-50mm F2.8ED SDM
にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



途中何度も立ち止まりながらようやく山頂(標高2,857m)に到着

しかし先日の北ホと同じく、また雲に嫌われる始末_| ̄|●
b0132817_21183812.jpg
少し待ってみましたが、この日はもう回復しないだろうなレベル。
b0132817_21195697.jpg
ここからの超絶大絶景が見たくて写真に収めたくて登ってきたのに、これじゃ単なるピークハントじゃないかorz

多分、この日の朝はキレイな絶景が楽しめたんだろう。
この日の勝ち組は前日(平日に)常念小屋に泊って、朝イチで山頂に登った人だろう。
ここまで登って来る途中、降りてきたオバちゃんがすれ違いざまに
「今から登る人かわいそう…」とか、殺意を覚える言葉を言い放ってたので(苦笑)

しばし休憩した後、降りる。

常念乗越は雲の通り道になっている。
b0132817_21262466.jpg


横通岳の稜線の登山道を境に雲の流れが止まっている♪
b0132817_212814.jpg


山頂から1時間で常念小屋に到着。
当初宿泊する予定でしたが、明日も天気がよろしくなさそうで気分的に萎えていたので、下山を決意。
痛む足に耐えつつ3時間チョイで下山。
結局、常念岳は日帰り登山となってしまいました。

なんかの登山ガイド本に“5時間で登頂できれば、日帰りの体力はある”とか書いてあったけど、もう日帰りはしたくないッス。。。

下山後、穂高ビューホテルの温泉に寄って、豊科ICから高速。
梓川SAで仮眠して休憩しつつ、飛ばさずのんびり運転して23時過ぎに自宅到着。
この長野の松本や豊科辺りまでの230km程度の運転はもう慣れたもんです(/∀`)
下山のダメージで足がもうプルプル笑っていたのに案外運転できるもんですね(苦笑)


★今回の登山の反省点&個人的備忘録
・今度常念岳に登るときは、常念小屋(or蝶ヶ岳ヒュッテ)に一泊してから、朝イチで山頂を目指そう。
・一の沢から登るときは沢の水が豊富だから、用意する水は1リットルちょいでイケそう。
・ガレ場の登り降り、ルートファインディング能力をもっと鍛えておこう(苦笑)
・望遠レンズはあったほうが幸せになれそう。
・常念乗越から穂高連峰は北ホしか見えない。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/14067750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umajin at 2010-09-23 22:08
こんばんは!
常念岳を日帰りとは、恐れ入ります(笑)
「今から登る人かわいそう…」って言うヤツ居るんですよね!
「さっきまでは晴れてた」とか(怒)
確かに常念乗越からは望めるのは、槍~大キレットそして北穂までですね。
それでも凄い眺めだと思いますよ!

週末、天気が良ければ私も北アルプスに出没します!
Commented by pre-sspec at 2010-09-23 23:27
>umajinさん
こんばんは♪
日帰りは当初予定していなかったので、体力と日没も不安でしたが一応大丈夫でした(^^;
一の沢コースは歩きやすくはないですが燕岳の合戦尾根みたく急登続きではなかったのが日帰りできた要因でもあったかと…。
もう、あのオバちゃんの「~かわいそう」発言は下山するまで脳裏から離れませんでした(`へ゜)
今回は大キレット~槍ヶ岳の稜線も満足に見えなかったので、またいつかリベンジする予定でございます。
by pre-sspec | 2010-09-23 21:40 | 山登り | Trackback | Comments(2)