タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 05日

中央アルプスの山 初登頂

前回のつづき

千畳敷カールから登山道を登り切り、乗越浄土から、中岳を経て木曽駒ヶ岳を目指して出発。

まずは宝剣岳の裏側
b0132817_2047325.jpg
なんかモアイの横顔のような変な岩だ。。。

登山道左側の風景。
b0132817_20545289.jpg
あぁー、もうすっかり雲の上なんだなぁー

中間点の中岳
b0132817_20585782.jpg
コイツを超えないと木曽駒ヶ岳にはたどり着けない・・・
巻き道というルートを行けば中岳を超えずに回り込みながら行けるけど、看板の通りちょっと危険(帰りに通ったけど・・・


登山のつづき



中岳を登る。
乗越浄土を超えた時点で結構クタクタ(弱)なんだけど、休憩しつつ頑張って登る。
b0132817_2123186.jpg


中岳を超えて絶景キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
b0132817_2174460.jpg
右側が今回ゴールの木曽駒ヶ岳。左奥に見えるのが御嶽山。
御嶽山のほうが標高が高いのだけど、下に見えるのは地球が丸いからなんだよなぁー(うんうん

ここまで来たのはあらかじめ見ておいた(立ち読み)登山ガイドの写真を見て、この景色は見ておきたいと思ったので♪
b0132817_21171180.jpg
この景色でもう結構お腹いっぱいなんだけど、ここまで来たからには木曽駒ヶ岳まで登らないと絶対後悔すると思い続行することに。

まずは中岳を下る。これはもちろん楽勝。
帰りに登ることを考えるとかなりキツイ気がしたけど。。。

中岳と木曽駒ヶ岳の谷間地点
b0132817_21185363.jpg
こっからクタクタの体に鞭打ちつつ登る。
数メートル登っては小休憩をしつつ登る。
何度も引き返そうか思ったけど、でもここまで来て登頂しないとぜってー後悔すると思い登る。


んでもって、木曽駒ヶ岳山頂到達
b0132817_2125828.jpg

標高2956m! 自分の人生の中で間違いなく最高到達点。
b0132817_2125332.jpg
まぁ、ロープウェイで2611mまで来てるので登山した標高差は300m程度ですけど(ノ∀`)

千畳敷駅からここまでだいたい1時間半~2時間弱くらい。
登山に慣れてる人は勿論、普段から肉体労働や運動してる人なら、決して難しい山でないことは間違いない。小学生位の子供だっているし。。。
けど、いつもデスクワークで歩くといえば家⇔駅⇔会社な俺にとっては過酷な道でした(ノ∀T)
しかし山頂に到達できた時は何とも言えない達成感が♪

山頂からの風景
b0132817_21301595.jpg
すっかり雲が多くなって御嶽山は見えなくなった
b0132817_21315293.jpg
b0132817_21321097.jpg


山頂の光景
b0132817_21311226.jpg
b0132817_21332074.jpg
b0132817_21333957.jpg
b0132817_2133515.jpg
b0132817_21341315.jpg



山頂でしばし達成感を味わった後は、下山。
b0132817_21405746.jpg
途中の中岳は登らず、回り込む巻き道を通って(足を踏み外せば数100m滑落していきそうな道だった)、乗越浄土~千畳敷カールと来た道を戻る。

下山は体力的には楽なんだけど、身体的には結構ダメージがキタ。
千畳敷カールに降り立つ頃には左ひざに激痛が走るようになった。
登山初心者ならではなのかなー(´・ω・`)
きとんとした歩き方を学ばないとなー。。。

下山途中に撮影した宝剣岳
b0132817_21444855.jpg
雲の流れも頻繁でもう真っ青な空は望める状態ではなかった。

下山途中に撮影した高山植物b0132817_21455273.jpg
ミヤマキンバイというらしい。。。(?)

千畳敷駅に戻ってきたのは正午ごろ。
4時間弱で行って戻ってこれた。これから何しよう(ノ∀`)

この時間でも当然ながらロープウェイでどんどん観光客が降り立ってくる。
フツーに考えれば何も珍しいことじゃないけど。
b0132817_21561613.jpg
大学生くらいの若者男女5人組が降り立ってきて、後ろを雲に覆われたカールと宝剣岳を見て
うわー!スゴーい!(´∀`)と感動の歓声を上げていた。
こいつらが朝イチの青空に覆われた光景を見たら言葉を失うんじゃなかろうか。。。

もうクタクタだし、雲も多くなったから帰りのロープウェイの列に並ぶ。
b0132817_21571749.jpg
朝、ロープウェイに乗る時に係員の人が、今日は混雑するから午前中位までの早めに戻ってこないと帰りのロープウェイが2時間待ちくらいになると忠告していた。
だけどこの日は難なく帰りの便も乗れた(それでも30分近く待ったけど)

駐車場には13時過ぎ位に戻ってきた。
さすがに下界は気温が高い。
暑いけど湿度は低くカラっとしてて、東京みたいな不快な暑さでは無かった。
さすが長野。東京も見習えよ(どうやって

さて、これから何しよう(ノ∀`)
とりあえず国道を使って諏訪市内まで目指して見る。
天気がいいのでビーナスラインまで走りに行ってもイイ気分だけど、ヘトヘトなのでキツイ。

リニア中央新幹線誘致問題で必死な伊那市内走行中。
b0132817_2272466.jpg
こんな所にリニアを通す?冗談だろーーー?(;´∀`)

途中、ネズミ捕りに捕獲されそうになったけど、直前で地元車がパッシングで教えてくれたのでギリギリセーフ(あぶねー
自分の前を走ってた地元クルマが突然ペースダウンしたのはこのためだったのかー(勉強勉強

諏訪市内まで戻り、諏訪湖近くのすわっこランドって施設に寄り、温泉で汗を流し、ゆっくりお疲れをとる。
この施設なかなかイイ!(・∀・)
b0132817_2252097.jpg
すわっこランド駐車場にて。
こーいう感じの雲好きだなーーーーーー。
今日のビーナスラインは絶好調な天気だろう。。。


この後、うまく暇つぶししながら、まったり帰りました。
なぜかETC深夜割になるまで粘ったけど(笑)


最後まで読んでくれた方、ありがとうごぜーますm(_ _)m

by pre-sspec | 2009-08-05 22:09 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspec1days.exblog.jp/tb/11666486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 雲は湧き 光あふれて~      氷河が生んだ天界の絶景 >>