タワゴトだいあり♪ 

sspec1days.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 16日

南アルプス南部縦走 悪沢岳から椹島へ下山

さて、南アルプス南部縦走最終章(やっと笑)
b0132817_20592416.jpg
悪沢岳(3,141m)から椹島(1,120m)へ一気に下山です。
標高差は2,000mちょっとあります。

いや、荒川中岳からの悪沢岳への登りやその他の小刻みなアップダウンを考慮すれば、
累積標高差で2,300mくらいになるかもしれません(たぶん)


1日でこんな標高差を下山するのは初めてです。
穂高から上高地に下山するのだって1,600mくらいだし…。

脚が持つか心配でしたが、下山しないと帰れませんし(笑)


結果的に言いますと、カラダよりも精神的にキツイ下山でした^^;



More

# by pre-sspec | 2017-09-16 22:20 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 14日

南アルプス南部縦走 荒川中岳〜悪沢岳登頂

さて、南アルプス縦走本日が最終日。
椹島まで下山するわけですが、9月に入るとバスは7:00、10:30、14:00発とたった3本しかありません。
10:30の便には無理なので14:00発を目指します。

荒川中岳避難小屋をご主人さんにお礼をして、ちょっと遅めの6:15に出て、まずは悪沢岳へ登ります。
b0132817_22013723.jpg
綺麗な三角錐をした悪沢岳。
b0132817_22032406.jpg
小赤石岳から見た荒川三山。

荒川中岳からは緩やかに下って、急な上りという感じですね。
地図のCTでは1時間30分ですが、果たして?




More

# by pre-sspec | 2017-09-14 22:29 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 11日

朝の荒川中岳から見る雲海に浮かぶ富士山

今回の南アルプス南部縦走で、荒川中岳避難小屋に泊まったには理由がありました。


それは、

b0132817_20184953.jpg
荒川中岳からご来光と富士山を見たい


というのものでした。

ご覧通り、荒川中岳山頂からは見下ろすように、雲海に浮かぶ富士山と日本第6位の悪沢岳(3,140m)が望めるのです。

今回の南アルプス南部縦走で、この光景を見ることが大きな目標の一つでも有りました。
b0132817_20210615.jpg
あいにく、高曇りで東の方向も雲が多かったので、ご来光は見られませんでしたけど、
雲海に浮かぶ富士山はバッチリです。

肉眼ではもっと大きく、シュッとして見えるんですけど、
写真で表現するのって本当に難しい…。


昨晩は暴風で下山できるかも心配しましたけど、朝になって風は止んで一安心。
実は朝5時に起床とちょい寝坊をしてしまい(山の中では寝坊レベル)
窓から外の光景を見るなり急いでカメラ機材を用意して荒川中岳山頂へ走ったのでした^^;

なお、ズームが壊れて一部焦点域へ動かなくなっていた16-85mmレンズが
何故かズームが奇跡的に可動できるようになり、戦力として復帰することができました。
逆に使えなかったら本当に発狂モンでした(-.-;)


というわけで気温約5℃と9月はじめにしては冷え込んだ中で
黙々とシャッターを切り続けました。



More つづき〜〜

# by pre-sspec | 2017-09-11 20:45 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 09日

南アルプス南部縦走 赤石岳〜荒川中岳避難小屋編

赤石岳の頂上を堪能したあとは、3,000mの稜線縦走です。

多分、自分の登山人生(ちっぽけ)のなかで一番の標高差のある縦走でした。
3,120mの赤石岳から2,610mの荒川小屋まで下りて3,083mの荒川中岳まで登り返すという具合です。
b0132817_21155089.jpg
セオリー通りなら、荒川小屋か千枚小屋まで行くところですが、
私はあえて中岳避難小屋までにしてそこに泊まることにしていました。

アップダウンの大きい縦走で、十分疲れましたけど、思ったほどではなかったかも。
それは多分、景色が良かったからかもしれません^^;


それでは荒川中岳へレッツゴー(ベタ)


More つづき〜〜

# by pre-sspec | 2017-09-09 22:54 | 山登り | Trackback | Comments(0)